アマノジャック@新ジャンル専用

新ジャンル「マッタリしすぎ」01_vol05

最終更新:

new_jack

- view
管理者のみ編集可
新ジャンル「マッタリしすぎ」
711 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 00:12:08.63 ID:BansJeeT0
男友「さて、そろそろ俺の出番ww」
男友「右よーし、左よーし」

男友「ほs」
男友姉「保守」

男友「Σ(・ε・;) 」


712 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 00:13:33.13 ID:6DJ9mvnO0
>>711
ちょwwwwwww姉いたのかwwwwwww

713 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 00:15:10.15 ID:9QQqjP490
>>711
姉がwwwwwwww

717 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 00:35:33.21 ID:sUygFF63O
男 なぁ…

女 な~に~?

男 俺さ、お前と二人きりの時間てけっこう好きだな

女 男君からそんなこと言うなんて珍しいねぇ~
男 まぁ…ふとな。いつまでもこんな時間が
続けばいいなとかいろいろさ

ニャ~ゴ

女 あ~猫だぁ~♪

タタタッ

男 (聞いてねぇ…)お~い

718 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 00:44:15.97 ID:C/+igHN80
>>717
なごむなぁ

719 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 00:50:22.90 ID:sUygFF63O
>>717

女 可愛いねぇ~

ニャ~

男 そうだな

女 …私もね、男君と一緒だと幸せだなぁ~

男 …ありがとう

女 だからね、こういう時間を大切にしたいな~
男君もそう思ってくれる?

男 …当たり前だろ

女 えへへ~よかった~♪

男 さ、帰るぞ。遅くなっちまう

女 うんじゃあねぇ~猫さ~ん

マッタリと 二人の時間は刻まれる

思いでと共に 刻まれる

720 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 00:53:26.87 ID:p/8XV4J40
>>719
GJ!!
甘くてマッタリってなかなか難しいんだよなー
出来るのは羨ましい。

722 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 01:07:12.05 ID:3bBx7qk00
>>706
泣き顔3種追加なんだぜ。
ttp://up2.viploader.net/mini/src/viploader78436.zip.html

723 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 01:09:43.44 ID:9QQqjP490
>>722
心の底からGJ!そしてthx!
よし、やるかな。完成は果てしなく未定だがwwww

726 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 01:27:44.03 ID:+mwv+52VO
女「ソフトクリームー♪おいしぃ~ねぇ~」

男「そうだな~……女、溶けてるぞ…」

女「ん~?ほんとだ~手ぇベトベト~」

男「あ~あ~しょうがないなー。ほら、ハンカチ」

女「もったいな~い ペロペロ」

男「こら、行儀が悪いぞ」

女「え~でもおぃしいよ~」

クーンクーン

女「あ~わんこ~♪君もなめる~?」

ワンワン♪ペロペロ…

女「くすぐった~い」

男「…まぁいいか…」

落とさせはしない。保守

728 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 01:40:52.96 ID:BansJeeT0
【茶道部にて】

男「zzz」
女「zzz」

女「…~ん。あれ?寝ちゃってた~」

ノビ~

女「んしょ。…男君、座ったまま寝てる~?」

ヨイショ、トテトテ

女「男君の背中~」

ポスッ

女「あったかい~」
女「…………………………………大好きだよ~」

男「(今動いたら死ぬ。主に俺が)」

保守。男友姉の話考えてたらこうなったw

729 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 01:41:06.77 ID:9QQqjP490
友「落とさせはせん、落とさせはせんぞぉぉぉぉぉぉ!!!」

女三人『というわけで保守~♪』

友「あぁ!? 俺あそこまで言ったのにっ!?」

736 先のこと 1/2 2006/10/12(木) 02:01:31.02 ID:p/8XV4J40
女 「はぁあぁぁぁ~~~~……」

眼 「あら。アンタもそんな溜め息つくのね」

女 「ん~……男君とケンカしたの~……」

眼 「へぇ。確かにアイツも機嫌悪そうではあったわね」

女 「はうぅ~……やっぱり怒ってるのかぁ~……」

眼 「何があったの?」

女 「ん~……なんか色々みたい~……」

眼 「色々?」

女 「うん~……遅刻が多いこととか~、授業中寝てることとか~色々怒られたの~……」

眼 「なるほどねぇ……」

女 「わかってるんだけどさぁ~……わかってること言われるとやっぱりさぁ~……」

眼 「まぁ、それはアンタが悪いわ」

女 「えぇ~……」

737 先のこと 1/2 2006/10/12(木) 02:02:26.73 ID:p/8XV4J40
眼 「確かに、アンタはもとがのんびり屋さんだから、普段の行動なんかがマッタリなのはしょうがないけどさ、

   やっぱり学校に関しては、もうちょっとちゃんとしたほうがいいんじゃないかな。

   学生なんだし、高校だから留年あるし、男君もそういうところ心配して言ってるんじゃない?

   留年したら、アンタ学校に独り残されちゃうよ? 私たちも男君も卒業しちゃうんだよ?

   今のままだったらそれもありえるわよ? それでもいいの?」

女 「ぅ~それはヤダ~(涙目」

眼 「んじゃ、ちょっとはがんばりなさいな」 ポンポン

女 「うん。がんばる~」

眼 「よしよし」 クシャクシャ

女 「男君に謝ってくる~」

眼 「いってらっしゃ~い」

女 「お~と~こ~く~ん。ご~め~ん~ねぇぇ~」

眼 「まったく……手がかかる……」

※おわり
※スレの趣旨とは違うのはわかってる。だけど、次は『短×友』の話を投下。

738 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:02:57.34 ID:p/8XV4J40
しまった。>>737は『先のこと 2/2』です……orz

