アマノジャック@新ジャンル専用

新ジャンル「マッタリしすぎ」01_vol01

最終更新:

new_jack

- view
管理者のみ編集可
新ジャンル「マッタリしすぎ」
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 18:57:42.39 ID:nke+2gXI0
~昼休み~

ガラッ
女「すみませぇん、遅れましたぁ~」

男「……また遅刻か、女?」

女「あぁ~。男君、おはよぅ~」

男「おはよう、じゃない。
  …後で、職員室行っとけよ? また担任のジジィから絞られるぞ」

女「うん、わかったぁ~。でも、おかしいよねぇ~。
  途中で見つけたネコさんとか眺めてたら、遅刻しちゃってたんだもんねぇ~」

男「…………ハァ……」

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:02:43.78 ID:nke+2gXI0
男「女、今日はお前昼飯どうすんの?
  よかったら一緒に食べねぇ?」

女「あぁ~、うん~。食べる~。でも、私今日はパンだから、買ってくるねぇ~」

男「……一緒にいこうか」

女「いいよぉ~」

~食堂~

女「それじゃ、買ってくるねぇ~」

生徒1「ジャマ!」ベシッ

女「あぁ~…」

生徒2「ちょっと、どいて!」

女「きゃぁ~……」

男「……いつ買えることやら…」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:08:35.29 ID:nke+2gXI0
男「なぁ、女。お前、トロいぞ、少し」

女「あぁ~。そうかもねぇー。
  でも、それでもいいよぉ。ほら、お茶でも飲んで一息いれとこ~?」

男「……まぁ、本人が納得してるならいいけど(ずず…
  って、熱!?」

女「あぁ~、熱いから気をつけてねぇ~(ずず…
  美味しいねぇ~、熱いお茶ってぇ…」

男「……の、飲む前に言って欲しかったな、それは……。
  舌、火傷したぁ…」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:16:15.63 ID:nke+2gXI0
男「……そういえば、女。お前って、運動苦手だろ?」

女「えぇ~? 得意だよぉ~」

男「嘘だろ? じゃあ得意な種目は?」

女「耐久走~」

男「……タイムは?」

女「クラスの中でも普通くらいには早いよぉ~?」

男「いや、絶対に嘘だろ、それ」

女「嘘じゃないよぉ~…」

男「じゃあ、50M走のタイムは?」

女「6秒43~」

男「ウソォ!?」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:21:42.04 ID:nke+2gXI0
~体育の時間~

男「というわけで、体育の時間中、女を監視してみようと思ったわけだが」

男友「まぁ、理由は分かったが…。まぁ、実際、女ちゃんって、運動オンチっぽいよなぁ」

男「だよなぁ…。ま、今回は卓球だから、そんなによくは分からんだろうけど」

女「サーブ、行くよぉ~…。えいっ」

ココンッ!

女友1「え…キャッ!?」

男「えーっと…、今、凄い曲がった?」

男友「それに、スゲェ速かったなぁ…」

女友2「…あら、アンタたち、知らなかったの? アレで女ちゃんの体育の成績、評定4よ?」

男&男友『うぇぇぇ!?』

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:24:45.83 ID:TAHMSJUV0
これはあり

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:27:45.04 ID:nke+2gXI0
男「なぁ、女…」

女「あ、男君~。どうしたのぉ~?」

男「女が運動できる、とは分かった。けど、なら何で普段そんなにトロいんだ?」

女「えぇ~…、だっていつも体育の時間みたいに頑張ってたら、疲れるんだもん~…。
  それ以外の時間くらい、息を抜きたいよぉ~…」

男「…いや、誰もいつも本気を出し続けろ、とは言ってないんだが」

女「本気じゃないなら、この状態が普通だよぉ~…」

男「少し本気、とかは無理なのか?」

女「えーっとぉ………………難しいと思う~…」

男「……なぜだ…」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:32:12.97 ID:n/uMzgyMO
>>1こいつまんまエアギアのトロちゃんじゃねーか

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:35:08.31 ID:nke+2gXI0
ガラッ
女「すみません~、今日も遅刻しましたぁ~…」

先生「……女。お前は今月だけで、どれだけ遅刻した思う?」

女「ぇ? えぇ~とぉ、え~っとぉ……?」

先生「毎日だ、バカものがっ! お前はいい加減にしないと、どれだけ成績よくても留年にさせるぞっ!?」

女「えぇ~……」

男「まぁまぁ。いいじゃんか、先生。
  俺とか男友みたいに授業出てても成績悪い奴らなんかよりさぁwww」

先生「笑い事じゃないわっ!
   というか、男、男友! お前らはこの前の小テストでも、あんな低い点を取りおってからに……!」

男友「って、あれ、俺も怒られるの!?」

女「えっとぉ…、先生~。私はどうしましょう~…?」

先生「もういい、さっさと席について授業を受けろ!! それと、お前ら3人は後でプリント渡す! やってこい!!」

女「あ、はぁい~(軽く男に会釈して、席に着く」

男友「……な、何で俺まで…(シクシク」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:46:46.31 ID:nke+2gXI0
>>12
そうなのか、気づかなかった。
コレいいんじゃね、って思ってたら、すでにあるネタなのかぁ。マジスマソorz


