【種別】
紅世の徒”、通称

【初出】
SIII巻

【解説】
紅世の王”。真名は“無比の斬決”(むひのざんけつ)。の色はフォッグ。
宝石の一味]に所属する四人の“王”の一人。

1864年には、フックスと同じく『内乱』でフレイムヘイズが集結する北米大陸を恐れ、頭目の“瓊樹の万葉コヨーテに同行していなかった。現代まで生存しているかは不明。

【由来・元ネタ考察】
トンサーイまたはトンサイ(Tunsay)はカンボジア語で「ウサギ」の意味。カンボジア民話ではトリックスターとしての立ち位置を占める。
真名はおそらく、「敵うものの無い斬撃による決着」という意味だと思われる。ルパンファミリーでは、石川五右衛門に相当するものと思われる。

【コメント】
☆当然としてアニメシリーズには未登場。
季重笵勲やフックスやイナンナコーエンエリューアルマグリンカファーディアーヴィングと同じく、名前だけしか登場しなかったな。
☆[巌楹院]のゴグマゴーグや[とむらいの鐘]のアシズサブラクダンタリオン教授オオナムチや[革正団]のサラカエルドゥーグや[百鬼夜行]のギュウキパラとも絡んでいたら面白そうだったのにな。
☆公式ガイドブック完結編『灼眼のシャナノ全テ 完』で詳細の多くが判明したが、性別や容姿や現状については最後まで明かされなかった。
☆番外編『さんじゅうしのしゃな』では、観客の一人として登場している。
最終更新:2020年10月01日 00:35