アンジェリーナ゠クドウ゠シールズ

アンジェリーナ゠クドウ゠シールズ
プロフィール
性別 女性
生年月日 2080年1月
職業 軍人
声の出演 日笠陽子(ゲーム、劇場版)
USNA
所属 スターズ
階級 少佐
活動名義 アンジー・シリウス
アンジェリーナ゠クドウ゠シールズは、USNA軍の魔法師部隊スターズの総隊長であり階級は少佐。愛称はリーナ。
九島烈の弟である九島健の孫。つまり藤林響子九島光宣のはとこにあたる。日米クォーター*1
十三使徒の一人「アンジー・シリウス」の正体であり、その名を使用する際は仮装行列にて変装している*2

司波深雪に劣らぬ美貌」と称される美少女で、金髪ツインテールの碧眼で高校一年生にしては大人びた顔つきをしている*3
髪の長さは、ほどけば背丈の半分を超すだろうというほど長い*4

USNA最強の魔法師の称号「シリウス」を与えられ、歴代最年少でスターズ総隊長の職についた*5。12歳の時スターズに正式採用される前は、幼い頃から隊員候補である「スターライト」として訓練を受けていた*6。採用の契機となった任務でアビゲイルと出会い、ヘビィ・メタル・バーストを会得した。また任務の際の後悔からその後仮装行列の研鑽に励んだ*7
放出系魔法?を最も得意としている。知覚系魔法は苦手*8。プロ顔負けの歌唱力を持っている*9
日本留学時は、国立魔法大学付属第一高校から電車で二駅の場所に少人数家族用のファミリータイプの間取りの部屋を借り、当初はシルヴィア・マーキュリー・ファーストと同居していた*10。シルヴィア帰国後は一人暮らし。

能力


略歴(日時は日本時間を基準)


美少女表記

9巻 来訪者編〈上〉P50
その女の子は確かに、深雪が「綺麗」と称賛しても嫌味にならない美少女だった。
色鮮やかな髪と瞳。ある意味、深雪と対照的な美貌だ。
9巻 来訪者編〈上〉P61
深雪に促されて三人は配膳のカウンターへ向かった。その行く先に起こるざわめきは、いつもより尚、大きい気がする。
他の生徒が気圧されたように道を譲る姿はいつも以上か。
9巻 来訪者編〈上〉P64
高校一年生にしては大人びた顔つきにコケティッシュな髪形は少し不似合いな気がし
たが、それが逆にシャープな美貌の印象を和らげ、親しみやすさを演出していた。
9巻 来訪者編〈上〉P69
アンジェリーナ・シールズは、第一高校にセンセーショナルなデビューを飾った。
まずはその容姿で、留学初日から全校生徒で知らぬ者はいないという存在になった。
それまで、学校一の美少女は深雪のものだった。これは上級生、女子生徒を含めて衆目
の一致するところだった。
だがリーナの編入により「女王」は「双璧」となった。
二人が行動を一緒にする機会が多いから余計に、「司波深雪に劣らぬ美貌」が強く印象付けら
れることになった。
陽光に煌めく黄金の髪。サファイヤより青く輝く瞳。
夜空より深き漆黒の髪。黒真珠より黒く澄んだ瞳。
同じように美しく、対照的な美を持つリーナと深雪は、並び立つことによって一層、輝いて
見えた。
9巻 来訪者編〈上〉P183
金髪碧眼の美少女は、姿見の前でヒラヒラ翻るインナーガウンの端を両手で持って、クネク
ネとポーズをとっていた。
9巻 来訪者編〈上〉P265
魔物が天使に。そんな陳腐な感想を達也の心に呼び起こす程の鮮やかな変化が生じていた。
深淵の闇を思わせる深紅の髪は、弱々しい街灯の光の下ですら煌めく黄金に。
禍々しい金色の瞳は、澄み渡った蒼穹の色に。
頬の線は柔らかく、体つきは華奢に。
身長すらも、わずかに縮んで見える。いや、今までが高く見えていたのか。
その美貌は、小さな仮面程度で隠せるものではなかった。
9巻 来訪者編〈上〉P274
意外に固い材質のマスクをそっと取る。美少女には慣れている達也でさえ、ため息が漏
れそうになる美貌が露わになった。
9巻 来訪者編〈上〉P284
合意は成った。こうして二人の類稀な美少女による、華麗な決闘の幕が切って落とされ
ようとしていた。
10巻 来訪者編〈中〉P30
もっとも、こんなだらしのない恰好でも見苦しくならないのだから「絶世の美少女」というのは大したものである。

