とくせい は~わ行



  • 《フィールド》より後の青文字の記述は、フィールド上(移動中)で発動する効果。
  • 赤文字は『ポケットモンスター ソード・シールド』(第八世代)から追加・変更されたとくせい、またはその効果。
  • 赤太字はボックスの検索機能にない新特性。


は行

名前 効果
ハードロック 相手から受けた「こうかはばつぐん」のダメージを、3/4にする。
はがねつかい 自分の「はがね」タイプの技の威力が1.5倍になる。
はがねのせいしん 味方全員のはがねタイプのわざの威力を1.5倍に上げる。
ばけのかわ 戦闘中1回だけ自分の最大HPの8分の1のダメージを受け、「ばれたすがた」になる。
攻撃技以外のダメージは防げない。
パステルベール 自分や味方が「どく」状態になるのを防ぐ。
戦闘に出た際、味方を「どく」状態から回復する。
はっこう 戦闘時には効果は無い。
《フィールド》手持ちの先頭だと、野生のポケモンと出会いやすくなる。
バッテリー 味方の特殊技の威力を上げる。
はとむね 自分の「ぼうぎょ」を下げられない。
バトルスイッチ 攻撃技を使う直前にブレードフォルム、わざ「キングシールド」を使うとシールドフォルムになる。
特性を変更させる技や、特性「トレース」などの影響を受けない
はやあし 状態異常の時、「すばやさ」が1.5倍になる。また、「まひ」状態による「すばやさ」半減を無視できる。
《フィールド》手持ちの先頭だと、野生のポケモンと出会いにくくなる。
はやおき 「ねむり」状態から目が覚めるまでのターン数が半分になる。
はらぺこスイッチ 1ターンごとにモルペコの姿が変化する。
バリアフリー 戦闘に出すと、味方と相手の「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」の効果を無効にする。
はりきり 「こうげき」が1.5倍になるが、ぶつりわざの命中率が5分の4になる。
《フィールド》手持ちの先頭だと、レベルの高い野生ポケモンと出会いやすくなる。
パワースポット 周囲にいる味方のわざの威力を1.3倍に上げる。
パンクロック 「音」に関するわざの威力が1.3倍に上がる。
「音」に関するわざで受けるダメージを半減する。
対象のわざは、「いびき」「いやなおと」「うたう」「うたかたのアリア」「エコーボイス」「おたけび」
「きんぞくおん」「さわぐ」「スケイルノイズ」「すてゼリフ」「ないしょばなし」「なきごえ」
「バークアウト」「ハイパーボイス」「ばくおんぱ」「ほえる」「ほろびのうた」「むしのさざめき」「りんしょう」。
ひでり 場に出た時に5ターンの間「ひざしがつよい」状態にする。あついいわと併用で8ターンになる。
ひざしがつよい状態の時に場に出てもターンを上書きしない。
天気が「つよいあめ」「ひざしがとてもつよい」「らんきりゅう」の時は無効。
ひとでなし 「どく」状態の相手を攻撃すると、必ず急所に当たる。
びびり ゴースト・あく・むしタイプのわざを受けると、「すばやさ」が1段階上がる。相手の「いかく」特性に攻撃力が1段階ダウンされると、自分の素早さが1段階上がる。
ひらいしん ダブルバトルで、他のポケモンがつかったでんきタイプのわざの攻撃対象が、強制的に自分になる。
さらに、そのダメージを無効化して自分の「とくこう」を1段階上げる。
ただし、じめんタイプで、でんきタイプのわざを無効化してしまうときは、「とくこう」はアップしない。
ファーコート 「ぶつり」技で受けるダメージを半分にする。
フィルター 相手から受けた「こうかはばつぐん」のダメージを、3/4にする。
フェアリースキン 自分のノーマルタイプの技が「フェアリー」タイプになり、威力が1.2倍になる。
