ヒヒダルマ

No.555 タイプ:ほのお ※ダルマモード時:ほのお/エスパー
特性:ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり威力が1.3倍になる)
隠特性:ダルマモード(HPが半分以下になるとダルマモードになる)
体重:92.9kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
入手可能ソフト:BW/BW2
モード HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ノーマル 105 140 55 30 55 95
ダルマ 105 30 105 140 105 55
ダルマ(無振り実質) 15 30 105 140 105 55
ダルマ(全振り実質) -1 30 105 140 105 55
下二つはHP半分状態を満タンに見立てたものです。
↑一瞬ヒヤッとした。半分ダルマ無振り時=種族値15のポケモン(無振り)満タンで、半分ダルマ全振り時=種族値-1(全振り)満タン相当ってことだよな。仮にHP-1のポケモンがいたとしたら努力値振らない気がするんだけど。後レベルは50時だよね。
↑仮にいたら、防御特防は実線級なのだから全振りだろ。
努力値増分は元ステと無関係だから低いほどお得。ハピナス見れば分かる
↑タスキ持たせた方が楽じゃないか?

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) みず/じめん/いわ
いまひとつ(1/2) ほのお/くさ/むし/こおり/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

微妙に実用性ある型をポケ録に移転。
ダルマモードの考察はほとんどが真面目なやつだったので、一部の型をこちらに戻し、ページごと移動させた

お気づきの方もいるだろうがこいつも「きあいだめ」を覚える
つまりこいつもXYでは確定急所のコンボが可能なのだ。
え? 耐久低いからそもそもきあいだめなんざしている暇なんて無い? いいじゃないかネタポケなんだから。
因みに「フレアドライブ」が期待値珠以上+壁貫通のわけわからん火力になったり、「ばかぢから」のAダウンデメリットを完全無視できたり、
無駄に相性が良いのがまた…。

XYではまだ未解禁だがバトルハウス等で見かけた際に「ヒヒダルマってこんなにでかかったの!?」と思う人も多いかもしれない。
BW時代のグラフィックとギャップが大きく、バトレボ時代に居なかったポケモンに起きやすい現象。
似たようなのにウォッシュロトム(小さい)などがいる。
↑たしかにこいつの小ささは衝撃だった。無理やり特性通りにした感じ。

発売当初、そのぶっ飛んだ火力が話題を呼んだヒヒダルマですが、
実際のところ、どれくらいの火力になるのでしょう?
いじっぱりヒヒダルマの攻撃実値は211。この時点で十分高いですが、
ちからずく補正がかかると274。鉢巻ようきガブの攻撃実値は273です。
拘りハチマキを持たせる事で411。さらに晴れなら約616の攻撃力からフレアドライブを放てるのでございます。
どれくらいの火力かは、防御特化クレセリアが高乱数1といえばなんとなくわかっていただけるでしょうか。
相方のチェリムに手助けしてもらえばレジロックですら乱1になるのでした。
もちろん、こんなバ火力はめったに出るものでは無いのですが、
その気になれば全世界の暇夏神を絶滅させる事ができる程度のパワー。(ヒマナッツのページを参照。)末恐ろしや・・・。
↑これを見ると滅茶苦茶強そうに感じるよね。しかし陽気球持ち攻撃1段階↑のフレアドライブをカバルドンにギリギリ耐えられちまった。ちょっと火力上げた程度ではこんなものなのかと絶望したよ。それとも等倍なのに耐えきってしまうカバの耐久が異常なだけなのか…?
↑計算してみたらその条件の場合乱1だな。
まぁカバはこいつより高火力のラムパの鉢巻諸刃さえ確3にする耐久力だからなぁ。
↑ それは半減だからだろ
↑半減で3確=等倍で一発耐えるってことだからくそ硬いって意味では間違いない
↑↑↑↑↑半減の防御特化シャワーズですら確3にできないほどだからな…

ポケナガでもその強さは健在、ヒヒダルマに進化すると使える大文字は威力範囲共に優秀な技
初期に仲間に出来るリキュウのダルマッカをフクツの城などで活躍させたのは俺だけじゃない筈…だといいな
↑レアポケ持ちの大体のブショーはろくに進化も出来ないリンク値しかないのに利休さんはそれなりに高いんだよね、唯一低リンクで使い続けたわw

ポケナガでのベストリンクブショーはカイヒメ。なんとブショー進化させると露出が増える!ありがとうヒヒダルマ!