739 おかしな二人 1/3 2006/10/12(木) 02:04:28.54 ID:p/8XV4J40
友 「重いー!! 俺、もうだめだー!!」

短 「うるさい。ジャンケン負けたんだから。ちゃっちゃと歩け」

友 「くっそー……短と二人で買い出しとは……」

短 「なんか言った~?」 ニコリ

友 「いや、なにも……なぁ、無理しないで少し休んでこうぜ」

短 「そうね。流石に重いわ……」

友 「そこの自販。なんか飲もう」

短 「んっと」 ドサン

友 「あーあっと」 ドサン

短 「ふう」

友 「何飲む?」

短 「レモンティーあったらそれがいい。なかったらストレートティー」

友  チャリチャリチャリチャリ ピ ガコンッ

740 おかしな二人 2/3 2006/10/12(木) 02:05:01.30 ID:p/8XV4J40
短 「はぁ。疲れた」

友 「流石に短でも疲れたか」

短 「流石にってなによ。コレでも女の子なんだからね」

友 「自分で『コレでも』言うかwww」

短 「うっさい!! アンタが『流石』なんて言うからでしょ!!」 ベシッ

友 「いって!! オマエなぁ。そんなじゃ彼氏できねーぞ?」

短 「ふんっ!!」

友 「もっと女ちゃんみたいに、おっとりしっとりせにゃあかんぞ?」

短 「……アンタも……そういうのが好みなの?」

友 「ん~。女ちゃんはちょっといきすぎかと思うけどな。でも、ああいう女性はやっぱりいいよな」

短 「そっか……」

友 「何? 好きなやつでもいるの?www」

短 「アンタにゃ関係ないでしょ!!」 ベシンッ

友 「いってぇ!! さっきよりいてぇ!!」

741 おかしな二人 3/4 レス数間違えたorz 2006/10/12(木) 02:06:02.94 ID:p/8XV4J40
友 「よし。行くか」 ガサッ

短 「あ。持ってくれんの?」

友 「そっちの半分な」

短 「ありがと……」

友 「んっしょっと。行くか」 ガサッ

短 「うん……」 ガサ

友 「はぁ~。重いな~」

短 「アンタもさ、たまにはいいとこあるよね」

友 「今頃気付いたか。短でも気付くのに、学校の女子は俺のどこ見てるんだか」

短 「はははwww まぁ、きっと彼女できるよ。荷物持ってくれるし、ジュースおごってくれたし……」

友 「なんだ? 今日はどうした。なんか……気持ち悪いぞ?」

短 「な、私だってたまにはこういうこと言うわよ!!」

744 おかしな二人 4/4 2006/10/12(木) 02:07:33.94 ID:p/8XV4J40
友 「ちなみに、さっきのジュースはおごりじゃないぞ? おごるとは一言も言ってない」

短 「はぁぁぁぁあ!?」

友 「着いたら徴収すr

短 「着いたら半殺しね」

友 「ですよね~……」

※おわり
※メインディッシュは『マッタリ』なので、夜食程度と思ってください。スレ違い気味でスマン

746 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:20:43.64 ID:9m3COa6B0
>>744
炬燵で蜜柑もいいけど、たまにはアイスも食べたいぞ。とにかくGJ!

747 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:21:20.63 ID:W+YF9QlF0
>>744
GJ!この二人も気になるなぁ

748 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:29:16.07 ID:tWYRnpI4O
男友「ただいま~」
友姉「ん。」
男友「もー毎回毎回、脱ぎ散らかすなよ。洗濯機に入れろって」ヒョイ
友姉「あ!それ明日も着んだよ!」ガスッ
男友「ったぁ、蹴んなよぉ」
友姉「それより、腹減ったから何か作って。」
男友「へいへい。。」


男友「なんでだろ、安らぎの我が家のはずなのに学校と扱いがほとんど変わらない。。。」



749 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:30:59.14 ID:6DJ9mvnO0
>>748
友姉に萌えた

750 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:31:34.15 ID:9QQqjP490
男「…なぁ?」

眼「ん~? 何よ。そっちから話しかけてくるなんて珍しい」

男「そういえば、お前って浮いてそうな話、ないよな?」

眼「…あぁ、私? 私かぁ。……今はいいかなぁ。何せ、周囲に面白いペアが二つもあるんだもん(クスッ」

男「……面白いペア、ねぇ…」

眼「そ。アレとか、ね」


短「誰が怪力女だぁッ!!」

友「それがdウ"ゲハァ!?」


眼「しばらくは、アレとアンタたち見てれば、十分満足よ。…近くにいい男も居ないしねぇ~」

男「…そっか。ま、気長に探せ?」

眼「ん。ありがとー」



 …眼鏡は、俺の中だと、結構いいキャラしてると思うんだ。常に全体を見通してるというか、そんな感じの(´・ω・)

752 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:45:45.92 ID:9QQqjP490
実は最近、新ジャンル「マッタリ馬鹿五人組」とかいうスレッド立てようかな、とか思いかけてるんだ。
とかいう変な小話しつつ、保守。

753 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:49:19.86 ID:p/8XV4J40
>>752
とてもカオスなスレになると思います!!
個人個人のストーリーをみんなが書いていくうちに、
キャラがどんどん増えちゃって収拾つかなくなることになりそ。

754 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 02:54:04.70 ID:9QQqjP490
>>753
うん。そういうスレ知ってるから、そうなるだろうとは予想つくけど…。
カオスはカオスでいいもんでsうわなにをするやm(ry

755 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 03:13:45.07 ID:p/8XV4J40
>>754
カオスになってくると、コアなネタが増えるからな。
コアなネタが増えるからカオスになるのか?

卵が先か鶏が先か。

保守して寝ますノシ

756 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 03:15:35.65 ID:9QQqjP490
友姉「あぁ~…? 何よ。保守だけど、文句あんの?」

>>748を読んで得た俺の印象。傍若無人…w


>>755
分かる奴はついてける、分からない奴は置いてけぼり…。
コアなネタは、盛り上がるか否かが微妙なトコロ、と。
まぁ、何はともあれ乙ー。

770 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします matari 2006/10/12(木) 05:46:11.30 ID:3bBx7qk00
>>179のID:sj5ljFGQOはまだいるだろうか。
勝手ながらシナリオとして使わせてもらったんだぜ。
事後連絡の形になり、すまない。
ttp://up.viploader.net/src/viploader51467.zip.html

一応鍵かけておいた。目欄参照のこと。
では一時離脱する。

771 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 05:59:07.52 ID:W+YF9QlF0
>>770
ほわああああああああああああああああああああああああああ

772 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 06:16:53.94 ID:pCuUnH7S0
>>770
こ、これはいい……っ!

