東京フレイズ

東京フレイズ(とうきょうフレイズ、英語:Tokyo Fraise)は、PGBに所属する日本の女子プロ野球球団。
本拠地は東京都新宿区の明治神宮野球場。


概要

チーム名 東京フレイズ
創設年度 2012年
加盟リーグ シンデレラ・リーグ
チーム名遍歴 東京フレイズ(2012-)
フランチャイズ遍歴 東京都(2012-)
本拠地 明治神宮野球場
キャパ 34,572人
監督 アンナ・マクラーレン
リーグ優勝回数 2回
リーグ優勝 20132015
日本一回数 1回
日本一 2013

球団の歴史

2012年

2012年のPGB創立とともに、横浜アクアマリンズとの2チームで参加。開幕戦を5対7で落とすとその後も波に乗り切れず、最終的には借金10の13勝23敗4分け、勝率.361に終わった。沢渡知美が最優秀防御率、乙川天音が首位打者・打点王・最多安打、相坂真琴が盗塁王を獲得。
ドラフトでは3位(1巡目)で佐藤桜を指名。リーグ拡張による選手分配ドラフトでは最多勝の沢渡を大阪ナイトブレイカーズへ放出。

2013年

2リーグ分立では大阪ナイトブレイカーズ福岡クローネとともにシンデレラ・リーグに参加。
開幕戦で大阪を相手に4対1で快勝すると、その後は安定した戦いぶりを見せ、9月22日の福岡戦で9試合を残して優勝を決める。
続くチャンピオンシップではマーメイド・リーグ優勝の横浜を2勝1敗で破り念願の日本一に輝いた。
阿久須が最多勝、園田が最多奪三振、長峰葵が最多セーブ、シャレットが盗塁王を獲得。セナが首位打者・打点王・最多安打・最高出塁率のタイトルを総なめしている。
オフに阿久須、園田が退団。クラリス・リーを横浜から、広島フランシスカ、大阪の牧田あかねをそれぞれ茂部黒子黒瀬一葉との交換トレードで獲得している。
ドラフトでは皇鶴大神波さつきを1位指名。

2014年

開幕戦は熊本シルフィードを相手に2-1で快勝。4月は4連勝を記録するなど快調に飛ばしたが、5月に4連敗で貯金を吐きだすと6月上旬に5連敗、6月下旬から7月下旬にかけては引き分けを含む6連敗を喫し借金生活に終始。首位大阪と7ゲーム差、6チーム中最下位の勝率.394を記録するなど苦汁を舐めた。
個人タイトルではドラフト1位ルーキーの神波が孤軍奮闘し最多勝・最多奪三振のタイトルを獲得。
ドラフトでは聖サンジェロ総合病院碓氷友紀を1位指名。

2015年

開幕戦は大阪相手に黒星発進となるものの直後に3連勝で取り返し首位に立ち、その後しばらくは首位に留まり有利にペナントレースを進めるものの、中盤に大型連勝した大阪に突き上げを食らった形で首位の座を譲り渡す。それでも大阪が大型連敗を記録するとたちまち抜き返し首位に浮上、その後は激しい優勝争いを演じた。終盤は失速し大阪とゲーム差なしまで並ばれるものの、最終戦で東京・大阪ともに敗れたため勝率の差でわずかに上回って2013年以来となる優勝を果たした。
広島とのチャンピオンシップでは初戦を接戦の上落とすと、2戦目は序盤に先制するものの中盤に大逆転を許してしまう。最後は一打逆転の場面まで追い詰めるもののあと一歩及ばず、2013年以来となる日本一には手が届かなかった。
個人タイトルは星菜みすずがPGBシーズン記録を更新する防御率1.47を記録して最優秀防御率とさらに最多勝を獲得。他にエリー・S・キャリオンが星菜と同率で最多勝、長峰が最多セーブ、セナが打点王、相坂が最多安打を受賞している。
オフのトレードでは皇后崎はるこを福岡へ放出、横浜・大阪との三角トレードでは柳生十兵衛を横浜へ放出し大阪からアニス・ホワイトを獲得。ドラフトでは河内学院高萱村美琴を1位指名した。

2016年

開幕戦は福岡相手に1-0。完封リレーで白星発進も直後に4連敗を喫して躓く。7節からの大阪との直接対決で連勝し二位に浮上したが、前年相性の良かった福岡に分が悪く、直接対決でことごとく敗れ独走を許してしまう。そして5月末に復調してきた大阪に抜かれると、一度同率2位に返り咲くもオールスターを挟んで5連敗を喫したことが致命傷となり、2年ぶりの最下位でシーズンを終了。PGB開幕から5年に渡ってチームを率いた八代千佳監督が勇退し、大阪でバッテリーコーチを務めていたアンナ・マクラーレンが新監督に就任した。
主力選手が不振にあえいだ中、個人タイトルは投手部門で神波が最優秀防御率を獲得。打者では海老名美咲に代わってレギュラーの座を勝ち取ったルーキー菜ヶ咲調が盗塁王に輝いた。
名古屋・札幌両球団誕生に伴う分配ドラフトでは、札幌へ兼任監督に就任した碓氷友紀・海老名・最上瑞葵ミレーヌ・ド・シャレットケイト・ランスが移籍し、名古屋には京良城香奈小野寺ユウカパイロン・ホーク福丸杏子を放出した。
補強では東田真奈美と横浜の小坂千秋とのトレードが成立。ドラフトではメキシカンリーグで活躍した法条早を1位指名するも、熊本との抽選権争いで敗れ、代わりに房総医科大の四方木田柊子を1位指名した。

