海外紳士元ネタ解説 > 1話


第1話「魔法少女」の元ネタ解説翻訳

このページは常に有志の翻訳を募集中です。翻訳の修正はお気軽にどうぞ


目次

Japanese aircraft carrier "Akagi" (赤城)


The Akagi (meaning ‘Red Castle' and the name of a mountain) was an aircraft carrier serving
with the Imperial Japanese Navy during World War ll.

The only ship in her class, Akagi played a major part in the Attack on Pearl Harbor, but was
sunk along with three other large carriers by dive bombers from US carriers Enterprise and
Yorktown in the Battle of Midway.


赤城(「赤い城」を意味する山の名前)は、大日本帝国海軍によって第2次大戦中に運用された航空母艦である。

赤城型唯一の艦である彼女(訳注:英語圏では艦船は女性扱いされる)は、真珠湾攻撃において主要な役割を演じたが、他の3隻の正規空母と共にミッドウェー海戦において米空母エンタープライズとヨークタウンの急降下爆撃機によって撃沈された。
(翻訳を修正してくれる有志求む)



Hawker Hurricane


The Hawker Hurricane was a British single-seat fighter aircraft designed and predominantly
built by Hawker Aircraft Ltd. Some production of the Hurricane was carried out in Canada
by the Canada Car and Foundry Co Ltd.

The 1930s design evolved through several versions and adaptations. resulting in a series
of aircraft which acted as interceptor-fighters, fighter-bombers (also called "Hurribombers"),
and ground support aircraft. Further versions known as the Sea Hurricane had
modifications which enabled operation from ships. Some were converted as catapult-
launched convoy escorts, known as "Hurricats". Together with the Spitfire, the Hurricane
was significant in enabling the Royal Air Force (RAF) to win the Battle of Britain of 1940,
accounting for the majority of the RAF's air victories. About 14,000 Hurricanes were built by
the end of 1944 (including about 1,200 converted to Sea Hurricanes, and about 1,400 built in
Canada), and served in all the major theatres of the Second World War.


ホーカー ハリケーン

ホーカー ハリケーンは、ホーカー・エアクラフト社によって設計され、また大多数を生産された英国の単座戦闘機である。
総生産数はおよそ14,000機に上るが、一割(約1,400機)ほどがカナダのカナディアン・カー・アンド・ファウンドリー社によって生産されている。
1930年代の設計であったが、余裕のある構造から、多くの改良型や発展型を生み出した。
基本となる邀撃機型のほか、近接航空支援任務などに用いられ「ハリボマー(Hurribombers)」と呼ばれた戦闘爆撃機型、
MACシップ(カタパルト装備商船)で運用するために改造を施された「ハリキャット(Hurricats)」、
その発展型として、空母艦載機とするために着艦フックなどを装備した「シーハリケーン(Sea Hurricane)」がある。
また1940年のバトル・オブ・ブリテンでは、ハリケーンは英空軍による撃墜数の半分以上を稼ぎ出し、スピットファイアと共に英国の勝利に貢献している。
スピットファイアの増産と共に英本土防空任務からは外されたが、第二次世界大戦で英軍・英植民地軍が展開したほとんどの戦域で運用されている。

(翻訳を修正してくれる有志求む)



Japanese destroyer Amatsukaze (天津風)


The Amatsukaze ("Heavenly Wind") was a Kagero-class destroyer of the Imperial Japanese
Navy. During the first year of the Pacific War, the destroyer was under the command of
Tameichi Hara and participated in the Battle of the Java Sea, Battle of the Eastern
Solomons, Battle of the Santa Cruz Islands. and the Naval Battle of Guadalcanal, in which
the ship suffered severe damage after sinking the U.S. destroyer USS Barton with a torpedo.

On 16 January 1944 it was damaged by the submarine USS Redfin (SS-272).

On 6 April 1945, Amatsukaze was attacked by U.S. Army Air Forces B-25s, six miles east of
Amoy (24°30'N, 118°10'E). Her crew managed to beach the ship and the salvage of ship was
abandoned on 8 April. On 10 April, the ship was scuttled by charges placed on ship.