アニメヒヒダルマ「ダルヒッヒーダルマ!」・・・どうしてこうなった
そしてまさかの特性ダルマモード
↑そしてその後ウインクして「ジョヒヒダルマ!」・・・どうしてこうなったorz
↑ヒヒダルマのイケメンっぷりに不覚にも感動させられた・・・
↑↑↑ ダルマッカ「ダルダルマッカ!
↑↑↑なかなか男らしい鳴き声でかっこいいと思った俺は異端なのか
↑全 むしろあの笑顔が可愛く見えた俺がいる

発売直後はバランス崩壊だの散々騒がれたこいつだが、
そんなこいつもメジャーどころ(主にドラゴン・水)にメインウェポンを半減される、繰り出し性能が低い、サブウェポンが微妙と言った理由から
対戦wikiの要注意ポケモンから除外された(シャンデラも同様)。
当然メジャーな部類ではあるにしろ、やはり一つの種族値が馬鹿高いだけでは厨ポケには成りえないということがよく分かる。
ポケモン対戦では汎用性,実用性,柔軟性なんかが重要視される中(別にポケモンに限った話ではないが)、
やや火力浪漫の傾向があるヒヒダルマやシャンデラは必要とされていなかったのだろう。

……まあ、サブウェポンが微妙というのはあくまで要注意クラスの中での評価であって、
炎ポケとしては珍しく高威力の岩・格闘技を併せ持ち、少々噛み合わないとはいえ積み技もそこそこ豊富、
更には挑発アンコあくびやとんぼがえりといった補助技・搦め手まで備えている。
評価を鵜呑みにして「サブはからっきしで攻撃しか能がない奴」なんて思っているとフルボッコにされかねないので気を付けよう。
また「サブが微妙、素早さも一歩足りない」なんて不遇アピールも本気で不遇の人々からお叱りを受けるので気を付けよう。

ちからずく補正のフレアドライブの反動を耐えるためにある高いHPだけど防御特防は低い。
反動受けてない状態だとどれくらいの攻撃で倒せるんだ?
↑意地っ張りガブの逆鱗でぴったり確1のようだ。等倍じゃそう簡単には倒れないってことだな

「殿!草履温めておきました!もちろん熱々のフンと一緒に!」
↑ダルマッカの説明文だっけ?おれブラックを選んだから友達にホワイトの図鑑見せてもらうまで知らなかった

どこぞの程ではないけれど、
なんだかんだで、ちからずくを有効活用できてる数少ないポケモン。
対象技は一致メイン技とサブの岩雪崩くらいだけど、この二つだけで有用性十分。(岩雪崩はエッジと大差ないが)
他の所持者は揃いも揃ってメイン技を強化できず、サブも少しピンポイントという有様なのだ……
↑これいつの書き込みなんだろう。今となってはちからずくブシンも環境にたくさんいるし、
調べたらなんだかんだでちからずく活かせないポケモンは半々って感じだ。
↑本当にBW初期の頃の書き込みかと思われ、今は力ずくブシンがヤバすぎる

自力でオーバーヒートを覚える数少ないポケモンのうちの一匹。
というか第4世代以前はオーバーヒートを自力で覚えるポケモンがいなかったんだよな。
↑今調べてみたら他にいたのがビクティニランプラーだけだ。
↑どこぞのかたやぶり地震で沈む電子レンジは除外ですか

立派な拳を持つが、BW2の教え技でかみなりパンチを習得できなかった
ちなみにいじっぱりAぶっぱちからずく補正ありなら腕白HBギャラドス確一で沈める
まぁ、ギャラドス側も威嚇が入っていれば耐えるけど、後はソクノ


