ベルティゴ

登場作品 機動新世紀ガンダムX
型式番号 RMSN-008
全高 18.5m
重量 7.2t
所属 宇宙革命軍
フォートセバーン市→反連邦組織(カリス機)
搭乗者 カリス・ノーティラス
ランスロー・ダーウェル
ジャミル・ニート
武装 マシンキャノン
内蔵型ビームライフル
ビームサーベル
ビット
特殊武装 フラッシュシステム

【設定】

第7次宇宙戦争時に宇宙革命軍が投入したニュータイプ専用モビルスーツ。
フラッシュシステムを介して脳波コントロールされるビットを12基搭載する。
カリス・ノーティラスが乗る機体は、ライラック作戦時にMAパトゥーリアと共に降下した予備パーツから組み上げた機体である。
頭部と胸部の両方にモノアイがある他に例を見ない外見だが、胸部のモノアイの用途は不明。


【武装説明】

マシンキャノン

肩口襟部に左右一対装着された機関砲。
ガンダムで言う所のバルカン相当の用途で使用している。

内蔵型ビームライフル

両腕の長く伸びた突端部に内蔵。
ビット非使用時の主要な射撃火器。

ビームサーベル

標準的なビームサーベル。
手首の内側に内蔵しており使用する時はVガンダムの様にグリップ部を手に射出して持たせる様になっている。

ビット

両腕内部のコンテナに計12基格納。オールレンジ攻撃を行う。
名称はビットだが形状や大きさはファンネルの方が近い。
大気圏内でも使用可能で持久力も非常に高く、長時間浮遊しビームを数百発以上発射してもエネルギー切れを起こす気配すらなかった。
ディバイダー戦後は使用していない。理由は不明だが、「補充されなかった」、「本人の意向で使用しなかった」とも。
なお、ゲーム作品では普通に使用できる。


【原作内での活躍】

ビットによるオールレンジ攻撃により、一度はガンダムXを圧倒しサテライトシステムやシールドバスターライフルを破壊した。しかし、ガンダムXディバイダーとの戦闘ではビットを全機撃破され、敗北を喫している。

ジャミルが使用した際や物語後半で再登場した際は、ビットを一度も使用してはいない。ただ他の内装武装も含めた基本性能はガンダムタイプのMSに匹敵するものを持っており、ヴァサーゴ・アシュタロンとは相まみえていないものの新世代上級量産機であるドートレス・ネオやクラウダなどを上回る性能を発揮していた。

また、第7次宇宙戦争時にはライラック作戦に参加したランスローが当機に搭乗し、ジャミルの乗るガンダムXと交戦している。

【パイロット説明】

カリス・ノーティラス

CV:水谷優子(TV版)/遠藤綾(後任)

フォートセバーン市出身のノモア・ロング市長によって作り上げられた人工ニュータイプの少年。年齢は15歳。
理想主義者であり、市の平和のためと信じて、自らノモアの手で人工ニュータイプとなる事を選び自警団を率いて戦っていた。ガロードのガンダムXと対峙し、MSベルティゴでガンダムXを撃破すると同時にティファを拉致する。だが、自分と同じ人工ニュータイプだと思っていた(正確には「ニュータイプは人工的に作られた者しかいない」とノモアに”聞かされていた”)ティファは生まれながらにニュータイプ能力を得ていたと知り、そこから生まれた猜疑によってノモアの心を読んだ際にノモアの本心にも気づいてしまう。

ガンダムXディバイダーに乗ったガロードとの再戦に敗れた後、ガロードにわざと撃たれて死のうとしたが、テクスの処置によって助かる。後に脱走するが、ガロードに生きろと叱咤され初めて笑顔を見せた。 その後、エニル・エルによってノモア側に奪還され更にノモアの手で巨大MAパトゥーリアに生体ユニットとして組み込まれてしまうが、ガロード達によって無事救出された。後にフォートセバーンの代表として新連邦に抵抗する武装組織に参加。一隊を率いてフリーデンのクルーたちを助け、最終決戦では共闘し、その後、反連邦組織からも脱退し一民間人となってガロードとティファの旅立ちを見送った。

