※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソードアート・オンライン 時系列(TV版)


この時系列ではTV版および小説版のネタばれを含みますので閲覧にはご注意を。


ソードアート・オンライン
  • 2022年11月06日 ソードアート・オンライン正式サービス開始(デスゲーム開始)
 →剣の世界(小説版・第1巻「1」)

  • 2022年12月02日 開始1ヶ月で2000人が死んだ。未だ第1層は突破されず。《トールバーナ》にて第1層ボス攻略会議が開かれる。キリトとアスナはここで初めて出会うことになる。
 →ビーター(TV版オリジナル)

  • 2022年12月03日 初めて第1層が攻略される。キリトとアスナは2人でパーティーを組み攻略に参加する。このとき指揮をしていたディアベルがボスの攻撃を受けて死ぬ。ラストアタックによりボスを倒したのはキリトである。ディアベルが死亡したことに対してキリトを含めたビーターが責められることになる。キリトは自分が悪者になることでこの空気を打破できると考え、自分がビーターであることを明かし、悪者となることでその場を収めた。

  • 2023年04月08日 第11層・主街区《タフト》にてキリトが自分のレベル(加入当時はLv.40)を隠し《月夜の黒猫団》ギルドに加入する。
 →赤鼻のトナカイ(小説版・第2巻「赤鼻のトナカイ」)

  • 2023年05月09日 第20層《ひだまりの森》にて狩りを行う。《月夜の黒猫団》は順調にレベルが上がる。この時、攻略組は第28層を突破する。この日、《月夜の黒猫団》は20万コル貯まる。

  • 2023年05月16日 第28層《狼ヶ原》にて深夜キリトが狩りをしようとしたとき、偶然にもクラインと会う。キリトは昼間はギルドの手伝いを行い、夜は自分のレベル上げをみんなには黙って行っていた。

  • 2023年06月12日 《月夜の黒猫団》はこの日、リーダーがギルドハウスを購入するために第1層・主街区《はじまりの街》へ行く。その間、残りのメンバーはコルを稼ぐため、普段は行かない第27層《迷宮区》に行く。途中でトレジャーボックスを発見し中に入るが、そこには大量のモンスターと《結晶無効化空間》の2重トラップが仕掛けれられていた。大量のモンスターの前にキリトを除くメンバー全員が死んでしまう。

  • 2023年12月24日 第49層・主街区《ミュージエン》にてこの日のみ登場すると噂されるボスモンスター《背教者ニコラス》の情報を得るため情報屋から情報を入手する。理由は、このボスがドロップするとされる蘇生アイテムである。

  • 2023年12月24日 第35層《迷いの森》にてボスモンスター《背教者ニコラス》にキリトは果敢にも1人で挑み討伐に成功しアイテムを獲得するが、アイテム内容は死んでから10秒以内に使わなくてはならないというものだった。キリトは絶望しアイテムをクラインにあげた。

  • 2023年12月25日 今はなきサチからギフトアイテムで記録結晶が届けられる。

  • 2024年02年23日 第35層《迷いの森》の帰り道、アイテム分配の揉め事で竜使いシリカが怒りパーティーから離れ一人で森を突破しようとするが大量のモンスターに阻まれてしまう。そこで、使い魔ピナを殺してしまい自分も殺されそうになったところをキリトが助ける。
 →黒の剣士(小説版・第2巻「黒の剣士」)

  • 2024年02月23日 第35層・主街区《ミーシェ》にてシリカが寝泊りする宿屋でキリトも泊まることとなる。偶然かキリトの部屋はシリカの部屋の隣であった。

  • 2024年02年24日 使い魔蘇生用アイテムを入手するため第47層・主街区《フローリア》へ訪れる。《思い出の丘》にて首尾よく使い魔蘇生用アイテム《プネウマの花》を入手し帰ろうとしたところに、犯罪者(オレンジ)ギルド《タイタンズハンド》が行く手を阻む。しかし、これはキリトの当初の計画であった。過去に《タイタンズハンド》に襲われたギルドの生き残りのリーダーから《タイタンズハンド》を牢獄に入れてもらうように依頼をされていた。キリトは圧倒的なレベル差を見せつけ依頼どおり《タイタンズハンド》を回廊結晶を使い《黒鉄宮》の牢獄へと送った。

