概説

+はじめての方へ
ハチナイ(八月のシンデレラナイン)は、選手を育成し、理想のオーダーを編成し、試合に勝利してストーリーを読み進めていくゲームシステムになっています。

選手の育成には、レベル上げ、限界突破、覚醒、ポテンシャル上げ、スキル取得、才能開花、信頼度上げ、練習ボーナス上げがあり、URにはこれらに加えてメモリアルリンクの解放があります。育成に必要なアイテムのほとんどは試合を繰り返すことで上限なしで獲得することができるので、基本的には試合と育成を交互に繰り返していくことになります。

育成に必要なアイテムのうち、(同名シーンを所持していない場合)限界突破に必要な「クリスタルベアマックス」、信頼度ランクを6以上に上げるために必要な「ココロのカギ(大)」、「向日葵スキル」という上位スキル*1の取得やURのスキルリンクLv4以降を解放するために必要な「絆の結晶(極)」の3つは、入手可能数が有限となっています。また、「絆の結晶(極)」は入手可能数の一部がデレスト*2のハードモードで入手できる「絆の記憶(極)」との交換に設定されており、試合だけでは上限まで入手することができません。従って、上限を目指すのなら試合だけでなくでデレストの攻略も考える必要があります。

ハチナイには、キャラとシーンの概念があり、主人公・有原 翼などはキャラ、【想いはいつも白球に】有原 翼(遊)など(同じキャラでも【】の二つ名やグラフィックが違うものを)シーンと呼びます。
  • レアリティ
+...
ハチナイのレアリティには、上から順に
UR、SSR、SR、R、Nがあります。
試合性能はおおむねこのレアリティに比例しますが、同じレアリティでも強弱があり、打撃に優れていたり守備に優れていたりなど長所短所があります。
一方、デレストで使用した場合の性能は、SSRに秀でたシーンが多く、SRにも優れたシーンがあります。
URは現状(2021/02)試合性能では寄せ付けるところはありませんが、デレスト性能の観点ではあまり褒められたものではありません。

ガチャ産シーンのうち、URの全てとSSR/SRの一部は限定シーンで、常に入手できるわけではありません。また、SSRの恒常シーンは初登場となったガチャが終了すると一時的に入手できなくなり、翌月1日にシンデレラスカウトに追加、遅くとも1年後にはいわゆるすり抜けとして入手することができるようになります(詳しくはシンデレラスカウトを参照。)。

ストーリーやイベントで入手できる配布シーンにも優秀なシーンが数多く存在します。常時入手可能なUR有原のほか、期間限定で入手できるSSRシーンや「強豪N」と呼ばれる特殊なNシーンは、初心者には大きな支えになるでしょう(詳しくはイベント入手キャラを参照)。


  • リセマラにあたって
リセマラをするにあたって、まずはあなたがどのような選手をメインに狙ってリセマラするかを考えてみてください。
気に入ったシーン(背景グラ)があるなら、それが出るまでリセマラしましょう。一部のシーンには最長1年新規入手が困難な期間限定シーン、諸事情 により新規入手が恐らく不可能なシーンなどがあるので注意してください。

気に入ったキャラ(すこキャラと呼ばれます)がいるなら、彼女が出るまでリセマラしましょう。同じキャラにもSSRが複数ありますが、どのシーンを獲得すると比較的ストーリーを進めやすいか悩んだ場合、Ctrl+Fで本ページを検索して比較してみてください。限定シーンがお気に召された場合、誕生日に開催される限定シーンが排出される誕生日ガチャを待つとよいでしょう。

さて、以上に当てはまらずとくにこだわりがない方は以下の解説を参考にしてください。
ストーリーを一通り鑑賞できればよいという場合は、本ページ内で評価の高いシーンを獲得しておくと進めやすいと思われます。おおむね、★★以上のUR、フェス限のいずれか、A以上のSSRを獲得しておくと円滑に進められると考えられます。とくにこだわりがない場合、URを獲得しておくとずっと起用し続けられ無駄になりにくいでしょう。

もし、万が一ハチナイで天下を取るくらいの意気込みの頭ハチナイなら、URをとりあえず獲得し、URのメモリアルリンクに必要になるシーンを探して掘るかガチャを回し、デレストの攻略に必要そうなシーンを探して掘るかガチャを回してがんばってください。

  • 野手と投手どちらが重要か
+...
現実のやきうでも議論がつきない話題でありますが、ハチナイでも結論の出ない問題です。
本項筆者の個人的見解ではありますが、突き詰めると打撃も守備も大事ですが、まずは得点できないと勝利できないので、打撃性能に秀でた野手を獲得するのをオススメします。
ただし、期間限定で登場したUR投手については失点を一人で明確に減らし、即戦力として活躍でき、また(ハチナイでは投手が打席に立つので)打撃にも貢献することから、例外的に野手よりも優先するべきと考えます。
さらに、捕手については投手の球速上昇などバフをかける必要があることなどから、替えが効かない部分があります。選択肢が少ないことから、余裕があれば獲得しておくと困らずに済むと思われます。
したがってひとまず、UR投手>UR捕手>UR打てる野手>SSR打てる野手>UR守備型>そのほか、とします。

  • チュートリアルドラフト
チュートリアルを完了すると、 12枚のSSRシーン から1枚選択して獲得できます。

  • UR起用時の注意点
プリンセススカウトから入手できるURは、SSR状態で入手でき、入手したら速やかにURにシンデレラ覚醒(つまり進化)させることが基本的に推奨されます。
しかし、現状URの共通仕様として、シンデレラ覚醒後は同じキャラの別のシーンの起用ができなくなる。例えばUR有原を起用するならば、他の有原をスタメン・ベンチに一切編成できなくなります。これは守備位置に関係なく、ショートにUR有原を置くと投手に別の有原を起用することもできない、ということになります。
したがって始めたばかりの段階では、他の同キャラのシーン抜きで編成できるようになるまでは、あえて覚醒せずSSRのまま運用することも検討したいです。
また、UR有原は常設のイベントから常時入手可能である配布シーンですので、リセマラでは有原とリセマラで獲得できたUR以外のキャラのシーンを入手しておくことが望ましいでしょう。
(デレスト性能やスキルリンクの観点から、同キャラのシーンも必要だが、試合に勝利しストーリーを進めるという観点では別のキャラのシーンを獲得しておくほうがよい。)

  • 先行優位
ソーシャルゲーム一般にあてはまることですが、長いことやっている監督のほうが資産や所持品、プレイスキルなどの観点で有利があります(数年にわたって続けてきただけの熱意があることも理由のひとつですが)。ハチナイでは配布されるシーン(本wikiでは頑張って周回すれば獲得できるシーンも配布シーンとみなしています。)はおおよそ1年以内に復刻が開催されます。季節もののシーンは同じ時期(たとえばウエディング宇喜多は6月ごろ)、野球大会の風景のシーンは春・夏の甲子園の前後あたり(たとえば強豪坂上は3月ごろ)に復刻されています。
逆にいえば、1年経つまでは配布シーンは獲得できないということでもあります。また、一度配布されたシーンでも翌年以降に課金限定で頒布されたあくどいシーンも存在します。
おことわりですが、当wikiの執筆者には長く続けている監督が多いので、どうしても選手解説ページや各種攻略ページでは配布シーン・以前に登場した限定シーンの存在を前提としがちです。手持ちと照らし合わせて随時読み替えてください。

はじめに

+...
ハチナイで優先すべき選手はおおむね
好きなキャラ>先発投手>捕手≧救援投手>野手
と言われている。例外として全体バフ優秀な野手が左側に食い込んでくる。
ハチナイは基本キャラゲーなのでリセマラでは好きなキャラが一番に推奨される。
キャラ一覧を見ても推しを決められない人は、とりあえず評価A以上の選手を狙っていこう。
選手評価がDランク以上なら必ず何かしら強みがある。
ちなみに+つきの選手はデレスト性能に優れる選手。
試合評価の低い選手でも、選手数が少ないうちは戦力になる。
優先度の低い選手を引いたとしても「ハズレやんけ!」と即座に切り捨てるのではなく、一度このページや各選手のページを見て強みがないか確かめてほしい。

リセマラが終わったら

リセマラが終わったら、下のページで選手たちの性能とこれからやるべきことを確認しよう。
ハチナイを本格的にはじめたら、ストーリーや各種イベントから石(ナインスター)を掘り出し、選手交流という実績を進めるとおおよそ2000個程度=UR天井2回分ほどたまる計算に(2021年3月現在)なっています。また、ログインボーナスでも石の配布があるのでそれを貯めてURを獲得していくとよいでしょう。運にもよりますが、無償石で3体程度はURを取れると思います。投手・捕手、すこキャラのURは替えが効かない部分があるので天井分を貯めていつでもお迎えできるように準備しておきましょう。
初心者向けQ&A
慣れた人向けのQ&A
レアリティ別選手一覧
試合オススメキャラまとめ
デレスト有能キャラ早見表
ハチナイ初心者向け公式動画「ハチトレ」 (Youtubeに飛びます)
新:初心者向け公式動画「ハチトレ合宿」 (Youtubeに飛びます)
開催中イベント
いわゆるデイリー・ウィークリー・マンスリー任務になっているイベント・機能があります。そのほかの期間限定イベントなどは開催中イベントを参照してください。
+...
  • 常設
  • デイリー
    • 勝ち抜きマッチ(新)
      • 信頼度の開放に必要なアイテム「ココロのカギ」を入手できます。ココロのカギ(大)はたいへん貴重なアイテムです。ここからしか入手できないSSR東雲を獲得できます。交換ラインナップは月末にリセットされます。
    • タウンマップ
      • 周回に便利なナインスター、ドリンクや、信頼度に必要なトラストポイント(TP、すこポ)など豪華な報酬がもらえます。
      • 戦術の開放に必要なアイテム「英知のカケラ」を入手できます。URのCHを使うには、前提となる戦術の開放が必要です。
        メインマッチの累積報酬(1回こっきり)か実質のデイリー任務であるタウンマップから入手する必要があります。
        購買部から月に1回ナインスターの交換、毎日1回まで挑戦可能!からの入手もできますが、あまりお勧めはしません。
  • ウィークリー
    • 月曜イベント(月曜4時~28時)
      • 専用のガチャ券が入手でき、ここからしか排出されないSSR月島・近藤を獲得できるかもしれません。
    • グランドリームチャレンジ(金曜4時~土曜28時)
      • URのスキルリンク、向日葵スキルの開花に重要なアイテム「絆の結晶(極)」(の交換素材)を入手できます。絆の結晶(極)はたいへん貴重なアイテムです。
    • ハード版デレスト(火曜4時~月曜28時)(エンドコンテンツ)
      • URのスキルリンク、向日葵スキルの開花に重要なアイテム「絆の結晶(極)」(の交換素材)を入手できます。ハード版デレストはノーマル版の評価S以上が前提になります。
  • マンスリー
    • ハチナイデー!クイズイベント(毎月8日4時~10日28時)
      • ハチナイガールズがこれまでのイベントを振り返りつつカワイイ茶番を繰り広げるクイズイベント。一応正解すると報酬のナインスターが増えるので、本気でやるならストーリーを読み直したりカンニングをするのはあり。間違いもカワイイのでサブ垢を作ってみては。
    • 勝ち進め 頂点への激戦 〇〇の陣(たいてい月初め~月末)(エンドコンテンツ)
      • 限界突破に必要なアイテム「クリスタルベアマックス」(の交換素材)を入手できる、強敵に連続で勝利していくイベントです。ハチナイの限界突破には同じSSRシーンが必要ですが、その代用に使えます。クリスタルベアマックス(クリベア)はどのSSRシーンにも使用できます。同じ属性で染めたチームで戦うイベントで、必要な属性に応じて月の陣などが順番に開催されます。
※当ページはPC版を基準に作られています。
 スマホ版のページが見辛い場合はPC版に切り替えてください。
※容量制限(300KB)に引っかかったため過去のスカウトに関する情報を別ページに分割しました。


  • <参考>無課金が確定入手可能なUR,SSR,強豪Nの分布(期間限定を含む)
これらのシーンは地道にやっていればおおむね1年以内に入手可能で限界突破も現実的。できるだけ被らないように調整されているのがわかるが、逆にこれらでカバーできない属性・ポジションは、どこかでガチャ産を調達しない限りSRを卒業できないため、無課金が満遍なく揃えることを優先する場合には評価に影響するかもしれない。入手方法の詳細はイベント入手キャラを参照。
属性\ポジ



※強豪有原(セサ原)とそれを装備したUR有原は内野全部、強豪柊は外野全部守れる。

さらに、ゲームを始めてすぐから常時入手可能なシーンに絞ると以下のようになる。いずれも獲得には多大な努力と根気(周回)が必要とはなるが、理論上はいつでも獲得可能である。
属性\ポジ


今月の更新履歴

2021/08/01 恒常化した期間限定選手の記載場所を変更
2021/08/22 デレスト攻略支援スカウトの優先度をC→無しに変更

※過去の更新履歴はこちら

開催中スカウト

+評価目安
SS……殿堂入り選手 or 評価S以上の選手2人
S……評価S以上の選手1人
A……評価A以上の選手
B……評価B以上の選手
C……評価C以上の選手
D……評価D以上の選手
E……リセマラに不向き
+……お得な要素あり