~朝~

男「ふぁ~…。さて。今日も一日、キバっていこーかぁ……って、あれ、女か? ダンボールの中見て、何してんだ?」

女「(ニコニコ)」

男「おい、女。何やってるんだ?」

女「あぁ~、男君、おはよう~。えっとねぇ、捨て犬にミルクあげてたのぉ~…」

男「捨て犬…あぁ、本当だ。ってか、もう行かないと遅刻するけど、いいのか?」

女「えぇ~?(腕時計確認)
  ……あ、本当だぁ~…。教えてくれてありがとぉ~。じゃあね、ワンちゃん~」

男「もしかして、アレに毎朝エサやったりしてたから遅刻してたのか?」

女「違うよぉ~。ワンちゃんに構ってただけじゃなくて、空が綺麗だなぁ~、とか、野良猫がケンカしてるなぁ~、とか、色々見てると、いつの間にか遅刻してるのぉ~」

男「……あ、そ」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:48:42.68 ID:y9RWFIgh0
男「次の授業は、と・・・」

女「次は~美術ぅ~」

男「あー美術か・・面倒だな」

女「私は好きだよ~。デッサンとか~」

男「お前のテンポだと美術とかすごく得意そうだよな」

女「えへへ~、照れますなぁ~」

男「で、その手に持ってるのは何」

女「食パン~」

男「木炭デッサンなんか普通やらないだろ」

女「ううん~。これお昼ご飯~」

男「まだ食ってなかったのか!」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 19:55:51.59 ID:nke+2gXI0
女「お昼ごはん、美味しいねぇ~」

男「そうだなぁ…」

女「あぁ~…」ポロッ

女「落ちちゃったぁ~…」ノロノロ

男「……」

女「えへへぇ~、3秒ルールだから大丈夫だよねぇ~」

男「いや、3秒は絶対に過ぎてるから」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 20:00:36.27 ID:nke+2gXI0
~女宅縁側~

女「お茶、美味しいなぁ~…」

ネコ「にゃ~」スリスリ

女「あぁ~、ネコさんだぁ~。一緒に日向ぼっこする~?」

ネコ「にゃー」スリスリ

女「そっかそっかぁ~。それじゃ、一緒にいようねぇ~」


~1時間後~

女&ネコ「ZZzz..」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 20:07:09.70 ID:nke+2gXI0
男「そういえば、女。お前って、ゲームやるの?」

女「やるよぉ~?」

男「ほう。例えば何だ?」

女「えっとねぇ~…。シムシティでしょぉ~、どうぶつの森にぃ、牧場物語~」

男「……生活スタイルがゲームの趣味にも現れてるな」

女「ぇ~、でも面白いよぉ~…。どうぶつの森とか動物物語なんて、綺麗に整地したんだからぁ~(えっへん」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 20:10:10.64 ID:CG1PlfKu0
次スレ?

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 20:14:36.86 ID:nke+2gXI0
>>19
ふ、ふふ。スレ書き込み遅くてスマソ
ネタが上手く落ちん。いや、落とす必要はないんだろうがorz

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 20:18:23.64 ID:nke+2gXI0
ってうほwwww
30分くらい出かける用事がwwwwwww
出来る限り早く帰ってくるが、もしもいるなら、ROMってる皆。落ちたらスマソwww

ってか、さっきから謝ってばっかだな俺wwwww

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 20:42:15.30 ID:nrGgMRlHO
女「はい、お茶~」
男「さんきゅ」

男 ズズ「ぅあちぃぃぃ」

女「あはは~男君あわてんぼ~フーフーしなよ~」

女「フーフー」ズズ
女「あつっ」

男「・・・」
女「しはひゃへどひはよ~」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 20:46:57.26 ID:nke+2gXI0
落ちてなかったことに感動しつつ、帰還
保守してくれた皆thx~