  • 2024年03月06日 第56層《パニ》にて血盟騎士団の副団長アスナが主導となりボス攻略会議が開かれる。

  • 2024年04年11日 第59層・主街区《ダナク》にてこのアインクラッドでもっとも気象条件がいいとされる日、キリトが昼寝をしていると、副団長アスナがやってくる。アスナはキリトの話を聞き、うとうとと寝てしまい昼寝のつもりが仮眠してしまい気がつくと夕方になっていた。寝ている間キリトが守っていたことを知り、アスナが夕食をおごることになる。
 →圏内事件・幻の復讐者(小説版・第8巻「圏内事件」)

  • 2024年04月11日 キリトはアスナに夕食を奢ってもらうべく第57層・主街区《マーテン》にやってくる。レストランにて食事をしていたところ、《圏内殺人事件》が発生する。

  • 2024年04月11日 第50層・主街区《アルケード》にて雑貨屋を営んでいるエギルに《圏内殺人事件》で使用された武器の鑑定を依頼する。鑑定結果、グリムロックという鍛冶屋が作成した武器であることがわかる。

  • 2024年04月12日 第57層・主街区《マーテン》にて、キリトとアスナは《圏内殺人事件》を目撃していたヨルコさんに詳しい話を聞く。そこでヨルコさんが以前所属していた《黄金林檎》にて起こった《指輪事件》の話を聞く。夕方、キリトとアスナの2人、ヨルコと以前《黄金林檎》に所属していた現《聖竜連合》のシュミットを交えヨルコさんの宿屋で話を聞いたが、話の途中でヨルコの背中にダガーが刺さり2人目の犠牲者となる。

  • 2024年04月12日 第19層《十字の丘》のグリセルダの墓にてシュミットは当時《指輪事件》に関わっていたことを詫びる。その詫びた話をこの《圏内殺人事件》を計画し実行したヨルコとカインズが記録結晶にて記録した。しかし、グリムロックによって仕向けられた殺人(レッド)ギルド《ラフィン・コフィン》が登場し、シュミットを殺そうとするが、間一髪のところでキリトによって助けられる。そしてキリトとアスナによって、過去の《指輪事件》がグリムロックによって引き起こされたものだとヨルコさんたちは知らされる。

  • 2024年06月24日 第48層・主街区《リンダース》にて、リズベットが営む鍛冶屋《リズベット武具店》にキリトがやってくる。キリトはオーダーメイドの剣を作ってほしいと頼む。リズベットはリズベットが製作した渾身の剣差し出す。キリトはその剣を試し切りすると言い、自分の剣とリズベットの剣を使って試し切りするが、リズベットが製作した剣が折れてしまう。怒ったリズベットが材料さえ用意してくれれば最高級の剣を作ってみせると言い、キリトとリズベットはその材料探しの旅に出ることになる。
 →心の温度(小説版・第2巻「心の温度」)

  • 2024年06月24日 第55層《西の山》に水晶をエサにし、レアな金属を体内に溜め込むといわれるドラゴンを狩りにキリトとリズベットが行く。ドラゴンとの戦闘中、キリトの忠告を無視してリズベットが飛び出してしまいドラゴンのブレスによって縦穴に落下してしまう。キリトはリズベットを助けようし一緒に落下する。そこは、《結晶無効化空間》であったためリズベットとキリトは仕方なく一晩を過ごすこととなる。

  • 2024年06月25日 翌日、ドラゴンの巣であることがわかり、目的であった金属である《クリスタライト・インゴット》を無事入手する。ドラゴンは夜行性であり、朝帰ってきたところを利用し無事ドラゴンの巣から脱出する。

  • 2024年06月25日 第48層・主街区《リンダース》の《リズベット武具店》に戻ったキリトとリズベットは早速片手剣を製作し、無事《ダークリパルサー》が完成する。そこでリズベットがキリトに告白するが、直後にアスナが登場する。アスナの好きな人がキリトであることを悟ったリズベットはキリトへの恋をあきらめてしまう。

