大阪ナイトブレイカーズ

大阪ナイトブレイカーズ(おおさかナイトブレイカーズ、英語:Osaka Night Breakers)は、PGBに所属する日本の女子プロ野球球団。
本拠地は兵庫県西宮市の阪神甲子園球場。


概要

チーム名 大阪ナイトブレイカーズ
創設年度 2013年
加盟リーグ シンデレラ・リーグ
チーム名遍歴 大阪ナイトブレイカーズ(2013-)
フランチャイズ遍歴 兵庫県(2013-)
本拠地 阪神甲子園球場
キャパ 47,757人
監督 小村舞
リーグ優勝回数 2回
リーグ優勝 20142017
日本一回数 1回
日本一 2017

歴代監督

就任年度 監督名
2013 久保田碧珠
2014 仁科ミランダ
2015~2016 斎木和美
2017~2019(途中) 鏡愛果
2019(途中)~2020 宮本春香
2021~ 小村舞

球団の歴史

2012年

2013年のPGB拡張に伴う新規参入4チームのうちの一つ。東京フレイズ、同じく新規の福岡クローネとともにシンデレラ・リーグに所属。
選手分配ドラフトでは東京から沢渡知美宇佐美弾らを、横浜アクアマリンズから長良鮎美らを獲得。ドラフトでは西芝ブレイブサンダース湊雅波を1位指名した。

2013年

開幕戦は東京相手に1-4で敗戦。以降はしばらく連勝と連敗を繰り返すが、徐々に負けが込んでいき、一時は4連敗も記録。最終的に13勝23敗4分け、勝率.361で首位の東京とは12.5ゲーム差を離されて最下位に転落。
個人タイトルは沢渡が最優秀防御率のタイトルを獲得している。
オフには監督であった久保田碧珠が最下位の責を取って辞任。また、ドロッセリス・D・ドラエモフらが退団し、桃園涼子広島レッドリーブス姫ノ島美晴熊本シルフィードへ放出。牧田あかねとのトレードで黒瀬一葉を東京から獲得した。
ドラフトではハイパーノーリィ阪宮千羽を1位指名した。

2014年

開幕戦は福岡相手に2-3で黒星発進。前半戦は連勝と連敗を繰り返したものの、粘り強く貯金を作り5月下旬から首位に立つ。後半戦は手堅く連勝を重ねて貯金を積み上げ、9月3日の東京戦に5-0で勝利したことで球団史上初の優勝を決めた。
広島レッドリーブスとのチャンピオンシップでは第1戦を落とすが、第2戦で本庄伊織が好投を見せ勝利、勝敗を五分に戻す。しかし最後は力尽きサヨナラ負け、日本一の座は逃した。
個人タイトルは川澄あかりが最多セーブ、阪宮が最多本塁打・打点王、仁科カミュが最多安打、宇佐美弾が最高出塁率をそれぞれ獲得。
ドラフトでは愛京大川浦英理を1位指名した。

2015年

開幕戦は東京相手に9-8でサヨナラ勝利するものの、シーズン序盤は不安定な戦いぶりで勝率5割前後を下回っていた。それでも15節から19節にかけて5連勝をマークし福岡を抜き去って2位に浮上すると、22節からは6連勝を記録し東京を抜いて首位に躍り出る。直後に6連敗を喫し再び東京に首位の座を譲り渡し一時は借金生活に逆戻りしたものの、そこから引き分けを挟んで5連勝して39節終了時には東京との同率首位に立った。東京が敗戦したうえで大阪が勝てば2連覇が決まる最終第40節は、東京が福岡に敗れたものの大阪も熊本相手に4-12で大敗。勝率の差で東京が上回り、球団史上初となる2連覇を目の前で逃した。
個人タイトルは本庄伊織が最多勝・最多奪三振、阪宮が首位打者・本塁打王・最多安打・最高出塁率を獲得。シーズン終了後に鞘ヶ谷綾香が現役を引退し大阪のオーナーに就任している。
オフには広島から伊達青葉を宇佐美とのトレードで、福岡からアキラアリシア・T・ロドリゲスとのトレードで、葛木燁菜上条結衣佐屋木桐香とのトレードで獲得。また横浜・東京との三角トレードでは善行寺晴姫を横浜から獲得し、アニス・ホワイトを東京へ放出している。ドラフトでは鴨河ラヴァーズ樋口美遥を1位で一本釣りした。