★……URがピックアップされているスカウト
★+……URがバッテリー・ピックアップSSRがS以上野手かA以上バッテリーかデレスト有能・その他お得な要素有り

最終更新日: 2021/9/15(水)
画像 名前 優先度 期間 解説
ハチナイプリンセススカウト 0+ 9/8~9/16まで UR初瀬が目玉のスカウト。URは育成が大変だがSSRを遥かに超える性能を秘めている。
SSR潮見は新規実装ではなく復刻のシーン。
八月は夜のバッティングセンターで。SSR夏葉舞確定スカウト 評価 9/8~9/16まで 10連でSSR夏葉舞が確定のスカウト。先発・中継ぎ・抑えの適性が全て◎になっている。
コラボ記念!無料10連チケットスカウト 00SS 9/1~9/22まで 毎日1回無料で10連が引けるスカウト。とりあえず引いておこう。
9/1~9/15の期間に5日間ログインすることで最大50回スカウト可能
デレスト攻略支援スカウト 無期限 購買部でナインスター20個と交換できるチケット1枚で5連できる。チケットは交換で4枚まで手に入るので、ナインスター80個で20連と通常スカウトを回すよりお得。4属性ある中から好きなものを選んで引こう。
さらに1回引くごとにおまけで好きなSR1枚と交換できるチケットが手に入る。
排出される選手は2019年04月までに終了したスカウトで実装された恒常選手のみ。専用チケットを入手しないとスカウトの画面に表示されないので注意。
現在ではSSR確率が3%と低く、さらに大半のデレスト有能SRがメインマッチのドロップで手に入るようになったため、ナインスターを使ってまで引くスカウトではなくなった。
シンデレラスカウト 無期限 前月末までに終了したスカウトで実装された恒常選手2018年12月までに終了したスカウトで実装された季節限定選手がすべて排出される闇鍋スカウト。
デレスト攻略支援や他スカウトのピックアップで出ない選手がどうしても欲しい!という場合はこちらを引くといい。
スタートダッシュスカウト 12E ゲーム開始から72時間後まで 有償限定。有償スター15個で引けるスカウト。課金する必要があるためリセマラには不向きだが、もし課金するつもりなら手始めに価格の安いこのスカウトを回すのが良い。3選手(有原河北鈴木)はどれも無課金でも入手できるが、その場合戦力として育成するのに多大な努力が必要なため、即戦力の状態で引けるこのスカウトに課金する価値は十分にある。
オススメ優先順位……プリンセススカウト(初瀬)>無料10連

最高レアリティのURになるシーンは基本プリンセススカウトからのみ排出される。
URは育成が大変だが、素で並のSSRよりも優れるストロングポイントがあり、育てればSSRを遥かに超える性能を発揮する。


開催予定のスカウト

画像 名前 優先度 期間 解説
初瀬麻里安 誕生日記念スカウト 06B 9/23 強力な全体守備バフを持つ【読書の秋に】がオススメ。初瀬は守備型のシーンが多く、鉄壁スキルを発動させやすいのが特徴。
横浜DeNAベイスターズコラボ限定スカウト(復刻) 02S 不明 コラボ限定有原倉敷我妻が復刻したスカウト。
いずれも遊撃手、中継ぎ、先発と重要なポジションの選手なので、特に始めたばかりのうちは頼りになるだろう。
またリセマラにはあまり関係ないが、倉敷はUR倉敷のリンク素材としても非常に有用である。
コラボの性質上復刻が保証されていないので、欲しい方はお早めに。

※過去スカウト一覧はこちら

すり抜けについて

デレスト攻略支援スカウト・シンデレラスカウト・スタートダッシュスカウト以外のスカウトでは、「目玉」となる選手(ピックアップ)以外の選手を入手する可能性がある。
この現象をすり抜けといい、対応する(入手する可能性がある)選手は下記一覧の「共通」項に「〇」が記載されている。
現在の対応選手は2020年11月までに終了したスカウトで実装された恒常選手

その他、八夏祭や球春祭などで配布される無料のスカウトチケットはこのすり抜け選手がラインナップとなっている。

ランキング

すべてのガチャで排出される選手は共通の欄に〇がついています。
それ以外の選手はピックアップスカウト、ピックアップがない選手はシンデレラスカウトで排出されます。

UR

+評価基準(仮基準)
主にCHの使いやすさで判断。以下の基準はあくまでも目安で、効果の内容や発動条件で判定。
★★★★★……条件が無く効果が絶大なもの
★★★★……多少の条件があるものの、効果が大きなもの
★★★……条件が無いが、効果がそれほど大きくないもの or 条件が厳しいが、効果が大きなもの
★★……条件があり、効果がそれほど大きくないもの
★……効果がそれほど大きくないもの+CH以外での懸念

プリンセススカウト限定選手

最高レアリティのURに覚醒できる。
その能力を最大に引き出すには貴重かつ膨大な育成素材が必要な一方で、
完成した時の傑出度はいままでの選手たちとは一線を画す。
また、URシーンは試合中CH(シンデレラハーモニー)という特別な戦術を使用できるようになり、試合を有利に進めることができる。
戦術を使用すると確定で盗塁確定で三振があるなど脳汁がたまらない。
さらに、ハチナイのライブにも使われたような楽曲にBGMが切り替わり、ガチャガチャ使っている実感がわく。

試合性能は群を抜いて高いが、同時に育成難易度も非常に高いため、
右も左も分からない初心者がリセマラで入手しても序盤は思うように性能を発揮できない。
よって「手軽にハチナイを楽しみたいよ」「ストーリーだけ楽しむ予定だよ」
って人はリセマラランキングの評価に準じたSSRシーンを入手するとよい。

ただ、現状UR選手は排出率0.75%と他のシーンより排出が絞られている点、
SSRとは比べられないほどの性能を持つ点を鑑みると、
ハチナイと気長に付き合う気持ちがあるなら
何回でも引き直せるこの機会に入手を検討しても良い…かもしれない。
URがスタメンにいるという事実はプレイし続けるモチベーションになるだろう。

※ポジションの画像が小さくなっているところは
 「守備適性リンク」によって解放されるポジション
 最初から適性◎で守れるわけではないので注意
 詳細はこちらへ→「シンデレラ覚醒
※以下の優先度は暫定的なものであり、変更になる可能性があります。
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
UR【己が示す誇り】東雲 龍 (三) 4 50
70
80
★★★★ 本校きっての強打者。強振CH「超絶スラッガー」により終盤の決定力に優れる。三塁のほか左翼中堅にも置きやすく、編成上便利。理想的には4番を占拠する可能性があり、オーダーを組みにくくなるかもしれない。
UR【剣抜弩張】塚原 雫 (左) 1 70
40
30
★★ CH「乾坤一擲」は犠牲フライのため使いどころが難しい。条件さえ整えば確実に点が入り、さらにスタメン3人もの調子を上げられるのでシステムに強い。セカンドで起用するには少し工夫が必要なため、基本レフト起用となる。
UR【青い炎がゆらめくとき】九十九 伽奈 (右) 3 90
50
20
★★ 待球のCH持ちで相手投手のスタミナを枯らし、後続に有利な状況で打席を回せる。強化すれば勝手に打ってくれるタイプだが、右翼・三塁は強打者・強力なCH持ちが多い。
UR【証明の一球】倉敷 舞子 (投先) 4 11
12
★★★★★ 自他共に認めるエース。CHは99%三振を奪う「摩擦主義」。UR投手にはCHの他、PM(投手マスタリー)という特殊効果がある。相手の長打を減らし三振を奪いやすくするPMとCHにより、後続の打者を断ちやすくイニングを食っていける。若干一発病だが、OCさえあれば完封できる点は代えがたい。育成コストも低くお手軽。
UR【仰いだ空に勝利を掴め】椎名 ゆかり (捕) 2 20 ★★★★ ダイソン。素体では味方投手へのバフは貧弱ながら、豊富なスキルリンクにより、球速をメインに手厚く支援する。CHで味方投手のスタミナを回復でき、球速を落とさないのに貢献する。投手バフに振り切ったぶん、打撃性能はアヘ単。
UR【魅せたいのは結果だけ】花山 栄美 (中) 1 80
40
60
★★ いわゆる掃除屋。CH「ぐねぐねフォーム」はタイムリーを堅実に決め、相手投手の調子を絶不調まで下げられる。
UR【伸ばした手は絆のために】天草 琴音 (一) 3 30
60
50
★★★★ 攻守バランスのいい一塁手。URのスキルリンクの恩恵を最大限に活用でき、ホームランアーチストとして輝く。前進守備CH「絆フィールディング」はアウトを堅実に取っていけ、併殺を狙える。
UR【戦友は最高の友達】河北 智恵 (二) 2 40
70
30
★★★★ ハチナイ随一のバッファーのUR。ベンチから通常3枠バフをかけられるところ実質5枠に拡張する。しかし4人以上確保できるのは相当後の話になるので玄人志向。打撃力はそこそこだが育成コストが軽い。
UR【魅せる風格は王者の証】草刈 レナ (左) 4 70
80
★★★★ CHは条件なしで使い勝手のよい、ミート重視「王者の一閃」。しかし過信は禁物。育成に必要なリソースが極端に偏ること、リンク開放に鍵を要求する仕様上初心者には一定期間強化ができないのがつらい。
2大ぶっ壊れの永井・東雲と強力なクリーンナップを構成するため上級者の採用率は高いが、セットで使用して最大火力ということでもある。
UR【代打ヒーロー出撃】岩城 良美 (三) 3 50
30
90
★★ 三振・オア・ホームラン。うさぎ跳びのテコ入れ向日葵スキル「超巨大火山」をセットしてからが本領発揮。CHはコスト75以上貯まっているときに15消費し強振する「全力全開フルスイング」。ホームラン率は他を寄せ付けないが、三振率の改善が必要。
UR【誇れる自分になるために】宇喜多 茜 (右) 1 90
70
★★★★ 現状唯一無二のヒーラー。守備が優秀で、特徴的な性能が光る。長打警戒CHで守りつつオペレーションコストを増加させ、積極的な攻撃にもつながる。URを複数集めていくとCHを連発できるようになり操作していて飽きることがない。打撃性能はUR比でそこそこ。
UR【あおい流超感覚プレー】阿佐田 あおい (二) 3 40
60
70
・守備に振りすぎた素ステータス・異常なまでに難易度が高すぎるスキルリンク・現状環境に合っていないCHが欠点。最初の1枚にはピーキーな性能で、打線を引っ張るには素体では力不足。ただ育成すべきポイントが明確で、やることがはっきりしているとはいえる。しっかり育成すればほとんどのSSRよりひと回り以上強くなり、ラストワンピースとして内野を引き締める。すこ勢には大変強力なシーン。
UR【最大出力で捉えた打球】永井 加奈子 (中) 4 80
30
90
★★★★ 守備ガバウホ長。いわゆる「ぶっ壊れ」の名にふさわしい。強振CHは強振自体が強力なのに、発動条件がなく、消費コストが軽く、調子を上げられ、性能とも合致し全打席強振しろと言わんばかり。また最終的にホームランバフを獲得し最強の打撃を誇る。CHでいつでも絶好調にでき、システムに強い。育成コストも低く初心者にもお手軽。素体では守備難だが、育成で改善できる。
UR【巡らす神算】鈴木 和香 (捕) 1 20
70
守備よりオールラウンダー型の捕手。スタミナバフと守備バフのスキルが失点を防ぐ。前進守備CHを3回成功させれば、相手の打撃系デバフを無効化でき、高難度イベに突撃する手段になる。投手バフと打撃能力を満遍なく伸ばせ、対応できる場面が広い。ただし本体の打撃性能は今ひとつ。
UR【決して砕けぬ鋼の闘魂】泉田 京香 (左) 2 70
90
80
40
★★★★ 出塁・長打のバランスがとれたクラッチヒッター。序中盤に走者がいるとき長打を増やす強振CH「アタシのヤンキー道」により、先制力に優れる。配布の有原とCHのシナジーがよいこともプラス評価。走攻守まとまった両翼として光り、リンク次第ではセンターラインでも活躍する。
UR【信頼は強さへと】我妻 天 (投先) 2 11
12
★★★★ 豪速球で三振を狙う本格派投手。リンクで強化してスペックで圧倒し、打者を寄せ付けないようにしよう。相手の本塁打を減らし、ランナーを還しにくいPMが効く。打力を強化するスキルでジエンゴ投手としても打線を機能させる。普段使いには攻守のバランスがよく、攻撃重視のランクマでは筆頭候補。打撃型なら育成コストは低め。ただし、CHは乱数要素があり、CHとスキルが終盤使えず単体で完投は難しい。
UR【用意周到の大勝負】中野 綾香 (中) 3 80
40
50
60
★★ 投手を揺さぶる"嫌な"打者。盗塁を99%決めるCH「いただきにゃ」で相手投手を揺さぶり、上位打線に置けばクリーンナップに還してもらえ、下位打線に置けば投手の介護もできる。出塁性能もあり、小技が光る堅守のセンターとして機能する。リンク次第では内野でも活躍する。
UR【逡巡断ち切る真剣勝負】小鳥遊 柚 (遊) 1 60
30
70
80
★★★★ 脳筋。とにかくパワーでホームランを狙う。強振CH「IENAI」は終盤にホームランを狙い相手を突き放す。三振率減少スキルを持ち素体でも活躍しやすい。本職のショートは配布の有原と被るが有原をコンバートするかこちらを一塁に置けば併用可能。リンク次第では外野でも活躍する。妥協は可能だが、理想的な育成コストが高めなのが難点。
UR【刹那を見極める慧眼】月島 結衣 (二) 4 40
90
70
切り込み隊長。走者がいないときに待球CH「努力ゆえの自信」を使用して四球を奪い相手投手の調子を下げる。スキルリンクが噛み合わないのが難点だが、最初はリンクまで手が回らないので心配することもない。配布の有原と条件が被るので打線の配置を考えたい。
UR【気高きエースの咆哮】神宮寺 小也香 (投先) 3 11
12
13
★★★★★ 真の主人公 ライバルエース。何かと本校生徒とのストーリー上の絡みが多くアニメでも重要な役回りを担った好敵手。ゲーム上はスタミナタンクの技巧派投手であり、デバフと変化球、PM(投手マスタリー)の組み合わせで相手打者を手のひらで転がせる。三振を増やすPM・ほぼ三振を奪うCHは安定感がある。OCさえあれば完封できるCHは代えがたい。
ただし、将来的な拡張性には限定シーンの存在がほぼ必須。誕生日ガチャを全力で回すなど限定シーンの獲得手段を考えておく必要がある。有償だが清城高校ドラフトで素材の入手が可能であった。
UR【揺るぎない不動の構え】朝比奈 いろは (一) 2 30
50
70
★★★★ 世界のホームラン王。引っ張りCHで序盤に一発を狙い、決まればさらにHR率が上がる。ホームランと速攻が重要なランクマでは強力なコーナーとして君臨できる。三塁・左翼にも置きやすく編成上便利。
素体ではUR比でかなりの守備難を抱えるが、リンクで改善できるし、守備は割り切ってしまうのも一案。
UR【機知奇策の一打】リン レイファ (二) 1 40
70
30
★★★★ 大型セカンド。CHで試合後半にきっちり出塁し、突破口やあと1本になる。有原と組み合わせて中盤に一気に攻めるのもよい。CHの前提は戦術:流し打ちで、強化が安く済み手軽に試せる。
二塁・左翼はポジション被りが多く、(1年生に共通するが)リンクの選択肢も少なく、後から割り込むには若干厳しい。
UR【道を拓く一声】仙波 綾子 (捕) 4 20
40
★★★ 一発のある万能捕手。投手バフ・打撃・嫌がらせどの方向にも強化でき、監督の好みを反映させやすく、1枚で全国大会・ランクマ・普段使いに対応できる変幻自在なシーン。ただ下手をすれば器用貧乏に。
前進守備CHは確実性に欠けるが連発してお守りにでき、野手を揃えて守備が固まればいい戦術になる。
UR【涼宮ハルヒの一打】涼宮 ハルヒ (二) 3 40 ★★★ 原作準拠のやりたい放題。試合後半からCHとリンクの組み合わせで大暴れする。打力よりのセカンドだが、スキル・CHのクセが強いので手なづけたい。
育成にかかるコストが極端に偏ること、リンク開放に鍵を要求する仕様上初心者には一定期間強化ができないのがつらい。
また、野手適性はセカンドしかないので編成の幅が狭まる。ハルヒを軸にチームを構成したい。
さらに、新規コラボ選手のため今後いつ復刻されるかが不透明。思い入れがあったらぜひお迎えしよう。
UR【ただ勝つために】草刈 ルナ (中) 2 80
60
70
★★★ ストーリー中の大会に準拠したセンターポジション。CHは「流し打ち」で三振率を下げ、オペレーションコストを10回復、要は実質5で発動でき、9割方出塁できる模様。
CHは5回までしか使えないが、スキルリンクが自分と永井と強力なのもあって非常に高い打率を残せる。
UR【窮地を脱す一振り】柊 琴葉 (左) 3 70
90
UR【凪いだ闘志を構えて】坂上 芽衣 (二) 4 40
50
70
UR【怯弱を打ち砕く投球】野崎 夕姫 (投先) 1 11
13
★★★★ 全力投球と強振のどちらで用いても、投打両方の効果を得られる強力なCH「青すぎて」を持つ。UR投手の中ではコントロール値が低いがリンク先の永井の投手スキルや、自身の向日葵スキルで十分に補える。
そしてやはり、他のUR投手にはないおっぱいパワーが一番の魅力。たとえ点を取られても自らのバットで取り返すその姿はハチナイ界のジャンヌダルクと言えよう。
UR【決戦制する長距離砲】近藤 咲 (捕) 3 20
70
UR【ヒロインの密やかな努力】逢坂 ここ (右) 2 90
40
50
★★★ 完全打撃型。守備が3500無い上にスキル才能共に守備バフ無し。その代わりにとんでもないミートとパワーを有する。
CHによる強振やその効果【ハイパープリティ打法】により長打やホームランが期待出来るため、起用している上位プレイヤーもいる。守備を捨てて打つ事しか考えていないなら本シーンは間違いなく狙うべきである。
UR【光芒に背を押され】エレナ スタルヒン (投先) 4 11
12
70
80
90
30
UR【遥か未来へ繋ぐ今】初瀬 麻里安 (三) 1 50
70