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 20:59:17.84 ID:nke+2gXI0
男「あー、腹減ったぁ…」
男友「だなぁ。やっぱ部活は疲れるわ…。お、あそこの喫茶店で何か軽く食ってかねぇ?」
女「いらっしゃいませぇ~…あ。男君たちだぁ~」
男「あれ、何だ。お前、ここでバイトしてたのか」
女「そうだよぉ~。それじゃあ、お席にご案内します~」
男友「ぉ~。女ちゃんのウェイトレス姿、なかなかだなぁ。いや、眼福眼福」
男「バカか。ホレ、行くぞ」(女についていき、席に着く)
女「それじゃ、ご注文がお決まりでしたらお呼び下さい~」
男「いや、今頼むからいい。アメリカンコーヒー一つ。後、このサンドイッチ」
男友「おいおい、そんなろくに考えずに決めていいのか? っと、んじゃ、俺も同じので」
女「わかりましたぁ~。アメリカンコーヒー2つに、サンドイッチ2つですねぇ~」
男友「しかし、何も考えずに決めてよかったのか?」
男「だってなぁ…。さっさと食ってさっさと帰りたいのに、行動スピードあれだし…」


客「すみませーん」
女「あぁ、はぁ~い~」ノロノロ


男「…な?」
男友「……まぁ、納得。もう少しキビキビしてもいいかもな」

35 1/2 2006/10/09(月) 21:15:30.27 ID:nke+2gXI0
~朝~

男「お……、あれは女…って、アレはまた子犬にミルクあげてるな?」

女「(ダンボールの中見ながらニコニコ)」

男「女、また遅刻するぞ」

女「あ~、男君。おはよぉ~(ニコニコしながら振り向く」

男「おはよう、じゃなくて。お前さ。また子犬にミルクあげてた…って、お? 前見たときより、減ってるな」

女「そうみたい~。誰かが貰っていってくれたのか、ダンボールから転がり落ちて、野良になっちゃったのかわからないけどねぇ~(ニコニコ」

男「……なるほどな。でも、野良になるかも、とも思ってる割には、随分嬉しそうだな」

女「だってぇ~、それはそれで一人前になれるわけだしぃ~…。もちろん、保健所に連れてかれちゃったら可哀相だけどぉ……」

男「うーん…。野良を一人前とするかぁ……って、時間時間。早くしないと、また担任とかに絞られるぞ」

女「あぁ~、そうだねぇ~…」ノロノロ

36 2/2 2006/10/09(月) 21:16:05.42 ID:nke+2gXI0

男「なぁ。ところで、何で女はそんな、周囲を見て回ったりするんだ? 遅刻なんてしてまで」

女「わざとしてるわけじゃないよぉ~…。でも、そうだね~。見て回ってるのは、一期一会だからかもぉ~」

男「…は?」

女「えっとねぇ…、この世の中は、全て一期一会なんだよぉ~。
  これ、仏教的な要素も強い言葉なんだけどぉ…。要するに、一度だけの機会って意味なのぉ。
  でねぇ、だから私は、その日その日にしか見れないその時を、じっくり見ていたい、って思うのぉ~」

男「……はぁ」

女「今こうしているのも『今日の私たち』、明日になると、もう『今日の私たち』じゃないからぁ。
  だから、私はこうやって色々見て回ってるんだよぉ~。
  ……それにぃ、機会って一度逃すと、もう巡ってこないものだからぁ……」

男「……ま、よくわからんかったけど、女が難しいこと考えてることだけは分かった。
  って、げ! もう予鈴まで時間がない!? 女、走るぞ!!」

女「あぁ~、待ってぇ~…。あ、今日も雲が白いねぇ~」ノロノロ

男「だぁ、本気で走れっての!!」


起承転結何もない割に、長い文章になってしまったorz

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 21:18:05.06 ID:R1AoJSuj0
つまりこれってARIAの某キャラじゃないか

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ネタかぶりスマンコ 2006/10/09(月) 21:19:09.63 ID:nrGgMRlHO
男「ここにするか。」
男友「ぅぃ」

女「いらっしゃいませ~」
男&男友「おぉ!女ちゃん」
女「わ~2人ともいらっしゃあい」
男「へーここでバイトしてたんだ」
女「うん。禁煙席でい~よね?」
男「あぁ」
男友「女ちゃん、似合ってるね」
女「~♪」

女「それにしても今日はイイお天気だね♪
春はほのぼのって昔の人が言ってた気持ちが分かるよ~」
男「それ、春はあけぼの?」
女「あけぼの~?」
男友「あはは、でも女ちゃん。バイト中じゃないの?」
女「あっ!そうだった~じゃ注文決まったら呼んでね~」ノシ

男友「かわいいよな」
男「だよなぁ」


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 21:26:05.00 ID:nke+2gXI0
>>38
…言われてみれば、そうかもしれない。
あぁ、ダメじゃんorz