2016年

開幕戦は横浜をホームに迎えたが、先手を取りながら3-5で逆転負けを喫する。その後も投打がかみ合わず、主力打者が軒並み打撃不振に陥り、5連敗を喫するなど4月は最下位に沈む。しかし、打線の組み換えが功を奏して5月以降は復調。特に広島から移籍した伊達が打棒を存分に振るって四番に座ると打撃タイトルを独占する活躍。チームも15節から5連勝を記録して2位に浮上した。だが、すでに独走態勢に入っていた福岡に詰め寄ることができず、特に勝率を5割に戻した直後のゲームでは6戦全敗と一度も貯金を作れないままシーズンが終了。オフには斎木和美監督が退任。後任には斎木監督とミランダGMの推薦で鏡愛果が就任した。
一方個人成績では伊達がPGB史上初の三冠王(首位打者・本塁打王・打点王)だけでなく最高出塁率、最多安打(福岡・敷島と同数)にも輝くなど打撃全5タイトルを独占しリーグMVPに輝いた。投手部門では一本釣りで話題となった樋口が最多奪三振のタイトルを獲得した。
リーグ拡張に伴う分配ドラフトでは、開幕投手の本庄のほか、加賀秋子森下明音仁科ベティが名古屋、前年オフに三角トレードで加入した善行寺と三浦渚が札幌に移籍した。そのほか葛木が熊本に復帰し、球団間のトレードでは横浜から馴馬龍子プラス金銭で伊達成実唯川葉子、広島から筑紫学子との交換でメリッサ=橘を獲得。ドラフトでは1位に大和林間学校野球研究部の星空小夜を指名するも、重複した福岡が指名権を獲得したため、同校野球部の舞弓凛衣を指名した。

2017年

開幕投手は樋口。新設球団となった名古屋との対戦を落とすも、翌試合からは小森玲子の初登板初勝利を含む三連勝。
その後も目立った連敗をすることなく爆発力の高い打線で勝ち星を積み上げていく。
6月4日に連勝した福岡に首位を奪われるも、その翌節・6月7日から7連勝して首位に立つ。
背後につけていた名古屋も猛追するがそれをかわし、その後は首位を明け渡すことなく、26勝で2014年以来となるリーグ制覇を達成。
プレーオフでは初戦を落とすものの二戦目に勝利しチャンピオンシップへの切符を手にする。
チャンピオンシップでは2014年に日本一を争い敗れた広島と対決。
第一戦に勝利し迎えた第二戦では打ち合いになる中、9回裏に鹿島志乃がサヨナラ3ランホームランを放ち、見事球団初の日本一に輝いた。
個人では羽田が最多奪三振、大和純恵が最優秀中継ぎ、伊達青葉が二年連続となる最多打点を獲得。
さらには移籍入団のメリッサが29盗塁のリーグ記録で最多盗塁を獲得した。
しかしオフには小森、唯川葉子四条姫子川嶋琴織シンディー・アンダーソン、メリッサ、松永永夜姫の7名が引退・退団。
またトレードでは横浜との間で羽田・右川優宮本春香阪利荒諸星美唯の2対3トレードが、
札幌との間で八十嶋叶相川雫真喜城遙の2対1トレードが成立し、特に投手陣の陣容が大きく入れ替わった。
ドラフトではシーズン途中で入団した森友恵の後輩、掛百合を指名。札幌との競合抽選の末に交渉権を獲得した。

2018年

開幕投手は前年同様樋口。甲子園球場での福岡との対決は投手戦となり、延長12回引き分け。
その後はやや負けが先行するものの、4月29日の広島戦で12得点の大勝とするとそこから5連勝と立て直す。
その後は連勝と連敗を繰り返しながら最終的に勝率5割以上を記録したが、勢いに乗る名古屋の背をとらえることは出来ず、シーズン2位で公式戦を終える。
プレーオフでは初戦に勝利するも二戦目で敗北した。
個人タイトルとしては樋口が最多勝・最優秀防御率を獲得、阪宮が2015年以来となる最多本塁打。
また伊達成実がプラチナグラブを獲得した。
オフには球団創設から大阪を支えたベテラン・沢渡の引退、伊達姉妹・村上レインの渡米による退団を皮切りに
諸星、舞弓、花園かなで、真喜城、ティナ・スリープフィールドと9選手が引退・退団することとなった。
トレードでは福岡から嘉祥寺千弦桃園涼子を金銭トレードで獲得、中氏京子を東京へ放出し菜ヶ咲調を獲得した。
ドラフトでは1位指名した阪海運輸冴島涼子をはじめ、計8選手を指名。
また、捕手コーチとしてリュース・ファン・ハウゼンが、投手コーチに陣内結花が入閣した。