SSR

  • フェス限定選手について
一般のSSRに対し、特別なカテゴリとして「フェス限定選手」というものがある。
そのタイプは大きく3つに分けられる。

デバフ系フェス限
 ・固有スキルにより、相手の得意属性選手のステータスを低下させる。
 ・向日葵スキルを習得することで、敵への属性デバフが固有スキルよりもさらに強力になる。
 ・向日葵スキルを習得した当該選手をスタメンにし、それと同じ属性で自チーム18人を揃え、なおかつスタメンのパラメータが一定条件を満たしている場合、チーム全体を大幅強化するチームスキルが発動する。ちなみに、このチームスキルを発動させた属性染めは、染めLv4やLv4と呼ばれる。

打撃バフ系フェス限
 ・固有スキルにより、相手投手が苦手属性でないとき自身を大きく強化する。
 ・向日葵スキルを習得することで、相手投手が苦手属性でない場合の打撃バフが、固有スキルよりもさらに強力になる。
 ・向日葵スキルを習得した当該選手および同属性の選手2人を特定の打順に配置し、なおかつその3人のパラメーターが一定条件を満たしている場合、同属性の選手全員の能力を大幅に強化するチームスキルが発動する。

守備バフ系フェス限
 ・向日葵スキルを習得した当該選手および条件を満たした選手を特定の守備位置に配置することで、味方の能力を大幅に強化するチームスキルが発動する。

このうちデバフ系フェス限については、2021年8月のベンチ枠拡張によりチーム評価を最大化する手段ではなくなったこと、チームスキルを発動させようとすると編成に著しい制約が生じるため新規がリセマラで引いたとしてもその後の展開があまりに苦しくなることから、チームスキルを目的に引くことはおすすめできなくなっている。そのため、特別なカテゴリとしての紹介は打撃バフ系フェス限と守備バフ系フェス限のみとし、デバフ系フェス限は他の期間限定選手と同じく、恒常の後で個人の能力をベースにした評価を紹介する。

打撃バフ系フェス限

+評価目安:フェス限のなかでの比較です
S…試合性能や全体バフに優れる選手 +超鉄壁可能
A…フェス限として標準レベルの選手
B…使いにくい部分のある選手
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【ここ一番の見せ所!】逢坂 ここ (右) 1 90
80
04A フェス限定選手。相手投手が月属性でないときに打撃能力が大きく上がる。花外野手では貴重なFB革命の秘奥義など超強力スキルも持っており、純粋な打者としての実力も高い。花属性のデバフ系フェス限と併用できれば蝶属性相手でも非常に頼もしくなる。デレストは凡。
SSR【不撓不屈のグラブトス】直江 太結 (遊) 1 60
50
02S フェス限定選手。相手投手が月属性でないときに打撃能力が大きく上がる。味方の守備を強化する全体バフが魅力的。染め系スキルで貢献するには複数の凸かすこが必要になる。花属性のデバフ系フェス限と併用できれば蝶属性相手でも非常に頼もしくなる。デレストは凡。
SSR【一打で魅せたエール】岩城 良美 (三) 1 50
40
04A フェス限定選手。相手投手が月属性でないときに打撃能力が大きく上がる。無凸無すこでパワー4200に到達し月以外の投手からは高いOPSを叩き出せる打撃が長所。一方で守備の鉄壁ラインには届かないため起用するには守備面を諦め攻撃特化する心構えが必要。デレストは凡。
SSR【積み重ねを力に変えて】新田 美奈子 (遊) 1 60
70
フェス限定選手。相手投手が月属性でないときに打撃能力が大きく上がる。
SSR【進塁許さぬ強肩】仙波 綾子 (捕) 2 20
70
04A フェス限定選手。相手投手が花属性でないときに打撃能力が大きく上がる。投手バフはないが、捕手で起用すれば走力・盗塁デバフで走者を刺し、左翼で起用すれば高い打力を発揮する。向日葵スキルと打順スキルを両立させるためには複数凸が求められるのが難点。蝶属性のデバフ系フェス限と併用できれば花属性相手でも非常に頼もしくなる。デレストは凡。
SSR【一心一意】塚原 雫 (左) 2 70
20
04A フェス限定選手。相手投手が花属性でないときに打撃能力が大きく上がる。捕手に適正があるが投手バフは雀の涙なので左翼手起用が基本。同じ蝶フェスの仙波とポジションが完全に被ってしまっている。
SSR【論理の先に伸ばす手】リン レイファ (二) 2 40
60
02S フェス限定選手。相手投手が花属性でないときに打撃能力が大きく上がる。チャンス時に全体ミートバフを持つ。ショート適性◎では貴重な左打。
SSR【理想への駆け足】天草 琴音 (一) 2 30
90
フェス限定選手。相手投手が花属性でないときに打撃能力が大きく上がる。
SSR【憧れが描く放物線】朝比奈 いろは (一) 3 30
90
02S フェス限定選手。相手投手が蝶属性でないときに打撃能力が大きく上がる。高い打撃能力と一本足打法でホームランを量産するハチナイ界の王貞治。右翼適正も◎で、貴重な左打ちライトとしての起用も可能。風属性のデバフ系フェス限と併用できれば蝶属性相手でも非常に頼もしくなる。デレストは凡。
SSR【花咲く成長】宇喜多 茜 (右) 3 90
70
04A フェス限定選手。相手投手が蝶属性でないときに打撃能力が大きく上がる。打順スキルを考えると2番か7番が適正だが、チャンス時に特に輝く選手なので打順スキルを考えないならクリーンナップでもいい。
SSR【忘れぬ初心と極めし想い】月島 結衣 (二) 3 40
60
04A フェス限定選手。相手投手が蝶属性でないときに打撃能力が大きく上がる。直前に実装された練習機能を前提としたステータスのせいで育成に非常に手間がかかるのが玉に瑕。ショート適性◎では貴重な左打。
SSR【これが私の戦う道】鈴木 和香 (捕) 3 20
40
フェス限定選手。相手投手が蝶属性でないときに打撃能力が大きく上がる。
SSR【覚悟が捕らえた白球】花山 栄美 (中) 4 80
60
06B フェス限定選手。相手投手が風属性でないときに打撃能力が大きく上がる。高い走力が魅力のリードオフマンで、守備時にはデバフで相手打者のパワーを下げてくれる。月属性のデバフ系フェス限と併用できれば風属性相手でも非常に頼もしくなる。デレストは凡。
SSR【研ぎ澄まされた息吹】河北 智恵 (二) 4 40
50
04A フェス限定選手。相手投手が風属性でないときに打撃能力が大きく上がる。ともっちらしくバランスの良いステータスで、中でもミートが非常に高く下位打線で起用すると攻撃に厚みがでる。
SSR【貫徹の熱い志】泉田 京香 (左) 4 70
50
02S フェス限定選手。相手投手が風属性でないときに打撃能力が大きく上がる。FB革命持ちで泉田らしくミート・パワーが高水準でまとまっており、左の大砲として5番で起用したい。
SSR【白球だけを見つめて】草刈 ルナ (左) 4 70
80
06B フェス限定選手。相手投手が風属性でないときに打撃能力が大きく上がる。守備は凸無しで鉄壁スキルを発動できるものの、打撃に勝る泉田とポジションが被っている。

守備バフ系フェス限

+評価目安:フェス限のなかでの比較です
S…試合性能や全体バフに優れる選手 +超鉄壁可能
A…フェス限として標準レベルの選手
B…使いにくい部分のある選手
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【大胆不敵にタッチプレー】阿佐田 あおい (二) 4 70
80
フェス限定選手

常時入手可能なSSR

殿堂入り
画像 シーン名 属性 守備 共通 解説
SSR【ベストフレンド】河北 智恵 (二) 1 40 ハチナイ最強のバッファー。ランクマ上位陣のオーダーに頻用される最強キャラの一人。チーム全体のミートと走力を強化できる。ベンチでも発動できることも大きな魅力。スタメン起用時は下位打線でならば充分に活躍できる。デレストでもパンを二つ所持しており、とても扱いやすい。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、確実に獲得できるようになった。こだわりがないなら本シーンを選択しておくのがよいでしょう。

先発投手
+評価目安
SS……エース級
S+……表ローテクラス or Sランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
S……平均レベル ※恒常スキル後スタミナ4000以上必須
A……及第点
B+……試合性能で劣るが優秀なデレスト性能を持つ
デレスト性能は
ぴょん太焼き、ミナゲンキ、初期パンゼリー…ひとつにつき2点
初期★3メニュー、追加パンゼリー、ノートドリル、予定変更、デッキ圧縮(刷新or改変)…ひとつにつき1点
として、合計2点以上であれば優秀とする