781 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 08:16:03.37 ID:y7+v0rBNO
保守投下

友「そういや、お前って目結構悪いよな?」

眼「そういうあんたもね」

友「そうなんだよ。でさ、他の奴がどんだけ悪いか気になるじゃん」

短「まぁあんたの頭ほどじゃないってw」

友「ぐっ……。まぁいいや、ちょっと眼鏡貸してくれよ」

眼「いいけど壊さないでよ」

友「なんでだよww (スチャ)うわ、くらくらする。ホントに悪いな」

友「ちょっと俺のかけてみ?」

短「…………」

眼「(スチャ)んー、これじゃ見えないわね」

短「……(ゲシッ)」
友「痛てっ! なんだよいきなり!?」

784 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 08:44:36.16 ID:p/8XV4J40
>>770
これはいい

785 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 08:46:07.79 ID:p/8XV4J40
>>781
GJ!!
短ってかわいいよなw

787 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 09:14:29.83 ID:vHLA29EdO
>>781 ヤキモチやいたりして可愛いな
そしてそれを見て眼鏡がニヤニヤしてるんだろうなぁ
まさかそれが狙いか?

788 ギャップ萌え(1/2) sage 2006/10/12(木) 09:39:17.85 ID:hmpXHDUD0
友A「遅いぞー」
友B「場決めからなー」
友C「ん?どした?」
俺「いや、今日は桜がやりたいって・・・」
桜「はー、家族以外でやる麻雀って初めて~」
友B「あ、桜井さん家で麻雀とかやるんだ」
友C「全然そうは見えないけどね~」
桜「家でも負けてばっかりでー」
友A「じゃあ、今日は勉強のつもりだなあ。頑張って家で勝てるようにしてやろう」
桜「おねがいしますね~」

友A「チャッ・・・うーん、これか・・・タン」
友B「チャッ・・今日は引きが悪いねえ・・タン」
友C「チャッ・・・・あ、ヌルった3枚目だ・・・タン」
桜「チャッ・タン」
友A「チャッ・・・よーし、リーチ!」
桜「ロン。タンヤオのみです。」
友B「なんだー、桜井さんさっきから喋らないと思ったら貼ってたのかあ。全然分からなかったよ」
友C「そうそう、うまいじゃん~でも、ここで3萬捨てなければ手は遅れるけど・・・」
ジャラジャラ
桜「ありがとうございます^^次行きましょうね~」
友A「(ツモリスーアン潰された・・・)」



789 ギャップ萌え(1/2) sage 2006/10/12(木) 09:40:12.35 ID:hmpXHDUD0
・・・

友C「チャッ・・・よし、じゃあこっちもリーチだ!・・・タン!」
桜「チャッ・タン」
友C「あ・・ロン。えーとピンフイッt・・」
桜「はい、2300バックお願いします~」
友C「あ、はい。待っててね・・・」
友B「(俺のジュンチャン三色潰された・・・)」

友C「じゃ、次桜井さんの親だね~今の振り込み挽回するように頑張ってね」
桜「はい、頑張りますー」

790 ギャップ萌え(3/3)←すっかり意味がない sage 2006/10/12(木) 09:45:18.25 ID:hmpXHDUD0
ttp://www.vipper.org/vip354742.gif
俺「(あー、あんまり配牌よくないなあ。ん?携帯いじって何してるんだ?しかしまあ、手先だけを動かして携帯いじるって女の子の特技だよなあ)」

TELLLLLLLLLLL

友B「あ、電話。俺出てくるわ~ちょっと待ってて~」
(チャッ
桜「はい、行ってらっしゃい~」

俺「(!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1111111111111111)」
ttp://www.vipper.org/vip354748.gif
俺「(こいつ・・・・抜きやがった・・・!!!!!!!!!!!!)」


まったりからのギャップ?いや違うな。主にスレが・・・orz



793 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 10:11:01.95 ID:y7+v0rBNO
調子に乗って続・保守投下

眼「んー……」

女「あれ~? 眼鏡ちゃん、難しい顔してる~。どうしたの?」

眼「ん? いやぁ、さっきちょっと失敗しちゃってねー。アレは計算外だったわ」

女「そうなんだ~。ファイト~(なでなで)」

眼「ありがと。でも悩みどころはそこじゃなくてねー」

女「ん~?」

眼「どうしようかなーって。――まだまだからかって楽しもうか、いっそ焚きつけちゃって楽しもうか……」

女「何の話か分からないけど、楽しそうだね~」

眼「うん、まぁね(くすっ)」

794 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 10:30:01.35 ID:KatHl74t0
今更だが>>770超GJ
>>793
ひそかに続きwktkしてるぜ

797 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 11:21:04.40 ID:y7+v0rBNO
さらに保守投下

短「んー……」

女「あれ~? 短ちゃんも難しい顔してる~。どうしたの~?」

短「あ、女ちゃん。……“も”って何?」

短「――と、そうだ。女ちゃん、料理できたよね?」

女「得意ってほどじゃないけどできるよ~」

短「あのさ、今度私に……」

短「あー、やっぱやめ! ガラじゃないよね、こういうの」

女「何の話か分からないけど、人間ありのままが一番だよ~」

短「あはは、そうだねw ありがと」

友「お、何の話してんだ?」

短「! う、うるさいっ!(バキッ)」

友「なんでだぁっ!?」

798 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 11:30:53.32 ID:78XRs98VO
~公園・春~

女「ZZzz.....」

男「春、だねぇ~…(あくび」

女「ん~……ックシュッ!(桜の花びらが鼻につく)
  うぅ~…? 私また寝てたぁ~…?」

男「グッスリと」

女「そっかぁ~…。ん~…ふぁ~…」

男「まだ眠いのか?」

女「うん~…(ポスッと男の方に体重をかける
  えへへぇ~、あったか~…(にへらぁ」

男「っと…、お前、なぁ…」

女「ZZzz.....」

男「もう寝やがった…。…ったく…(苦笑しながら女の寝顔を見る」

女「んん~…(幸せそう」

800 >>798おまけ 2006/10/12(木) 11:44:53.80 ID:78XRs98VO
眼「願わくば、桜の下にて共に寝ん、って感じかしらねー(二人の前をスルリと通ってく」

短「見せつけてくれるわねー♪(同上」

男「んなっ!? い、いつからいた!?」

眼「気にしちゃダメよ。じゃ、お二人とも、仲良くねー(さっさと歩いてく」

短「そゆこと。じゃねー♪」

男「…もっと周囲に気を配るべきだっか…」

友「そうだぞ。あまり公共の場でノロケるな(写メで二人を取りながら」

男「お前もいたんかい!?」

802 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 12:18:48.39 ID:78XRs98VO
短「落とさせたりするもんかー!」