BD-BOXに付属するコミックではガロードたちのピンチに助けに来てくれ、ガンダムタイプのMSに乗ることとなる。

ガンダムシリーズにおける強化人間のポジションに位置するキャラクターであり、彼はその類のキャラの中での最初の生還者である。
彼が登場するまでフォウ・ムラサメプルツーギュネイ・ガスと言った強化人間キャラは必ず最後は死亡していた(ゲーツ・キャパは物語からフェードアウトした為生死不明扱いなのでノーカウント)。
なお、劇中における人工ニュータイプは「シナップスシンドローム」という発作が定期的に起こるようになっており、彼もまた例外ではない。死ぬまでこの発作と付き合わねばならないことが語られているが、彼自身はそれも自分の背負った十字架として受け入れている。

【原作名台詞】

  • 「僕がニュータイプだ」
    • カリスを象徴する台詞の一つ。
  • 「さぁ、ガロード…愚かな僕を撃て…!」(第13話)
    • 第13話予告および第13話にて。ノモアの思考を読むことで、自身のニュータイプ能力が幾多の犠牲によって成り立っている事を知った上でそれが「偽物の偽りの力」とGXDVとの再戦に敗北した事で再自覚したカリスは、自身の死による贖罪を決意。ガロードとの再戦に敗れた後、コックピット内で弾倉と薬室内の弾を抜いた拳銃を構え、やってくるガロードを待ち構えた。
    • 解禁当初のぶっ壊れぶり(後述)から、「愚かなバンナムを撃て」と改変ネタにされた。


【ゲーム内での活躍】

EXVS.2

解禁機体第9弾として8月29日に登場。Xファン待望の新規機体となった。
2000コストのファンネル機で、サブがビット6基を展開、ビーム発射or敵機を包囲し射撃のどちらかを選択可能。
特殊格闘は空中浮遊状態。高速で移動できるようになるだけでなく、メインと格闘がビットを用いた攻撃へと変化する。
特射でスレッジ(スノーボードみたいなの)に乗った寒冷地仕様ジュラッグ(別名「ポーラーベアー」)を二機召喚。ビームマシンガンを連射しながら地走で突撃し、接近したら格闘攻撃を行う。
覚醒技は12基のビットでゲロビを放つ「ニュータイプの力」。発生、弾速、ダメージ確定速度、硬直すべてにおいて優れている。

解禁当初は浮遊状態の格闘のビット発射の追従性能が非常に高く、緑ロックで撃っても追いかける上、当たれば追撃しやすい強よろけというガンガンのキュベレイを彷彿とさせる性能をしており、さらに横特格で誘導を切れる上、ホバーモードのブースト消費量が少ないため相手の攻撃を回避しやすく、接近して格闘を入れようにも前格の発生、判定が最強クラスで、覚醒技はぶっぱでもダメージがとりやすく隙が少ない…と早い話ガンガン無印の黒キュベレイの再来で9.9%の使用率と55.9%の勝率と大暴れしたためまた一週間で修正されることとなった。
一週間の下方修正はライトニングと同様のパターンだが、二度あることは…なんてことにはならないでほしいものだが、果たして…?
勝率的には大暴れしたものの、ライトニングの横サブや特格連打のような回避と移動もできる攻撃技や緊急離脱技をもたないため、クアンタのようなバリア持ち、エピオンのような起き攻めが強い格闘機などタイマン状態なら封殺できる機体もあり、ベルディゴ相手に有利に戦える機体が評価されるなどの出来事もあった。
修正前の強さ、地走機体では不利が付くことから、「ガロードはよくディバイダーで勝てたな…」と言うファンもいたとか。


なお、カリスを演じた水谷優子女史が逝去されているため、今作では「AGE」のエミリー・アモンドを演じた遠藤綾女史が演じている。ちなみに、遠藤氏は他にミニーマウスも水谷氏から引き継いでいる。

【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

通常:ビット射出モードの状態で、ビットを射出して胸部のモノアイを点灯する
アシスト呼出し時:両側にジュラッグ(ポーラ・ベアー)を携え、「行け」という合図と共に右腕を横に振る

敗北ポーズ

左腕が外れた状態で倒れている。
ガンダムXディバイダ―に敗北したシーンの再現
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。