【種別】
呼称

【初出】
I巻

【解説】
紅世の徒”の、“紅世”での本来の呼び名で、いわば本名。
例として“天壌の劫火”アラストールなら“天壌の劫火”の部分にあたり、アラストールの部分はこの世で付けた通称であり本名では無い。

ただし、本名といっても“紅世”とこの世で全く同じ言葉と言うわけではなく、“天壌の劫火”ならば、“紅世”で言う『全てを焼き尽くす』意を、この世の言語に訳すことで“天壌の劫火”と表明していた。

基本的に秘すべきものではなく、真名を他人に知られても、自在法などで何らかの悪影響を被ることはない(少なくとも、そうした自在法は最後まで登場しなかった)。
かしこまって使う姓のようなものとされ、力の強い“徒”が自分より格下の相手に、自分を真名で呼ぶよう強要する場合がある。

なお、一部の“徒”には、『自称』として本当の真名とは異なる真名を表明している者もいた。

以下、真名を判明した巻に基づいて表記する。




IV巻
頂の座




VIII巻
嵐蹄虚の色森

IX巻
彩飄








XX巻
呻の連環


XXII巻
覚の嘨吟

公式ガイドブック『灼眼のシャナノ全テ』での判明分
架綻の片翠翔獰暴の鞍

オーバーチュア
纏玩

マイルストーン
虺蜴の帥啓導の籟穿徹の洞


ゾートロープ
駆掠の礫羿鱗

ヴァージャー
欺蔽の套子皁彦士

ジャグル
瘴煙の鉦


ソロー
凜乎の涌沸

アンフィシアター
攵申頒叉咬

ゲーム版
戯睡郷



【コメント】
アニメ版から登場・使用されていた。
☆真名にはシュドナイのように簡単なのもあれば、カイムのように意味の判り難いものもあった。
最終更新:2018年12月21日 01:19