ダルマモードの話題はこちらでお願いします。

古代の城周辺にゴロゴロ転がっているのはヒヒダルマ本人。
一度でも調べればヒヒダルマのページに「ダルマモード」と呼ばれる形態も登録される
↑↑図鑑にダルマモードの方登録してるんだが、ダルマ登録してるやつどんくらいいる?
↑ノ トテモカワイイ。
ダルマモード活躍してるビデオあった26-72324-53628
↑これのどこで活躍してるかわからないんだけど。
↑↑3タテしてるのがあったのだが47-20618-94752
一番↑BW買う前見た時ヒヒダルマが転がってくるのかと思った。

BW2にて、序盤にリゾートデザートを探査していて出現したNのダルマモードに飛びついた人はどれくらいいるのだろう。
Lv20や22がいいところなのに35で出てこられちゃあね………。
しかもストーリーだと弱い技しか使われないからダルマ化もラク。
しかし大抵はダルマになる前にフレドラで消し飛んでいるんだろうけど。
↑そもそもリゾートデザートに行かない。
↑↑Lv35までならスプレー使っても出現するから経験値稼ぎに利用させてもらった。

意外?にも瞑想を覚えない
元ネタの達磨法師は手足を失ってでも瞑想をし続けた逸話がある。

XYにおけるバトルサブウェイポジションの施設であるバトルハウスでは今までと違い相手が夢特性のポケモンを出すこともある
もちろんヒヒダルマも夢特性持ちが出てくるが、毎回都合の良い特性が選ばれるとは限らない(不器用ゴルーグみたいに)
実際にスカーフ持ちの個体が居るのだが、フレアドライブを連発した後にダルマ化してくれるので運が良ければ容易く突破できたりする
↑中には食べ残し持ち耐久型のダルマもいて、猛毒にしてから炎のパンチでちまちま攻めてくる。
こっちに決め手がなく、何とか毒で倒れる前に削りきれるかと思ったら特性がまさかのダルマモードで詰んだw



ブースター殺し型

特性:ダルマモード
性格:しんちょう
努力値:耐久振り
持ち物:なんでも
技:おにび/あくび/フレアドライブ/ばかぢから など
ブースターからばかぢから、あくびを奪いやがって…。ウヌ、ヒヒダルマの奴!
願い事はないしダルマモード発動が難しいので耐久するならブースターの方が上だが

似非不器用型

特性:ちからずく
性格:お好きに
努力値:お好きに
持ち物:かいがらのすず おうじゃのしるし いのちのたま など
技:ちからずくの効果が適用されるもの
ちからずくの効果が適用される技では、何故か技に付随して効果を発揮する持ち物も効果が無くなってしまうことを利用したネタ。
命の珠を持って攻撃技を出してもダメージ受けないぞ!ダメージ倍率変わらないから完全なネタだけどな!
↑珠の反動はなくなるけどね・・・ 珠 の 補 正 は 乗 る ん だ ぜ
↑Ω<な、なんだってー!? てことは珠の場合はネタじゃなくなるのか?この型

ちからずく最大限に利用する型

特性:ちからずく
性格:いじっぱり
努力値:素早さ252 攻撃252
技:ばかぢから フレアドライブ ギガインパクト あばれる アームハンマーから4つ
ちからずく→追加効果が出ない
つまり…
馬鹿力で攻撃と防御下がらないうえにフレアドライブの反動を受けずギガインパクトを撃った次のターン動け、暴れるを撃っても混乱せずアームハンマーでも素早さの下がらない厨ポケが誕生したのだあああああ。

…………あれ?
ウォーグル「俺もこの型を参考に、ブレイブバード、馬鹿力、ギガインパクト(暴れる)などを使いこなして行こうと思う!」
実践後、「・・・!?これはどういう事だ!?」

もしも初代にダルマがいたら型

HP 攻撃 防御 特殊 素早
105 140 55 55 95
性格 補正がかからないもの。『がんばりや』とか
努力値 ALL85
持ち物 無し
技候補 どくどく かげぶんしん だいもんじ いわなだれ とっしん じしん サイコキネシス はかいこうせん みがわり

初代にフレアドライブなんてありません。蜻蛉もエッジも、馬鹿力もありません。(エッジは、今ならちからずく岩なだれでいいが)
メインの炎タイプは全て特殊技であり、コイツの特殊から出したところで雀の涙程のダメージしか与えられず、
当時の炎技自体の需要が低いおかげで、撃つタイミングは無い。

