ドグ

分類: トリオン兵 > 偵察・集団戦闘用トリオン兵



通称「犬」。
その名の通り犬のような容姿をしている。
大型犬と中型犬の中間くらいの大きさ。
アイドラと同じく単独では雑魚だが、数を揃えることで面倒な雑魚になる。
小回りの効くサイズからの数量による攪乱や、
トリガー使いに連れ立っての補助が主な運用法のようだ。

ガロプラロドクルーンから提供されたものをボーダーへの攻撃に使用してる。
このときガロプラはドグを一度に全部投入せずに小出しにして逐次投入しており、
小南が疑問に思うが太刀川はあまり数が多いと細かく指示が出せないのでは?と推測している。

複数のバリエーションが存在し、作中では3種類が登場する。

ドグ・タキア
レーダーを無効化する"偵察モード"(いわゆるバッグワームを起動したのと同じ状態だろうか?)を使えるタイプ。
このモードはドグの中ではこのドグ・タキアにしか搭載されていない。
目からビームが出る。
偵察モードでは、ヨミの遠隔操作によってラジコンのように動かし、
視界の情報をガロプラ遠征艇のモニターに送信している。
戦闘においては、レギーが主に操っており、
コスケロも門(ゲート)トリガーで召喚して使用している。

ドグ・マンヴェールド
シールド発生装置搭載した支援戦闘用タイプ。
ドグ・タキアと同様に目からビームも出せる。
顔が不細工。
戦闘では、ウェンが門(ゲート)トリガーで召喚して使用。

ドグ・バトリーレ
頭にブレードが装備された突撃タイプ。
ドグの中ではかなりの攻撃力を備えるが、目からビームは出せない。
カッコイイ。
戦闘では、ラタが門(ゲート)トリガーで召喚して使用。

名前の由来は、「ドッグ(犬)」と思われる。
また各バリエーションはそれぞれ、秋田犬、ドーベルマン、レトリバーが由来と思われる。



運用国: ロドクルーン



  • トリオンの射撃武器の中で弾ではなくビームと明言されてるのはこいつだけ -- 名無しさん (2017-04-24 20:22:02)
名前:
コメント:
最終更新:2017年04月24日 20:22