MJ wiki

MJ Arcadeにおける変更点のまとめ

最終更新:

mjkami

- view
管理者のみ編集可
MJ Arcadeにおける変更点

新規項目・変更された項目

MJAC 1.0

稼働開始日:2017年4月25日

コンテンツ名が、「セガNET麻雀MJ Arcade」に変わりました。
これは今後、セガの麻雀ゲームは「セガNET麻雀MJ」をメインに据えていく意思が現れていると思います

新規:GP制の導入

オペレータ、そしてセガ悲願のプレイ料金のワンプライス化(店舗間での価格競争が起きにくくなるようにする)を図るため、MJACではクレジット制からGP制に変更としました。ワンプライスは麻格でやっているので、その願望があったと想像します。
GPを購入し、そのGPで試合に参加する形になります。

MJ5Rの実勢のプレイフィーからは、かなりの値上げになるので注意すること。

なお、どんな設定でもデフォルトでは安くなります。

★GPは思考では減少しません。

新規:GPボーナスの導入
上述のGP購入ですが、クレジットをたくさん入れてもらうようにするため、一定のクレジットで累計してGPを購入するとGPをサービスするシステムを導入しています。
それゆえ、MJACは連コイン推奨システムになっています。
なお、店舗によっては設定がない場合があります。

変更:参加プロ団体の拡大&絞り込み
MJACでは従来の日本プロ麻雀協会に加え、最高位日本プロ麻雀協会、RMU、麻将連合からもプロ雀士が参加するようになります。
なお、参加プレイヤーは大幅に絞り込んでいます。基本的には「MJAPで参加しているプロ雀士」とお考え下さい(MJAPとの整合性を取るため)。
  • これに先立って、日本プロ麻雀協会との協力は解消しています。

変更:公式モードの参加モードの制限

公式モードで参加できる卓は強制です。
当該段位により、以下のように強制されます。

級位及びゲスト 一般卓
初段~九段 上級卓 ・MJ5Rとは異なるので注意
十段以上 プロ卓
  • イベント卓は縛りを受けません。

新規:経験値2倍変動オプションの導入

経験値2倍変動タイムは、有料オプションの「経験値2倍変動戦」になりました。
マッチング中に50GPを使って参加します。
公式稼働時間内は何試合でも行使できます。さらに上級段位でも行使できます。
上級段位で行使した場合、幻球変動、そして幻球争奪戦も2倍になります。最強位バトルや原点攻防戦も対象。ただし最強位バトルの成績は変動しません(移動数は2倍になるので幻球の大量喪失に注意)。

新規:リーグ戦「SUPERプロリーグ」

プロ卓および上級卓には新たにリーグ戦「SUPERプロリーグ」を導入します。
従来「プロ雀士と対戦した場合のみに恩恵が与えられる」
改良「プロ雀士と対決することにより、対決の充実感を与える」システムにしているためです。

したがって、プロ卓には以下の4つのモードが付随します。
  • 月間スコア…MJ.NET認定雀士争奪戦(MJ5EVOまでのプロリーグ月間スコアにかえている)
  • タイトル戦…タイトル争奪戦
  • SUPERプロリーグ…プロプレイヤーとの対決
  • 週間スコア…週間スコアによる報酬(MJ5EVOまでのリーグ週間報酬にかえている)

付随メニュー一覧
一般卓 上級卓 プロ卓
月間スコア
タイトル争奪戦
週間スコア
SUPERプロリーグ
SUPERプロリーグは上級卓のメンバーとプロ卓のメンバーが混成で戦うおかしなシステムになっています。
これは、SUPERプロリーグがMJAPでのリーグ戦とトーナメント戦をチャンポンにしたものだからです。
  • MJACは、プロ卓とイベント卓に重きを置いた設計となっています。

新規:SPキャラ本格展開とガチャ機能
MJ5R 4.5で導入されたSPキャラは、MJACでは本格展開となりました。
SPキャラは以下の方法で入手できます。
  • ブルージュエルと引き換え(従前どおり)
  • ゲーム終了後のGP精算。
 800GP以上あり、かつ配布されているSPキャラをすべて持っていない場合は、800GPごとに抽選で提供。
 800GP未満の場合は抽選で当たりならSPキャラ、残りは50GPごとにSPジュエルを付与
  • 上記により獲得したSPジュエルと引き替え
  • ガチャ機能で入手
 GPを消費し、SPキャラを獲得するガチャ機能が搭載されました。
 ガチャ機能は800GPも消費します。


