熊本シルフィード

熊本シルフィード(くまもとシルフィード、英語:Kumamoto Sylphid)は、PGBに所属する日本の女子プロ野球球団。
本拠地は熊本県熊本市のリブワーク藤崎台球場。


概要

チーム名 熊本シルフィード
創設年度 2013年
加盟リーグ マーメイド・リーグ
チーム名遍歴 熊本シルフィード(2013-)
フランチャイズ遍歴 熊本県(2013-)
本拠地 リブワーク藤崎台球場
キャパ 24,000人
監督 糀本緑
リーグ優勝回数 1回
リーグ優勝 2016
日本一回数 0回
日本一

歴代監督

就任年度 監督名
2013~2017 玉名翔
2018 佐屋木桐香
2019~ 糀本緑

球団の歴史

2012年

2013年のPGB拡張に伴う新規参入4チームのうちの一つ。横浜アクアマリンズ、同じく新規の広島レッドリーブスとともにマーメイド・リーグに所属。
選手分配ドラフトでは東京フレイズから藤野由美子横川琉水ら、横浜から牛島紗耶香大塚ひばりらを獲得。ドラフトでは前田智を1位指名する。

2013年

開幕戦は福岡クローネ相手に逆転負けを喫し、その後2連敗。以降は連勝と連敗を繰り返すがチームは低空飛行、最終的には14勝21敗5分け、勝率.400で首位の横浜とは6ゲーム差の最下位に終わる。
個人タイトルは若林雅が最多勝を獲得。
オフに藤野が退団、錠崎雪美松浦光が引退してそれぞれ投手コーチ・広報に就任。トレードでは横浜からナスターシャ・海堂大阪ナイトブレイカーズから姫ノ島美晴を獲得している。
ドラフトでは信濃大津田つぐみを1位指名した。

2014年

開幕戦は東京を相手に1-2で惜敗。序盤は5月に4連敗を喫するなど連敗が重なり下位に低迷するが、直後に2連勝、3連勝、2連勝を記録して借金を完済。7月下旬には横浜を抜いて2位に浮上、最終戦で大阪に敗れて借金1でシーズンを終えたが前年より順位を1つ上げることに成功した。
個人タイトルは武雷蒼がPGB新記録となる11本塁打を放つ活躍で本塁打・打点の2冠を達成。また水沢舞が盗塁王を獲得している。
ドラフトでは佐賀南高新多霧子を1位指名した。

2015年

開幕戦で前年日本一の広島に1-2で逆転負けを喫すると、その後4連敗でスタートし開幕ダッシュに失敗。その後も連勝がなかなか続かず、広島、東京に大きく負け越したことで星を伸ばせなかった。オールスター明けにはリーグ優勝の可能性が消滅し、最終戦で大阪相手に12-4で快勝し大阪の連覇を阻止するも、前年と同じ19勝20敗1分けながら最下位でシーズンを終えた。
個人タイトルのうち、投手陣はドラフト1位の新多が最優秀防御率、ドラフト外の曙川笙子が最多勝、狛が最多奪三振、真壁桜が最多セーブ、小村舞が最優秀中継ぎをそれぞれ受賞し1チームで全てのタイトルを総なめ。ほかに武雷が2年連続の二桁本塁打で本塁打王、葛木燁菜と水沢が盗塁王をそれぞれ獲得している。
シーズン終了後に盗塁王を獲得した葛木を上条結衣佐屋木桐香とのトレードで大阪へ、セーブ王の真壁を堤口奈菜美とともに秋田ゆかり茂部黒子とのトレードで広島へ放出。ドラフトでは五本松高溝渕彩芽を1位で指名した。