2017年

絶対的エース・神波が四年連続の開幕投手を務め、福岡と対決。
先制こそ福岡に許すものの、9回表に上村出雲が逆転本塁打を放ちこれを制した。
しかしその後は規定到達打者で3割以上の打者がいないなど、
全体的に不調な選手が多かったこともあって苦しい戦いが続き、無念の二年連続最下位に沈む。
個人タイトルはこの年から新設されたプラチナグラブ賞を秋田さおりが獲得した。
オフには5勝を挙げ気を吐いていたエース・神波のほか、牧田、実原有希水無月紫音が引退・退団。
補強では大藤彩音と福岡のスヴェートラナ・ウスペンスカヤとのトレードが成立したほか、
秋田・アニスを放出して横浜から戸塚みちる安朱英を獲得。
また、上村を金銭トレードで広島へ放出している。
ドラフト会議ではニューヨーク・セイレーンズ竹中里紗を一位指名。

2018年

開幕投手に前年先発・中継ぎの両方でフル回転した橘川亜由美を据えて臨んだ名古屋との開幕戦は、
惜しくも一点差で敗戦。
やや少し一進一退の日々が続き、10節から6連勝で二位に浮上したあとは二位と三位を行き来することとなる。
しかしその後二度の6連敗が響いて最下位に転落すると、
そこから4連勝を記録したものの、浮上することはできぬままシーズンを終えることとなった。
個人ではドラフト一位入団の竹中が元メジャーの実力を遺憾なく発揮し新人王を獲得。
社友香黛空音、小坂、安、リサ・ライアンの5選手がオフに引退・退団し、
トレードでは菜ヶ咲を放出して大阪・中氏京子を、
立花涼風空恩院馳琉を放出して横浜から栗崎万里久慈友貴奈を獲得。
また、ドラフト会議では三條学院高等学校射水赤江を一位指名し獲得した。


チーム成績・記録

年度別成績

年度 順位 試合 勝率
2012 2 40 13 23 4 .361
2013 1 40 26 11 3 .703
2014 3 40 15 23 2 .395
2015 1 40 20 17 3 .541
2016 3 40 15 24 1 .385
2017 4 40 11 28 1 .282
2018 4 40 18 22 0 .450
通算:7年 280 118 148 14 .444
  • 太字は日本一のシーズン

タイトル

  • 優勝:2回(2013年、2015年)
  • 日本一:1回(2013年)

歴代開幕投手


チームの特徴

  • 「フレイズ」の名はイチゴの仏名「Fraise」に由来する。これはオーナーの出身地がイチゴの名産地であることから。

所属選手

コーチ・スタッフ

名前 背番号 役職
アンナ・マクラーレン 87 監督
ジェシカ・トーボーグ 77 ヘッドコーチ
小坂千秋 86 投手コーチ
渡辺瑞希 80 打撃コーチ
球磨川きよ 88 守備走塁コーチ兼二軍監督
初雁すもも 81 外野守備走塁コーチ
浦田舞 78 バッテリーコーチ

投手

名前 背番号 備考
射水赤江 11 2018年ドラフト1位
井岡朱美 12
長峰葵 13
萱村美琴 15
星菜みすず 17
竹中里紗 18
白石木実 20 2018年ドラフト6位
エリー・S・キャリオン 30
日高勝月 35 2018年ドラフト4位
エビス南 41 2018年ドラフト3位
橘川亜由美 47
七川のぞみ 70

捕手

名前 背番号 備考
四方木田柊子 22
宮川美潮 34

内野手

名前 背番号 備考
宮島マコト 0
高田紗綾 3
久慈友貴奈 4 横浜アクアマリンズより移籍
乙川天音 6
栗崎万里 8 横浜アクアマリンズより移籍
セナ 24
橋本理央 25
小師陽向 26
中氏京子 29 大阪ナイトブレイカーズより移籍
スヴェートラナ・ウスペンスカヤ 45

外野手

名前 背番号 備考
夢野ナオミ 44 2018年ドラフト5位
相坂真琴 51
由良門玄 55
岡田日佳理 84 2018年ドラフト2位


OG選手

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


や行


ら行


わ行


監督・コーチ