変更:MJAP連携ボーナス
MJACをもっと楽しんでもらうため、MJACをプレイするとMJAPのチップが付与されるボーナスが以下のように変更になります(2017年5月1日実施)。
従来「月間に1試合でもプレイしていれば翌月に300C付与」
改定「1日に1試合でもプレイしていれば翌日に60C付与」

廃止された項目

MJACで廃止になった項目です。

日本プロ麻雀協会の公認…MJ5R稼働末期、2017年2月28日で満了しました。
雀荘モード
師匠からの挑戦
勲章システム…勲章は金メダルに変換されます。
デイリーランキング
ライブモニタにおけるメニュー(ライブモニタは麻格同様垂れ流し)
牌譜をライブモニタに送信する機能…MJ.NETへの送信はできます(MJ.NET有料会員を獲得するため)。
店舗内イベントのうち、経験値2倍変動タイム…有料オプションの「経験値2倍変動戦」になりました。
MJパネル…実装はされていると想像します。
平アイテムおよび月間おたのしみアイテム…アイテムは「プレイを多くしてもらうことにより褒賞を得られるようにする」方針から、平アイテムや月間おたのしみアイテムのばらまきは廃止し、イベントの回数による報酬に強く重きを置いているようです。
平アイテムも総数が2000以上あることから不要と判断している可能性があります。

以下は存置します。

MJ.NET認定雀士選出
チャレンジ
タイトル戦
実績制度(いわゆるアルカナめくり)…MJ5Rからの実績は継承します。
咲シングルモード
フリー対決…GPは消費しません。
店舗内イベント…ただし上述の通り経験値2倍変動タイムは廃止します。
定期イベント
MJ.NETにおける有料ガチャ
ログインボーナス…頻度は非常に少なくなっています。ログインボーナスにGP追加があったことも…。

その他変更した項目
BGMが麻格よろしく局ごとで変わるシステムになっています。なお、MJ.NET上での変更は従来通りです。
プロプレイヤーの実況は「プロ」ではなく、プロプレイヤーの姓を敬称略で呼ぶようになりました。

MJAC 1.1

稼働開始日:2017年7月27日

新規:GP持ち越しシステムの導入
同じデータであれば、GPを維持したまま他のモードを選べます。
ただし、ガチャから他のモードへの遷移はできないので注意!!
  • GPが250以下の場合はGPを購入するように求められます。
  • 拒否した場合はGP精算を行い、退場。

変更:休憩システム拡大
フリー対決のみに使えた休憩システムがすべてのモードで使えるようになりました。
1時間に1回、日中に何回でも行使できます。

その他
MJACでは悲願の「全店舗ワンプライス制」を旗印にGP制を導入していましたが、やはりプライスで不満が出ています。
そこでオペレータ向けに、プライスの選択肢を増やしました。
  • 1クレジットで購入できるGPに、400GPを設定しました。従前どおり300GPのままにすることもできます。
  • GPボーナスを見直し、2つの方法を選択できます。新しい設定では4cr連続投入時に150GPを付与しますが、5cr投入時の付与を300→200とします。従前どおりの設定もできます。
条件 GPボーナス(2/3/4/5cr)
条件A(従前どおり) 50/100/0/300
条件B 50/100/150/200
★こちらは先行して、2017年6月9日より施行しています。

ガチャを800GP→600GPに変更しました。

MJAC 1.2

稼働開始日:2017年11月16日

変更:実況の拡大
MCに小林未沙、解説に馬場裕一を追加しました(敬称略)。
従来の解説と自由に組み合わせることができます。

変更:公式モードの卓強制の廃止
MJ5Rと同じ条件に戻しました。

新規:最強位レベル到達褒賞の追加

新しく以下の褒賞を追加します。四人打ちと三人打ちは別です。

最強位Lv35:最強位の帽子(アイテムカテゴリは頭なので注意!!)
最強位Lv50:最強位のジャケット
最強位Lv75:最強位のオーラ(背景)[MV]