  • 2024年10月17日 第74層《迷宮区》にてキリトは最前線に1人で潜り狩りをしていた。その帰り道、偶然にもレアモンスターである《ラグーラビット》に遭遇しS級レア食材である《ラグーラビットの肉》を入手する。
 →黒と白の剣舞(小説版・第1巻「5」)

  • 2024年10月17日 第50層・主街区《アルケード》のエギルが営む雑貨屋に、キリトはその食材を持っていき鑑定してもらう。どうしようか迷っていたところにアスナが登場する。キリトは先日料理スキルを完全習得(コンプリート)したアスナに頼み《ラグーラビットの肉》を調理してもらうことにする。

  • 2024年10月17日 第61層・主街区《セルムブルグ》のアスナの部屋で《ラグーラビットの肉》を調理してもらいシチューをご馳走になる。そして、少しの間アスナとパーティーを組むことになる。

  • 2024年10月18日 第74層・主街区《カームデット》にて、キリトとアスナの護衛をしていたクラディールとが揉め事を起こし、キリトとクラディールがデュエル(決闘)を行うこととなる。結果は、キリトが武器破壊を行い圧倒的な力の差を見せつけ勝利を収めた。そして、アスナはクラディールに護衛役の解任を言い渡し、《グランザム》に戻るよう命じた。この時、クラディールはキリトに対し負けた悔しさと憎悪を抱くようになる。

  • 2024年10月18日 第74層《迷宮区》にて、キリトとアスナはペア狩りを行いつつ、マッピングを行っているとボスモンスターの部屋を発見する。アスナとキリトはボスモンスターの部屋をちょっとだけ覗いて見るが、ボスモンスター《The Gleam Eyes:グリームアイズ》を見て恐怖のあまり安全エリアまで逃げ出してしまう。

  • 2024年10月18日 第74層《迷宮区》の安全エリアまで逃げて来たアスナとキリトが一息入れていると、クラインが率いる《風林火山》と出くわす。さらに、《アインクラッド解放軍》がやってきて、《迷宮区》のマップデータを提供するように言い、キリトは無条件で提供を行う。マップデータをもらった《アインクラッド解放軍》は無謀にも12人でボスモンスターに挑戦し、壊滅させられてしまう。キリトとアスナ、そしてクラインたちは、《アインクラッド解放軍》のことが心配になり後からついていくが、ボスモンスターの部屋についた時には《アインクラッド解放軍》は壊滅していた。アスナたちは、この状況に思わず部屋の中に飛び込んでしまう。しかし、少人数ではとてもかなう相手ではなかった。そこで、キリトは今まで隠していたユニークスキル《二刀流》を披露し、なんとかボスモンスターに勝利する。ボスモンスター攻略で犠牲者が出たのは第67層以来である。
 →青眼の悪魔(小説版・第1巻「10」)

  • 2024年10月19日 第50層・主街区《アルゲード》のエギルが経営する雑貨屋にて、キリトは身を隠していた。それは、昨日、ボスモンスター討伐を行ったとき使ったユニークスキルの存在が公に出てしまったからである。一方、アスナは一時的に休みたいと血盟騎士団の本部に行くが断られてしまう。そこで、キリトが一緒になり団長のところへ直接直談判しに行くことになる。

  • 2024年10月19日 第55層・主街区《グランザム》の《血盟騎士団》の本部にキリトとアスナがやってくる。2人は団長に直談判を行うが、団長が示した条件は団長ヒースクリフとデュエル(決闘)をし勝ったらアスナを連れて行っていいが、負けたらソロであるキリトが《血盟騎士団》に入るというものだった。キリトはその場の勢いでこの条件を受けてしまう。

  • 2024年10月20日 第75層・主街区《コリニア》の闘技場にて団長ヒースクリフとキリトがデュエル(決闘)を行う。結果はヒースクリフが圧倒的な力を見せつけ勝利を収める。負けたキリトは《血盟騎士団》に加入することとなる。
 →紅の殺意(小説版・第1巻「13」)

