海外紳士元ネタ解説 > 6話


第6話「いっしょだよ」の元ネタ解説翻訳

このページは常に有志の翻訳を募集中です。翻訳の修正はお気軽にどうぞ


目次

Hirschgeweih ("Stag's Antlers") Antennas
Night Fighter Radars (FuG 220 Lichtenstein SN-2, FuG 218 Neptun...)


In 1943 the Luftwaffe was starting to deploy the powerful radar FuG 220 Lichtenstein
SN-2. operating on a longer-wavelength 90 MHz(lower end of the US VHF FM
broadcast band) frequency which was far less affected by electronic jamming, the
SN-2 had a maximum range 5km, with a minimum range 500m, but this required the
huge Hirschgeweih (stag‘s antlers) antennas.

Hirschgeweih antennas were used on: the fighter-bomber Messerschmitt Bf110 G-4,
Heinkel He 219 A- 5, Messerschmitt Me 262 B-1a...

Hirschgeweih (牡鹿の角)アンテナ

夜間戦闘機用レーダー(FuG220 Lichtenstein SN-2,FuG 218 Neptun...)

1943年、ドイツ空軍は強力なFuG220 Lichtenstein SN-2(リヒテンシュタイン)の配備を開始した。妨害の影響が極めて小さい90MHz(アメリカのVHF帯FMラジオ周波数の下端)という、より長い波長で運用されたSN-2の最大探知距離は5kmで、最小探知距離は500mだったが、巨大なHirschgeweih(牡鹿の枝角)アンテナを必要とした。
Hirschgeweihアンテナは、メッサーシュミットBf110G-4やHe 219A-5、Me262B-1aなどの戦闘爆撃機に使用された。

(訳注:アンテナの大きさは使用する電波の波長に制約され、波長が長ければアンテナもそれに見合って大きくなる)

※細部間違ってる可能性有


Junkers Ju 52/3m


The Junkers Ju 52 (nicknamed Tante Ju - "Auntie Ju" - and "lron Annie") was a
transport aircraft and bomber manufactured 1932 - 1945 by Junkers. It saw both
civilian and military service during the 1930s and 1940s. In a civilian role, it flew with
well over a dozen air carriers including Swissair and Lufthansa as an airliner and
freight hauler. In a military role, it flew with the Luftwaffe as a troop and cargo
transport, with a secondary role as a medium bomber.


ユンカース Ju 52/3m

Junkers Ju 52(通称Ju[ユー]おばさん、または鉄のアニー)は、1932年から1945年にかけてJunkers(ユンカース)によって生産された輸送/爆撃機。
Ju 52は1930~1940年代に軍用にも民生用にも見られた。民生用としては、スイス航空やルフトハンザを含む多数の航空会社によって旅客機や貨物機として運行された。
軍用としては、ドイツ空軍によって兵員や貨物の輸送、副次的任務として中型爆撃機として運用された。

※細部間違ってる可能性有



Sanya singing the Jazz Piano Ballad
(Schrage Musik)


Schrage Musik, derived from the German colloquialism for Jazz Music, was the name
given to installations of upward-firing cannon mounted in night fighters by the
Lufwvaffe during World War ll. This allowed them to approach and attack British
bombers from below, where they would be outside the bomber crew's field of view.
The British bombers of that time generally carried no defensive guns in the ventral
position. The ventral turret fitted to some early Lancasters was sighted by periscope
from within the fuselage, and proved of little use - the fitting of a Sperry ball turret of
the kind fitted to the B-17 Flying Fortress and B-24 Liberator would not have been
practical as the British bombers had not been designed to use them - and sighting a
target at night, for the ball turret gunner to aim at, might have been a problem as well.


サーニャが歌ってるピアノジャズバラード

Schrage Musik (斜めの音楽)

Schrage Musik―ドイツの口語体で歌われるジャズを起源とする―は、上方(訳注:真上90度ではなく、大体65~70度に向けられている)を射撃するために夜間戦闘機にドイツ空軍によって第2次大戦中に取り付けられた機関砲の名前で、これによって英爆撃機の死角となる下方から接近し、攻撃することができた。
英爆撃機は当時一般的に機体下部には防御火器を搭載していなかった。初期に一部のLancaster(アヴロ ランカスター重爆撃機)に取り付けられていた下部銃座は機体の中から潜望鏡で照準されており、殆ど使えなかった―B-17 Flying FortressやB-24 Liberatorに搭載されているようなSppery Ball(訳注:機体下部後方に取り付けられていたボール状の機銃座)を搭載することを英爆撃機は考慮されておらず、これを搭載することは現実的でなかった。―し、夜間の照準は球状銃座の操作員にとっても困難だったろう。

※細部間違ってる可能性有


The sauna / Eila & Miyafuji hidden behind a rock
(The Ilmari Juutilainen's joke)


It was the more peaceful time of the Continuation War, and the squadron was in the
back. There was constant threat of saboteurs, and feared by all outside guarded
areas. One time the men were marching to sauna on a path through forest, in
darkness. Suddenly a SMG fires from the woods and bullets whisked all around. The
men flung themselves to the ground - and then they heard Illu's laughter.

"Goddamn Illu, we could have shot you!" the men complained, after all each had a
Nagan pistol on their belts. "You couldn't hit me. l'm behind a big rock," came the
answer from the night.


サウナ/エイラ&宮藤が岩に隠れていた事

((エイノ・)イルマリ・ユーティライネンのジョーク)

継続戦争の比較的平和な時期、中隊は後方に下がった。そこは常に工作員の脅威にさらされており、全員が警備区域の外に出ることを恐れていた。あるとき、彼らが暗闇の中森を越えてサウナへ行進していると、突然森からサブマシンガンで射撃され、弾が辺り一帯を薙いだ。彼らは地面に伏せた―そして彼らはIllu(訳注:「イッル」=ユーティライネンのニックネーム)の笑いを聞いた。

「忌々しいイッルめ!俺らが間違って撃ち返してたらどうするんだよ!(お前を撃つことだってできるんだぞ!)」
と彼らは抗議し、Nagan拳銃(訳注:多分ナガン・リボルバーことナガン1895)を取り出した。すると
「大丈夫。俺は今大きな岩の裏にいるからね。」
と闇の中から返事が返ってきた。

※細部間違ってる可能性有
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。