※投手の全体守備バフの効果は本人のコントロールの影響を受けるため、野手と同じ基準を適用しないでください。
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【猫まっしぐら】阿佐田 あおい (投先) 2 11 07C+→00SS 単体での評価
序盤に発動するデバフをもつ固有スキルは、イニング制限が厳しいわりに効果が弱く、スキル開花するまでは本領を発揮できない。中盤以降の不安定さは中継ぎ投手でカバーしたい。初期メニューにぴょんた焼きを持つためデレスト面は極めて優秀で、1枚入手しておきたい。
向日葵スキル開花後の評価
向日葵スキルのデバフが非常に強力で、URを除くと最強の先発投手として君臨している。敵打者の属性によらず強力なデバフが発動するため、スタミナが尽きようがとりあえず投げさせておけばよい。「ずば抜けた試合性能を持つが育成難易度も非常に高い」という性質はURに似ており、長く続けるつもりの人にオススメの一枚。
SSR【才能の片鱗】有原 翼 (投先) 1 11 02S スタミナ豊富でコントロールにも優れるイニングイーターで初心者向けといえる。風エース有原に比して、バフの上昇値がやや小さいことに留意。基本★3なのでデレストでも活躍。
SSR【空気切り裂くスライダー】東雲 龍 (投先) 3 11 02S コントロールに優れた技巧派投手。チームの守備力が高いほど投球内容が良くなる。
SSR【唯我独尊ルーキー】我妻 天 (投先) 4 11 02S 速球派左腕の大型ルーキー。豊富な球速スタミナバフで安定感は抜群。左打ちなのも評価点。
SSR【ゲレンデ舞う雪風】倉敷 舞子 (投先) 1 11 02S
SSR【快投乱麻の片鱗】直江 太結 (投先) 4 11 04A 圧倒的なコントロールとミートデバフで活躍する技巧派投手。スタミナに不安があるためこの位置。
SSR【一球入魂!】野崎 夕姫 (投先) 2 11 04A 奪三振能力が高い本格派であり、貴重な左腕投手。チームの守備が多少悪くても安定して抑えられる。スタミナに不安があるためこの位置。
SSR【必ずこの場所へ…】有原 翼 (投先) 3 11 04A 制球と変化球で抑える軟投派。ピンチに滅法強い。デレストでは風属性で貴重な走ポイントを稼げる。
SSR【雨中に探す答え】我妻 天 (投先) 3 11 04A 素で球速130kmを超える左投左打の完投型投手。制球にはかなり難があるため、必ずコントロールバフが優秀な捕手とペアで使おう。デレストは初期メニュー★3持ち。
SSR【託された想い】有原 翼 (投先) 4 11
13
04A 投打で活躍する二刀流タイプ。先発では珍しく抑えにも適性がある。豊富な恒常バフと高いコントロールで試合をまとめてくれる。
SSR【寂しさ纏う雪景色】本庄 千景 (投先) 2 11 05B+ 立ち上がりに不安がある投手だが、時折相手打者にミートデバフをかけてくれることが魅力。基本★3に加えて極パン持ちのためデレスト性能は優秀。
SSR【甘さは急に止まれない】永井 加奈子 (投先) 3 11 06B コントロールが魅力である一方で立ち上がりとスタミナにやや難あり。投手の中では打撃力が高く自援護にも期待できる。パン持ちのためデレストでも活躍。
SSR【仲間を背負って駆け登れ】岩城 良美 (投先) 4 11 06B ストレートしか投げない本格派ガチ勢。尻上がりタイプの投手で、能力が低い序盤はデバフでカバーする。貴重な左打ちの投手なので、強力チームスキルのジグザグ打線を発動しやすいのが美点。ちなみに投げる手は右。変化球がないことが難点なのでこの位置に。
SSR【パーティの準備は入念に】九十九 伽奈 (投先) 4 11 06B 癖の強い速球派投手。投手にしては打撃性能が高く自援護が期待できる。デレストでは基本メニューの予定変更が特徴。
SSR【恥じらいポージング】宇喜多 茜 (投先) 1 11 07C+ 打たれたり失点して初めてスキルが発動するので他投手に比べて安定感に欠ける。初期メニューにぴょんた焼きを持つためデレスト面は極めて優秀。
(補足)
現在も第一線で活躍してるのは向日葵スキルを習得した【猫まっしぐら】阿佐田 あおいくらいで、他はランクマや全国大会などの対人戦、極限などの高難易度PC戦では力不足は否めないところ。UR投手の採用を強く推奨する。
とはいえ難易度の低いメインマッチやデイリーイベントなどの日常使用には十分だし、先発投手は何人いても困ることはないからリセマラでは誰か一人は引いておきたいところやな。

救援投手
+評価目安
投手の編成には以下のパターンがある。リリーフはイニング限定バフ・デバフを持つシーンが多いため、目指す編成によって評価が大きく変わる。
先発 中継ぎ 抑え 解説
投手を3人編成するパターン。自動の場合、先発のスタミナが低めだと中継ぎが早くから登板することになるし、そうでなくとも中継ぎのスタミナが60%残っていると9回のマウンドに上がってしまうため、イニング限定バフ・デバフが切れやすい。また抑えは出番がごく限られる。手動の場合、2イニングまでの能力が高い中継ぎを抑えにも編成しておいて5-2-2とすればデメリットがない。
抑えを編成しないパターン。自動の場合、恒常ステが高い中継ぎがいるのなら無駄のない編成である。手動なら7-2とすればデメリットがない。
中継ぎを編成しないパターン。恒常ステが高い中継ぎがいるのなら、わざわざ抑えを用意してこの編成をする意味はない。
毎試合先発が完投できる能力があるのなら、そもそもリリーフは必要ない。
※自動で中継ぎと抑えの両方の適性を持つシーンをベンチ入りさせる場合、ポジションなしにしておけばどの回からでも登板する(チーム評価はポジションありの場合より低くなるが)。

ここから導かれる結論としては、
  • 自動の場合
1:常に9回を投げきれる先発がいないのなら、恒常ステが高い中継ぎ1名を編成するのが望ましい。
2:常に9回を投げきれる先発がいるのなら、リリーフはいらない。
  • 手動の場合
1:常に7回を投げきれる先発がいないのなら、恒常ステが高い中継ぎ1名or2イニングまでの能力が高い中継ぎ2名を編成するのが望ましい。
2:常に7回を投げきれる先発がいるのなら、(2イニングまでのバフ・デバフ込みで)能力が高い中継ぎ1名を編成するのが望ましい。
3:常に9回を投げきれる先発がいるのなら、リリーフはいらない。
  • 優先度は
1:恒常ステが高い中継ぎは、自動手動を問わず働いてくれるため優先度が最も高い。
2:イニング限定バフ・デバフ持ちの中継ぎは、手動でやるつもりがある人にとって優先度が高い。
3:抑えは、自動で恒常ステが高い中継ぎを用意できない場合にしか必要にならないため優先度が低い。

S+……Sランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
S……平均レベル
A+……Aランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
A以下……及第点
デレスト性能は
ぴょん太焼き、ミナゲンキ、初期パンゼリー…ひとつにつき2点
初期★3メニュー、追加パンゼリー、ノートドリル、予定変更、デッキ圧縮(刷新or改変)…ひとつにつき1点
として、合計2点以上であれば優秀とする

※投手の全体守備バフの効果は本人のコントロールの影響を受けるため、野手と同じ基準を適用しないでください。
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【透徹の瞳に映る】九十九 伽奈 (投中) 2 12 01S+ 安定感に優れるリリーフ。ゼリー及び予定変更持ちであるので、デレストでの大活躍が見込めることもプラス要素。
SSR【不思議の国のお茶会】本庄 千景 (投中) 4 12 01S+ 8回までは九十九と同等の力を発揮する。デレスト性能も優秀。
SSR【お味はいかが?】近藤 咲 (投中) 4 12 02S
SSR【両手いっぱいの感謝を】河北 智恵 (投中) 3 12 03A+ デレスト時に超優秀なぴょんた焼き持ち。試合性能は卓越しているとはいえないが、ピンチに強いことが持ち味。
SSR【秘密のリハーサル】逢坂 ここ (投中) 1 12 03 味方の打撃能力を底上げする全体バフが強力。デレストでもぴょん太焼きがあり超優秀。ただ、もともと球速が低いところに失点するとミートデバフがなくなってしまうこと、4イニング目以降の能力が著しく低いことを考えると、S評価の各選手と比較すると普段使いにはデリケートと言わざるを得ない。尖った性能なので腐ることはないが、使いどころを選ぶ選手と言える。
SSR【笑顔で迎える店開き】近藤 咲 (投中) 2 12 04A 中継ぎで登板すると発動する全体バフ持ちの軟投派リリーフ。デレストは追加メニューで月の★3を持つ。
SSR【ぬくもりのお裾分け】秋乃 小麦 (投中) 3 12 04A 7回以降に発動する全体バフ持ちのリリーフ。デレスト性能は平凡。
SSR【夕映えに浮かぶ絆】柊 琴葉 (投中) 4 12 04A ピンチに強いリリーフ。豊富なスタミナも魅力。
SSR【羽根突きは一球勝負!】東雲 龍 (投抑) 4 13 05B+ 貴重な抑えだが出番が限定的。デレストは基本★3にパンを持つ。
SSR【冬を探しに行こう】中野 綾香 (投中) 4 12 06B 速球型のリリーフ。DIPSに比べ防御率が高い傾向にあるが、実戦で起用できるだけの性能はある。デレスト性能は平凡。
SSR【一筆に込めた志】塚原 雫 (投抑) 1 13 06B 速球型の抑え。ピンチに強いことが持ち味だが、ハチナイの現状では抑えの重要性が高くないのでこの位置に。デレストメニューの予定変更は主に「いつもの二人 見えない心」で活躍する。

捕手
+評価目安
SS……トップクラスの捕手
S+……Sランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
S……固有スキル相当の投手バフを持つ捕手 +超鉄壁可能
A+……Aランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
A……投手バフに優れた捕手
B+……Bランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
B……SRと同等以上の投手バフを持つ捕手
C……投手バフが不安定な捕手
D……投手バフが無い捕手
デレスト性能は
ぴょん太焼き、ミナゲンキ、初期パンゼリー…ひとつにつき2点
初期★3メニュー、追加パンゼリー、ノートドリル、予定変更、デッキ圧縮(刷新or改変)…ひとつにつき1点
として、合計2点以上であれば優秀とする

※ベンチバフとしての評価が捕手としての評価を上回る場合はそれによる。
バフについては正捕手論争も参照。
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【綿密な作戦】鈴木 和香 (捕) 4 20 00SS 捕手の中でもトップクラスの投手バフを持つ。打撃面での貢献も水準以上であり、打順起用縛りがないことも魅力。デレストメニューも筋力メニュー刷新が中々優秀。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。
SSR【ホームを守る意地と覚悟】椎名 ゆかり (捕) 4 20 02S
SSR【託した想い】椎名 ゆかり (捕) 2 20 02S 高打率と好リードを兼ね備えた攻防バランスのいい捕手。試合性能が強力な反面デレスト性能は平凡だが、爆弾処理が求められるデレストでは活躍が見込める。クリベア配布のイベントもあり初心者にオススメ。
SSR【正捕手の座は譲れない】鈴木 和香 (捕) 4 20 02S 総合的なバフの量は恒常捕手中最高。盗塁刺殺能力も兼ね備え守備的捕手としては最強クラス。一方打撃は全く期待できない。
SSR【眩しいスパイク】椎名 ゆかり (捕) 3 20 03A+ 技巧派投手と相性のよい投手バフを持つ。さらに基本★3とゼリーでデレストでも優秀。
SSR【ぬくもりの結束】仙波 綾子 (捕) 1 20 03A+ バランス型のSSR捕手。スキルと才能を磨くと花属性らしい長距離打者に育つ。基本メニューがパンなので、デレストでスタートダッシュが狙える。恒常投手バフは他SSRにやや劣る。
SSR【笑顔振りまく看板娘】近藤 咲 (捕) 3 20 03A+ パワー重視のSSR捕手。コントロール型投手と相性がいい。デレストメニューに走力メニュー刷新があるのも高評価。
SSR【特別をあなたに】桜田 千代 (捕) 2 20 03A+ 基本★3、予定変更。
SSR【不安も和らぐ笑顔】近藤 咲 (捕) 1 20 04A 優秀な投手バフ持ち。試合中盤以降に全体パワーバフが発動する。
SSR【空に届ける想い】桜田 千代 (捕) 4 20 04A 速球型投手と相性の良い投手バフと、高いミートを併せ持つ。デレストでは初期★3メニューを持つ。
SSR【期待と物思いを重ねて】鈴木 和香 (捕) 2 20 05B+ 強力な投手バフに加え、後半になると守備全体バフと追加の投手バフで試合を引き締める完全な守備型。基本★3に加え予定変更にメニュー改変とデレストでも活躍できる。ただし打撃は中学生級。
SSR【兄弟の絆を編んで】仙波 綾子 (捕) 2 20 05B+ コントロール型投手と相性がいい。デレストでは基本★3に加え筋力メニュー刷新があるのも高評価。
SSR【兄からもらった笑顔】鈴木 和香 (捕) 1 20 06B 守備型の捕手。ほとんど恒常バフなので安定感がある。打撃とデレスト性能は平凡。
SSR【甘くて苦いチョコレート】鈴木 和香 (捕) 1 20 06B スタミナを超絶に強化できる以外は、投手バフはすずわかにしては控えめ。代わりに打撃寄りのスキル構成になっている。デレストでは初期★3メニュー持ち。
SSR【学校でもお姉ちゃん】近藤 咲 (捕) 2 20 06B チーム全体の守備を下げる代わりにパワーを大きくあげる、捕手としての役割を投げ捨てた諸刃の剣。全体バフは強力なので(ただし投手バフを持っていないことを考慮してこの位置)、ベンチ以外では打撃偏重オーダーか代打での起用がより現実的かも。デレストの予定変更は主に「いつもの二人 見えない心」で活躍する。
SSR【ミットに伝わる実力差】椎名 ゆかり (捕) 2 20 06B 本格派投手と相性がいい捕手。ランナーを背負うと制球力も上げてくれる。連打で打線を繋ぐ巧打者としても期待が持てる。デレスト性能は平凡。
SSR【思案に耽る夕刻】鈴木 和香 (捕) 3 20 06B 投手バフは控えめだが、チーム全体の頑丈度を上げ不調による能力減をカバーしてくれるので、選手数の少ない無課金・微課金勢には心強い選手。デレストでもそこそこ優秀。
SSR【桜色のワンステップ】桜田 千代 (捕) 3 20 06B 優れたコントロールバフと右打者デバフで敵の出塁を防ぐ。自身の出塁能力も高い。デレスト性能は平凡。
SSR【秘密のおねだり戦術】椎名 ゆかり (捕) 3 20 06B 初期わかと同程度の投手バフ、走者得点時に圏ミートデバフを持つ。ミートは高いがパワーと走力は高くない。
SSR【おいしいもの日和】近藤 咲 (捕) 4 20 06 投手バフは並だが、チーム全体のパワーを上げる才能が強力。ランキングマッチでは大いに働いてくれる。
捕手の評価基準に従うとB評価になるが、A評価以上の捕手の下位互換というわけではない。
SSR【溢れ出る興奮と熱意】椎名 ゆかり (捕) 4 20 07C+ 投手バフは不安定だが、捕手トップクラスの出塁能力を持つので攻撃型オーダーを組みたい人にはオススメ。デレストでは難易度が高い「練習なくして勝利なし!?」で活躍できる。
SSR【グラウンドに注ぐ眼差し】椎名 ゆかり (捕) 1 20 07C+ 変化球投手と相性がいい捕手。打撃力が高く、連打しやすくなる才能も持っている。デレストメニューの予定変更は主に「いつもの二人 見えない心」で活躍する。
SSR【ゆらめく金魚に心奪われ】鈴木 和香 (捕) 2 20 08C 優秀な投手バフ持ちが増えて相対評価は下がったが、捕手として戦力になれるだけの能力はある。基本★3なのでデレストにも連れていける。
SSR【泥まみれで掴んだ一球】鈴木 和香 (捕) 3 20 08C 守備と走力が高い捕手。一方で投手バフはランナーが出ないと発動しないため、捕手としての安定感には欠ける。
SSR【雨粒弾ける女房役】仙波 綾子 (捕) 4 20 08C 投手バフはほとんどないが、敵チームの進塁能力を大幅に下げることができる。デレスト性能は平凡。
SSR【騎馬戦は逃げるに如かず】近藤 咲 (捕) 1 20 10D ポイント稼ぎに向いた追い打ち性能。打撃力はあるが投手バフが皆無であるため捕手としてはこの位置に。