  • 2024年10月22日 第50層・主街区《アルゲード》のエギルが経営する雑貨屋にて、キリトは《血盟騎士団》のユニホームを着る。キリトはアスナに対して、ギルドに入らない理由-《月夜の黒猫団》で起こった事件-を話す。

  • 2024年10月23日 第55層・主街区《グランザム》の《血盟騎士団》の本部にて、キリトに対して初の訓練が行われることが言い渡される。それは、キリト、ゴトフリーとクラディールの3人で第55層の迷宮区を突破し、上の層へ行くと言うものだった。訓練ということもあり、フィールドでは生命線とも言われる結晶を使わないようにゴドフリーに預けて行くこととなる。

  • 2024年10月23日 第55層《迷宮区前》にてキリトたちパーティーは休憩を行う。そこで、キリトとゴドフリーは渡された水を飲むがなぜか全身が麻痺してしまう。これはキリトに対して復讐のためにクラディールが起こしたものであった。クラディールはまず、関係ないゴドフリーを殺害し、キリトを殺そうとするが、残りHP数㎜のところでアスナが助けに来てなんとか命が助かる。アスナは怒りのあまりクラディールを斬り残りHPが少しのところまで削るが、自制が働き最後の1発がでなかった。その瞬間を狙って、クラディールが反撃しようとするが、キリトに最後の一撃を食らい死亡する。

  • 2024年10月23日 第61層・主街区《セルムブルグ》のアスナの部屋にて、キリトが今晩はアスナと一緒にいたいということでアスナはキリトを部屋に招き入れる。キリトはそこで告白をし、アスナとキリトは結婚することになる。

  • 2024年10月24日 第55層・主街区《グランザム》の《血盟騎士団》の本部にて、キリトとアスナは休暇とギルドの一時退団を団長ヒースクリフにお願いし、許可される。
 →朝露の少女(小説版・第2巻「朝露の少女」)

  • 2024年10月25日 第22層・主街区《コラム》から離れた場所に小さなログハウスを購入し、キリトとアスナは住み始める。

  • 2024年10月30日 第22層の森の中にて、アスナとキリトはユイという名の少女を発見したので、保護し家で目が覚めるのをまで待つこととなる。

  • 2024年10月31日 第22層のアスナとキリトの家にて、ユイが目を覚ます。ユイは、キリトとアスナのことをパパとママと呼ぶようになる。2人はユイの両親を探すため、第1層・主街区《始まりの街》に行くこととする。

  • 2024年10月31日 第1層・主街区《はじまりの街》にて、キリトとアスナはユイを連れて両親の捜索を開始する。しかし、その途中で、誰かの声が聞こえてくる。2人が近寄ってみると、《軍》の連中が子供達3人(ミナ、ギン、ケイン)を囲いブロックをして脅しているところを1人の女性プレイヤーのサーシャが助けようとしているところだった。すかさず、2人は子供達を助けて《軍》の連中を追い払うことに成功する。

  • 2024年10月31日 第1層・主街区《はじまりの街》のサーシャが営む教会にて、キリト、アスナ、ユイは一晩泊めてもらう。

  • 2024年11月01日 第1層・主街区《はじまりの街》の教会にて、サーシャにユイのことについて聞くが有力な情報は得られず。その後、《軍》の1人である女性プレイヤーの副官ユリエールがキリトとアスナのもとにお願いに訪れる。ユリエールは巨大になりすぎて《軍》が2つの派閥に分かれてしまっている内情を話す。情報や食料を多くのプレイヤーに均等に分けようと考えるシンカー派に対して、効率のいい狩り場を独占したり恐喝まがいの行為を行うキバオウ派が勢力を拡大してしまっていることを話す。しかし、ゲーム攻略を蔑ろにしているキバオウ派への批判が増えたことにより、キバオウは《軍》の配下のいる高プレイヤーを集め、第74層のボス攻略を行うという強攻策をこうじるが壊滅してしまう。このことにより、キバオウは糾弾されるがギルドを追放するまでには至らなかった。追い詰められたキバオウはシンカーをはめて、ダンジョン奥深くに置き去りにしてしまう。そこで、副官ユリエールはキリトとアスナにシンカーの救出を頼む。キリトとアスナはユイの助言もあってシンカーを助けることを決める。

