キングドミノ

kigdomino

BGAでプレイ
訳語は個人で訳したもので、実際のゲームと異なる場合があります。このゲームはプレミアム会員のみがテーブルを立てることができます。

ゲーム画面


目的

5×5マスの正方形の範囲内にドミノを置いて王国を作り、最も多くの名声を獲得すること。
プレイヤーは自らの王国に戦略的にドミノを配置します。ドミノには様々な地形が描かれており、これらをつなぎ合わせて地所を作ることで名声点を獲得できます。地所に含まれる王冠の数とその地所を構成する地形の数が多いほど多くの名声点を獲得できます。
-以下、フレーバーテキスト

あなたは成長を続ける自らの王国を拡大するために新たな土地を探し求める国王です。国民のために最高の土地にするため、様々な地形を探検して手中に収めなければなりません。小麦畑、森林、湖、草原、湿地、そして鉱山を探検し、王国の富を増やしましょう。ただい、他国の国王もこれらの貴重な土地を狙っています。計画と土地の獲得は慎重に…。


このゲームで使うもの

スタートタイル(城つき)

ドミノ48枚(表面に地形、裏面に数字。BGAでは裏面を確認できません。)

国王コマ


ゲームの準備

(BGAでは自動で行われます。)
1.
各プレイヤーはプレイヤーカラーに応じた以下のものを受け取ります。
  • 2人プレイの場合
国王コマ2個、スタートタイル
  • 3~4人プレイの場合
国王コマ1個、スタートタイル
2.
スタートタイルが置かれます。
3.
すべてのドミノがシャッフルされて山札が作られます。その後、2人プレイの場合にはドミノがランダムに24枚取り除かれます。
4.
山札から4枚のドミノが引かれ、ドミノタイル裏面に書かれている数字が昇順となるように、地形面を上にして1列に並べられます。
5.
ランダムにスタートプレイヤーが決定されます。スタートプレイヤーから手番順に、空いているドミノ(国王コマが置かれていないドミノ)に自身の国王コマを置きます。
6.
最後に、「ステップ4」と同様にプレイ人数に応じたドミノが山札から引かれて並べられます。

セットアップ例
A
4人プレイです。まず、ドミノが4枚引かれます。引かれたドミノの数字面は「2、21、35、37」だったので、これらを数字の昇順に並べた後、地形面が上になります。
B.
スタートプレイヤーから手番順に、空いているドミノ上に国王コマを置きます。
C.
最後に、新たなドミノ4枚が引かれます。これらも数字の昇順に並べられた後、地形面を上にして置かれます。


プレイ

ゲームはドミノの山札が空になるまで何回かのラウンドを繰り返し行います。各ラウンドではドミノを1枚取って自分の王国の領地に付け加えます(2人プレイの場合は2枚を取る)。最後のラウンドが終了したら得点計算を行い、最も名声点の多いプレイヤーが勝者です。
  • 手番順
各ラウンドにおける手番順はドミノ列の国王コマの位置によって決まります。列の上にあるコマから下に向かって手番が移動します。
つまり、ドミノの数字面の数字が小さいものから大きいものを選んでいる人の順で手番を行います。ドミノの数字が大きいほど得点となる王冠アイコンがついているものが多いものの、これらのタイルを取ろうとするとその数字の大きさ故に、次の手番では後の方の手番になってしまうかもしれません。
  • 手番でやること
自分の手番になったら以下の数字の順でアクションを実行しなければなりません。
1.
自身が国王コマを置いたドミノを場から取り、自らの領地に加えます。このとき、後述の配置ルールに従わなければなりません。
2.
新たなドミノ列にあるドミノ1枚に自身の国王コマを置く。
ここで国王コマを置いたドミノを次ラウンドに自身の領地に加えることになります。
2-a.
3人プレイの場合は、誰にも選ばれずに残ったドミノが捨てられます。

1.
自身の国王コマが置かれているドミノを取って、配置ルールに従って領地に加えました。
2.
新たなドミノ列にあるドミノに自身の国王コマを置きました。

ステップ2が終了したら次プレイヤーの手番となります。これを繰り返し、最後のプレイヤーの手番が終了したら1ラウンドが終了します。
ただし、2人プレイの場合はこれらのアクションを1人につき2回ずつ(国王コマ1個につき1回ずつ)行います。

ラウンドが終了したら新たなドミノが山札から引かれ、新たなラウンドが始まります。

ドミノの配置ルール

ドミノを自身の領地に加える際、以下のルールに従わなければなりません。

  • 5×5マスの範囲からドミノがはみ出さないこと(各ドミノは2マスからなります)

  • 以下の2つの条件のうち、いずれか1つを満たすこと
a.
スタートタイルに隣接させて置く
スタートタイルにはすべての種類の地形を接続させられます。
b.
新たに置くドミノに描かれている地形のうち少なくとも1種類の地形を、他のドミノの同じ種類の地形に隣接させて置く
縦か横につなげること。斜めは隣接しているとみなされません。

  • 上記のルールに従って新たなドミノを自身の領地に追加できない場合は、列から取ったドミノを捨てなければならない。捨てたドミノからは一切の名声点を獲得できません。

  • スタートタイルを5×5マスの中央とする必要はありません。スタートタイルが端にあっても構いません。
赤く囲まれているドミノを置こうとしています。
一番左の例のみ、新たなドミノを置くことができません。
なぜなら、新たに置こうとしているドミノに描かれている小麦畑と、既に置かれている草原は同じ種類の地形ではないからです。
これを1マス左にズラせば小麦畑同士が隣接するため配置可能です(真ん中の例)。
一番右の例では、新たに置こうとしているドミノの小麦畑が草原と隣接していますが配置可能です。なぜなら、少なくとも1つの小麦畑同士が隣接しているからです。



ゲーム終了と得点計算

ドミノの山札が空になったらゲームは終了に向かいます。
最終ラウンドでは通常通りにアクションを行った後、手番順に、自身が国王コマを置いたドミノを配置ルールに従って配置します。
これでゲームが終了し、得点計算が行われます。

得点計算ルールは以下の通りです。
  • 各プレイヤーの領地はいくつかの地所からなります。地所とは、縦か横に隣接する同じ種類の一連の地形マスグループを指します。
  • 自身の王国領地の各地所から以下の計算式によって名声点を獲得します。

「地所を構成するマス数」×「その地所に含まれる王冠アイコン数」

  • 王冠アイコンが1つも無い地所からは名声点を得られません。
  • 得点計算では、スタートタイルはどの地所にも含まれません。
  • すべての地所において上記ルールに従って獲得名声点が計算され、その合計がプレイヤーの最終得点となります。
得点計算例

得点計算の結果、合計得点が最も高いプレイヤーが勝者です。
同点の場合は、最も大きな地所を持つプレイヤーが勝者です(王冠アイコンの数は問わない)。
これも同じ場合は最も多くの王冠アイコンを持つプレイヤーが勝者です。
これも同じ場合は引き分けです。


ヴァリアント

これらのヴァリアントルールはテーブル作成時にオプションとして適用できます。

  • 壮大な決闘(2人プレイ用)
48枚すべてのドミノを使用し、7×7マスの王国を作ってゲームをプレイする。
  • 調和
1枚もドミノを捨てずに王国を完成させた場合、得点計算時に追加の5名声点を獲得する。
  • 中央王国
自身の王国の中央に城がある場合、得点計算時に追加の10名声点を獲得する。
  • 王朝
3ゲーム連続でプレイし、3ゲームの獲得名声点合計で勝敗を決める。
最終更新:2019年08月02日 20:10