眼「あら、なんで?」

短「ぇ、あ、えーっと…、うん。そう、まだ綺麗に纏まってないじゃない!」

眼「あぁ、アンタと友の仲?」

短「へ!? い、いや、そうでなくって…!」

友「お? 何話してんだ?」

短「うるさい、死ねぇッ!!」

友「なぜにっ!?(キレーに殴りとばされる」

眼「ホント、綺麗に纏めたいわねぇ…」

803 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 12:29:50.76 ID:y7+v0rBNO
保守とは現状維持を意味する投下

男「どうした? にやにやして」

眼「ん? うーん、箸休め、かな」

男「なんだそれ?」

女「甘い物ばっか食べてると、たまには辛いのや酸っぱいのも食べたくなるのよ」

男「ますます分かんね」

女「あ、男くん~」

眼「ほら、奥さんが呼んでるよ」

男「奥さんておま……。まぁいいや、行ってくる」

眼「はいはい、行ってらっしゃい」

804 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 12:30:04.99 ID:blQJDsYm0
友「痛って~・・・なんでいつも俺ばっかり殴られてんだよ( TДT) 」

男「…お前ってさ、俺をたきつけた割には意外とアレだよな」

友「どういうことだよ」

男「いや、そのままの意味で」

友「だから、どういうことだよ」

男「保守」

|彡サッ

友「おい!こらどういう意味だ!!逃げんなーー!!」

おとさない。二つの意味で

808 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 12:42:09.86 ID:y7+v0rBNO
まったりとゆるやかなオチ。

男&女「(わいわい)」

眼「……ふぅ、やれやれ」

短「ぜぃぜぃ……まったく、友の奴、空気読みなさいよ」

眼「そうだね(ふっ)。ホント、男ってみんな鈍感よね――」

眼「……よし、短、今日帰りにケーキ屋行こう」

短「いいけど、急にどうしたの?」

眼「箸休め」

眼「アンタもたまには甘い物を食べないと」

眼「酸っぱいものばかりも難でしょ?」

812 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 13:18:25.53 ID:p/8XV4J40
そうか。もう800レス越えたか~

俺的まとめをtxtで書いてみよう。
ホントのまとめは >>1 の仕事だからな。

818 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 14:22:33.29 ID:78XRs98VO
友「今なら言えるか…!?
  ほ、保守ー!」

シーン…。

友「や、やった…、言えた! マッタリスレ、完!」

短「んなわけ無いでしょ!(グーパンチ」

友「うわらばっ!?」

820 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 14:48:16.21 ID:78XRs98VO
眼「あれ、友は?」

短「なんか、一度マトモに保守、って言えたら満足したみたい」

眼「そ。なら、私たちで…」

短「せーのっ」


友「だが甘い、保守だっ!」


短「出てくるな、ていっ♪」

友「ぐほぁ!?」

831 俺的まとめ matome 2006/10/12(木) 16:12:57.49 ID:p/8XV4J40
デキタヨー(・∀・)

ttp://www.uploda.org/uporg545621.txt.html

Passはメル欄参照。
知らない人が呼んでもキモイだけだからなw

ニヤニヤしてもらえたらそれで満足です。
1000行くまでに、なるべくSS投稿できたらいいなぁ。

834 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ご機嫌取りにSS投稿 2006/10/12(木) 16:28:34.09 ID:p/8XV4J40
男 「……」

女 「Zzz......」

男 「ふぁ……」

女 「ふぅっ……Zzz」

男 「ふぁぁ……んふぅ……」

女 「Zzz......」

男 「コタツはやる気を破壊するな……ねみぃ……」

女 「Zzz......」

男 「……ジーッ」

女 「Zzz......んん……」

男 「ちくしょう……(/////」 プニプニ

女 「ん~……Zzz」

※おわり

835 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 16:29:39.65 ID:GVmVtqSP0
>>831
いい歳して.txt文書なんかに貰い泣きしちまったじゃねーかこの野郎wwwwwwwwwwww

GJ!!

836 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 16:31:28.15 ID:JUwCExwm0
>>831
これは……キタ……。きたよ……。
ネタじゃなく素で3回保存した。

837 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 16:33:08.23 ID:6DJ9mvnO0
>>831
超GJ!!!!!!!!11111111
このスレにいて俺よかったよ・・・

838 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 16:34:29.45 ID:9QQqjP490
>>831
GJ!
…うーん。いいなぁ、こういう泣かせれる文章書ける人は……。
ってか、コレの後にまとめなんて書いて、大丈夫なんだろーか(;´Д`)自信ナクナッテキターヨ

840 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします matari 2006/10/12(木) 16:41:37.82 ID:p/8XV4J40
>>835-838
みんなありがとう。
そしてスマン。
「短」の台詞に誤字が見つかった……orz
直したものをUPしなおす。
Passも一緒(メル欄参照)。

誤字を直しただけなので、内容は全く一緒。

ttp://www.uploda.org/uporg545631.txt.html

上のファイルは17:00に消す。
本当にスマン。
そして、読んでくれてありがとう。

p01_ss840_uporg545631.txt(右クリックからファイル保存してください)
841 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 16:58:15.62 ID:MDG8EUdYO
>>840
感動した
いや、短に惚れた

ぅん、最後もよかったしな
まぁ、つまり何が言いたいかと言うと…


GJ

842 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 17:14:09.30 ID:p/8XV4J40
女 「ね~ね~。たまにはやろうよ~」

男 「え~。俺こういうの苦手だもんよ」

友 「お? なんだい? じゃ、俺がやっちゃうよ? 保s

女 「だ~め~」 ペチン

友 「!!! 女ちゃんに叩かれた……うわ~~~ん!!」 ダダダッ!!