SSR野手(評価A以上)
+評価目安
SS……汎用性が高く強力な全体バフ
S+……Sランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
S……各ポジショントップクラスの打撃力 + 超鉄壁可能
A+……Aランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
A……レギュラー候補の選手(ミート6000以上 or ミート5000以上でパワーまたは走力6000以上)
B+……Bランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
B……準レギュラーの選手(ミート5000以上)
C+……Cランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
C……平均レベルの試合性能(平均レベルの打力 or 鉄壁+αの選手)
D+……Dランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
D……一芸のある選手(染めや鉄壁要員など) or 基本★3
E+……Eランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
E……試合評価が低い選手
デレスト性能は
ぴょん太焼き、ミナゲンキ、初期パンゼリー…ひとつにつき2点
初期★3メニュー、追加パンゼリー、ノートドリル、予定変更、デッキ圧縮(刷新or改変)…ひとつにつき1点
として、合計2点以上であれば優秀とする
基準となるステータスはバフ込みの数値

全体バフ評価目安(比較対象を統一するためベンチでも発動する選手のみ掲載)
画像 シーン名 属性 守備 優先度 上昇値 計算式 備考
SSR【ベストフレンド】河北 智恵 (二) 1 40 殿堂入りライン 7500 700×9+400×9÷3
(お助けマンは走者時に発動のため3で除算。)
総合トップ。走塁上昇の効果があるため、上昇値に+αの価値がある。
SSR【何気ない一瞬】宇喜多 茜 (右) 1 90 SS評価ライン 6300 700×9 総合2位。
SSR【JKと野球やってみた】キズナ アイ (二) 1 40 A以下 4500 500×9 恒常選手では5本の指に入る合計値だが、項目がばらけて上昇値が低い選手なども合計値に比べて評価が低い傾向にあるので、S以下の評価は上昇値も含めて考えたい。
SSR【巡る想い】朝比奈 いろは (一) 2 30 B評価ライン 2700 (700+200)×9÷3 恒常選手では5本の指に入る合計値だが、イニング制限によって数値の割に成績への影響は小さい。スタメンで一線級の活躍をする選手の方が評価されているのでこのラインに。イニング制限がある選手は合計値より低めに評価するのが妥当と思われる。
※スタメン縛りの全体バフは、本人がA評価の要件を満たさない限りS評価にしないこと。

画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【何気ない一瞬】宇喜多 茜 (右) 1 90 00SS ベンチにいてもチーム全体の守備を強化できる、守備型最強野手。スタメンでも下位打線でならば充分に活躍できる。パン持ちのためデレストでも活躍できる。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。ハイタッチをガチャで取れたら本シーンを選択するのもよいでしょう
SSR【朝焼けのランニング】九十九 伽奈 (右) 3 90 01S+ 全野手の中でもトップレベルのアベレージ型打者であることに加えて、デレストで最強レベルに優秀な風ゼリー2つ持ちであり、特に初心者へのオススメ度が高い選手。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。ハイタッチをガチャで取れたら本シーンを選択するのもよいでしょう
SSR【桜と共に舞う希望】野崎 夕姫 (一) 2 30 02S 野崎の中ではトップクラスのミート力を誇り、さらにミートバフがマシマシに搭載されているので、初心者には特に使いやすいだろう。デレストでは初期メニューに★3練習を持つ。
SSR【腹が減っては何とやら】朝比奈 いろは (一) 4 30 02S 自身への打撃力バフがマシマシであり、単体での試合性能が高い。デレストでは月の★3初期練習メニュー持ち。
SSR【線香花火を見つめて】月島 結衣 (二) 1 40 02S セカンドに起用すると破格の打撃能力を発揮する。花属性らしく本塁打率も高い。連打しやすくなる才能を持っているため、打率が高い選手の後ろに置こう。
基本★3でデレストでも重宝する。追加の月は楽しさに潜むものなどで便利。
SSR【丁か半かの大博打】阿佐田 あおい (二) 2 40 02S グランドスラム限定選手。非常に高いステータスに自身への強力なバフを有し、圧倒的な試合性能で猛威を振るう。イベント等で手に入るチケットと交換することもできるが、無課金、微課金は入手が難しいと思われることを考慮してこの位置に。
SSR【好敵手に向ける眼差し】東雲 龍 (三) 1 50 02S 確実性とパワーを高いレベルで併せ持つ三塁手であり、単体での試合性能がとても高いので初心者向きといえる。4番打者起用という打順縛りに留意。デレストでも花で貴重な技ポイントが入る基本メニューに加えてゼリー持ちで活躍が見込めることも大きな魅力。
SSR【読書の秋に】初瀬 麻里安 (三) 3 50 02S 強力な全体守備バフ持ちであり、得点圏でより輝くので、試合でも下位打線でならば活躍できる。素ステータスで守備系のチームスキルが発動できることも魅力。デレストは初期メニューの予定変更が役に立つ。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。
SSR【過ぎる時と変わらぬ想い】有原 翼 (遊) 1 60 02S 高いミート・パワーが特徴。恒常で発動するスキルが多い他、5回から発動するミート全体バフを持つ。
SSR【バットが示すは青春の道】有原 翼 (遊) 3 60 02S 確実性とパワーを高いレベルで併せ持つ遊撃手であり、単体での試合性能がとても高いので初心者向きといえる。クリーンナップ起用という打順縛りに留意。デレストではデッキを圧縮してくれる。
SSR【諦めない疾走】柊 琴葉 (左) 3 70 02S 2点リード時以上の全体バフが強力。自身へのミート及び走力バフがマシマシであるので、単体での試合性能が高いことも魅力。打順起用縛りがないのでなおさら使いやすい。デレストでは初期に改変メニューを持つのが特徴。
SSR【撃ち砕きたい現実】草刈 ルナ (左) 4 70 02S ミートと守備に優れるのが特徴であるが、条件が揃えば長打も期待できる。一方で足は速くない。
SSR【メイクアップアイドル】花山 栄美 (中) 4 80 02S センターの中でも高い打撃能力を持つ。
SSR【野球の基本は構えから】宇喜多 茜 (右) 2 90 02S 【何気ない一瞬】に次いで強力な守備全体バフ持ち(エラーしないとは言ってない)。ミート力が高く得点圏で輝くので、試合でも下位打線でならば活躍できる。デレスト性能は平凡。ちなみに同キャラSSRで野球やってるのはこれが初めて。
SSR【無邪気さに振り回されて】野崎 夕姫 (一) 1 30 03A+ 自身への強力なミートバフと、チーム全員のパワー・走力を+200する強力な全体バフを併せ持つ。デレスト面は初期★3メニューにシャッフルのお守り持ちと優秀。
SSR【白雪のイルミネーション】阿佐田 あおい (二) 1 40 03A+ 基本メニューが花ゼリー、追加で★3を2つ持つ。試合は序盤特化で後半は頼りない。
SSR【純白の未来へ】河北 智恵 (二) 2 40 03A+ 基本メニューのゼリーで1話目から安定してやる気を稼げる。本人の試合性能は低いが、セカンドに置けば全体バフが発動して味方を強化できる。
SSR【新たな白星に向かって】逢坂 ここ (二) 3 40 03A+ 初期メニューにパンを持つためデレストで優秀。試合では出塁と長打に期待が持てるセイバーの申し子
SSR【手作りチョコをあなたに】坂上 芽衣 (二) 4 40 03A+ パンとチョコのW持ち。デレストで大いに活躍できる。素のステータスで染めチームスキルの条件を満たすため試合面も◎
SSR【夜の猛トレーニング】東雲 龍 (三) 3 50 03A+ 高いレベルでバランス型の三塁手であり、打順起用縛りがないのでなおさら使いやすい。デレストでは優秀なパン2つ持ち。
SSR【心弾むスウィートルーム】新田 美奈子 (遊) 2 60 03A+ ミートが高い上に、新田一族の中でも高い走力を併せ持つことが大きな魅力であるが、下位打線という打順起用縛りに留意が必要。デレストではぴょん太焼きを持つので大活躍が見込める。
SSR【気怠さは春のせいにして】新田 美奈子 (遊) 3 60 03A+ 自身への恒常ミートバフがマシマシで高い出塁率を見込める。打順起用縛りがないので使いやすさも魅力。デレストでは基本メニューがパンなので1話目からポイントを稼ぎやすくなる。
SSR【気持ち手渡すサンタ】柊 琴葉 (左) 2 70 03A+ 条件の緩い全体バフでチームの守備を底上げ。デレスト面は初期★3メニュー、刷新、お守り持ちと極めて優秀。
SSR【寒くたって決めコーデ】花山 栄美 (中) 3 80 03A+ 同属性同ポジションである「【雪合戦も本気で勝負!】竹富 亜矢 (中)」に比してミート力に優れ、高い走力を併せ持つ。打順縛りがないことも魅力。デレストでは基本メニューにゼリーを持ち、こちらも高性能。同ポジション内での性能を考慮してこの位置に。
SSR【雪合戦も本気で勝負!】竹富 亜矢 (中) 3 80 03A+ 全野手の中でもトップレベルの圧倒的な走力を活かした高い出塁能力が魅力であり、「1番・中堅手」にうってつけの試合性能で初心者向きといえる。デレストメニューでもドリルに予定変更と、地味に役に立つメニューを複数擁している。同ポジション内での性能を考慮してこの位置に。
SSR【笑顔に傾けた傘】九十九 伽奈 (右) 4 90 03A+ 出塁能力が高く、試合前半で特に強力なアベレージ型打者に進化する。基本メニュー★3に走力メニュー刷新と優秀なデレストメニューが豊富。
SSR【弥太郎とお散歩】宇喜多 茜 (右) 4 90 03A+ ぴょんた焼きにゼリー2つと、破格のデレスト性能を誇る。打撃力が低いため試合評価も低めだが、無課金でも守備チームスキルを発動させやすいという利点がある。
SSR【料理はお手の物】月島 結衣 (二) 2 40 04A 優れたミートバフと敵守備デバフを兼備する安打製造機であり、二塁手ではトップクラスの打撃力の持ち主。デレストでは筋力メニュー改変がそこそこ優秀。
SSR【湯上がりの衝突】岩城 良美 (三) 3 50 04A 試合前半に強い長距離砲だが、ミート力が低いのが難点。自身の頑丈度を上げる才能を持ち、上昇値自体は高くないとはいえ全体バフ持ちであることから上級者からの評価は高いが、初心者向きとは必ずしもいえないのでこの位置に。
SSR【木漏れ日の読書】初瀬 麻里安 (三) 4 50 04A 上昇値は控えめだがチームの守備を強化でき、エラー発生率も抑えてくれる。スキル才能で能力値が大きく上昇するのでスタメンも任せられる。デレストでは地味ながらデッキを圧縮してくれる。
SSR【意志纏う一球】東雲 龍 (三) 4 50 04A 得点圏に強いパワー型の三塁手であり、守備デバフ及び死体蹴り性能がとても強力。打順起用縛りがないことも魅力。素ステータスがバランス型なのでチームスキルを発動させやすいことも特徴。デレスト性能はぐう平凡。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。
SSR【明日へと続く道】有原 翼 (遊) 1 60 04A ステータスに穴がなく、ショートの中では高い長打力を持つ。
SSR【夢のスタート地点】有原 翼 (遊) 2 60 04A 圧倒的な走力と水準以上のミートを併せ持ち、「1番・遊撃手」にうってつけの試合性能。デレストでは円陣が役に立つことも。
同じ蝶属性のUR有原が確実に手に入るようになったのに加え、チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。
SSR【絶体絶命を切り抜けて】直江 太結 (遊) 3 60 04A 素のステータスで鉄壁の内野陣の発動条件を満たす。自身への打撃力バフも多くバランス型に育つことから、特に下位打線では活躍が見込める。2つの極意はどちらもチームスキルが発動できる。属性違いだがやる気ノートを持っている。
SSR【意地の流し打ち】新田 美奈子 (遊) 3 60 04A 出塁能力が高く、特に試合終盤は強力なアベレージ型打者に進化する。デレスト性能はぐう平凡。
SSR【わたしの競争相手たち】新田 美奈子 (遊) 4 60 04A ミート、走力、守備を兼ね備えたハチナイ界の源田壮亮。デレストでは初期メニューに★3練習を持つ。
SSR【親身な指導】柊 琴葉 (左) 1 70 04A 前半は打撃型、後半は守備型へと変化するため、さまざまな場面での活躍が見込める。5回以降に味方投手にバフが発動することも魅力。極パン持ちのためデレストも優秀。
SSR【心の汗をなびかせて】泉田 京香 (左) 1 70 04A クリーンナップに置くと高い打撃力を発揮する。ゼリー持ちなのでデレストでも活躍できる。
SSR【いつもと違うおもてなし】泉田 京香 (左) 3 70 04A 激戦区となったレフトだが、依然最強クラスの打撃力を堅持する。
SSR【気合の咆哮】泉田 京香 (左) 4 70 04A 月のゼリー持ち。強力なバフデバフで猛打を振るう。
SSR【湯けむりに解けた髪】泉田 京香 (左) 2 70 04A 打撃能力が高く、特に試合序盤に強いスラッガー。
SSR【おさまらない期待?】永井 加奈子 (中) 1 80 04A 恒常でパワーが8000を超える。鉄壁のセンターラインは発動できないが、頑張れば鉄壁の外野陣を発動できる。
SSR【分かち合う勝利】竹富 亜矢 (中) 2 80 04A 常時ハチナイ界トップスピードを発揮する快速センター。全体走力バフも優秀。パン持ちなのでデレストでも活躍
SSR【活気と勝ち気の忘年会】竹富 亜矢 (中) 4 80 04A 得点圏での強さと高い走力を特徴とする出塁特化型の中堅手であり、打順起用縛りがないことも魅力。デレストでは円陣が「踏み出す勇気 変わる想い」や「シェイプアップ大作戦」で重宝する。
SSR【主役の座は譲れない】逢坂 ここ (右) 3 90 04A パワー4200越えの右の大砲。確実性を併せ持つ上に、強力な敵守備デバフを持つため、単体での試合性能が圧倒的。デレスト性能はぐう平凡。
SSR【本気のバックホーム】九十九 伽奈 (右) 2 90 04A 高い打撃能力と走力を併せ持つ九十九くん。ピンチ時には高い守備力を発揮する。デレスト性能は平凡。
SSR【清廉な意趣返し】九十九 伽奈 (右) 3 90 04A パワーは低いが、アベレージヒッターとしては最強クラスの高ミート。人気のあるチームスキルを発動させやすいスキル構成も評価できる。デレスト性能はぐう平凡。