  • 2024年11月01日 第1層・主街区《はじまりの街》の《黒鉄宮》にて、ユリエール、キリト、アスナとユイはシンカーの救出へ向かうが、後一歩手前のところで90層クラスのモンスターが行く手を阻んでしまう。90層クラスのモンスターに為す術がなかったキリトとアスナの前に、シンカーとユリエールと一緒に転移結晶で逃げるはずだったユイが登場する。ユイはモンスターにやられてしまうと思われたが、《Immortal Object》と表示されやられなかった。さらにユイは、モンスターをいとも簡単に退治してしまう。なぜこんなことができたのかというと、ユイは記憶を全てを思い出したからであった。ユイはキリトとアスナに対し、自分が「メンタルヘルスカウンセリングプログラム試作一号(コードネーム:ユイ)」として作られたAIであることを話す。なぜ記憶を失ってしまったかというと、SAOが正式サービスを開始した直後、プレイヤーへの干渉を禁止されたことにより、やむなくプレイヤーのメンタルのモニタリングのみを行っていたが、状況は最悪と言ってものであり、その状況に耐えきれなくなり壊れてしまったからであると話した。しかしながら、GMコンソールを使いモンスターを退治してしまったため、不正プログラムとして扱われユイは消されてしまう。だが、キリトはギリギリのところでGMコンソールを使いユイのプログラムを切り離しオブジェクト化することに成功する。

  • 2024年11月05日 第22層・コラル郊外の湖にて、キリトが1人で釣りをしていると、釣り好きのニシダさんと出会う。キリトとニシダさんは意気投合し、キリトは自分の家へと案内しアスナと3人で晩ご飯を共にする。後日、キリトとニシダさんは湖にいる主を釣ることになる。

  • 2024年11月06日 第22層・コラル郊外の湖にて、キリトとニシダさんは見事に湖の主を釣り上げる。その後、釣り上げた主(モンスター)はアスナが華麗に処理する。直後、《血盟騎士団》の団長ヒースクリフによりキリトとアスナに招集がかかる。

  • 2024年11月07日 第22層・コラルの転移広場にて、ニシダさんと別れのあいさつを交わす。

  • 2024年11月07日 第55層・グランザムにて《血盟騎士団》の団長ヒースクリフから、ボス攻略に向けて5ギルド合同20名の偵察隊が組まれた。そのうち、ボスを偵察しに先に入った10人が全滅したことを聞かされる。そして、キリトとアスナは今度行われるボス攻略に参加することにとなる。

  • 2024年11月07日 第75層・コリニアの転移広場にて攻略隊が集合する。その中にはエギルやクラインもいた。全員集合したのち、団長ヒースクリフによりコリドールが召喚されボス部屋前へと移動する。

  • 2024年11月07日 第75層・ボス部屋にてボスモンスター《The Skull Reaper》と対峙する。死闘ののちなんとか討伐に成功する。この討伐により14人が死亡した。討伐直後、団長ヒースクリフのHPをふと見たキリトはHPが半分も減っていないことに気づく。疑問に思ったキリトは不意を突き攻撃をすると、《Immortal Object》と表示される。これによりヒースクリフがただものではにことが判明する。問い詰めたキリトによりヒースクリフがGM茅場晶彦であることが判明する。団長ヒースクリフは正体を看破した報酬としてデュエルをする権利を与え勝った場合ゲームクリアしてもいいと言われキリトはこの挑戦を受ける。キリトはヒースクリフに敗れるが体が完全に消える前に魂でヒースクリフを倒す。14時55分に、ヒースクリフを倒したことによりゲームクリアとなりSAOは終了する。SAO終了と共にアインクラッドは消滅する。なお、キリトとアスナは一旦死んだが、茅場晶彦の計らいにより現実世界へ戻れることとなる。