女 「あ~。友君ごめんねぇ~~~~!!!」 トトトトトトトト



男 「保守」

女 「あ~!! 一緒に言いたかったのに~……グスッ」

※おわり

843 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 過疎っちゃった…… 2006/10/12(木) 17:23:03.34 ID:p/8XV4J40
 ガタンゴトン ガタンゴトン

男 ガサゴソ

女 「ん? 音楽聴くの~?」

男 「はい。片方」

女 「ん~」

男 「……」

女 「~♪」 (足をパタパタ)

男 「……」

女 「~♪」 (足をパタパタ)

男 「この曲飛ばしていい?」

女 「ん~」

男 「……」

女 「~♪」 (足をパタパタ)

 ガタンゴトン ガタンゴトン

※おわり

847 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 18:02:41.37 ID:9QQqjP490
纏めは書けたぁ~。
でもなんか投下すると、それで俺の中で終わってしまいそうだから、もう少しだけ投下せずに暖めておいてみる。

まぁ、そんなことより、保守。

849 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 18:14:16.55 ID:Kmc3TZY/0
>>847
それもいいかもね。
残り150もあるし、まったりと進行するならまだまだ先は長い。

852 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 18:37:48.00 ID:2P+BE97C0
>>849
1000行ったら次スレをどうするか問題だよな
立てるか立てまいか

855 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします matari 2006/10/12(木) 18:58:19.74 ID:9QQqjP490
>>852
あ~。ちなみに、>>1として、次レスへの考え。
俺は自分からは次レスは立てません。
他の方が立てればもちろん遊びにも行くし、職人としても参加したりするがね。キャラはすでに一人歩きを始めてくれてるし、このスレ立てた俺にとってみれば、ここまで成長してくれただけでも満足というか。

だから、もしも立てるなら、他の有志の方がどうぞ。立てた時、まだこのスレが1000行ってない状況なら、一報くれると嬉しいかも。よろこんで行かせてもらうよ。


……そうそう。ようやく完成したから、投下。パスはメル欄参照。
拙い作品なのは、すまんがね。初めてなのよ、ノベゲー作成は(´・ω・)

ttp://www.fileup.org/fup112800.zip.html


【855子猫】p1_855_koinu.zip(右クリックからファイル保存してください)
857 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 19:02:05.07 ID:2P+BE97C0
>>855
把握した

それとGJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJ!!!
>>770といいサウンドノベルゲームとして完成しちゃってるな

863 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 19:59:41.35 ID:BansJeeT0
出来れば、短と眼鏡の立ち絵が2つづつ欲しいな。

そうすれば、このスレの完全版が作成できる。

872 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします matari 2006/10/12(木) 20:56:36.67 ID:3bBx7qk00
>>855
GJ!一部立ち絵の透過が不自然なのは俺のミスなんだぜ。
背景透過にし忘れていた。すまない。

演出など少し手を入れたバージョンをうpしたので
一緒に背景透過pngの女立ち絵詰めを入れておいた。
よかったら使ってほしい。鍵は目欄。
>>770は消去しておく。
ttp://up.viploader.net/src/viploader51531.zip.html

>>863
把握した。1000いく前にうpできるよう努力する作業に戻る。

【872マッタリ春】p1_872_haru.zip(右クリックからファイル保存してください)
876 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 21:23:00.18 ID:p/8XV4J40
保守ばっかになっちまうな
しかし、俺も集中できる状況にないので書けないんだけどね……

877 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 21:25:42.15 ID:9QQqjP490
>>876

羊羹「保守だらけのスレに救世shアッー!」

女「まぁまぁ~。羊羹一緒に食べて、マッタリしてればいいんだよぉ~(切った羊羹(マン)を差し出す」

男「誰に言ってるのかは知らないが、俺はソレはいらない。絶対に」

878 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 21:27:29.18 ID:p/8XV4J40
>>877
サンキュー
女ちゃんからの羊羹を食べないなんて……

いただきまーす

 アング

 ・
 ・
 ・

アッー!!

879 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 21:35:26.39 ID:Zj4RqXhKO
やぁっと追いついた…
職人さんスゴすぎ。授業中寝てないで見てればよかったorz

880 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 21:35:47.58 ID:UKXZMy940
>>872

「そういや今日、なんで授業中、こっち見てたの~?
勉強しなきゃだめじゃん~」


そういやをそういえばに変えたほうがいいんじゃないかな?

884 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 21:57:02.13 ID:BansJeeT0
スレ全部見直しつつ、選択肢考えてたら鼻血出てきた。
ってか勝手に全部繋げてノベルズぽくしてもいいのだろうか?

885 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 21:58:09.32 ID:GVmVtqSP0
>>884
イインダヨ!

886 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:00:14.71 ID:p/8XV4J40
>>884
俺はやって欲しい。

俺の書いたやつは、会話しか書いてないから繋げにくいと思うぜ。
でも、できるならやって欲しいなんだぜ?

887 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:06:30.18 ID:p/8XV4J40
眼 「あ~……」

短 「あう~……」

友 「Zzz......」

眼 「なんか、最近だれちゃってダメね……」

短 「私もなんか最近眠くて……ふあぁぁぁ」

友 「Zzz......」

眼 「気持ち良さそうに……」

短 「なんか憎らしいわね~。こうしてやれ」

 キュキュキュキュキュ

 『保守』

友 「う~ん……Zzz」

短 「……リアクション無いと……」

眼 「損した気分になるわね……」

※おわり

890 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:17:53.64 ID:9QQqjP490
>>884
個人としては、一向に構いません。
それくらい出来そうな分量もありますしね。
……それに、自分が立てたスレでそこまでやってもらえることが、幸せデスヨ?ホント。

895 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2006/10/12(木) 22:40:24.26 ID:p+5DeYhj0
誕生日なのに、女は一人のようです。


日に日に、不安が大きくなってきた。
それは、きっと彼が私のそばにいないからだと思う。
大切な日、恋人になって初めて迎えるその日に…。
「ネコさん~、私ね、今日は一人なんだぁ~」
この子は、いつも優しい温かさを手のひらにくれる。
私の周りは、優しさに溢れていると思う。なのに
「どうして、男君、おとといから一緒に帰ってくれないのかな~」
ネコさんのふにふにしたお腹を、やさしく撫でながら、私はため息をついた。
「あぁ、ごめん、ちょっと一緒に帰れないんだ」
彼がそんなことを言い出したのは、一昨日のことだった。
私は、仕方が無いなぁ、なんて思いながら男君を見送った。
その日、彼は友君と一緒に帰っていった。
昨日は短ちゃんと、そして今日も…。
さっき寄った本屋さんで、偶然見てしまった
彼と短ちゃんが一緒に、楽しそうに歩いているのを。
そのまま、気がつくと体育の授業みたいな速さで、この公園まで来ていた。