2016年

開幕戦は2年連続で広島と対戦し、8-5で逃げ切る。開幕からしばらくは勝率5割前後をキープ。4月27日の対広島戦(藤崎台)において、秋田ゆかりがPGB史上初のノーヒットノーランを達成。チームの持ち味である投手力をもって首位の横浜を追いかけていたが、14節から6連敗を喫して最下位に転落。広島と2位争いが続いたが、オールスター前に4連勝を飾って2位に浮上。オールスター明けには3連勝を記録して徐々に横浜との差を詰める。そしてシーズン終盤の33・34節の横浜との直接対決を連勝して首位に浮上すると、そこから一気に加速。9月4日(37節)の横浜戦(横浜)を5-2で制して悲願のリーグ初優勝を飾った。
チャンピンオンシップはシ・リーグを独走で制した福岡クローネとの九州決戦と話題になった。第1戦は先発の曙川笙子が7回無失点の好投を見せ、蒼守静流の犠飛とディートリント・D・ドラエモフのソロで加点し2-0で先勝。曙川は球団初のCS勝利投手、試合を締めた小村舞が同セーブ投手となった。しかし、第2戦は福岡の一発攻勢に屈して3-6で落とし、決着の第3戦も1-4で敗戦。日本一にはあと一歩及ばなかった。
個人タイトルは、秋田がMVPと最優秀防御率、小村が最多セーブを獲得。打者では武雷が本塁打王、水沢が盗塁王をともに三年連続で獲得し、ルーキーの蒼守が首位打者・最多安打・最高出塁率を獲得してリーグ新人王も受賞した。
オフシーズンの選手の移動は、まず分配ドラフトで大友道雪溝渕彩芽が名古屋へ、赤井牡丹白縫賢美半田多恵が札幌へ移籍し、牧野佑奈小野塚知夏との交換トレードで広島に移った。一方で葛木が1年で大阪から復帰し、ドラフトでは1位にメキシカン・リーグで活躍した法条早を指名。重複した東京との抽選の末に交渉権を獲得した。

2017年

3年連続で広島相手との開幕戦は、前年のノーヒッター、秋田ゆかりが開幕投手となり3-2で勝利。しばらくは一進一退となるが、中盤で6連敗を喫し失速。オールスターを挟んで5連勝で借金を返済するが、そのままシーズンを終えリーグ3位。
個人成績を見ると、タイトルホルダーは新設された最高勝率の曙川笙子のみ。惜しいところまで含めると、武雷蒼水海道みらいがHR6本(最多は広島・青木、札幌・海月、横浜・小松の7本)。武雷は49安打(最多は広島、青木の52安打)、水海道は打点でも22(最多は広島・青木の24打点)だった。
シーズン終了後にはアリス・バーナード吾妻小春福田繭山口緑の4選手が退団、引退。ドラフトではPICの米代表で、ゴースティーブン高クリス・K・トムを1位指名した。
また、佐屋木桐香が選手兼任監督となったことに伴い、玉名翔監督が打撃コーチへ異動となった。

2018年

4年連続で広島相手との開幕戦は、開幕投手となった曙川笙子の快投もあり7-2で勝利。だがその後、引き分けを挟んで7連敗。交流戦を挟んで5連勝はするが、序盤の連敗が大きく響いた。
札幌との同率となったためプレーオフへの進出決定戦に挑むが、終盤の反撃及ばず4-5で敗戦。2年連続のシーズン3位となった。
個人成績を見ると、タイトルホルダーは高倉伶花が最多ホールド(13H)、武雷蒼が最多HR(10本)、最多打点(32打点)と二冠、葛木燁菜が最多盗塁(35盗塁、PGB新記録)。
シーズン終了後には上条結衣蒼守静流ディートリント・D・ドラエモフの3選手が退団、引退。横浜の高村翔子原田やぶきとのトレードで獲得。ドラフトでは加越能交通大森紗良を、札幌との抽選の結果、1位指名となった。
また、佐屋木桐香が監督を辞任し、糀本緑が監督に新任となった。