ぶきよう 持っているどうぐを使うことができない。また、わざ「なげつける」を使用できない。
どうぐ「くろいてっきゅう」を持っても「すばやさ」は下がらない。
わざ「トリック」「すりかえ」は使用可能。「パワーアンクル」等の育成用のどうぐは持たせると「すばやさ」が下がる。
ふくがん わざの命中率が1.3倍になる。
《フィールド》手持ちの先頭だと、どうぐを持った野生ポケモンと出会いやすくなる。
ふくつのこころ ひるむと、そのたびに「すばやさ」が1段階上がる。
ふくつのたて 戦闘に出すと、自分の「ぼうぎょ」を1段階上げる。
ふしぎなうろこ 状態異常の時、「ぼうぎょ」が1.5倍になる。
ふしぎなまもり 「こうかはばつぐん」以外のわざでは、ダメージを受けない。ヌケニン専用特性。
ただし、てんきによるダメージや、わざ「やどりぎのタネ」、状態異常によるダメージ等は受ける。
「トレース」などで、ヌケニン以外がこのとくせいになった場合、そのポケモンのタイプ相性に依存する。
ふしょく 「どく」タイプや「はがね」タイプの相手も、「どく」状態にすることができる。
ふとうのけん 戦闘に出すと、自分の「こうげき」を1段階上げる。
ふみん 「ねむり」状態にならない。また、わざ「ねむる」が使用できない。
ふゆう 「じめん」タイプのわざを受けない。
プラス 場にとくせい「プラス」か「マイナス」のポケモンがいると、「とくこう」が1.5倍になる。
フラワーギフト 天気が「ひざしがつよい」「とてもひざしがつよい」の時、味方の「こうげき」「とくぼう」が1.5倍になる。
プレッシャー 自分がわざを受けた時、相手のそのわざのPPを「2」減らす。
ダブルバトルで2匹ともとくせい「プレッシャー」だった場合、相手のPPを「3」減らす。
《フィールド》手持ちの先頭だと、レベルの高い野生ポケモンと出会いやすくなる。
フレンドガード ダブルバトルで自分以外の味方の受けるダメージを、3/4に減らす。
ヘヴィメタル 自分の「重さ」が2倍になる。
ぼうおん 「音」に関するわざをいっさい受けない。
防げるわざは、「いびき」「いやなおと」「うたう」「うたかたのアリア」「エコーボイス」「おたけび」
「きんぞくおん」「さわぐ」「スケイルノイズ」「すてゼリフ」「ないしょばなし」「なきごえ」
「バークアウト」「ハイパーボイス」「ばくおんぱ」「ほえる」「ほろびのうた」「むしのさざめき」「りんしょう」。
ほうし 直接攻撃してきた相手を30%の確率で「どく」「まひ」「ねむり」のいずれかの状態にすることがある。
草タイプのポケモン、「ぼうじん」特性のポケモン、道具「ぼうじんゴーグル」を持っているポケモンには効果がない
ぼうじん すなあらし・あられのダメージと粉系の技や特性の効果を受けない
具体的には、技の「いかりのこな」「キノコのほうし」「しびれごな」「どくのこな」「ねむりごな」「ふんじん」「わたほうし」。特性の「ほうし」
ぼうだん 「たま」や「ばくだん」系の技が当たらない。
具体的には、「アシッドボム」「ウェザーボール」「エナジーボール」「エレキボール」「オクタンほう」」「かえんボール
「かふんだんご」「がんせきほう」「きあいだま」「ジャイロボール」「シャドーボール」「タネばくだん」「タネマシンガン」
「でんじほう」「はどうだん」「ヘドロばくだん」
ほおぶくろ バトル中にきのみを食べると、きのみ本来の効果に加え、自分のHPも最大HPの1/3回復。
ほのおのからだ 直接攻撃してきた相手を30%の確率で「やけど」状態にすることがある。
《フィールド》手持ちにこのとくせいのポケモンがいると、ポケモンの「タマゴ」が通常より早く孵る。
ほろびのボディ 直接攻撃を受けると、3ターン後に『ひんし』状態になる。交代すると効果が切れる。