女友1「ねぇねぇ、女ちゃん」

女「ん~、どうしたのぉ~?」

女友1「結局、女ちゃんって、男君と付き合ってるの? よく一緒にいるけど」

女友2「あ、それ、アタシも興味ある!」

女「んー、どうなんだろうねぇ~…。実際のところぉ、よくわからない~……」

女友1&2『…ハァ?』

女「えっとねぇ~…。いつも私の近くにいてくれるしぃ~…。どっちかっていうと、頼れるお兄ちゃん、って感じかもぉ~…」

女友1「……お兄ちゃん、ねぇ」

女友2「男君も、可哀相に……」


男「ックシ…!」

男友「…風邪か?」

男「ぅ~…。かもしれん。注意しないとなぁ…」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 21:46:02.22 ID:9cGz8RtD0
こういうキャラって、ボケボケしてる中に悟った様な一面があるよな
話は書けないが、これだけは言わせてもらおう。

GJ!

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 21:49:15.59 ID:AVPpudcv0
女「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」













そして時は流れ女はミイラとして発見された。

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 21:49:33.96 ID:nke+2gXI0
~公園~

女「やっぱりぃ、日向ぼっこって落ち着くねぇ~。
  ………ふぁぁ………(ベンチに座りながら、うつらうつら」

男「……おい、女」

女「……、あぁ~…。男君、おはよう~。どうしたのぉ~?」

男「いや、たまたま公園通ったら、女が寝てたもんだからな。
  ってか、もう寒くなってくるし、ここで寝るのは止めとけ?」

女「うん、気をつける~」

男「ん。ホントに気をつけろよ? お前なら寝かねんし」

女「大丈夫だよぉ~。じゃあね~」


~1時間後~

男「何となく、様子見に戻ってきてみたら……」

女「ZZzz..」

男「…むぅ(寝顔、可愛いなぁ。ってか、さすがにここまでグッスリ寝てると、逆に起こすのが悪い気が……)
  やれやれ…(羽織ってたジャケット脱いで、女の上にかける) …このまましばらく寝かせとくかぁ」

女「ん~…(幸せそうな寝顔を浮かべてる」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 21:55:27.35 ID:NKC8KHFd0
女「やぁほぉ~~・・・」

男「いやぁ。相も変わらずのんびりだねぇ」

女「そうでもないよぉ~・・・」

男「いや。そうでもあるよ」

女「そうかなぁ~・・・まあいいやぁ・・・でも男君との仲ものんびりと・・・
  ずっとこのままがいいいなぁ~・・・うん」

男「・・・何真顔で・・・言っているかな・・・バカやろ・・・」

女「ん~?動揺して男君の口調ものんびりになった~?」

男「!!////」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 21:55:29.48 ID:s2Sdu+LJ0
>>17
描いてみた
http://vipdeekaku.run.buttobi.net/cgi-bin/src/up0091.jpg

既存キャラに少なくない属性だけに難しいな。
好きだぜこういうの。

p01_047_up0091.jpg
49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:04:19.41 ID:nke+2gXI0
>>44
男「…あぁ、ありそう……。ってか、あるな」

男友「うん。あのペースなら、ありえる」

女「えぇ~…。そんなことないよぉ~…」



>>47
心の底からGJ!!!!と言わせていただく!!
…しかし、確かに既存多いよなぁ。そこが一番悔やむトコかorz

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:15:22.69 ID:nke+2gXI0
女「ぅ~…。風邪ひいたかもぉ~……」フラフラ

女友1「やっほー、女ちゃんっ! 相変わらずノロノロしてるわね~!」

女「そんなぁ~…、いつもはノロノロしてないよぉ……」

女友1「あはは、そういうことにしとくっ!
    そんじゃ、もうすぐ休み時間も終わるし、先に教室行ってるね!」

女「うん~…。うぅ~…、今日はもう、保健室行こうかなぁ~……っわぷっ…」トスンッ

男「っと……、お。何だ、女か。どうしたんだよ、前見てないで」

女「ご、ごめんねぇ~…」フラフラ

男「……なぁ、女。お前、身体の調子悪いんじゃないか?」

女「ぇ~、うん……。多分、そうだと思うよぉ~…」フラフラ

男「やっぱり…。お前さ、そんなにフラフラしてんのに、何で学校きてんの?
  …ほれ、肩かせ。保健室まで連れてってやるから」

女「うん、ごめんねぇ~…。朝は、大丈夫だと思ったんだけどぉ~……」

男「アホか。そういうのは、休んでさっさと治すのが一番なんだよ」

女「今度から、気をつける~…(少し男に体重をかけて、安らいだ表情しながら」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:16:50.87 ID:nrGgMRlHO
>>47( ・∀・)パンチラゲトー

