景山将太

かげやま しょうた

日本で活動するゲーム音楽作曲家。
かつてはプロキオン・スタジオに所属しており、光田康典氏のもとで音楽制作を学んだ。『ルミナスアーク』で作曲家デビュー。
ちなみにそれ以前には、カプコンにてサウンドデバッグのアルバイトをしていたという。
2007年にゲームフリークへ移籍し、任天堂の看板タイトルのポケモンシリーズのゲーム音楽の作・編曲を任せられている。
また、『ブラック・ホワイト』でサウンドリーダーを勤め、『X・Y』ではサウンドディレクターを担当した。
2013年12月にゲームフリークを退社し、2014年1月からSPICA MUSICAを立ち上げ、様々なフィールドで活動をしていくとのこと。

作曲作品の一例



代表的な曲



外部リンク