「私って、ダメな子なのかな、男君にとっては、魅力無いのかなぁ」
ネコさんは何も言わない、嬉しそうに喉を鳴らすだけだ。
「ねぇ、ネコさん、何とかいってよぉ」
その時、あの優しい男君の笑い声が聞こえた。公園の入り口から、
短ちゃんと一緒にこちらに向かってくる。
目が合ったその時に、私は男君が気まずそうに顔をそらしたのに気がついた。
「おい!女!待てって!」
彼の声が追ってくるのも気にせず、私は走り出した。

896 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2006/10/12(木) 22:41:56.71 ID:p+5DeYhj0
おい!女!待てって!」
そう言っても、女は見かけに似合わない俊敏さで公園を走り抜けていった。
「あ~あ、ありゃ誤解してるわね」
「誰のせいだと!」
「あたしのせいだって!…って、こんなこと言ってる場合じゃないわね」
短は俺の方を向くと、にやりと笑った。
「迎えに行ってあげなさい、旦那様」
「けど、準備」
「いいから、それぐらい、友にやらせるわ」
「自分ではやらないのな、まぁいい、後は頼むぞ」
後ろから、頭の悪い煽りを受けつつ、俺は女の後を追った。

「あの馬鹿!何時もみたいにのろのろしてろ!」
そうは言っても、あいつは体育は4だか5だが、とにかくそれなりに
良い成績なのだ。俺に追いつけるだろうか。
商店街を抜け、いつかの子犬がいた角を過ぎ、学校への坂道に差し掛かる。
ずっと上の方に、黄色いセーターが見えた。
俺が走っているからか、肩が震えているように見える。
「ったく!」
俺は足の回転数を上げる。

897 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2006/10/12(木) 22:43:03.63 ID:p+5DeYhj0
二人を見て、初めて感じた気持ちが、自分の中に渦巻いている。
あんなに大きな声で笑う男君、そんな表情は初めて見た。
階段を駆け上がり、部室を開けて、おこたにもぐりこんだ。
「やだよ、男君、どうして」
短ちゃんみたいなハキハキと笑う、そんな女の子には、絶対絶対なれないのに。
ガラッ、と部室のドアが開いた。
「女、どうしたんだよ」
そんな優しい声が、今はつらかった。
「来ないで…、どうして来たの」
涙溢れるように、声がこぼれた。
「ねぇ、どうして私のこと避けてるの。ねぇ、男君、私のことが」


「ねぇ、男君、私のことが」
俺はそこまで言われて、ようやく気がついた。
そうか、三日も遠ざけて、その後に俺が短と歩いていたら…。
「あのな、お前が思っているようなことじゃねぇよ」
「じゃあ…、どうして。男君のあんな笑顔、初めて見た」
「あれは」
「私といると、…つまらない?」
俺はどうしたらいいのか、体が勝手に動いて、気がつくとコタツに座っている女を
後ろから抱きしめた。
「こんなこと…、してくれなくていいよぉ…」
「ごめんな、理由はともかく、ごめんな」
「本当に私のこと、好き…、なんだよね」
不安そうに振り向いた女の唇を、俺は黙ってふさいだ。


898 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2006/10/12(木) 22:43:54.55 ID:p+5DeYhj0
「――ん、んぅ」
「俺がこういうことしたいと思うのは、お前だけだよ」
後ろから抱きしめて、耳元でささやいた。
「そっかぁ、でもね、これからは今日みたいなのはやだよぉ…グスッ」
「ああ、二度としないよ」


その声を聞いたとき、体に温かい安心感が広がった。
そして、私はもっと男君とひとつになりたいと思った。
「じゃあぁ、もっとして」
男君の顔が、突然固まった。ギクッとなった、ネコみたい。
「キスだけじゃぁ、不安、かな」
そういう私を、しどろもどろになりながら、男君が私を強く抱きしめた。


耳元で携帯がうなっている。
おこたの中で男君に抱きしめられて眠ってしまった私は、やっぱり彼に起こされた。
「おい、起きろ。後、ふ、服着ろ」
急に私も恥ずかしくなって、急いで服を着た。
自分から言って始めたこととはいえ、やっぱり恥ずかしい。
「今日は、お前の誕生日だろ?」
「うん、でもぉ」
「本当はな、短と友と眼鏡でサプライズ誕生会を企画してたんだ」
「そうだったんだぁ、嬉しいなぁ」
「でも、ごめんな」
「ううん、もう大丈夫だよぉ。嬉しいプレゼントも貰ったし」
「ば、馬鹿!そういうこと恥ずかしいから止めろ!」
もう一度うなりだした携帯、受話口からは友君の絶叫が聞こえていた。
fin

899 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:44:25.51 ID:p+5DeYhj0
うん、ごめん、勝手に話を進めたよ。

900 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:45:13.57 ID:GNQnhq9P0
>>884
886の作品は、背景をメインとして魅せて、立ち絵をかまいたちの夜のさらに色が薄いバージョンにするとかどうなのさ、なんて思ったり。
もしくは、立ち絵じゃなくて発言者中心の背景を切り替えていく、とか。立ち絵はナシで。

……うん、まあ、884の苦労を考えてないヒトゴト的な発言なんだけどさ。

901 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:46:53.53 ID:JB8rbdvW0
>>898
その行間が!行間がああ!!!!!!!!!!!!111

904 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:49:15.78 ID:9QQqjP490
>>898
体育のこととか、子犬とか、過去ログのネタを使ってるあたり、非常に好感触w
ってか、体育4の設定、実は忘れ去られてるよなぁ。とか思ってた奴ですた。
ま、何はともあれ、GJ!

906 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:51:09.68 ID:Kmc3TZY/0
>>898
こういう描写が来ると、そろそろエンディングな空気ですな。

そんな中で空気も読まずに>>615の続きというか>>271のシーンを。
BGMに>>256の曲+αを聞きつつ描いてみたり。
http://imepita.jp/trial/20061012/815220

p01_906_815220.jpg
907 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:52:41.97 ID:MDG8EUdYO
>>904
覚えてるぞ

俺の中では女は運動神経抜群の超天才で、他の才能も兼ね備えてるんだが、遅刻と提出物の遅れのせいでオール4という成績だと脳内保管してる

908 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:53:15.91 ID:p+5DeYhj0
>>906
次スレねーの?