MJAC 1.3

稼働開始日:2018年3月1日

新規:極天位システムの導入
最強位レベルとは別に新しく黄道12星座にちなんだランキング「極天位」を導入します。
公式サイトの内容はこちら

変更:実況の拡大
MCに小山剛志
解説に土田浩翔、井出洋介を追加しました(敬称略)。

従来の解説と自由に組み合わせることができます。

新規:タメ行為ペナルティ実装
いわゆる「タメロン」「タメツモ」ばっかりやっていると、それらが一定期間できなくなるシステムです。

その他
プロ雀士が4名追加されます。

極天位システム導入に伴い、卓プレートの表示および個人情報タブの表示が変わりました。
卓プレート:極天位レベルとタイトル戦ステージは交互に表示されます。
個人情報タブ:上側に極天位レベルを表示するようになるため、R1600以上の表示は段位の下側になります。

デカトップCUPの一部ルールにおける幻球争奪戦の導入(2018年4月1日より実施)
「MJルール」「三人打ちルール」「W赤ドラルール」(四人打ち、三人打ちとも)「赤北ルール」に適用。
SUPERプロリーグの廃止(2018年4月30日が最終日)
プロ雀士の参加モード拡大(2018年5月1日より実施)

幻球バトルのルール拡大および原点攻防戦における幻球移動テーブルの見直し(2018年6月25日より実施)

MJAC 1.4

稼働開始日:2018年7月2日

新規:新モードで行うイベントに対応した小変更。
  • ダブル予選。A予選とB予選を行います。どちらかがクオリファイしていれば通過です(両方クオリファイでも可)。
  • スコア持越し制度。MJAPでもあるようなイベント予選の持越し制度をMJACにも導入しました。
この新モードを使ったイベントを行います。

アイテムカテゴリの追加
アガリSE(キュキュキュイーンの音)を追加します。この音を変更できます。
  • これに伴いアイテムを2つ追加しています。

その他
メインイベント予選開催時は、定期イベントのミニ全国大会は行われなくなりました。
ガチャも安心して回せるように?ガチャ→他のモードへの遷移ができるようになりました。ただしガチャを引いたあとに300GP以上あること(そうでない場合は強制退場です)。

MJAC 1.5

稼働開始日:2018年10月25日

●多くのMJプレイヤーが「たったこれだけ?」という意見も多数出ていますが、実は重要なバージョンアップです。

新規:Amusement IC対応
SICは大きく言っていませんが、1.4はAmusement ICの使用はダメです。
Amusement ICはKAC、BNAM、SIC3社の認証プラットフォームの統合ICカードシステムです。

変更:SPキャラ表示の制御の追加
従来の「全員表示」「全員非表示」に加え、「自分以外は非表示」の選択ができるようになっています。
「自分はSPキャラを使いたいが相手のSPボイスはうざいので消したい」場合に有用です。
  • MJACはSPボイスがアイテムにないので、SPボイスあるなしは実装されていません。MJAPは逆にSPキャラが強制表示になっています(逆にSPキャラを表示しない機能はMJAPにはない)。

その他
最強位がアクティブプレイヤーの2割弱を占める現状に鑑み、「最強位登場」の演出を廃止します。
プレイの続行を促進するため、イベントのキャラクターポイント倍増チャンス時には、表示が出るようになります。
1.5では完全にライブモニタ、サーバーボックスが不要になりました
以前はライブモニタかサーバーボックスのどちらかがないとイベントでおかしな表示になりましたが、今回よりそのようなことはなくなりました(MJACのライブモニタは事実上麻格同様垂れ流しなので意味を持たない)。
プロプレイヤーの肖像がMリーグのプレイヤーである場合は、Mリーグのユニフォームを着用した肖像に差し替えられています(2018年11月ごろから?)
定期イベントにおける褒賞が改定されました(2019年1月8日施行:まーたインフレですかw)。
  • ランクインは50傑からベストテンになります(最強位バトルのセッションごとは除く)。
  • ミニ全国大会のベストテン褒賞は、従来の50傑より増えます(経験値ベース400→450)。副賞のつづらが虹金金→虹虹金、スタンプが12個→14個になります。
  • デカトップCUPのベストテン褒賞は、従来の50傑より増えます(経験値ベース200→225)。副賞のつづらが金金→金金金、スタンプが6個→7個になります。
  • 雀クラスおよび最強位の経験値→幻球変換率を変更します。雀クラスは100:1→200:3(端数はきり捨て)、最強位は200:1→100:1。メインイベントよりも多くなります。
  • 最強位バトルのセッションごと褒賞は、セッション1位は6→8、入賞は3→4になります。