  • 体育前の着替えシーン。深雪と並んで着替え、スタイルの良さを互いに羨ましがり
 触りあう二人に生唾を飲み込み顔を赤らめている周囲の女子生徒(10巻197P~199P)

裏話

10巻 来訪者編 <中> あとがき より
この『魔法科高校の劣等生』は登場人物がかなり多いシリーズですが、本編でゲストヒロインと呼べるキャラクターが登場するのは今回が初めてではないかと思います。金髪碧眼の女性キャラが出て来たのも今回が初めてですね。
この、本シリーズには珍しい金髪少女について、第九巻打ち合わせの際、担当氏と私の間で次のような会話がありました。
担「僕、『へたれ』の美少女って大好きなんですよ」
作「リーナは『へたれ美少女』というより『ポンコツ美少女』なんですが、可愛いですよね、ポンコツキャラって」
こうしてリーナの新たなキャラクター性が決まりました。いえ、元々戦闘面以外はいささか残念なキャラとして造形した少女だったのですが、ここまでポンコツではありませんでした。……でも可愛いですよね?

登場巻数

9巻10巻11巻17巻21巻22巻プラズマリーナ

コメント

  • なんか図々しいな。保護されてる身の上の癖に (2018-09-16 21:07:53)
  • 達也への強がりと甘えが図々しさにつながってると思う。あほの子なのも含めて達也たちは理解してると思うぞ。軍人キャラとしては公式でもゴミなんだし。 (2019-01-06 06:24:16)
  • 劇場版で核が落ちてくる際、達也に協力要請されて「なんで私が!」って突っかかったけど、魔法協会のルール的に駄目じゃね? (2019-02-04 23:42:31)
    • 核じゃなくて廃棄軍事衛星ですよ。まあ、大量の劣化ウランを搭載してたから環境に良いものではないのは同じだけどね (2019-05-15 07:35:53)
  • リーナって好感持てるほどバカ正直すぎるだろ。国内の機密情報とかあっさりしゃべっちゃうし。しかも自覚なさそうだし。マジで軍人向いてねー。けどそのバカ正直なとこ好きだわー (2019-09-21 04:07:19)
  • 味方だから好かれてるのであって敵だったらボロクソな評価になってると思う。 (2019-09-21 10:25:32)
    • ちょっと想像してみたけど仮に敵だったとしても今の立場と正確なら読者に好感もたれると思うけど。大事件を引き起こしたりレイモンドみたいに無責任な奴ならともかく。 (2019-09-21 23:52:17)
  • 人が良過ぎるんじゃない? 頭や魔法は凄いのに、世間知らずタイプか? (2019-09-22 16:36:24)
    • 世間知らずというより周りの人間が規格外すぎるからこういう普通な思考回路の人間がいると好感持てる 例えば今回の水波奪還作戦でUSNAの基地につかまってる上官についても達也が遠回しに話題に出してるのにそれに気づかず基地の話をしたりしてるところを深雪が「そうじゃないでしょ!」って心の中で突っ込んでる所が面白かったww このように普通はそういう他人の機微に気づかないもんだよ (2019-09-23 15:12:24)
  • 来訪者編のアニメ化が決定だと!!最高だ!1クールでも最高!! (2019-10-06 23:58:21)
  • やったぜ (2019-12-03 19:35:04)
  • 嬉しいけど、 (2019-12-27 03:01:53)
  • 四葉継承のとこアニメでみたかった (2019-12-27 03:02:32)

人物 女性 学生 戦略級魔法師 生徒会 軍人