BORDER BREAK @ ウィキ

ディスカス 胴体

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
ディスカス 胴体
名称 チップ
容量
重量 装甲 ブースター SP
供給率
エリア
移動
N-DEF
耐久
条件 素材・勲章 GP
ディスカス・プロト 2.0 1280 B
(0.90)
C-
(90)
C+
(x1.35)
C+
(5秒)
C-
(2500)
累計バトル時間48,000秒以上
もしくは累計スコア11,250pt以上
超剛性メタルx1
ニュード卵x15
黄金片x10
50
ディスカス・ダート 2.5 1240 C+
(1.00)
B-
(105)
D+
(x1.0)
B
(4.25秒)
C-
(2500)
ディスカス・プロト購入 隕鉄塊x10
ニュード胚x15
メタモチップx2
100
ディスカス・ノヴァ 2.1 1380 B+
(0.85)
C-
(90)
B+
(x1.6)
C+
(5秒)
C
(2750)
ディスカス・ダート購入 複層重合金属x1
ニュード群体x5
銅片x10
200
ディスカス・エヴォル 1.8 1330 B
(0.90)
B+
(115)
C
(x1.2)
C+
(5秒)
D+
(2250)
ディスカス・ノヴァ購入 ベースガード/金x3
orユニオンレベル Lv.100
超剛性メタルx3
ニュード融素子x1
ソノチップx5
300

ディスカス・プロト

ディスカス系列の初期型。
最新鋭パーツらしく、前面の形状が違う新型マウンターを搭載。

クーガーS型の下位互換といえる性能で、重量20軽量化の代償としてステップ回数が1回下がってしまう。
わずかこれだけの軽量化の為にクーガーS型胴から乗り換えることは考えられず、戦闘勝利章が溜まってない人が代替品として、またはディスカスのセットボーナス(SP供給上昇)狙いの需要を満たすだろう。

とはいうもののクーガーS胴が非常に優秀なパーツなため、そこから多少ダッシュ性能が下がったとしても十分に高性能。
ブースト管理さえ意識すれば代替品としてのポテンシャルは高く、セットボーナスが加わればSP供給を活かした粘り強い戦いができるだろう。

バージョン2.7から追加されたスロット容量は1.7。
決して高い数値ではないが、クーガーS胴より0.2多いことは前向きに捉えられるか。


ディスカス・ダート

ディスカスの軽装派生型。胸部の装甲が格納され、綺麗な円形を描いている。
なお、格納部分はツートンカラーの対象である。

性能はクーガーI型とII型を足して2で割ってオマケをつけた感じになっている。
そこそこ固い装甲にそこそこ軽い重量、そこそこのブースター容量を持つ。

ただどこかに秀でている訳でなく全てが平均的であり、重量さえ確保出来れば他の下位互換になってしまう胴パーツ。
そのため、後述のディスカス・ノヴァ胴のため購入されることが大半となっている胴である。

フルディスカスの場合のブースター重視胴として選択された時期もあったものの、
後になって、重くはあるが多くの面でダート胴を上回るエヴォル胴が実装されたため、存在意義が更に薄れてしまった。
一応現在でもディスカスの胴体ではエリア移動が4.5秒と、他に比べ僅かに早い。

SPはフルセットボーナスで補うと割り切って、フルディスカスセンサー支援等で防衛に主眼を置く場合や、
装甲を多少犠牲にするが軽量化して重量超過を抑えつつ、高い機動力を確保したい場合に採用するかどうかである。
ただし基本性能の低さは如何ともし難いので、フルディスカスの場合はエヴォル胴を各種チップで補強した方が良いかもしれない。

バージョン2.7から追加されたスロット容量は2.1とこれもクーガー胴にオマケを付けた形。
これらの微妙な差が生きるアセンの開発が待たれる。

ディスカス・ノヴァ

ディスカスの重装派生型。腹部に装甲が追加されている。
重量増加により装甲がアップしている。

胴部パーツではツェーブラ41に迫る初のSP供給B+に向上しており、プロトと比べSPゲージ回復速度が大幅に向上している代わりに、ブースター容量がD+に若干低下している。
装甲B+の胴体の中では、エリア移動がランドバルクIV型に次ぐ速さの5秒で、その上重量は1380で最軽量と中重量級屈指の戦術胴。
SP回復や、エリア移動はプレイヤースキルではカバー出来ない部分なので、大きなポテンシャルを秘めているといえる。

厚い装甲と高いSP供給率による、強襲兵装でのアサルトチャージャーを利用した長距離強行巡航や、支援のリペアによる自己修復長期生存や味方機・施設の早期回復が期待できる。
狙撃兵装とも相性が良く、光学迷彩を多用出来る上に爆発耐性も優れた機体が組めるだろう。
反面、ブースト容量が少なく、機動戦にやや劣る、プラント内戦闘などをこなすには厳しいものがある。装甲は厚いので、あせらず的確な回避を狙いたい。

一応ノヴァ胴体以外をダートで固めても強襲や狙撃では重量超過を起こさない機体構成が組めるため、速い脚部に特別装備で戦闘回避を補う使い方も可能。

重量増加とSP供給の若干の低下が問題ないなら、ツェーブラ41から乗り換える手もあり。
ブーストゲージMAXからの連続ステップが8回まで可能なので、6回のE.D.G.-δやツェーブラ41よりかなり動ける。
ただしブーストを切らさない7回ステップは本当に容量ぎりぎりのため、ブースト管理に慣れているボーダーでもオーバーヒートを起こすことがある。
競合相手はロージーR+、装甲はあちらの方が上だが、200もの重量とエリア移動で優っている。

バージョン2.7から追加されたスロット容量は1.7。
他のSP特化胴と比較するとやや容量は抑え目か。

ディスカス・エヴォル

ディスカス系列の最新型で、オールラウンド用に改良された胴部パーツ。
プロトを基本に装甲状のパーツが追加されているが、装甲ランク自体はプロトと同じBとなっている。

これまではダートを除き、SP重視で後方支援向けだったディスカス胴部であったが、4段目になり戦闘も考慮したブースト重視胴が追加された。
ブースト重視と言ってもSPを切り捨てている訳ではなく、供給Cの1.2倍を保持し必要十分な値が用意されている。
十分なブースト容量に加え、SPもセットボーナスによって補えば1.25倍、SBチップで1.30倍となり、クーガーS胴に迫る数値となる。
ノヴァ胴とはやや趣が異なるものの、同じく非常にハイスペックな胴体であり、
胴体パーツでは迷ったらコレと言われるクーガーS胴に並ぶポテンシャルを秘めている。
代償としてチップは1.7とやや抑え目であり、重量も嵩むものの、多少の無理をしてでも積む価値は十分にある。

近似パーツはクーガーS型、ランドバルクI型、ツェーブラ48C。
クーガーS型とはSPとブーストの互換で、重量10増・SP1ランク減と引き換えに、チップ容量0.2とブーストが3ランク増加となっている。
ブースター性能差(数値にして15)により、エヴォルはステップが一回(数値:12)多い。S型との差であるSP10%と秤にかけ選択しよう。
ランドバルクI型とはチップ容量0.2減の代わりに、ブーストが1段階・SP供給が2段階上で重量も10軽い。
性能的にはチップ以外上回るが、1段目と4段目では購入コストに大きな差がある。購入計画を建て採用を検討したい。
ツェーブラ48Cは重量50増・チップ0.6減に代わり、装甲3段階・ブースト1段階増・SP1段階の増強と基本性能で大きく上回る。
どちらも高級機種であるが、特に胴部の装甲3段階差は大きい。購入計画に差し支えなければこちらを選択したいところ。