MJAC 1.6

稼働開始日:2019年2月28日

●多くのMJプレイヤーが「たったこれだけ?」という意見も多数出ていますが、結構変わっています。

新規:定期イベントにMリーグ卓を追加
定期イベントで、Mリーグルールでプレイできる卓を1日戦で開催します。
詳細は後日記載します。

変更:上級卓の廃止
MJAPでは五段以上の卓は別にあって経験値変動も優遇されますが、MJACでは上級卓は卓が立たない状況が頻繁に起きることに鑑み、上級卓を廃止します。公式戦半荘戦はプロ卓のみで実施となります
★イベント卓のほうが率がよいため。実際、MJ5Rのプレイモードはプロ卓とイベント卓で9割を占めていたというデータもあります。
★これに伴い、初段~九段では週間ボーナスがなくなります

その他
TOありでプレイした時、1位続行の持ちタイム保証を10.0から20.0にしました。
自分がチャットをOFFにしている場合、相手のチャットOFF/チャットONステータスは表示されなくなります。
点棒がMリーグの自動卓で使われているカラー点棒になりました。

MJAC 1.7

稼働開始日:2019年7月10日

●多くのMJプレイヤーが「たったこれだけ?」という意見も多数出ていますが、重要な改造になります。
一部推測を含む。

新規:COJ改造筐体対応(RINGEDGE2対応)
MJACでは2019年7月11日より、コードオブジョーカー(COJ)のサービスアウトに伴う改造キットを用意した筐体(COJ改造筐体)が出回ります。
プラットフォームが若干違うので、その差異を吸収したものと想像します。
(すぴぃーどや甲良産業の魔改造筐体は恐らく旧筐体のRINGEDGEをそのまま持ってきていたため)
注意:MJAC 1.6では動作しないよ。

新規:未登録カードをタッチした時の挙動の変更
今までは赤ボックスに未登録である旨を表示していましたが、今回から即座に登録画面に行きます。

その他
権利表記が追加されています。
本来はコラボキャラの権利表記について一括表示するものと考えられていましたが、現状はユニバーサルエンターテインメントの権利表記しかありません。
かなり重要:セガグループの権利表記は(C)SEGAで統一していますが、この権利表記ではそれに違った表記をします。

MJAC 1.8

稼働開始日:2019年12月18日

●多くのMJプレイヤーが「たったこれだけ?」という意見も多数出ていますが、重要な改造かと思いましたが…やはりこれだけでした。
MJACのオールドットネット通信異常は依然解決せず…IPv6網への移行はないのでしょうか?

一部推測を含む。

肩書き追加
チャレンジ系、アイテム系、トレジャー系に新しく上位の肩書を追加しました。
後述の祝儀チップ方式での肩書も追加されています。

定期イベントに新しいイベントが追加
2つの新しいイベントが追加されます。
一局戦とギャンブル卓はなかなか入れないなあ。

★幻球乱舞
すべてのカテゴリで、原点攻防戦が組まれる幻球バトルの特殊版です。
以前あった「全日原点攻防戦」の幻球バトルと考えるとよいかも。
幻球乱舞では「有料成績リセット機能」が搭載されました。

★祝儀チップ方式
MJ5Rまでの雀荘モード(チップルール)とは異なり、MJAPでの祝儀チップ方式をMJACでも導入します。
祝儀チップ方式はMJAPでの方式とほぼ同じになります。定期イベントのみならず、メインイベントでも発生します。

その他
Mリーガーから参戦プロプレイヤーを3名追加します。
こちらは先行してすでに行われております。

MJAC 1.9 (稼働予定)


●多くのMJプレイヤーが「たったこれだけ?」という意見も多数出ていますが、やっぱりそうです。
2.0になるといよいよシステム更新?いや、それはないか。

新規:経験値3倍変動オプションの導入

有料オプションの「経験値2倍変動戦」に加え、新たに「経験値3倍変動戦」が導入されます。
マッチング中に100GPを使って参加します。
公式稼働時間内は何試合でも行使できます。さらに上級段位でも行使できます。
上級段位で行使した場合、幻球変動、そして幻球争奪戦も3倍になります。最強位バトルや原点攻防戦も対象。ただし最強位バトルの成績は変動しません(移動数は3倍になるので幻球の大量喪失および2階級降格に注意)。

その他
MJAC 1.3で追加された土田浩翔の実況の単語が追加されています。

(敬称略)

(2020年9月23日版)