※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


1期の映像を巻き戻して2期に繋げる様子

  • 動画投稿サイト『YOUTUBE』っぽい画面になっている。アキバレンジャーシリーズの配信を行ったのは『バンダイチャンネル』なのに……
    • そもそも、どんなサイトだろうと一般的には1話ずつ別々の動画で投稿するのが普通である。

「ペンタゴン行きはnotノブりん、but美月にゃん!」

  • 「not A but B」は「AではなくBだ」という意味。これとよく似た「not only A but also B」は「AだけでなくBも」という意味になり全く違う意味になってしまう。まぁ、現役女子高生ならこれくらいの英語は常識だろう(中の人的に)。
    • 整理すると、「シーズン痛でペンタゴンに行ったのは信夫ではなく美月だ」ということ。
  • この時の映像はシーズン1とシーズン痛の比較になっている(ただし、音声はシーズン痛のものを使用)。この手の比較動画はネット上でしばしば見かけられる。

「ブルーレイなんてダイレンジャーの頃にはありえないモチーフじゃん! だから21世紀の最強ゴーマ怪人みたいな感じでさ(以下略」

  • ブルーレイディスクは2000年代初頭から一般に流通するようになっており、ダイレンジャーが放送された1993年時点では規格自体が存在していない。
  • これに対して優子が言った「激しく同意」はネット上での同意の決まり文句のようなもので、「禿同(はげどう)」や「はげど」などと略されたりする。

「スーパー戦隊の愛なら、豪快な銀の人にも負けないニャ!」

  • 『海賊戦隊ゴーカイジャー』の追加戦士であるゴーカイシルバーこと伊狩鎧のこと。彼は「誰よりもスーパー戦隊を愛する男」を自称する戦隊オタクである。
    • もっとも、『ゴーカイジャー』の世界は現実に「過去に34戦隊が地球を守り続けて来た世界」という設定であり、鎧は戦隊オタクとは言っても実在人物に対するファンであるため、信夫達のそれとはやや意味合いが異なる。

戦隊カフェ「ひみつきち」今週のウェイトレスコスチューム

  • 黄色い勇者風の衣装(こずこず)
    • 『星獣戦隊ギンガマン』のギンガイエロー・ヒカルの衣装。
      • 左手首には変身アイテムのギンガブレスを装着しているなど、今回は再現度が高い(が、下半身は相変わらずである)。

第7痛の回想の際に流れた挿入歌

  • 『忍風戦隊ハリケンジャー』より、野乃ナナ/野乃七海(長澤奈央)が歌う劇中歌「忍び恋」。
    • 同話でもこの歌がネタにされていたが、今回は途中で切らずに済んでいる。

「最近の武器ってホントに合体ありきよねぇ……」

  • メンバー専用武器を合体させた必殺武器は『電撃戦隊チェンジマン』のパワーバズーカが初となるが、それ以前の作品ではゴレンジャーストームに代表されるメンバー全員による連携攻撃や共通武器を合体させた攻撃で敵を倒していた。
    • といっても、この人(後述)の所属する戦隊の場合、そもそも共通装備以外の武器がほぼ無に等しいのだが。

「俺達の最後の敵は八手三郎をも超えた……」「9手4郎さんですよね!」

  • 八手三郎の名前の数字部分をひとつずつ多くしたもの。

信夫達の前に現れた公認様

  • いずれも残念ながら劇中で死亡してしまった戦士たち。
  • 先ほどネタがあった伊狩鎧も事故で生死の境目を彷徨った際に劇中で死亡した歴代戦隊と出会い、ゴーカイセルラーを託された。
    • その際のメンバーはイエローフォーの代わりに、シーズン痛の妄想世界に登場したドラゴンレンジャーが追加されている。
  • ちなみにスーパー戦隊劇中で死亡描写があるレギュラー戦士は彼らの他に、二代目キレンジャー・熊野大五郎、初代バトルコサック・白石謙作、ドラゴンレンジャー・ブライ、ビートバスター・陳マサトがいる。ブラックコンドル・結城凱は放映当時は曖昧になっていたが、ゴーカイジャーでは死亡したことになっていた。

初代イエローフォー

  • 『超電子バイオマン』にて小泉ミカが変身する女性戦士。
  • 第10話にて敵幹部のメイスンが放った新兵器・バイオキラーガンの攻撃からピンクファイブ・桂木ひかるを庇って死亡。公認様では唯一となる女性戦士の殉職者となった。

タイムファイヤー

  • 『未来戦隊タイムレンジャー』にて滝沢直人が変身する追加戦士。
  • 第49話にて生身で戦闘員・ゼニットの集団に襲われ負傷、さらに少女が逃がしてしまった小鳥を捕まえようとしたところをゼニットに狙撃されてしまい、生身のまま死亡した。

アバレキラー

  • 『爆竜戦隊アバレンジャー』にて仲代壬琴が変身する追加戦士。
  • 第48話にて仲間の協力で邪命因子という体内に眠るある種のウイルスを取り除くが、そのせいで変身アイテムのダイノマインダーを制御できなくなり、相棒の爆竜トップゲイラーと共に暴走したマインダーの爆発に巻き込まれて死亡した。
最終更新:2014年09月17日 03:30