2019年

開幕投手は3年連続で樋口美遥が務めた。2戦目で初白星を挙げるもその後は投打がかみ合わず惜敗の多い苦しい戦いを強いられる。シーズン途中第26節で鏡愛果が監督を辞任、第27節から選手兼任で宮本春香が監督に、今北彼方が助監督に就任する交代劇が起き、危機感を感じたチームは発奮。4連勝するなど意地を見せるも最終順位は最下位に終わった。
この年のタイトルは16本塁打のPGBシーズン新記録を樹立した鹿島志乃が本塁打王、菜ヶ咲調が3年ぶりとなる盗塁王を獲得。
プラチナグラブには捕手に鹿島志乃、一塁手に嘉祥寺千弦が選出。ベストナインには捕手に鹿島志乃、三塁手に菜ヶ咲調、外野手に阪宮千羽が選出。球団優秀新人は水野遥奈が選出された。
オフに五冠王を達成した阪宮千羽、ベテランの大和純恵など4選手が退団・引退。また諸葛世琳コーチが退任した。
この年から始まったFA制度では球団内からは鹿島志乃が行使、結果は球団の慰留に応じて残留となった。また福岡クローネから低井操、名古屋Cキャッツから猪狩律を獲得した。人的補償として福岡クローネへ佐藤甘々、名古屋Cキャッツへ戸次静がそれぞれ移籍した。
ドラフトでは1位の外野手、神崎天満をはじめ計4名を指名した。

2020年

開幕投手は今季から先発転向の川澄あかり。しかし福岡クローネに大敗するとそのまま6連敗、2連勝挟んで7連敗と低迷。1度目の交流戦明けからようやく投打ともに調子を上げ、後半巻き返すも2年連続のシーズン最下位に終わった。
個人タイトルは猪狩律が最優秀中継ぎを獲得。また鹿島志乃川浦英理がベストナイン、プラチナグラブの両方を獲得した。球団最優秀新人は神崎天満が選出された。
オフには2014年最多勝投手の桃園涼子、2017年横浜で球団優秀新人を獲得した阪利荒など4選手が退団、引退。宮本春香が選手専任に戻り、 小村舞が現役引退と同時に新たな監督として就任した。今北彼方は作戦コーチに転任。
トレードでは馬殿朋美を獲得、涼宮彩生アイシャ・アル=マンスールが広島へ移籍となった。
FAでは仁科ダリアが行使、球団の慰留に応じて残留した。
ドラフトでは1位に投手の観月聖を指名し、福岡との競合の末に交渉権を獲得。この年は計6選手を指名した。


チーム成績・記録

年度別成績

年度 順位 試合 勝率
2013 3 40 13 24 3 .351
2014 1 40 23 17 0 .575
2015 2 40 21 18 1 .538
2016 2 40 19 21 0 .475
2017 1 40 26 14 0 .650
2018 2 40 21 16 3 .568
2019 4 40 13 26 1 .333
2020 4 40 16 24 0 .400
通算:8年 320 152 160 8 .475
  • 太字は日本一のシーズン

タイトル

  • リーグ優勝(2014、2017)
  • 日本一(2017)

歴代開幕投手


チームの特徴

  • チーム名は「夜を破る者たち」の直訳。大阪のエネルギッシュなイメージを当てはめたもの。

所属選手

コーチ・スタッフ

名前 背番号 役職
小村舞 74 監督
陣内結花 95 投手コーチ
伊地知広海 83 打撃コーチ
真島京子 99 内野守備コーチ
ラトナ・ファンデルバーグ 84 外野守備走塁コーチ
リュース・ファン・ハウゼン 97 捕手コーチ
橋添優衣奈 82 メンタルコーチ
井伊謙午 92 育成コーチ
今北彼方 86 作戦コーチ
新鶴田恵   トレーナー
仁科ミランダ   ゼネラルマネージャー
鞘ヶ谷綾香   球団オーナー

投手

名前 背番号 備考
アキラ 11
猪狩律 12
守藤琴音 14 2020年ドラフト3位
低井操 16
川澄あかり 17
今村紡 18
水野遥奈 19
来島かなめ 20 2020年ドラフト4位
樋口美遥 26
馬殿朋美 29 広島レッドリーブスからトレード移籍
首藤サルファ 32 2020年ドラフト2位
掛百合 38
観月聖 59 2020年ドラフト1位


捕手

名前 背番号 備考
鹿島志乃 2
川谷文奈 27


内野手

名前 背番号 備考
仁科カミュ 1
宮本春香 6
川浦英理 8
菜ヶ咲調 33
嘉祥寺千弦 39
リーナ・アラヤ 55 2020年ドラフト6位
冴島涼子 62
月ヶ瀬雅弓 77 2020年ドラフト5位

外野手

名前 背番号 備考
森友恵 3
神崎天満 5
栗林七海 7
仁科ダリア 10
赤弘直子 15
妙高奈緒子 44


OG選手

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


や行


ら行


わ行


監督・コーチ

最終更新:2021年06月12日 07:14