耐久面は努力値を振れる分今よりは若干マシだっただろうが、低いことには変わりなく、氷耐性が無い分今より悲惨。

そこそこ高い素早さも、当時のメジャーポケの素早さを考えるとかなり微妙なライン。
ケンタロスの地震や、フーディンのサイキネで、何も出来ずにあっさり沈む。
一応地震、岩なだれ、破壊光線で高い攻撃はある程度活かせるものの、
他の炎タイプの例にもれず初代ではかなり使いにくいポケモンだっただろう。

もしも初代にダルマモードがいたら型

HP 攻撃 防御 特殊 素早
105 30 105 140 55
性格:補正がかからないもの
努力値:ALL85
持ち物:そんな物はない
技:だいもんじ/サイコキネシス/どくどく/かげぶんしん

初代に特性はないので最初からダルマだったとする。
通常モードは役に立たないようだがダルマモードなら当時でもいけたのではないか
特殊が高くなりエスパーが付いて大文字は3割火傷で強いと思ったら特殊技が一致技くらいしかなく補助技は微妙
素早さが低いのも残念。そして火炎放射の技マシンは無い
それでもナッシーの活躍みると結構やっていけただろう。ケンタロスに死ぬけど
↑二つだけじゃ淋しいんで毒毒影分追加。あと炎タイプは特殊が分離するとき特攻が変わるケースのほうが多かったがどうだろう。
↑単炎は特防が多い。エスパーは特攻だな。
↑↑↑最初から……最初からダルマであってくれたなら……(´・ω・`)

サブウェイ型

その1
性格:せっかち
努力値:ASに252
持ち物:イトケのみ
技:ほのおのパンチ/アンコール/はらだいこ/かわらわり

アンコ縛りして腹太鼓でパワー全開…とこんな感じ。
発想は悪くないがせっかちなのか先手アンコ狙って不発に終わってしまう。元々低い物理耐久も下げてるし…。

その2
性格:やんちゃ
努力値:HASに170
持ち物:いのちのたま
技:フレアドライブ/アームハンマー/いばる/きあいだめ

今度は特殊耐久下げてるし威張るは運ゲー狙いか…。だが持ち物はガチでちからずくを生かせる技は一つしか無いが、フレドラの威力は脅威で喰らえば消し炭にされる。その凄まじい火力はローブシンを一撃で葬る程。
ただし素早さは中途半端過ぎるので先手を取って弱点突ければ問題はない。

その3
性格:わんぱく
努力値:BDに252
持ち物:オボンのみ
技:はらだいこ/あくび/ほのおのパンチ/じしん

攻撃を耐えてあくびを撒き、隙を見てはらだいこを使って暴れる。コンセプトはまあいい。
だがこいつ、あくびに関する交換読みがもはやバグレベルである。
というか絶対こっちの交換見てからあくび選んでるだろとw 8連続交代してみたらずっとあくび→交換しなかったらはらだいことかw

その4
性格:ようき
努力値:AS全振り
持ち物:チイラのみ
技:フレアドライブ/じしん/かわらわり/ニトロチャージ

こちらはトウコ(トウヤ)が使用する。
フレドラは強力だが自滅することもある。瓦割はまぁ良い…だが何故ニトロチャージを掲載したのか?炎のパンチか岩雪崩を入れるべきだと思うんだが…それでも火力あるし味方が出してくる中では当たりの領域だね。

201ガブを超える201型

性格:いじっぱり
努力値:HP164 A180 S148 余り適当に
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:じしん あばれる
選択技:ストーンエッジ ねごと だいもんじ

耐久調整として有名な201ガブを見て思いついた型。
なんとこの努力値と性格だと、こだわりスカーフ込みだとはいえ HP201,攻撃201,素早さ201という
すばらしい数値になるのだ!
この実数値にできるのは、同条件だとなんと禁止伝説を含まなければヒヒダルマしかいない。
ボーマンダだと努力値が足りず、本家だと攻撃が足りず、ムーミンだと素早さが足りない。
並み居るを押しのけ、合計種族値が低いヒヒダルマがこれをやってのけるというのは面白い話である。
↑ボーマンダよりドリュウズのほうがより少ない努力値(まぁドリュもオーバーするが)でいける。
マンダが努力値合計568(H240A220S108)。
ドリュが努力値合計544(H204A220S120)。