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:34:31.18 ID:s2Sdu+LJ0
>>44 >>49
ミイラなんて描けませんよ
http://vipdeekaku.run.buttobi.net/cgi-bin/src/up0092.jpg

マタリ

p01_054_up0092.jpg
55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:36:15.32 ID:6We65Qpw0
>>54
萌え死ぬ

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:38:10.72 ID:nke+2gXI0
>>54
GJ、そして白目テラモエスww


で、マタリ

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:39:30.82 ID:nke+2gXI0
~女の一日~


~早朝~

女「おふぁようごじゃいまひゅ~……(目を擦りながら」

女母「おはよう。ご飯、もう出来てるわよ」

女「はぁい~…(ノロノロ食卓に着く)いただきます~…」ノロノロモグモグ

女母「相変わらずノンビリしてるわねぇ…。早く食べないと、学校遅刻しちゃうわよ?」

女「うん~…、頑張る~……」ノロノロモグモグ


~朝~
女「ワンちゃん~、朝ご飯だよぉ~(ミルク入れた皿をダンボールの中に入れる)
  後、2匹かぁ~…。ウチはお父さんが犬アレルギーだからぁ、飼えないんだよねぇ~……。
  ゴメンねぇ~……?(子犬の頭撫でながら」

子犬「(尻尾を振って、気持ち良さそうに撫でられる)」

女「……♪ あ、そろそろ学校行かないとぉ~…。遅刻しちゃう~……。
  ………あぁ~。ネコさんだぁ~。おいでぇ~。
  あぁ~、お花だぁ~。綺麗~。
  あぁ~……(ry」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:41:04.40 ID:4BIFsfSU0
キャラが既存なら、舞台を整えればいいじゃない。保守人、遊撃致します。


男「うぃ~っす、他の部員は?」
女「ん~……知らな~い」
男「そっか……やっぱ、この時期はコタツだよな」
女「ん~、コタツはいいよね~」
男「……ところで、ここは茶道部だよな」
女「……」
男「おい、寝るな」
女「っ、えと~、何の話~?」
男「ここは確か、茶道部だよな」
女「ん~、そうだっけ~?」
男「部長も来ない、部員も来ない。どんな部活だ?」
女「……すぅ」
男「おい……まあ、いいか」
女「……みかん~」
男「目の前にあるだろ。ってか、寝言かよ」

 後悔はしていない。保守しに来た。

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:41:13.74 ID:nke+2gXI0
~昼休み・教室~
女「おはようございます~…」
男「だから、もうおはようございますの時間じゃない、っての」
女友1「連続遅刻記録、なおも更新中、と」
女友2「記録を阻止するには、やはり登校中に男君に会う必要があるわよねぇ…」
女友1「ってか、ホント、毎朝一緒に登校しちゃいなよ、旦那さん」
男「誰が旦那さんだっ!!」
女「それじゃ~、食堂でパン買ってくるねぇ~」
女友2「うん、いってらっしゃーい」
女友1「……よし、女がいつ帰ってくるか、賭けるわよ。賭けの対象は今日のおかずっ!」
女友2「よっしゃ、乗ったぁ!」
男「……ハァ…」


~昼休み・食堂~
生徒1「はい、ジャマ!」ドンッ
女「あぁ~…」
生徒2「押さないでよっ!!」バンッ
女「ひぁぁ~……」
生徒3「そのパンは私が貰ったぁ!」ドンッ
女「きゃぁ~…」
生徒4?「あれれ~、私のおさいh(ry」



…続きは現在書き途中、途中で別の人気者が入っててもキニシナイ!!

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:51:24.68 ID:nrGgMRlHO
魚1「おい!早く戻らないと潮が引くぞ」
魚2「そ~だね~」
魚1「俺たちは水の中じゃないと生きられないんだぞ!」
魚2「そ~だね~」
魚1「ッもういい!知らないからな!」
魚2「ほぇーーー」
・・・・・・
魚2「・・・ぅぁ、なんか。。苦しぃ。。。」
魚2「あたし。。このままひからびるのかなぁ?」
・・・・・・
魚2「・・・あれ?足、が生えてる。息もできるよぉ♪わーい」


ワープ進化。反省はしてない

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:54:19.58 ID:nke+2gXI0
>>62
最後の文のときに、素っ裸で喜んでる女を思い浮かべた俺は吊るべきだと思う

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:55:50.37 ID:4BIFsfSU0
保守人、マッタリ書き仕る。はて、誰かに呼ばれたような。