ま行

名前 効果
マイナス 場にとくせい「プラス」か「マイナス」のポケモンがいると、「とくこう」が1.5倍になる。
マイペース こんらん状態にならない。特性「いかく」の効果を受けない(「こうげき」を下げられない)。
まけんき 相手に能力を下げられたとき、「こうげき」が2段階上がる。
複数の能力を同時に下げられた場合、その回数発動する。
マジックガード わざの攻撃以外では、ダメージを受けない。ただし、「まひ」状態の「しびれてうごけない」は無効化できない。
また、わざ「どくびし」で「どく」「もうどく」状態にはなるが、どくのダメージ自体は受けない。
マジックミラー わざ「マジックコート」で跳ね返せるわざを、跳ね返す。
ミイラ 直接攻撃してきた相手のとくせいを「ミイラ」にする。
ミストメイカー 戦闘に出た時に場を5ターンの間「ミストフィールド」状態にする。
地上にいるポケモンは状態異常にならず、ドラゴンタイプの技を受けたときのダメージが半分になる。
みずのベール 「やけど」状態にならない。
みつあつめ 戦闘後にどうぐ「あまいミツ」を拾ってくることがある。
レベルが上がると拾う確率も上がる。
ミラーアーマー 相手の使う、能力を下げる技や特性の効果を跳ね返す。
技の追加効果も含む。
ミラクルスキン へんかわざや、状態変化などをあたえる追加効果やとくせいに対して、2段階回避しやすくなる。
むしのしらせ HPが1/3のとき、むしタイプのわざのいりょくが1.5倍になる。
ムラっけ ターンの終わりに、
命中率と回避率を除くどれかののうりょくが2段階上がり、
命中率と回避率を除くどれかののうりょくが1段階下がる。
メロメロボディ 直接攻撃してきた相手を30%の確率で「メロメロ」状態にすることがある。
《フィールド》手持ちの先頭だと、異性の野生ポケモンと出会いやすくなる。
めんえき 「どく」「もうどく」状態にならない。
もうか HPが1/3のとき、ほのおタイプのわざのいりょくが1.5倍になる。
ものひろい 戦闘時、場の誰かが消費したどうぐを、ターン終了時に拾ってくる。
《フィールド》どうぐを持っていない時の戦闘後、10%の確率でどうぐを拾ってくることがある。
拾ってくるどうぐの種類は、そのポケモンのレベルによって変わる。詳細はものひろいのページを参照。
もふもふ 直接攻撃のダメージを半減するが、「ほのお」タイプの技のダメージが2倍になる。
もらいび ほのおタイプのわざを受けると、わざの効果を無効化し、さらにほのおタイプのわざのいりょくが1.5倍に上がる。

や行

名前 効果
やるき 「ねむり」状態にならない。また、わざ「ねむる」が使用できない。
《フィールド》手持ちの先頭だと、レベルの高い野生ポケモンと出会いやすくなる。
ゆうばく 直接攻撃で「ひんし」になったとき、相手の最大HPの1/4のダメージをあたえる。
場にとくせい「しめりけ」のポケモンがいると働かない。
ゆきかき てんきが「あられ」の時、「すばやさ」が2倍になる。
「あられ」によるダメージを受けない。
ゆきがくれ てんきが「あられ」のとき、相手のわざの命中率が5分の4になる。
「あられ」によるダメージを受けない。
《フィールド》手持ちの先頭だと、天気が「あられ」の場所で野生ポケモンに出会いにくくなる。
ゆきふらし 場に出た時に5ターンの間「あられ」状態にする。つめたいいわと併用で8ターンになる
あられ状態の時に場に出てもターンを上書きしない
天気が「つよいあめ」「ひざしがとてもつよい」「らんきりゅう」の時は無効。
ようりょくそ 天気が「ひざしがつよい」「ひざしがとてもつよい」のとき、「すばやさ」が2倍になる。
よちむ 相手の覚えているわざで、一番いりょくの高いわざがわかる。
よびみず ダブルバトルで、他のポケモンが使ったみずタイプのわざの攻撃対象が、強制的に自分になる。
さらに、そのダメージを無効化して自分の「とくこう」を1段階上げる。

ら行

名前 効果
ライトメタル 自分の「重さ」が半分になる。
リーフガード てんきが「ひざしがつよい」「ひざしがとてもつよい」のとき、状態異常にならない。
リベロ 自分が技を出す直前に技と同じタイプに変化する。
りんぷん 相手のわざの追加効果を、無効化する。
レシーバー 「ひんし」状態になった味方の特性を受け継ぎ、同じ特性になる。

わ行

名前 効果
わたげ 攻撃を受けた際に、相手の「すばやさ」を下げる。
わるいてぐせ 直接攻撃されると、その相手から必ずどうぐを盗む。自分がどうぐを持っている場合は盗めない。
ただし、その攻撃で自分が「ひんし」になった場合は、このとくせいは発動しない。

|