SSR野手(評価B以下)
+評価目安
SS……汎用性が高く強力な全体バフ
S+……Sランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
S……各ポジショントップクラスの打撃力 + 超鉄壁可能
A+……Aランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
A……レギュラー候補の選手(ミート6000以上 or ミート5000以上でパワーまたは走力6000以上)
B+……Bランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
B……準レギュラーの選手(ミート5000以上)
C+……Cランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
C……平均レベルの試合性能(平均レベルの打力 or 鉄壁+αの選手)
D+……Dランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
D……一芸のある選手(染めや鉄壁要員など) or 基本★3
E+……Eランクの試合性能 + 優秀なデレスト性能
E……試合評価が低い選手
デレスト性能は
ぴょん太焼き、ミナゲンキ、初期パンゼリー…ひとつにつき2点
初期★3メニュー、追加パンゼリー、ノートドリル、予定変更、デッキ圧縮(刷新or改変)…ひとつにつき1点
として、合計2点以上であれば優秀とする
基準となるステータスはバフ込みの数値

全体バフ評価目安(比較対象を統一するためベンチでも発動する選手のみ掲載)
画像 シーン名 属性 守備 優先度 上昇値 計算式 備考
SSR【ベストフレンド】河北 智恵 (二) 1 40 殿堂入りライン 7500 700×9+400×9÷3
(お助けマンは走者時に発動のため3で除算。)
総合トップ。走塁上昇の効果があるため、上昇値に+αの価値がある。
SSR【何気ない一瞬】宇喜多 茜 (右) 1 90 SS評価ライン 6300 700×9 総合2位。
SSR【JKと野球やってみた】キズナ アイ (二) 1 40 A以下 4500 500×9 恒常選手では5本の指に入る合計値だが、項目がばらけて上昇値が低い選手なども合計値に比べて評価が低い傾向にあるので、S以下の評価は上昇値も含めて考えたい。
SSR【巡る想い】朝比奈 いろは (一) 2 30 B評価ライン 2700 (700+200)×9÷3 恒常選手では5本の指に入る合計値だが、イニング制限によって数値の割に成績への影響は小さい。スタメンで一線級の活躍をする選手の方が評価されているのでこのラインに。イニング制限がある選手は合計値より低めに評価するのが妥当と思われる。
※スタメン縛りの全体バフは、本人がA評価の要件を満たさない限りS評価にしないこと。