男「む、茶が切れたか」
女「zzz……」
男「茶道部なのに、煎茶だけという、ね……誰に実況してるんだ」
女「座布団2枚~」
男「それはあげすぎだ。また寝言か?」
女「……ぼっシュートぉ」
男「そっちか。マズッたぁ。……聞いてないよな。絶対、寝てるよな?」
女「zzz……」
男「お茶葉、入れ替えるか……ん?」
女「ん~……」
男「離せ」
女「んぁ~……」
男「喋らんでいい。というか寝言でボケるな」
女「一緒に寝る~」
男「……みかんで我慢するか」
女「zzz……」
男「……帰っていいかなぁ、俺」

 書いてていいかな、俺。

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 22:58:13.88 ID:nke+2gXI0
>>64
男友「書くべきだと思うぞ、俺」

女友1「書いて欲しいと思ってるわよ、私」

女友2「そろそろネタが尽きかけてる、なんて口が裂けても言えないと思うわ、私」

男友&女友1『アッー!』

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:03:38.53 ID:nke+2gXI0
~授業中~

女「あぁ~。今日は空が高いねぇ~…」
先生「……で、女。お前は授業中に、どこを向いてる?」
女「…あぁ~、先生~。えっとですねぇ~。空見てましたぁ~」
先生「今は、何の時間だ?」
女「えっとぉ…。数学でしたっけぇ~…」
先生「なら、どうして外の方を向いて……」
男「おいおい、男友。あの先生の頭がヅラだなんて、今更のことジャマイカwwwww」
男友「え、ちょ、おま。何言って…!」
先生「…お前らはお前らで、何を私語しとるか! 後で指導部に来いっ!!」
男「うぃっす。いや、ほんとサーセンwww」
男友「ちょ…だから何で俺まで……」



~放課後~

女「茶道部~、茶道部~…。あぁ、男君たちだぁ。さっきはありがとうねぇ~」
男「ん? あぁ、いや。俺はコイツが言ったことをたまたま大声で言っただけだから」
男友「お前さ、鬼だろ。人の皮被った鬼だろ!? なんで余計に目を付けられなくちゃならん!?」
男「ははははは。まぁ、気にすんな。…それはそれとして、女はこれから部活か?」
女「そうだよぉ~。一緒に来る~?」
男「いや、遠慮。俺はあそこ行ってもやることないし」
男友「以下同文。ってか、それ以前に俺はコイツと話をつける必要があるし」
男「いや、ちょ、お前目が据わってるから。OK。時に落ち着け。落ち着いて話し合おう!」
男友「問答無用!」
女「あぁ~…。…頑張ってねぇ~、二人ともぉ~……」

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:05:23.16 ID:nke+2gXI0
~夕方~
女「夕日、綺麗~…。あ、一番星だぁ~♪
  あ、行きに見かけたネコちゃんかなぁ、あれ~。おいでおいでぇ~♪」

ネコ「~~♪」スリスリ

女「いいこいいこぉ~♪
  ……飼いたいけど、野良は野良のままが一番だよねぇ~…。
  ほらぁ、お行き~。今度、ニボシ持ってきてあげるねぇ~♪」

ネコ「にゃ~♪」


~夜~
女「今日もまた遅刻しちゃったぁ~…」

女母「朝はいつも早く起きるのに、またなの?
   いつものことながら…。ノンビリした子にしすぎちゃったかしら……」

女「でもぉ、今日も楽しかったからいいと思う~」

女母「…そ。それなら、まぁ、いいわ。
   ……ただ、出来る限り遅刻することだけはやめてね?」

女「はぁい~♪」


        Have a Good Night!

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:10:24.39 ID:4BIFsfSU0
ンでは少しだけ。性質上、湿っぽいのはやれないよ、と。


男「おい、そろそろ帰るぞ。てぇか、そろそろ学校が閉まる」
女「ぅん、後五分~」
男「お前はどうして、放課後だってのに早朝の代名詞を吐けるかね」
女「zzz……」
男「スルーか。てか、起きろ。それからこの手を離せ。俺が帰れん」
女「んん~、一緒、帰る」
男「決定事項なのか……」

 ・ ・ ・

男「おい、おいっ」
女「ん~? なに? お弁当?」
男「どういう思考で、その結論に至ったのかは知らんが、下校中。そして俺んちの前」
女「ええと~」
男「いい加減、手を離してくれないかなぁとか。穏便に言ってみるぞ」
女「んん~……お持ち帰り?」
男「阿呆。さっさと帰れ」
女「ええ~」
男「意外そうな顔をするな。そんなに信用ならんか」
女「一人で帰らなきゃ駄目?」
男「すぐそこだろ」
女「一緒帰ろ」
男「だから、俺はもう帰ったの……まあいいよ。付き合う」
女「えへ~」

 こうですか><

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:10:29.42 ID:s2Sdu+LJ0
>>60
茶道の部屋ってどんなだっけな。
http://vipdeekaku.run.buttobi.net/cgi-bin/src/up0097.jpg

p01_069_up0097.jpg
70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:13:00.17 ID:nke+2gXI0
>>68
コレは萌えたwww


