砲術士


概要

  • 砲撃での攻撃力は全ジョブで一番高い。
  • 遠距離から砲撃で敵の体力を削るのがメインとなります。
  • 従って船や装備は砲撃力と射程、次いで装填速度が重要となります。
  • 対人戦では射程がないと何もできずに終わることも・・・

スキル

Ⅰ~Ⅳまで4種類のスキルを同時に使用可能です。
(複数あるものはどちらか選択、ダメージはLV82時点のものです)

  • Ⅰギリシア火薬 CT15 砲火攻撃+309(LV82時点)
    • 船速+160%(2秒間) 火炎は5秒維持し、範囲内の敵に83+12%の砲撃ダメージ

  • Ⅱ投網弾 CT12 効果範囲500
    • 攻撃範囲内の敵にランダムで投網弾を発射。417+64%の砲撃ダメージを与え、船速50%ダウン(2秒間)
  • Ⅱ跳躍弾 CT12 最大距離500
    • 船の両側に跳躍弾を3発づつ発射。ヒットした敵に501+76%の砲撃ダメージ

  • Ⅲ三連斉射 CT20 最大距離550
    • 自分に近い敵から両側に扇状に三段階の距離に応じた連続爆撃657+100%~438+67%の砲撃ダメージ
  • Ⅲ砲術専攻 CT24
    • 12秒間、射程+100, 砲撃ダメージ56%アップ

  • Ⅳ多連弾幕砲 CT40 効果範囲500
    • 周囲の敵をランダムで攻撃。4秒間で30発の砲弾を発射し、トータル1200+183%の砲撃ダメージ
  • Ⅳ巨大燃料弾 CT40 効果範囲500 ダメージ範囲300
    • 一番近くの敵に向けて樽を投下。範囲内の敵の船速を70%ダウンさせ、合計1002+153%の砲撃ダメージを与えます。

  • スキルの選択
    • Ⅱ:対人戦では投網弾がよく使われます。NPC戦では状況に応じてお好みで。
    • Ⅲ:ほぼ砲術専攻一択です。
    • Ⅳ:好みに応じてどちらを使っても問題ありませんが、集団戦では多数を巻き込める燃料弾の方が有利かもしれません。

船装備

  • スロット一番左が主砲の種類になりますが、そこ以外は射程を上げるため白煙弾にしている方が多いと思います。
  • 上記の影響で白煙弾を発射する砲は他の種類に比べて高値で取引される傾向があります。
  • 主砲についてはお好みで。対人で射程を重視するなら白煙弾、着火ダメージを狙うなら火炎弾など様々です。
  • 帆については呪術攻撃のパラメータが無意味なため、帆力だけ見ればよいようです。
  • 船装備にはスキルがついている場合がありますが、術攻撃関連のスキルは砲術士には無意味です。

船および船スキル

  • LV65までは船や船スキルに拘らなくても一部のストーリークエストで支障が出るだけで、これはヘルプをお願いすれば解決可能です。
  • 従って、下級・上級ともに船スキルはLV65以上のために使わずに取っておくことをお勧めします。
  • 軍用艦はLV0の小型漁船から始まって、キャラベル→キャラック→フリュートと増設で上げることが可能です。
  • 従って、必要資材の少ない小型漁船かキャラベルの辺りで、頑張って性能の高い船を引いておくと45までは問題なく使用することができます。
  • LV55のガレオン帆船から拡張許可証が必要となるため、場合によっては市場で購入した方が新造・増設を行うより安くてよい船が手に入る場合があります。
  • 軍用艦以外でも、アラビアンやガレーに乗っても問題ありません。(乗るのであれば、攻撃性能の点でガレーよりアラビアンがお勧めです)
  • LV65以降で、砲術に有用な船スキルは以下があります。(それぞれ上級と下級の2種類があり、上級は下級の2倍の効果があります)
    • 大砲強化:砲火攻撃力を増加します。
    • 弾道術:砲の射程を伸ばすことができます。
    • 砲術クリティカル/砲術痛打:クリティカル発生時のダメージを増加します。
    • 強化型〇〇弾:〇〇部分に対応した弾種のダメージが増加します。主砲の種類と一致していないと意味がありません。
    • 速射:砲の装填速度をアップします。
    • 装甲補強:船の装甲を増加します。
    • 船尾回廊:船の耐久度を増加します。
  • 上記スキルですが、上級は強化型〇〇弾を除いて何れも高価格で取引されています。間違って使ってしまったり安値で売ってしまったりしないようにご注意下さい。
  • 船スキルは、LV65以上の船に装備可能なボトルシップでつけることも可能です。S級に上級、A級に下級の船スキルがランダムで付くことがあります。

コメント

  • ページ作成。ちょこちょこ執筆していきます -- (名無しさん) 2020-02-12 15:58:55
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る