思考



ノップ

何も起こりません。
プログラムチップを繋ぐ為に使用します。
  • 離れたチップを繋げるための効果なしチップ。このチップを通る間も処理時間がかかるため、なるべく使用数を抑えるのが望ましい。


思考停止

思考を一時的に停止します。
思考は停止しますが、実行中の動作は停止しません。
  • 停止時間は1/30秒(1フレーム)から120/30秒(4秒)の間で設定可能。


動作完了待ち

機体の動作がニュートラルな状態になるまで思考を停止します。
移動や旋回など、完了しない動作の場合は思考停止しません。


サブプログラム呼び出し

サブ領域のプログラムチップを実行します。
サブ領域を抜けると、この場所に戻ってきます。


カウンタ入力

カウンタに各種データを入力します。
  • 単純に数値を入力したい場合はこれではなく、下の「カウンタ操作」で「数値」の「代入」を行えば実現できます。

カウンタ操作

カウンタを使って演算を行います。

カウンタ送信

カウンタの値を通信チャンネルに送信します。
通信チャンネルを使用して他の味方機と交信が行えます。


カウンタ受信

通信チャンネルからカウンタに値を受信します。
味方機が通信チャンネルに送信した値を受け取れます。


ボタン状態を取得

ボタン状態を取得します。
  • このチップを踏んだ瞬間のボタンや方向キーの入力情報を取得する。操縦型を設計する場合は頻繁に通る位置に置くのが基本。
  • このチップを配置すると操縦型OKEとして扱われる。