>>69
GJ! 俺もその部に入っていいでしょうかっ!
…というか、掛け軸に『一期一会』を使ってる辺り、芸が細かいw

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:15:31.23 ID:4BIFsfSU0
>>69
和むなァ。そしてGJ

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:16:06.07 ID:YE1U8SkHO
1レスごとき、読むスピードがつられて遅くなるから困る

だが、いい

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:23:34.28 ID:nke+2gXI0
女「(縁側でうつらうつら)」

男「……女。おーんなっ!(垣根の向こうから顔出しながら」

女「…、ぅ~? あぁ~…、男君だぁ~。おはよう~……」

男「いや、おはよう。じゃなくて。相変わらず、お前は日向ぼっこして寝るのが好きなのな?」

女「そうだよぉ~…。男君も、一緒にどぉ~?」

男「いや、俺はいい…っていうか、俺には、お前の家がどうも入りづらい(見るからに立派な日本家屋な女の家を見ながら)
  そういや、お前ん家の親って、茶道か何かの本家だったっけ…」

女「違うよぉ~。あくまで茶道の分家~。従兄弟のところが本家なのぉ~」

男「…分家で、ここまで立派な屋敷かよ」

女「ところでぇ~、一緒に日向ぼっこする~?」

男「…いや、やっぱ遠慮するわ」

女「そっかぁ~…(しょぼん」

男「(うっ…)…ま、まぁ…。今度。今度、一緒に日向ぼっこしてやるから」

女「うん、約束だよぉ~(一転、明るい笑顔」


世界観を広げる、ということで、女の家と、ついでに女の血筋と部活まで絡めてみる。
イメージと違った人、ゴメンよ><

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:25:30.33 ID:4BIFsfSU0
女「は~よ~」
男「おう、今日もゆっくりだな」
女「えへ~」
男「褒めてないぞぅ。間も無く電車来るから、巻き込まれるなよ」
女「君の後ろに居れば、安全だもん」
男「まったく……」

 ・ ・ ・

男「起きろ。次で降りるぞ」
女「ん~、後五分~」
男「俺はサボる気は無いぞ。お前は置いてくがな」
女「枕ぁ」
男「お前の枕になった覚えはない」
女「zzz……」
男「引っ張ってくぞ」
女「ん~……」

 ・ ・ ・

女「ん~、今日もいい天気~」
男「毎度思うんだが、よくコレだけゆっくり歩いて、遅刻しないよな」
女「そうだね~」
男「ハナから気にしてない奴が、よくもまぁ言えるもんだな」
女「そうだね~」
男「それに合わせてる俺も、どうかと思うけどなぁ……我ながら」
女「そうだね~」

 こうですか><

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:33:52.58 ID:nke+2gXI0
男「女。一つ問いたい」

女「ん~、なぁにぃ~?」

男「お前は茶道の分家の娘で、茶道部。これは間違ってないな?」

女「そうだねぇ~」

男「で、だ。お前は本当に茶道がやれるのか疑問だ!」

女「できるよぉ~?」

男「ほほぅ。では、やってみせて貰おうか!」

女「いいけどぉ…。男君、茶道の動作とか全部知ってるのぉ~…?」

男「はぅあ!?」

女「えぇっとぉ~…。部室来てくれれば入門書あるけど、放課後読みに来る~?」

男「…いや、始めたいわけじゃないから、いいです……」

女「そっかぁ~…(残念そう」

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:41:54.06 ID:nke+2gXI0
男友「さて。世界観を決めるという名目であるならば」

女友1「やーっぱ私たち、親友・悪友な脇役たちも無個性、じゃ終わらないわよねぇ。当然」

女友2「そそ。スレである女がいなくても、ココは世界観を広める場として仕方ないの。
    よって、今回のレスはアタシたち脇役組みが占拠したぁ!(哄笑」


男「……という戯言は無視して」

女「保守だよぉ~。…お茶美味しい~……♪」


脇役組『いきなりお株を奪われた!?』

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:44:25.68 ID:4BIFsfSU0
男「部室、しまってるな。顧問が休んだのか?」
女「おこた……」
男「お前は、何しに部活に行ってるんだろうな」
女「みかん、美味しいよ?」
男「訊いた俺が馬鹿だった」
女「えへ~」
男「……じゃ、帰るか。久々に寄り道でもしてくか?」
女「寄ってく寄ってく~」

 ・ ・ ・

男「──っ、いけね、寝ちった……女ァ、起きて……ありゃ、何処行った? まだ、降りる駅じゃないよな……」
男「……まさか、だよな。あいつに限って、心配するような事は……くそっ、ありまくりだっつの!」