あとレベル48でいいなら意地っ張りスカーフケッキングがいける。
Hは個体値6+無振りで201。Aは個体値V+204振りで201。Sは個体値V+152振りで201。

しかし逆鱗を覚えないのがネック。あばれるで我慢しましょう

ヒヒダルマの歴史

第5世代

BWでデビュー。攻撃140の種族値に95族の素早さ、さらには「力ずく+命の球」によるぶっ飛んだ火力が注目された。
本家の要注意ポケ一覧にも即ランクイン。同じような立場のシャンデラとともに、「こいつのせいで第5世代は終わった」などとよく嘆かれていた。

しかし、実際に研究が進めばそんなこともなく、メジャーな水や竜で止まる、技の反動ダメージが重くすぐに倒れる。
耐久が低くて繰り出せないといった弱点が露になり、マークが厳しくなるにつれて使用率も激減。

釘付けにされてしまえば命の球の火力も当てることができないので、こだわりスカーフで奇襲をかける戦法が生み出される。
だがそれも読まれやすくなって、遂には「ヒヒダルマ=スカーフ」というイメージが逆に定着してしまう。
BW後期では「腹太鼓型」も考案されるものの、あまり普及することもなく終わってしまった。

要注意ポケモンからもあっさりと除外。この有様は、見事なまでの過大評価だったとして大いに反省されることとなり、
「種族値だけでポケモンの強さは決まらない」ことを改めて認識させ、その後の考察に影響を与えることになった。

まさにこの世代だけで、酸いも甘いも味わったポケモンである。

覚える技

レベルアップ

ダルマッカ ヒヒダルマ タイプ 分類 PP 備考
1 1 たいあたり 50 100 ノーマル 物理 35
- 1 ころがる 30 90 いわ 物理 20
- 1 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
- 1 いかり 20 100 ノーマル 物理 20
3 3 ころがる 30 90 いわ 物理 20
6 6 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
9 9 いかり 20 100 ノーマル 物理 20
11 11 ほのおのキバ 65 95 ほのお 物理 15
14 14 ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
17 - さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10
- 17 いばる - 90 ノーマル 変化 15
19 19 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
22 22 ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15
25 25 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30
27 27 あばれる 120 100 ノーマル 物理 15
30 30 はらだいこ - - ノーマル 変化 10
33 33 フレアドライブ 120 100 ほのお 物理 15
- 35 アームハンマー 100 90 かくとう 物理 10
35 39 ちょうはつ - 100 あく 変化 20
39 47 ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5
42 54 オーバーヒート 140 90 ほのお 特殊 5

技マシン

マシン タイプ 分類 PP 備考
技05 ほえる - 100 ノーマル 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技08 ビルドアップ - - かくとう 変化 20
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技23 うちおとす 50 100 いわ 物理 15
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技43 ニトロチャージ 50 100 ほのお 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技46 どろぼう 40 100 あく 物理 10
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技50 オーバーヒート 140 90 ほのお 特殊 5
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技61 おにび - 75 ほのお 変化 15
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5
技74 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技83 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30
技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技89 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15

タマゴ技

タイプ 分類 PP 備考
ねごと - - ノーマル 変化 10
きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20
きあいだめ - - ノーマル 変化 30
こらえる - - ノーマル 変化 10
アームハンマー 100 90 かくとう 物理 10
とっしん 90 85 ノーマル 物理 20
かえんぐるま 60 100 ほのお 物理 25
アンコール - 100 ノーマル 変化 5
あくび - 100 ノーマル 変化 10

教え技

BW2 タイプ 分類 PP 備考
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15
しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 15
さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10
ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5
がむしゃら - 100 ノーマル 物理 5
ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10

遺伝

タマゴグループ 陸上
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩。デルパワー「タマゴふかパワー +++/S/MAX」も併用すると1280歩)
性別 ♂:♀=1:1
進化条件 ダルマッカLv.35→ヒヒダルマ
経験値 Lv.50=117,360 Lv.100=1,059,860

遺伝経路

全てドーブルでOK。

外部リンク