2019年

横浜との開幕戦では4年ぶりに若林を開幕投手に指名するが黒星スタート。翌節に白星を挙げるも、そこからPGB歴代ワーストの8連敗(引き分け挟まず)を喫し、大きく出遅れる。結局オールスターの時点で借金8を抱えるなど連敗が相次ぎ、球団史上ワーストの勝率.350を記録して4年ぶりにリーグ最下位に沈んだ。
個人タイトルでは武雷が2年連続4度目の最多本塁打とベストナイン(DH部門)、受賞ポジションが拡張されたプラチナグラブに、外野手部門でルーキーNAGIが受賞した。
シーズンオフにはそのNAGIや高村、前監督の佐屋木、小野塚知夏の他、姫ノ島、横川といった長くチームを支えたベテラン選手が退団。オフのドラフトでは金沢女子短大付属宇ノ気高校の外野手古美門恋を単独で1位指名し、トレードではクリスを札幌に放出して八十嶋叶を獲得した。

2020年

前年最下位の汚名返上を図った糀本監督2年目のシーズンは、2年連続で敵地横浜で開幕。先制を許すものの中盤に一挙4点を挙げて逆転し、自身3度目の開幕投手となった曙川の好投もあって白星スタート。だが、交流戦で星を延ばせず、連勝を上回る連敗を重ねる状況も変わらず最下位に。一時一つ上の札幌に詰め寄り脱出の期待を抱かせたが、31節からの直接対決で連敗を喫すると再浮上できず。前年と同じ26敗、勝率.333は前年のワーストを更新し2年連続の最下位に沈んだ。
個人成績では狛が最多勝、武雷が3年連続の最多本塁打とベストナイン、プラチナグラブ賞に古美門(左翼手部門)、海老名舞里南(一塁手部門)が輝いた。
オフには小村、葛木、氏家浅葱秋間鶉が退団。トレードで常磐メロとの交換で、札幌から筑波暁を、秋田と海老名舞との交換で、横浜から右川優左田凛を獲得。FA宣言していた浜田ショコラを名古屋から獲得し、人的補償として高倉伶花が移籍した。


チーム成績・記録

年度別成績

年度 順位 試合 勝率
2013 3 40 14 21 5 .400
2014 2 40 19 20 1 .487
2015 3 40 19 20 1 .487
2016 1 40 22 17 1 .564
2017 3 40 19 19 2 .500
2018 2 40 17 19 4 .472
2019 4 40 14 26 0 .350
2020 4 40 13 26 1 .333
通算:8年 320 137 168 15 .428

タイトル


歴代開幕投手


チームの特徴

  • 「sylphid」は「森の妖精」を意味する単語。熊本の緑と大地と風をイメージしたネーミング。

所属選手

コーチ・スタッフ

名前 背番号 役職
糀本緑 88 監督
久保田碧珠 90 助監督
千秋由夏 89 投手コーチ兼打撃投手
土神梢 91 投手コーチ補佐
すーか(墨屋緒図) 096 内野守備走塁コーチ
今鹿駿 87 外野守備走塁コーチ
玉名翔 81 打撃コーチ
小賀敦子 92 バッテリーコーチ

投手

名前 背番号 備考
奥田朱美 20 2020年ドラフト4位
不来方京 21 2020年ドラフト2位
聖優子 26
野留加そるか 28
山村つゆ 31
筑波暁 34 札幌ホワイトエンジェルスから移籍
曙川笙子 40
八十嶋叶 41
大森紗良 44
鳶嶋桜子 46
辻堂綾 54
狛いつき 56
若林雅 69
ミラ・タルティーニ 75 2020年ドラフト3位

捕手

名前 背番号 備考
エヴァ 2
法条早 27

内野手

名前 背番号 備考
紀野まこと 00
増田篆 0 2020年ドラフト5位
左田凛 1 横浜アクアマリンズから移籍
大獅望里奈 3 2020年ドラフト1位
右川優 8 横浜アクアマリンズから移籍
水沢舞 22
茂部黒子 96
円谷蘭 99

外野手

名前 背番号 備考
古美門恋 10
水海道みらい 16
シェリー=ウィルカーソン 42
武雷蒼 55
浜田ショコラ 57 名古屋Cキャッツから移籍
服部忍 78

OG選手

あ行


か行



さ行


た行


な行


は行


ま行


や行

ら行


わ行


監督・コーチ

最終更新:2021年04月29日 23:34