ディズニー データベース

トレメイン夫人

最終更新:

wrtb

- view
管理者のみ編集可

トレメイン夫人

名前:Lady Tremaine
デビュー:「シンデレラ」(1950年)

概要

シンデレラの父親と再婚した意地悪な継母。実の息子であるアナスタシアドリゼラを贔屓し、シンデレラをこき使っている。一般的には気品のある上品なレディだが、シンデレラへの意地悪さはピカイチ。娘たちに熱心な音楽教育を施しているが、実は結んでいないようだ。

エピソード

シンデレラ

トレメイン夫人はアナスタシアドリゼラを連れて裕福な男性*と再婚して屋敷に移り住む。夫が早々に亡くなると、夫の連れ子シンデレラを召使いのようにこき使うようになり、自分は二人の娘と贅沢に暮らしていた。

ある朝、シンデレラが持ってきたティーカップにネズミが入っていたことから、トレメイン夫人はシンデレラにキツい仕事を与える。トレメイン夫人が娘たちに音楽のレッスンをしていると、国王の城から舞踏会の招待状が届いた。王子(プリンス・チャーミング)の結婚相手を探すために国中の娘は全員参加するようにとの命令だったため、トレメイン夫人はシンデレラに「仕事を済ませてドレスが用意できたらお前も行って良い」と宣言する。その晩、アナスタシアとドリゼラは難癖を付けてシンデレラのドレスを破いてしまう。

舞踏会で退屈していた王子はある美しい女性に一目惚れしてダンスを楽しむ。トレメイン夫人は彼女に既視感を覚えるが、誰かを思い出すことはできなかった。その晩、その女性はガラスの靴の片方だけを残して居なくなってしまった。王子はその靴にピッタリ合う女性を捜して結婚するという。

翌朝から大公はガラスの靴を国中の全ての娘に試させることになる。大公はシンデレラの家にも訪れるが、浮かれた様子のシンデレラを見たトレメイン夫人は夕べの女性が彼女であると確信し、部屋に閉じ込めてしまう。アナスタシアとドリゼラに靴を試させて大公が帰ろうとした時、シンデレラが登場。トレメイン夫人の悪巧みによって大公の持参したガラスの靴は粉々に割れてしまうが、嘆き悲しむ大公にシンデレラが微笑み語りかける。「私、もう一足のほう持ってます。」

シンデレラII

第3話「Uncommon Romance」では、トレメイン夫人はアナスタシアとドリゼラに舞踏会で良い相手を見つけるように言いつけていた。アナスタシアがパン屋の青年と恋に落ちると、パン屋には二度と立ち入るなと命令する。

その後、再びアナスタシアがパン屋を訪れたトレメイン夫人は激昂する。アナスタシアは母の束縛よりパン屋を選び、トレメイン夫人はドリゼラを連れて怒って去っていく。

シンデレラIII 戻された時計の針

アナスタシアがフェアリー・ゴッドマザー魔法の杖を手に入れ、ゴッドマザーを岩に変えてしまう。トレメイン夫人はこの杖を預かり、時間を巻き戻してしまう。

舞踏会の翌朝、大公はガラスの靴の持ち主を探してシンデレラの屋敷を訪れた。トレメイン夫人はガラスの靴のサイズをアナスタシアの足に合うように改変。トレメイン夫人、アナスタシア、ドリゼラは王子に謁見するために国王の城へ向かうことになった。何が起きたかわからず唖然とするシンデレラにトレメイン夫人は勝利宣言をする。

アナスタシアは王子に会うが、王子は昨夜の女性と違うことを指摘する。トレメイン夫人は魔法を使って王子の記憶を改変し、王子はアナスタシアにプロポーズする。トレメイン夫人は品のない娘たちの行動にヒヤヒヤしながらも、大公に命じて自分好みの結婚式を準備させる。アナスタシアは王子の優しさに触れ、次第に罪悪感を覚え始める。トレメイン夫人が部屋で待機していると掃除係の女性が入ってくるが、トレメイン夫人は彼女が杖を取り戻しに来たシンデレラだと悟ると、衛兵に命じて彼女を捕らえさせる。そして船で国外追放させるように命じる。

しばらくすると、王子がシンデレラを連れて城へと戻ってくる。国王がトレメイン夫人の悪事に気づくと、トレメイン夫人は魔法を使ってアナスタシアをシンデレラの姿へと変えた。そして彼女を結婚式に行かせると、本物のシンデレラ、ジャックガスをカボチャの馬車に閉じ込めた。そしてルシファーを人間の御者に変えて馬車を暴走させた。

結婚式が始まると、シンデレラに扮したアナスタシアは王子との結婚を拒否し、本当の愛のある結婚を望み出す。怒ったトレメイン夫人とドリゼラはアナスタシアをカエルに変えようとするが、王子が魔法を跳ね返して自分たちがカエルになってしまう。アナスタシアは杖を拾い上げて元の姿に戻ると、ゴッドマザーに杖を返却した。

スタッフロールでは、魔法が解けて人間に戻ったトレメイン夫人とドリゼラは罰として城の掃除をさせられることになった。

登場作品

1950年代

1950年
シンデレラ

1980年代

1988年
ロジャー・ラビット ※DVDのメニュー画面にカメオ出演

2000年代






2010年代