 ・ ・ ・

女「おおっ、あったあった~」
男「……はぁ、はぁ、ここに居たのか」
女「あ、おはよ~」
男「おはよ~、じゃねぇよ。いきなりなんでこんなトコに来てんだ。探したぞ!」
女「急にね、河川敷に来たくなったの。ほら、四葉のクローバー二つも見つけた」
男「お前……まぁいいや。ちと疲れた……」
女「なんか、汗だくだね。冬なのに」
男「まぁな。ちょっと、探し物してたモンでな」
女「……なんか、ごめんね。怒ってるみたい」
男「別に、怒っちゃいない。もう安心してる」
女「そっかぁ。じゃあ、一つあげる~」
男「ありがとうよ」

 しんみりは、コレが限界です><

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:47:04.04 ID:nke+2gXI0
男「大体、男友。お前はすでに個性があるじゃないか…」

男友「む。どんなだ?」

男「…先生に怒らr」

男友「それはお前が俺を巻き込むからだ、俺の平穏な生活を返せぇぇぇぇ!!」

女「あぁ~。でもぉ、男友君にはそのおかげで助けてもらってるしぃ~、それはありがとう~」

男友「…い、いや。まぁ、あの程度ならお安い御用だな、うん!」

男「…ほぅ。…せんせーっ! コイツが先生のこと名指しでツルッパゲt(殴られる」

男友「やめんかぃ!(殴った」


…あれ、女が主役じゃない。…………マァイイヤ

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:56:19.80 ID:nrGgMRlHO
女「~~~~♪」
先生「女さん?窓の外に何かあるのですか?」
女「えっと、雲がふわふわっとしてて~とってもあたたかいです!」
先生「ふむ。確かにそうですね。でも今は古典の授業中・・・・・・ですがたまにこういうのもいいでしょう。」
男「え?ちょ・・・先生なに言って。。」
女「男君、春はほのぼのだょ」
先生「・・・ふふ、女さん古典の教師として悲しい気持ちですが今日は不問です。
そしてこの時間は今からお昼寝とします。それでは皆さんおやすみなさい」
男「ちょwwwww授業は?」先生「Zzz・・・」
女「Zzz・・・」


先生の設定を変えてみた

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:56:46.22 ID:s2Sdu+LJ0
>>61
一部脇役組
http://vipdeekaku.run.buttobi.net/cgi-bin/src/up0098.jpg

p01_081_up0098.jpg
82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:59:01.20 ID:soHeHY9u0
>>81
女友に萌えた俺は異端児

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/09(月) 23:59:38.62 ID:4BIFsfSU0
マッタリ……なかなかよ、難題なり。というか、要らなくね俺。


男「今日は何にしたんだ?」
女「ヤキソバパンとコロッケパン」
男「惣菜パン好きだな」
女「お手軽で美味しい、惣菜パ~ン」
男「それで、なんで苺牛乳をチョイスできるかが不思議でならん」
女「男君の唐揚げも美味しい~」
男「やるとは言ってな……いつのまに全滅させやがった?」
女「お返しのヤキソバパン~」
男「お前の食いかk、がもっ……」
女「ご馳走様~」
男「自由だな、お前は」
女「zzz……」
男「食後の睡眠のために、そこまでするのか」
女「ん~」
男「口にマヨネーズ……寝てるか。ティッシュ……は無い。指でいいか」
女「しょっぱい」
男「舐めんでいい」

 明日も学校なので、そろそろ寝る準備をしつつ潜みます。

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/10(火) 00:00:05.21 ID:+LCIrglD0
>>81
眼鏡っこに萌えた俺ガイル

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/10(火) 00:01:53.73 ID:36YkDpfo0
>>81
女友1「来たわ!私たちの時代!」

女友2「来たのよね!アタシたちの時代!」

女友1「これでもう、脇役だなんて言わせない! だって顔が出たんだものっ!」

女友2「男友には悪いけど、コレでアタシたちの一歩リードねっ! 何はともあれ…」

女友1&2『>>81、GJ! 後、ついでに投げキッスもオマケッ!』

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/10(火) 00:02:55.20 ID:+LCIrglD0
>>83
(*´Д`)ハァハァ

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/10(火) 00:03:17.71 ID:+k1gM6zS0
ちっ、私が眼鏡スキーと知っての妙技か……GJ、GJにございまする。

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/10/10(火) 00:04:16.43 ID:pKCaNdJD0
めがねっ娘 好き多いなw

>>81
(*^ー゚)b グッジョブ!!




PREV :
NEXT : 新ジャンル「マッタリしすぎ」01_vol02


記事メニュー