海外紳士元ネタ解説 > 2話


第2話「私にできること」の元ネタ解説翻訳

このページは常に有志の翻訳を募集中です。翻訳の修正はお気軽にどうぞ


目次

Mitsubishi A5M


The Mitsubishi A5M was a Japanese single-seat ship based fighter aircraft
developed during the mid-1930s and used during the Second World War,
especially as a fighter-trainer.The Allied code-name was Claude; the Japanese
Navy designation was "Type 96 carrier-based fighter" (九六式艦上戦闘機).
The Mitsubishi A5M4 was powered by a 710 hp Nakajima Kotobuki 41
9-cylinder radial piston engine which provided a top speed of 440 kmh and a
range of 1200 km. Armaments consisted of two fixed forward firing 7.7 mm
machine-guns and two 30 kg bombs.

九六式艦上戦闘機

三菱A5Mは1930年代中頃(訳注:初飛行が1934年、1936年採用)に開発された単座の艦上戦闘機で、第二次世界大戦中においては練習機として使用されていた。
連合軍のコードネームは"Claude"で、日本海軍は「九六式艦上戦闘機」と名付けた。
三菱A5M4(訳注:九六式四号艦上戦闘機)は710馬力の中島寿四一型 9気筒星形発動機を動力として440km/hの最高速度と1200kmの航続距離を発揮した。武装は2挺の前方7.7mm機銃と2発の30kg爆弾からなっていた。

(翻訳を修正してくれる有志求む)



Japanese destroyer Urakaze (浦風)


The Urakaze ("Wind on the Sea") was a Kagero-class destroyer of the Imperial
Japanese Navy.

On 21 November 1944, Urakaze was torpedoed and sunk with all hands by
USS Sealion (SS-315), 65 miles (120 km) north-northwest of Keelung, Formosa.

陽炎型駆逐艦 浦風

浦風(海に吹く風)は日本帝國海軍陽炎型駆逐艦の1隻。

1944年11月21日、台湾の基隆沖北北西65マイル(120km)でUSSシーライオン(SS-315)による雷撃を受け、乗組員ほぼ全員と共に沈んだ。

(翻訳を修正してくれる有志求む)


Japanese destroyer Isokaze (磯風)


The Isokaze ("Wind on the Beach") was a Kagero-class destroyer of the
Imperial Japanese Navy. It is the second ship to carry the name after the lead
ship from lsokaze-class destroyer.

On 7 April 1945, Isokaze escorted the battleship Yamato from the lnland Sea
on her Operation Ten-Go attack on the Allied forces on Okinawa. She was
struck by aircraft of Task Force 53 and scuttled with gunfire 150 miles (280
km) southwest of Nagasaki. Of those on board, 20 were killed and rest were
rescued by other ships.

【訳注】
キャプチャ画像に映る艦名は「ユキカゼ」(雪風)と読める。
17スレ解析班の遣欧艦隊の分析によれば磯風は艦隊編成に含まれていない。第一話「魔法少女」のFAQ-「Q.欧州派遣艦隊の艦隊編成を報告したまえ!!」を参照。
海外紳士のカタカナ解読ミスの可能性もあるが、とりあえず磯風の文章を翻訳。

陽炎型駆逐艦 磯風

磯風(岸辺に吹く風)は日本帝國海軍陽炎型駆逐艦の1隻。艦名は磯風型駆逐艦磯風に続いて2代目。

1945年4月7日、磯風は戦艦大和を瀬戸内海から(訳注:山口県徳山市の海軍燃料廠から)、沖縄の連合軍を攻撃する「天号作戦」のため護衛していた。
彼女は第53任務部隊の艦載機によって攻撃され、長崎の150マイル(280km)南西において砲撃により処分された。乗員の内20名は死亡し、残余は他の艦に救助された。

(翻訳を修正してくれる有志求む)



Japanese destroyer Tanikaze (谷風)


#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (ep2pic4.jpg)


Tanikaze was a Kagero-class destroyer of the Imperial Japanese Navy. Her name means "Wind from the Mountain to the Valley".

On 9 June 1944, Tanikaze was torpedoed and sunk by USS Harder (SS-257) in Sibutu Passage near Tawitawi, 90 miles (170 km) southwest of Basilan

陽炎型駆逐艦 谷風
谷風(谷底から山頂に向けて吹く風)は日本帝國海軍陽炎型駆逐艦の1隻。

1944年6月9日、フィリピンのバシラン島南西90マイル(170km)沖、タウイタウイ泊地近くのシブトゥ水道でUSSハーダー(SS-257)の雷撃を受け沈没。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。