画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【懸命な看病】宇喜多 茜 (右) 1 90 05B+ 基本★3に加えぴょん太焼き持ち。試合性能は花属性らしく長打狙い。
SSR【巡る想い】朝比奈 いろは (一) 2 30 05B+ 序盤限定だがチームのミートと走力を強化できる。デレスト性能もパンに予定変更と優秀なメニューが豊富。蝶属性では集めにくい力ポイントも少しだが稼げる。
SSR【夜風のロードワーク】秋乃 小麦 (一) 3 30 05B+ 走力特化の一塁手。一塁手では貴重である右投右打。基本★3に加え、自身が主役のデレスト「小麦色の世界」で役立つ独自メニューを持つ。
SSR【たゆみなき向上心】東雲 龍 (三) 1 50 05B+ 試合性能は控えめだが、デレストメニュー全てが優秀。
SSR【新米パティシエは大忙し】初瀬 麻里安 (三) 2 50 05B+ 素のステータスで鉄壁の内野陣の発動条件を満たし、不安定ではあるがベンチで発動するバフを持つ。デレスト性能も初登場の★4練習に予定変更と優秀。
SSR【お好み焼きはお任せ!】柊 琴葉 (左) 3 70 05B+ 7回限定だが味方打者の打撃力を大幅に強化できることが特徴。自身へのミートバフも多く、打順起用縛りがないことも魅力。デレストでは基本メニュー★3でパン持ちと優秀なうえ、爆弾処理もできる。
SSR【きらめきに包まれて】宇喜多 茜 (右) 3 90 05B+ 素のステータスで守備系チームスキルを発動可能。デレストでは初期★3+ノート&ドリルでやる気をゴリゴリ稼げる。風では貴重な素早さポイントを稼げるのも◯
SSR【野崎家に集って】野崎 夕姫 (一) 2 30 06B ホームランを打つスキルなどに恵まれ、ステータス以上の長打力を持つ。基本★3なのでデレスト性能も〇。
SSR【約束の放物線】朝比奈 いろは (一) 1 30 06B 走者がいる時、チャンス時にはさらに上がる打力が魅力。出塁率が高い選手の後ろに置きたい。
SSR【おかしなアート】天草 琴音 (一) 2 30 06B 素のステータスで鉄壁の内野陣を発動できる守備型一塁手。デレストではチョコが役に立つ。
SSR【一芸を極めるために】月島 結衣 (二) 1 40 06B 高いミートとエラーを誘発するデバフで出塁能力に優れる。デレスト性能は平凡。
SSR【飽くなき私の探究心】リン レイファ (二) 1 40 06B 条件付きのスキルが多いが、満たしやすい条件が多いため十分安定した運用ができる。連打が得意なのでアベレージヒッターの後ろに置こう。
SSR【選球眼が煌めく時】リン レイファ (二) 2 40 06B ミートパワーともに高く、塁の埋まり方次第でさらに磨きがかかる。デレストでは初期★3練習を持つ。
SSR【風紀委員長の照れ隠し】月島 結衣 (二) 3 40 06B リード時限定だが打線バフを持ち、単体でも得点圏に強いことが魅力。真価をより発揮するには向日葵スキルが必要だが、なくても二塁手の中では比較的打撃力が高い。デレスト基本メニューは風で稼ぎにくい走ポイントを稼げる。
SSR【揺らめく紅葉に癒されて】河北 智恵 (二) 3 40 06B
SSR【夕暮れに息を切らせて】月島 結衣 (二) 4 40 06B 基本★3で蝶と風の追加メニュー持ち。打撃で高い評価を得ている。
SSR【笑い声は蛍火に彩られ】坂上 芽衣 (二) 4 40 06B 走攻守がバランスよくまとまっておりチャンス時にはさらに打力が上がる。デレストは初期★3練習を持つ。
SSR【立ちはだかる不敵な笑顔】新田 美奈子 (遊) 1 60 06B 試合が進むごとに打撃力が上がる攻撃型遊撃手。デレストメニューの予定変更は主に「いつもの二人 見えない心」で活躍する。チームスキルを発動させやすいスキル構成が魅力。
SSR【夕影に映る寝顔】柊 琴葉 (左) 2 70 06B レフトで起用すると全体に守備バフがかかる。同じ蝶属性の自分自身と比べるとマイルドな性能。
SSR【喧騒に響く愁いの調べ】塚原 雫 (左) 2 70 06B 長打力は低いが、出塁能力が高い。蝶の基本★3に加え風メニューも持つのでデレスト性能も〇。
SSR【チャンスへの全力疾走】柊 琴葉 (左) 4 70 06B 水準以上のミートと走力を併せ持つ。走者なしの状況で能力が高くなるので1番打者向きの選手といえる。デレスト性能は平凡。
SSR【背中合わせの小休止】塚原 雫 (左) 4 70 06B スキルを発動させるためには下位打線での起用が必要であるに留意が必要だが、高い打撃力を持つ。特に塚原にしてはパワーを併せ持つことが特徴。
SSR【足で掴んだ勝利】竹富 亜矢 (中) 1 80 06B 走力型であるが花属性らしくパワーバフが豊富なため、意外にパンチ力もあるハチナイ界の福本豊。デレスト性能は平凡。
SSR【心も満たす年の暮れ】永井 加奈子 (中) 3 80 06B ランナーがいるときの働きに大きく期待が持てるパワーヒッター。守備も本人比ではいい方。デレスト性能は平凡。
SSR【未来に馳せる思い】九十九 伽奈 (右) 1 90 06B 真価をより発揮するには向日葵スキルが必要だが、なくても比較的ミート力が高い打者としては機能できる。デレスト性能はぐう平凡。
SSR【騒がしさに塞いだ気持ち】倉敷 舞子 (右) 2 90 06B 基本ステータスの時点で走力4200を越える韋駄天。さらにヒットバフ2つと敵守備デバフも持ち、高打率を叩き出す。デレストではドリルが役に立つことも。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。
SSR【憧れの団欒】逢坂 ここ (右) 2 90 06B 蝶属性では貴重なパワーヒッター。走者がいれば打力が大きく上がるため出塁率の高い選手の後ろに置きたい。
SSR【好守で流れを引き寄せて】九十九 伽奈 (右) 2 90 06B 守備型の九十九くん。固め打ちや得点圏時は打撃にも大いに期待できる。
SSR【喧騒に背を向けて】倉敷 舞子 (右) 3 90 06B ランナー無しで発動するスキルが多数搭載された1番打者向きの選手。倉敷一族では高いミート力を併せ持つことも魅力。デレスト性能はぐう平凡。
SSR【複雑な心模様】倉敷 舞子 (右) 4 90 06B 俊足巧打型の右翼手。デレストではデッキの回転率を高めてくれる。
SSR【胸踊るナイターゲーム】野崎 夕姫 (一) 1 30 07C+ 圧倒的なパワーの持ち主だが、ミートが低いので「ロマン砲」タイプ。自身への恒常バフがマシマシなので「左の長距離砲」が欲しいときにはうってつけ。花属性チームスキルを発動させやすい。不定期で開催される「ホームランイベント」ではとても役に立つ選手。デレストでは基本メニュー★3で、走力メニュー改変で不要な練習メニューを削除できる。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。
SSR【つきすぎた勢い】野崎 夕姫 (一) 4 30 07C+ 基本メニュー★3に加え、シェイプアップ大作戦で有用な脂肪燃焼剤を持っている。
SSR【優美に包まれて】本庄 千景 (左) 1 70 07C+ 圧倒的なパワーの持ち主だが、ミートが低いので「ロマン砲」タイプ。「右の長距離砲」が欲しいときにはうってつけ。花属性のゼリー持ち(及び、予定変更持ち)なので、デレストでも活躍が見込める。不定期で開催される「ホームランイベント」ではとても役に立つ選手。
SSR【ダイビングキャッチ!】中野 綾香 (中) 2 80 07C+ 打撃力は低いが、チームスキルの発動を狙いやすい。パン2個持ちなのでデレストで大活躍する。
SSR【美食の代償】永井 加奈子 (中) 4 80 07C+ 基本メニュー★3に加え、自身が主役のデレストである「シェイプアップ大作戦」で有用な脂肪燃焼剤を持っている。壊滅的な守備を圧倒的なパワーで補うが、試合終盤は守備固めが事実上必須であるのでこの位置に。不定期で開催される「ホームランイベント」では大いに起用推奨の選手。
SSR【笑顔に続く山道】秋乃 小麦 (一) 1 30 08C 秋乃らしく走力が高い。固有の才能が2点以上ビハインドという厳しい発動条件の割に効果がそれほどでもないのがネックになるかも。
SSR【月下に揺れる心の行方】野崎 夕姫 (一) 4 30 08C チームスキルに絡みやすい選手。野崎にしてはミートが比較的高いのも魅力。デレスト性能は総合メニュー改変が地味に活躍する。
SSR【秋に見つける造形美】天草 琴音 (一) 4 30 08C チームスキルを発動させやすいステータスを持ち、また相手守備デバフも併せ持つため出塁にも期待が持てる。デレスト性能は平凡。
SSR【安堵の門出】坂上 芽衣 (二) 1 40 08C 通常より1つ多く同時に練習できる極パンを持つ。性能をフル発揮するには下位打線に置かなければならないが、ミートが高くチームスキルを発動させやすいのでデメリットは小さい。
SSR【ご機嫌ノッカー】阿佐田 あおい (二) 2 40 08C 素のステータスで鉄壁の内野陣の発動条件を満たす。走者がいれば強力なバフがかかる。
SSR【ナチュラルな関係】阿佐田 あおい (二) 3 40 08C 強力な投手デバフを持つ。得点圏に強くて連打が得意なのでアベレージヒッターの後ろに起用するとより真価を発揮できる。デレストでは基本メニュー★3かつ風で稼ぎにくい走ポイントを稼げる。
SSR【最強なマイペース】阿佐田 あおい (二) 3 40 08C 守備型の二塁手。素のステータスで鉄壁の内野陣の発動条件を満たす。走者がいないければ打力が上がり、前打者がヒットなら学力を高くしやすいので連打が期待できる。
SSR【阿佐田流グラウンド整備】阿佐田 あおい (二) 4 40 08C 試合では投手デバフ及び死体蹴り性能がとても強力。信頼度を上げれば守備や月属性のチームスキルを発動できることも魅力。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。
SSR【笑顔届ける贈り物】河北 智恵 (二) 4 40 08C 河北の中では攻撃的なステータス。デレストでは初期ノートが役に立つ。
SSR【起死回生の一打】東雲 龍 (三) 3 50 08C 基本★3に加えて花と蝶の追加メニューを持つ。試合ではクリーンナップに置かないと才能が発動しないことに留意が必要。上位互換的存在として「【夜の猛トレーニング】東雲 龍 (三)」が存在するために優先度が落ちることを考慮してこの位置に。
SSR【果敢なオープンスタンス】小鳥遊 柚 (遊) 1 60 08C パワー型の遊撃手。試合後半にリードしていれば死体蹴りにも有用か。
SSR【再会は春の訪れと共に】小鳥遊 柚 (遊) 2 60 08C よくも悪くも典型的な「右のロマン砲」。4番起用という打順起用縛りがあり、有原が君臨する遊撃手なので、愛を試される選手。不定期で開催される「ホームランイベント」ではとても役に立つ選手。1年生選手であり中長期的な存在感が見込めることも魅力。デレスト性能は平凡。
SSR【夏祭りの締めくくり】有原 翼 (遊) 3 60 08C デレストで活躍する風ゼリー持ち。追加の月メニューも地味に便利。試合では終盤にならないと本気を出さないため評価は低め。
SSR【逆境に手を重ねて】本庄 千景 (左) 1 70 08C 5回以降に発動の全体バフ持ち。得点圏や満塁時に強いが、ビハインド時に強くなる訳ではない。
SSR【背中で語る先輩の矜持】本庄 千景 (左) 2 70 08C 基本的にはパワー型だが、得点圏の場面ではミートにも期待が持てる。デレストではドリルでやる気を稼げる。
SSR【笑顔溢れるパーティを】本庄 千景 (左) 4 70 08C 条件付きのスキルが多いが、勝ち試合の時スコアを伸ばすことが期待できる。ビハインド時は強みがなくなる。
SSR【目指せ姿美人】花山 栄美 (中) 2 80 08C ステータスはバランス型だが、バフ後は意外にもパワー型に化ける。打撃は序盤と得点圏でその真価を発揮する。
SSR【ゴールの先の景色】中野 綾香 (中) 3 80 08C 守備型の選手。打席時にランナーがいるときに強力なデバフがかかるのが最大の魅力。自身の素の打撃力は平凡だが、2打席目から打撃力が上がる。デレスト性能はぐう平凡。
SSR【スパイダーキャッチ!】竹富 亜矢 (中) 3 80 08C 守備型の竹富。打順起用縛りがないことも特徴。デレスト性能はぐう平凡。
SSR【小さな勇気を頭に乗せて】宇喜多 茜 (右) 2 90 08C 序盤を終えると発動する守備全体バフが魅力。一見打力は低いが、強力なデバフを持つため打撃にも期待できる。デレストでは予定変更+2が有用。
SSR【戸惑いがちに伸ばした手】倉敷 舞子 (右) 3 90 08C 前打者に続く能力が高く、また試合前半は走力が極めて高くなる、攻撃的2番向きの選手。デレストでは蝶属性のチョコを持つ。
SSR【鷲掴みの称賛】天草 琴音 (一) 1 30 09D+ 試合では中盤までチームの守備を強化してくれるが、打撃面での貢献はほとんど望めないことに留意。デレストでは基本メニュー★3で、筋力メニュー改変でデッキの効率化を図れる。
SSR【こたつが見せた夢】宇喜多 茜 (右) 3 90 09D+ 基本メニュー★3で風ゼリー持ち。試合では3打席目から真価を発揮できるが、ほぼ守備特化型と考えてよい。
SSR【初空のキャンバス】天草 琴音 (一) 2 30 10D 若干のすこで守備のチームスキルを発動可能。死体蹴りの場面では打撃でも活躍できる。
SSR【勝利の色を探して】天草 琴音 (一) 3 30 10D 守備型の一塁手。前の打者がホームランだとパワーが上がってバランス型になるので、できるだけ長距離打者の後ろに置こう。デレストではノートが役に立つことも。
SSR【締めくくりに集う一笑】有原 翼 (一) 3 30 10D ファーストで右打ちの貴重な存在。パワー走力が3500を超えるので3番向き。ショートで起用しにくい点には注意。デレストでは予定変更が役に立つかも
SSR【目にもとまらぬ早ワザ】阿佐田 あおい (二) 1 40 10D 花の基本★3。本人の試合性能は低いが、デバフで味方打線を援護できる。
SSR【突けども尽きぬ煩悩】阿佐田 あおい (二) 1 40 10D 基本的には守備の人だが、条件が揃えば打撃にも期待が持てる。パン持ちなのでデレスト性能は〇。
SSR【デンジャラス鬼教官】阿佐田 あおい (二) 2 40 10D 阿佐田にしては走力に優れることが魅力。ただ本質的には守備型であり、打撃面での貢献はほとんど望めないので、起用するならば代走あるいは守備要員がより望ましい。デレストでは予定変更が役に立つことも。
SSR【土煙舞うダブルプレイ】坂上 芽衣 (二) 2 40 10D 蝶の極パン持ち。信頼度を上げれば限界突破なしでも守備系チームスキルを発動できる。単体での打撃力は低いが、得点圏に強いことは魅力といえる。
SSR【夕陽を飛び越えろ!】岩城 良美 (三) 1 50 10D 1番打者での起用が必要だが欠点のミートをカバーできる。デレスト基本メニューは花属性で貴重な技ポイントを稼げる。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。
SSR【自分に負けないために】初瀬 麻里安 (三) 1 50 10D 花属性だが守備型の三塁手。単体での打撃力は低いが、得点圏に強いことが魅力。信頼度を上げれば守備系チームスキルを発動できる。デレスト性能はぐう平凡。
SSR【弾ける!ホーカゴ微炭酸】岩城 良美 (三) 2 50 10D チャンスに強い代打特化の選手。スタメンで走者がいない時は真価が発揮できない。
SSR【たすき繋ぐ激励】岩城 良美 (三) 4 50 10D 本人は扇風機だが、大チャンス時に味方の走塁能力を引き上げるバフが大きな売り。デレスト性能は平凡。
SSR【#思い出シェアハピ】新田 美奈子 (遊) 1 60 10D パワーが高い新田。2打席目以降に打力が大きく上がるのでなるべく上位打線で起用したい。
SSR【音楽室のアイドル!?】新田 美奈子 (遊) 4 60 10D 試合序盤に強いアベレージ型の遊撃手だが、より真価を発揮するには向日葵スキルが必要。デレストでは、やる気ドリルが「踏み出す勇気 変わる想い」や「シェイプアップ大作戦」で重宝する。
SSR【不退転の瞳】塚原 雫 (左) 1 70 10D アベレージ型の左翼手で、試合前半に特に真価を発揮できる。デレスト性能は平凡。
SSR【新星が魅せた好守】草刈 ルナ (左) 2 70 10D 守備特化型の性能で、得点圏では打撃が大幅強化される。デレストでは初期★3メニュー持ち。
SSR【心頭滅却!】塚原 雫 (左) 3 70 10D 風の極パン持ち。極端に代打特化の試合性能を持ち、スタメンとしてはやや扱いにくいのでこの位置に。尤も上級者の間ではこの性能を逆手に取ってか評価が上昇傾向にあるようだが。
SSR【流れ呼び込む滑り込み】倉敷 舞子 (右) 1 90 10D 走力及び守備に優れる右翼手。打撃は試合終盤に真価を発揮する。デレストの基本メニューであるグローブは主に「小麦色の世界」で活躍できる。
SSR【相傘に想いは揺れて】倉敷 舞子 (右) 3 90 10D 風のゼリー持ち。試合面では走力に優れる右翼手であるが、打撃での安定性に難があり、より真価を発揮するには向日葵スキルが必要。
SSR【応援団長!】岩城 良美 (三) 2 50 11E+ ミートが極端に低いため試合で活躍させるのは難しい。蝶ゼリー2個持ちなのでデレストでは活躍の余地があるが、初期メニューのグローブがダブつきやすい点には注意。
SSR【弾ける笑顔と玉の水】有原 翼 (遊) 1 60 11E+ 試合評価は花属性だが守備型であるので活用が難しい。花ゼリー2個持ちなのでデレスト性能はとても優秀。
SSR【ワトソンと雨宿り】中野 綾香 (中) 4 80 11E+ 初期メニューにパンを持ち、1話目からポイントを稼げるのでデレスト面で優秀。試合面では完全守備特化型で、打撃での貢献期待値はほぼ皆無。
SSR【チームの信頼】野崎 夕姫 (一) 1 30 12E 試合性能が高くない上に、同属性同キャラに実質上位互換である「【胸踊るナイターゲーム】野崎 夕姫 (一)」が存在するために優先度は低い。得点圏に強いことが特徴であるので、起用するならば代打がより望ましい。デレストでは円陣が爆弾処理デレストで役に立つことも。
SSR【暑さにご用心】野崎 夕姫 (一) 3 30 12E 試合性能が低く、同属性同キャラに実質上位互換であり無課金や微課金でも入手可能な「【ちょっと一息】野崎 夕姫 (一)」が存在するため優先度は低い。「キャプテン(代理)スクランブル!」の易化にともないデレスト評価も相対的に下がってしまった。
SSR【私の特等席】初瀬 麻里安 (三) 1 50 12E HRイベントで有用な全体バフを持っているが、条件が試合終盤と限定的であり、本人の打撃力もさほど高くはないため、初心者が狙って引く選手ではない。
SSR【朝練準備の吐息は白く】柊 琴葉 (左) 2 70 12E 条件付きのスキルが多く打撃面での貢献はほとんど望めないので、起用するならば守備要員がより望ましい。デレスト性能は平凡。
SSR【手紡ぎに預ける夢】本庄 千景 (左) 4 70 12E パワー走力は高めだが、ミートが低いためあまり成績は良くない。一応全体バフ持ちだが発動条件がビハインドかつ終盤とかなり厳しいため優先度は低い。
SSR【とっておきの大スクープ】中野 綾香 (中) 1 80 12E 得点圏に強く守備デバフ持ちであるが、単体での打撃力が低いので起用するならば守備要員がより望ましい。デレスト性能は平凡。チュートリアル報酬のドラフトチケットで選択できるようになったため、優先度が下がった。