陽炎型駆逐艦 天津風

天津風(天の風)は、大日本帝国海軍の陽炎型駆逐艦である。太平洋戦争の最初の1年間、この艦は原為一の指揮下にあり、スラバヤ沖海戦や第2次ソロモン海戦、南太平洋海戦、ガダルカナル沖海戦に参加した後、第3次ソロモン海戦において米駆逐艦バートン(訳注:ベンソン級駆逐艦、艦番号DD-599のほう)を雷撃により撃沈した後深刻な被害を受けた。

1944年1月16日には、米潜水艦レッドフィンによって被害を受けた。

1945年4月6日、天津風は米陸軍航空隊のB-25編隊によって攻撃される。アモイ(訳注:中国福建省の廈門市)の東6マイル(北緯24度30分東経118度10分)で彼女の乗組員はなんとか彼女を浜に乗り上げさせることに成功し、彼女を放棄して8月4日に脱出した。本艦は艦内に設置された爆薬によって処分された。

(翻訳を修正してくれる有志求む)


Mont Saint-Michel


Mont Saint-Michel (English: St Mlichael's Mount) is a rocky tidal island in Normandy, France.

It is located approximately one kilometer off the country's north coast, at the mouth of the
Couesnon River near Avranches.
St. Michael became a symbol of the allied landing in Normandy during the Second World War.

訳:
モン・サン=ミシェル(「聖ミカエルの山」の意)は潮汐によって削られた岩石性の島である.
モン・サン=ミシェルはフランスのノルマンディー北海岸、Couesnon川河口から約1キロのところにある.
第二次大戦時には連合軍のノルマンディー上陸作戦の象徴となった.

(翻訳を修正してくれる有志求む)


Mio Sakamoto's Eyepatch
(Saburo Sakai's blindness of the right eye)


During the air group's first missions of the battle of Guadalcanal, Sakai was seriously
wounded in combat with Douglas SBD-3 Dauntless dive bombers from USS Enterprise's
Bombing Squadron Six.

Sakai sustained grievous injuries from the return fire; he was struck in the head by a .30
caliber bullet, blinding him in the right eye. The Zero rolled over and headed upside
down toward the sea. Unable to see out of his remaining good eye due to blood flowing
from the head wound, Sakai's vision started to clear somewhat as tears cleared the
blood from his eyes and he was able to pull his plane out of the steep seaward dive. He
considered crashing into one of the American warships: "lf I must die, at least I could go
out as a Samurai. My death would take several of the enemy with me. A ship. I needed a
ship." Finally the cold air blasting into the cockpit revived him enough to check his
instruments, and he decided that by using a lean fuel mixture he might be able to make it
back to the airfield at Rabaul.

坂本美緒の眼帯

(坂井三郎の右目の失明)
ガダルカナル島の戦いで第一次航空作戦が繰り広げられるなか、坂井は、米航空母艦エンタープライズ[訳注: CV-6]搭載の第6爆撃飛行隊に所属するダグラス SBD-3 ドーントレス艦上急降下爆撃機との戦闘で重傷を負った。

坂井は、防禦機銃座の反撃を受けて重傷を負った。彼は.30口径弾1発を頭部に被弾して銃創を生じ、右目を失明するにいたった。彼の乗る零戦はロールして背面飛行となり、機首を下にして海面に向けて突っ込んで行った。まだ彼に残された見えるほうの眼は、頭の傷から流れ落ちてくる血で見えなくなってはいたが、流れ出る涙で血が洗い落とされてくると、坂井の視界はなんとか回復しはじめた。そして彼は海面に向けて急降下する乗機の機首を引き起こすことに成功した。彼はアメリカの軍艦のどれか一艦に突っ込んで道連れにしてやろうと考えた。「ここで死なねばならんというなら、せめてサムライらしい最期を飾れないものか。俺の死は幾人もの敵の命であがなわせてやろう。一隻だ。俺には艦艇一隻が必要なのだ」と思ったのだった。やがて操縦席に激しく吹き込む冷気で、ようやく彼は計器類のチェックができるくらいに意識を回復し、混合気を薄くすればラバウルの航空基地に帰還できるかもしれないと思い直して帰投を決心した。

(翻訳を修正してくれる有志求む)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。