910 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:57:24.79 ID:9QQqjP490
>>907
俺の脳内とほぼ一緒ww
まぁ、成績はオール4でなくて、3と4だけど(´・ω・)


>>908
んー。>>855の通り、>>1もとい俺はスレ立てる気はないので、このスレをまだ続けたい、という他の皆の熱意次第かと。



さて。ま、軽く5連作。投下しま

912 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 22:57:50.96 ID:3bBx7qk00
短髪立ち絵9種詰め合わせなんだぜ。
ttp://up2.viploader.net/mini/src/viploader78760.zip.html

眼鏡いってくる

913 女友1・眼鏡 2006/10/12(木) 22:58:18.84 ID:9QQqjP490
 最近は、本当に一日が楽しく感じられる。
 アイツらは、本当に見ていて飽きないから。
 傍観者、見てるだけ、焚きつけ役……。自称他称で色々言われてるみたいだけど、別にソレでいいじゃない。この、楽しい日々には何の偽りも無いわけだし。
 もちろん、いつまでもこのまんま、というワケにはいかないと思う。でも、それでも今は、この状態を本気で楽しんでいたい。

「男君~……」 「あんたはまたぁ!!」

 ほら、今日も楽しいことが始まった。
 今日はどっちを見に行こうかな?
 私は胸を躍らせて、足を動かす。

 願わくば、この時が永く永く、続くことを……。

915 女友2・短髪 2006/10/12(木) 22:59:27.13 ID:9QQqjP490
 この想いは、まるで塵のように積もっていった。
 気づかないうちに、うっすらと。いつの間にか、気づかずにはいられないほどに。
 アイツはまだ気づいていないみたいだけど、アタシはそれでもいいと思う。
 少しずつ、少しずつ。この想いをもと重ねていきたい。
 今はまだ正直にもなれないけど、いつかはこのことを告げようと思う。
 だから、今はまだ……。

「おーい。怪力おん……違った。短髪ー」
「だからか弱い女の子に怪力とは、どういう了見よぉ!!」

 そう。正直になれなくても、想いは積もっているから。
 少しずつ、少しずつ……。

916 男友 2006/10/12(木) 23:00:09.51 ID:9QQqjP490
 冷静に思い返せば、俺の立ち位置というのは、本当に不遇だと思う。
 学校では軽い悪口が拳骨で返され、家では傍若無人な姉貴に尻に敷かれ。
 ……アレ、俺の安らぎの場、ねぇよな?

 まぁ、冗談はいい。それに最近は、学校でのアイツとの掛け合いが本当に面白いと思えるし。
 さすがに殴るのは勘弁して欲しいが、アイツと話してると、どっか安らいでいる自分もいる。
 だからこそ、今日も笑いながら行こうじゃないか。

「おーい」

 いつも通り、いつものように、俺はアイツに声をかける――。

917 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:00:19.73 ID:p+5DeYhj0
なんというか、俺は文章を書くことしか出来ないけど。
でも、折角職人が多く集まったここを、一回で終わらせるのはもったいない気がするんだ

918 2006/10/12(木) 23:00:41.10 ID:9QQqjP490
 お日さまの匂い。元気な植物の葉。動物たちの鳴き声。……それに、大好きな彼の体温。
 それがあるから、今日も私は一日が幸せ。きっと、明日も幸せ。
 今日の私は、昨日の私より。明日の私は、今日の私より。ずっとずっと、輝いて生きていこうと思う。

「女ー、学校、遅刻するぞー」
「あぁ~……、待ってよぉ~……」

 ねぇ、昨日の私。今日の私は、輝いて見えますか?

919 2006/10/12(木) 23:02:05.16 ID:9QQqjP490
 今日もまた、俺は縁側に座る。隣にはもちろん、アイツも一緒で。
 話す言葉は他愛もなくて、それでも心から安らぐ時で。
 鳥の囀り、日の暖かさ。コイツと知り合わなければ、きっと知りえなかった安らぎ。

「なぁ、女……」
「……くー…………」

 寝てる、か。コイツらしいな、本当に。
 きっと俺とコイツの間では、いつまでもこんな時が続いてくんだろう。
 何ヶ月も、何年も、何十年も。
 どんな日も、どんな時も、どんな所でも。
 俺はコイツと出会えたことに感謝をして、目を閉じた。
 いつまでも続く、日向ぼっこを夢に見ながら……。

920 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:08:04.66 ID:C/+igHN80
勢いで立てた
後悔はしていない

【今日も】マッタリしすぎ【ひなたぼっこ】 http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1160661985/l50

921 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:10:50.31 ID:9QQqjP490
そいでもって、最後に>>1…というか、コンセプト元を作った俺から。

まとめらしくない、かもしれない。けど、個人的に、コレで後はいいや、って思えるまとめはしたくなかった。
それなら、まだ先のある未来を展望させる、彼ら彼女らの願望を、ただ書き連ねてあげたほうがいいと思った。
きっと彼ら彼女らは、もっと面白い話を書き上げれるだろう。そんなコトを、思っていた。
だから、まとめは、きっとある未来を暗示させる。そんな文章にしてやりたかった。
……ふむ。つらつら書き連ねたら、意味不明な文章が出来たっぽい?まぁいいや。本心だ。

オチがない。そんなことは十も承知。マッタリなんだから、まとめまでマッタリしないと。


改めて、スレの皆。ここまでマッタリやってこれたのも、皆のおかげやね。心の底から、thx!



そして>>920
マッタリした全員、よろしく頼んだw

923 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:11:48.21 ID:6DJ9mvnO0
>>921
乙。そしてただただGJ!

