マジック(Magik) / イリアナ・ラスプティーナ(Illyana Nikolievna Rasputina)

(キャラクタ—、マーベル)

初登場
イリアナとして:Giant-Size X-Men #1 (1975年5月)
マジックとして:New Mutants #14 (1984年4月)
種族:ミュータント、女性、地球人、ロシア人

能力

テレポーテーション:ステッピング・ディスクと呼ぶ輝く円型の力場によりリンボー界を通過し、遠距離テレポートが可能。時間をも超える力がある
魔法:リンボー界で魔法の力を身につけた。
魔法によりソウルソードや鎧を召喚する。

ソウルソード

ソウルソードはマジックの主武器であり、リンボー界にいたとき彼女の生命力自体から製作。
リンボ―の支配者の証でもあり、マジックの成長に応じて形状、性能も変化していった。
通常の剣として使うことも可能だが、最大の特徴は魔法の無効化、魔法によって作られた物およびそれに近い存在への高い破壊力。
また、本来であれば物質を透過できるキティ・プライドのような存在すら攻撃可能である。
使用者の魔法能力を高めたり、ステッピング・ディスクの制御能力もあるとされる。

概要

コロッサスの妹。
7歳のときにリンボー界に連れ去られ、1年後に地球に戻ってきたときは15歳だった。
ニューミュータンツのメンバーとなる。

リンボー界では別世界のストームキティ・プライドから白魔術と戦闘術を学び、魔族の王ベラスコから黒魔術を学んだ。
その結果、白魔術と黒魔術、剣術や格闘術、ミュータント能力を併せ持つ万能型の女戦士となった。
(Magik #1〜4)

"Avengers vs. X-MEN"ではフェニックス・フォースの力を受け、フェニックス・ファイブの一員となる。
戦いに敗れた後はサイクロップスの一派と行動を共にする。


アメコミ@wiki
最終更新:2021年03月23日 00:42