チュートリアルドラフト
新たに実装されたチュートリアルパネルミッションを完了すると以下のシーンから好きな1枚を選べるドラフトチケットが貰えるようになりました。上述の守備位置別の表から抜き出してまとめます。
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【ベストフレンド】河北 智恵 (二) 1 40 0+殿堂入り ランクマ上位陣のオーダーに必ず入っているほどの最強キャラの一人。チーム全体のミートと走力を強化できる。ベンチでも発動できることも大きな魅力。スタメン起用時は下位打線でならば充分に活躍できる。デレストでもパンを二つ所持しており、とても扱いやすい。第1選択。
SSR【綿密な作戦】鈴木 和香 (捕) 4 20 00SS 捕手の中でもトップクラスの投手バフを持つ。打撃面での貢献も水準以上であり、打順起用縛りがないことも魅力。デレストメニューも筋力メニュー刷新が中々優秀。
SSR【何気ない一瞬】宇喜多 茜 (右) 1 90 00SS ベンチにいてもチーム全体の守備を強化できる、守備型最強野手。スタメンでも下位打線でならば充分に活躍できる。パン持ちのためデレストでも活躍できる。ハイタッチをガチャで取れたら本シーンを選択するのもよいでしょう
SSR【朝焼けのランニング】九十九 伽奈 (右) 3 90 01S+ 全野手の中でもトップレベルのアベレージ型打者であることに加えて、デレストで最強レベルに優秀な風ゼリー2つ持ちであり、特に初心者へのオススメ度が高い選手。ハイタッチをガチャで取れたら本シーンを選択するのもよいでしょう
SSR【読書の秋に】初瀬 麻里安 (三) 3 50 02S 強力な全体守備バフ持ちであり、得点圏でより輝くので、試合でも下位打線でならば活躍できる。素ステータスで守備系のチームスキルが発動できることも魅力。デレストは初期メニューの予定変更が役に立つ。
SSR【意志纏う一球】東雲 龍 (三) 4 50 04A 得点圏に強いパワー型の三塁手であり、守備デバフ及び死体蹴り性能がとても強力。打順起用縛りがないことも魅力。素ステータスがバランス型なのでチームスキルを発動させやすいことも特徴。デレスト性能はぐう平凡。
SSR【夢のスタート地点】有原 翼 (遊) 2 60 04A 圧倒的な走力と水準以上のミートを併せ持ち、「1番・遊撃手」にうってつけの試合性能。デレストでは円陣が役に立つことも。
同じ蝶属性のUR有原が確実に手に入るようになった為、優先度が下がった。
SSR【騒がしさに塞いだ気持ち】倉敷 舞子 (右) 2 90 06B 基本ステータスの時点で走力4200を越える韋駄天。さらにヒットバフ2つと敵守備デバフも持ち、高打率を叩き出す。デレストではドリルが役に立つことも。
SSR【胸踊るナイターゲーム】野崎 夕姫 (一) 1 30 07C+ 圧倒的なパワーの持ち主だが、ミートが低いので「ロマン砲」タイプ。自身への恒常バフがマシマシなので「左の長距離砲」が欲しいときにはうってつけ。花属性チームスキルを発動させやすい。不定期で開催される「ホームランイベント」ではとても役に立つ選手。デレストでは基本メニュー★3で、走力メニュー改変で不要な練習メニューを削除できる。
SSR【阿佐田流グラウンド整備】阿佐田 あおい (二) 4 40 08C 試合では投手デバフ及び死体蹴り性能がとても強力。信頼度を上げれば守備や月属性のチームスキルを発動できることも魅力。
SSR【夕陽を飛び越えろ!】岩城 良美 (三) 1 50 10D 1番打者での起用が必要だが欠点のミートをカバーできる。デレスト基本メニューは花属性で貴重な技ポイントを稼げる。
SSR【とっておきの大スクープ】中野 綾香 (中) 1 80 12E 得点圏に強く守備デバフ持ちであるが、単体での打撃力が低いので起用するならば守備要員がより望ましい。デレスト性能は平凡。

その他のSSR選手

基本的には本体性能目的でわざわざリセマラで狙いに行くことはない(ただし自動メインでやるつもりの人にとっては【正確無比の分析】乾 ケイ (捕)は優先度が高い)。
ライバル校選手は恒常でSSRが排出されないため、URのリンクを活用するために必要となる場合がある。また、通常と異なるポジション適性を持つシーンは、URの守れるポジションを増やすために引いておく価値がある。

+デバフ系フェス限
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【繋げる一打】柊 琴葉 (左) 1 70
30
02S フェス限定選手蝶属性に対するデバフを持つ。ファーストも適性◎。全ステータスが3500超えで、チームスキルを発動させやすい点も魅力。デレストは凡。
SSR【その手が触れた決勝点】竹富 亜矢 (中) 1 80
60
08C フェス限定選手蝶属性に対するデバフを持つ。打率と守備は悪いが30-30を狙えるソリアーノのような選手。ショート適性◎では貴重な左打。デレストは凡。
SSR【風巻き起こす走塁】秋乃 小麦 (一) 2 30
80
06B フェス限定選手風属性に対するデバフを持つ。一塁手に加え中堅手の守備も◎適正を持つため起用しやすく、ステータスも高水準。デレストは凡。
SSR【努力が実らせた美技】坂上 芽衣 (二) 2 40
50
06B フェス限定選手風属性に対するデバフを持つ。平均して高いステータスでチームスキルに貢献しやすい。デレストは凡。
SSR【雨天に響いた気迫】初瀬 麻里安 (三) 3 50
20
06B フェス限定選手月属性に対するデバフを持つ。全体守備バフに加え、野手でありながら投手バフとキャッチャー適正◎を持つ。デレストは凡。
SSR【流れを変える一瞬】本庄 千景 (左) 3 70
30
06B フェス限定選手月属性に対するデバフを持つ。打撃でも活躍させたい場合、ミートが低いのでミートバフ豊富な風属性のチームスキルで上手く介護してあげよう。ちなみにイラストのモデルはWBC内川と思われる。デレストは凡。
SSR【高鳴るインパクト】近藤 咲 (捕) 4 20
90
02S フェス限定選手花属性に対するデバフを持つ。捕手で起用すれば投手バフが発動し、ライトで起用すれば長距離砲として高い打撃力を発揮する。デレストは凡。
SSR【キャプテンとしての責務】有原 翼 (遊) 4 60
40
02S フェス限定選手花属性に対するデバフを持つ。打撃系ステータスが総じて高く、優秀なスキルも持つため非常によく打つ。デレストは凡。
+季節もの
画像 シーン名 属性 守備 優先度 共通 解説
SSR【丸かじりの幸せ】永井 加奈子 (中) 2 80 03A+ 期間限定選手。基本メニューのパンに追加の走力メニュー修正と、デレスト性能は抜群。試合ではクリーンナップかつ満塁で最大限の能力を発揮できるので4番か5番に置くのがオススメ。
SSR【水際のオフショット】倉敷 舞子 (右) 4 90 05B+ 期間限定選手。ランナー無しで能力が上昇するトップバッター向きの選手。試合が進むとさらに能力が上昇していく。スペックから同属性の舞子と同等以上の試合性能があると推測される。基本★3でゼリー持ちと、デレスト性能も優秀。
SSR【わたしのナンバーワン】朝比奈 いろは (一) 1 30 10D 期間限定選手キャプテン代理攻略に有用な基本★3+混合メニュー持ち。試合では相手投手が強いほど能力が上昇し、中盤以降さらに打撃力が上がる。おもにHRイベントで活躍が見込める。
SSR【大きな胸に飛び込んで】岩城 良美 (三) 3 50 09D+ 期間限定選手。基本★3と予定変更+2持ち。悪球打ちのロマン砲ゆえミートはやや低いが、チャンスの場面ならそこそこの数値になる。
SSR【弱虫も愛嬌】花山 栄美 (中) 3 80 10D 期間限定選手。チャンスに強い。デレストは初期★3に追加で予定変更、属性違いの花★3を持つ。
SSR【スリル満点急降下!】逢坂 ここ (右) 4 90 05B+ 期間限定選手。逢坂らしいパワー型でチャンスにも強い。デレストも予定変更+2とメニュー修正と優秀。
SSR【きりすてごめん!】秋乃 小麦 (一) 4 30 07C+ 期間限定選手。基本★3と練習メニュー刷新を持つ有能。試合では2打席目から本領を発揮するので、なるべく上位に置きたい。
SSR【かしまし稲荷の通り道】花山 栄美 (中) 1 80 05B+ 期間限定選手。同じく基本★3と練習メニュー刷新を持つ有能。そこそこあるミートバフと選球眼で平均以上の出塁率が期待できる。
SSR【甘~いファーストバイト】鈴木 和香 (捕) 2 20 05B+ 期間限定選手。投手バフは並だが、ピンチのときに味方の守備力を上げるため粘り強く戦える。基本★3とドリル持ちのためデレストでもそこそこ優秀。
SSR【コバルトブルーの祝福】野崎 夕姫 (一) 4 30 02S 期間限定選手。合格点のミートと高い長打力でクリーンナップを任せられる。不具合の修正でチャンスにもめちゃくちゃ強くなった。SSRでは史上初のピンクスキル5つ持ち。
SSR【紫陽花小町の晴れ姿】直江 太結 (遊) 1 60 07C+ 期間限定選手。花の基本★3と月のやる気ドリルという個性的なデレストメニュー持ち。試合性能は一見守備専だが、スキルと才能を磨けば人並みの打撃力は身に付けられる。
SSR【飛沫も弾ける満面の笑み】岩城 良美 (三) 2 50 05B+ 期間限定選手。ランナー無しで真価を発揮する先鋒向きの選手。基本★3にゼリーとデレストでも優秀。
SSR【蒼い波を切り裂いて】九十九 伽奈 (右) 1 90 07C+ 期間限定選手。九十九にしては控えめな性能だが、打撃での活躍には十分期待できる。走者ありや得点圏で打撃力が上がるので出塁率が高い選手の後ろに置いて連打を狙いたい。デレストは★4に刷新と、ハードモードに焦点を当てた構成となっている。
SSR【てのひらに詰めた太陽】天草 琴音 (一) 1 30 05B+ 期間限定選手。基本★3+極パン持ちのデレスト優秀選手。試合では軽微ながら守備デバフをもつのでそこそこ出塁できるかもしれない。
SSR【遊び心を狙い撃ち】初瀬 麻里安 (三) 4 50 08C 期間限定選手。サードの守備職人。ミートもそこそこ高いので渋い働きが期待できる。デレストメニューの予定変更も中々優秀。
SSR【読み切った一打】椎名 ゆかり (捕) 3 20 04A 期間限定選手。見た目通り打撃に特化している。チャンスに強いのでランナーが貯まった状態で打席が回るよう打順を調整しよう。投手バフはそこそこ。
SSR【近くて遠い二遊間】河北 智恵 (二) 2 40 06B 期間限定選手。前半に強いバランス型のセカンド。連打が得意なので打率が高い選手の後ろに置こう。デレスト性能は平凡。
SSR【この脚で洗礼を】竹富 亜矢 (中) 2 80 06B 期間限定選手。先鋒向きの巧打者であり、生還能力も高い。デレスト性能も基本★3と地味に優秀。
SSR【FEARLESS】直江 太結 (投中) 3 12 04A 期間限定選手。高いコントロールと味方の守備能力を上げる全体バフで安定した投球が期待できる。デレスト性能も追加メニューの予定変更が地味に優秀。
SSR【AWESOME!】宇喜多 茜 (右) 3 90 07C+ 期間限定選手。基本★3とメニュー刷新持ちのデレスト優秀選手。試合性能は守備力が高く守備チームスキルを発動させやすい。打撃はノーパワーだがミートと走力はそこそこあるので下位打者としてなら悪くない。
SSR【SAFE…?】坂上 芽衣 (二) 3 40 05B+ 期間限定選手。俊足の二塁手。ミートもそこそこ高く選球眼も良いので高い出塁率が期待できる。デレストも優秀で、基本★3と風で唯一の筋力メニュー改変を持つ。
SSR【純白を染める熱】泉田 京香 (左) 1 70 04A 期間限定選手。得点圏に強く泉田にしては比較的守備に寄ったステータス。デレストでは初期★3かつ予定変更+1・Pを持っている
SSR【すうぃ~と・い~びる】椎名 ゆかり (捕) 1 20 01S+ 期間限定選手。強力な投手バフと高いミート力が魅力の捕手。攻守共に安定した試合ができる。変化球投手とは相性が悪い。デレスト面は初期メニューのハロウィントリートが極めて優秀。
SSR【頬まで染まる赤ずきん】月島 結衣 (二) 4 40 05B+ 期間限定選手。高いミート力を持ち、試合中盤からパワーも上昇するため終盤で期待ができる。デレスト面は初期メニューのハロウィントリートが極めて優秀。
SSR【カランコロンと神頼み!】椎名 ゆかり (捕) 4 20 03A+ 期間限定選手。軟投派投手と相性がよい。打撃は固有スキルの発動率次第か。デレストでは初期★3メニューに加えお年玉袋を持つ。
SSR【幸多き年を祈って】月島 結衣 (二) 2 40 01S+ 期間限定選手風の自身と同じくリード時限定の全体バフでスコアを稼げる。こちらは序盤でも発動するうえ、条件も軽い。デレストは予定変更+2Sとのやる気ノートのW持ち。
SSR【吉兆告げる恋御籤】宇喜多 茜 (右) 4 90 06B 期間限定選手。素ステータスで鉄壁の外野陣を発動でき、デバフも強力。下位に置けば打撃も悪くはない。
SSR【伝えたい気持ちを胸に】直江 太結 (遊) 4 60