924 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:15:16.62 ID:GNQnhq9P0
>>921
まとめ乙、そしてGJ.
なんか泣きそうになった自分がいる。
ありがとう。


>>920
乙。

927 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:18:30.96 ID:Kmc3TZY/0
>>921
レス挟んでしまった、ごめん。
そして、GJです。
【日向ぼっこ】という言葉にこんなに暖かい温度を感じたのは初めてです。

職人、保守の皆さんにも心からGJを。
スレタイ通りにまったりと進むこのスレの時間が好きでした。
ありがとう。またVIPのどこかで。

930 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:29:15.96 ID:6DJ9mvnO0
そろそろkskか・・・

932 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:30:28.10 ID:Kmc3TZY/0
しかしこう……kskが似合わないスレだな……



ksk

933 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:31:25.70 ID:C/+igHN80
じゃあ 



まったり

934 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:31:36.85 ID:BansJeeT0
女「ksk~」

男「・・・あきらかにおかしくないか?」

女「?ん~・・・mtr~」

男「まったりか・・・」



937 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:33:40.52 ID:9QQqjP490
友「寂しいけど、これ、kskなのよねっ!」

短「だが断るッ!(右ストレート」

友「おぐふぁ!?」

短「やっぱり、このスレはねぇ…。女ちゃ~ん♪」

女「ん~…(コタツの中でグダグダしてた)
  まったりぃ~」

938 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:40:08.73 ID:GNQnhq9P0
友「じゃあ、俺も言い方を変えようか。まっt」

短「無駄無駄無駄無駄無駄ァ!」

友「ぐあっ!?」

眼「ナイスカットォ♪」

女「まったりなんだよ~」


男「あー、前半はまったりしてねえ、よな」

眼「まあ、友だし?」

男「そうだな」

友「うう、最後までこんなんなのか……」

女「あ、友くんは次スレでもそうなってるよ~?」

友「_| ̄|○」

939 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:43:08.12 ID:C/+igHN80
女「新校舎、できたね~」
男「この校舎とも今日でお別れだな…」
女「そうだねえ~」
男「…」
女「…」
男「よし、黒板に何か書いておこうぜ」
女「うん」

かきかき

男「よし行こうか」
女「うん」

『ありがとう 9QQqjP490』

940 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:44:59.70 ID:9QQqjP490
…………あれ。なんか、マッタリ過去ログ読みながら粉雪聞いてたら、涙が。あ、あれぇ?orz

941 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:46:48.25 ID:6DJ9mvnO0
>>939で泣いた

943 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:48:20.90 ID:92Aaoc17O
>>937
ID、「きゅう」の発音が多いな

946 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:51:14.02 ID:3bBx7qk00
>>921
まとめ乙

>>937インスパイヤ
http://vipdeekaku.run.buttobi.net/cgi-bin/src/up0073.gif

>>880
文章は借り物だから極力いじらないようにしているんだぜ。

じゃ、また次スレで。

p01_946_up0073.gif
947 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:51:27.78 ID:p/8XV4J40
銀河鉄道999ですか。

ボンボヤージュ!!

俺も次スレなんか書けたら書くよ。ノシ

949 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:53:13.82 ID:9QQqjP490
>>946
インスパイヤ吹いたwwwww


そしてまったり

951 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:56:14.17 ID:p/8XV4J40
おっと忘れてた

>>906 >>912 >>921
超GJ!!

>>921のスレ主はいわずもがなで感謝してる。GJ!!

>>912の絵師が居たからイメージしやすくてドンドン書けた。GJ!!

とくに、>>906氏は俺のSSを漫画にしてもらったりなんかして、スゲー感謝!!
続き、wktkして待ってるぜ!! GJ!!

952 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/12(木) 23:57:07.04 ID:C/+igHN80
>>946
GJ!

955 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:04:11.13 ID:d/03V5D/0
男 「さて、新校舎移るか~」

友 「ちょ~っとまったぁ!!」

眼 「どしたのさ」
短 「ぼやぼやしてると置いてくぞ~?」
友 「ちっちっち……記念写真撮らないでどうする?」
女 「おお~」

友 「よし!! 並べ!! 撮るぞ!! いくぞー。よっと、それっ」 ジー ダダダッ

女 「友君早く~早く~」
短 「転ぶなよ~w」
眼 「ありそうw」
友 ズルッ 「うおあぁっとぉお!!」
男 「おお。持ち直した」
友 「間に合え!!」

全員 「イェ~イ!!」

 カシャ!!


※おわり
※次スレで会いましょうノシ

956 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:08:16.09 ID:4LZGMmtr0
>>955
GJ!

964 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:17:14.89 ID:Lu2pPa5x0
調子に乗って第2段。
願わくば、俺の意思が伝わらんことを。


短「いくよー。『ま』」

965 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:18:06.57 ID:4LZGMmtr0
眼「っ」

966 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:18:25.70 ID:d/03V5D/0
男 「た」

967 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:20:18.51 ID:z4FuKmz30
女「りぃ~…♪」

968 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:21:00.57 ID:d/03V5D/0
友 「……orz」

969 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:21:38.42 ID:Lu2pPa5x0
>>965-968
もう、お前ら本当に大好きだぜ。

970 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:22:35.39 ID:4LZGMmtr0
>>968
誰かやってくれると信じてた!!

980 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:34:45.11 ID:d/03V5D/0
友 「もう一枚撮るぞ!!」

男 「もう一枚?」

友 「そうそう。はいはい、今度はみんなこれもって~はい。はい。はい……」

短髪 → 「ま」
眼鏡 → 「っ」
男   → 「た」
女   → 「り」

友 「そして俺はこれだぁ!!」

友   → 「Thanks For ALL!!」

眼&短 「生意気ね」 ゲシッ!!

友 「うげぇ!!」

 カシャ!!

※おわり
※英語とかすんげー自信ない。そんな風なことが書いてあると思ってくれ。

981 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:36:10.74 ID:z4FuKmz30
男「何というか、今まで色々あったよな」

女「うん……」

男「でもまぁ多分、概ね幸せだったよな」

女「……うん……」

男「これからも、ずっとこんな風だといいよな……」

女「…………」

男「…女?」

女「ZZzz......」

男「…寝てる、か」


最後に、まとめの別案の欠片を投下。

982 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:37:22.84 ID:4LZGMmtr0
>>980
最後までGJ!
あれ、目から汗が出るよ・・・

987 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:43:58.46 ID:ujho3hQ40
絵も文も書けない俺だけどもこのスレ大好きだったぜ

988 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:46:55.33 ID:z4FuKmz30
>>987
スレが大好き、と言ってもらえると、作家として、非常に嬉しい限りやね。

最後まで、マッタリ…

1000 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/13(金) 00:53:06.55 ID:9Pw6IfssO
このスレは最初から最後までまったりでとってもいいふいんき(ryだった

まぁ、なんだ…
まったり~



PREV : 新ジャンル「マッタリしすぎ」01_vol04
NEXT : 新ジャンル「マッタリしすぎ」02_vol01