ディズニー データベース

Mr.インクレディブル

最終更新:

wrtb

- view
管理者のみ編集可

Mr.インクレディブル

名前:Mr.Incredible / Robert "Bob" Parr
デビュー:「Mr.インクレディブル」(2004年)

概要

強大な力を持つ往年のスーパーヒーローで、最も有名なヒーローのひとりとして犯罪と戦っていた。本名はボブ・パー。

15年前のある日、女性ヒロインのイラスティガール(ヘレン)と恋に落ち、結婚する。しかしその直後、彼の活動がきっかけでスーパーヒーローたちが次々と訴訟を起こされ、全員引退となってしまう。引退後は、政府組織NSAのリック・ディッカーの協力の下、保険会社のインシュリケア社*の職員として、妻のヘレン、3人の子どもヴァイオレット・パーダッシュ・パージャック・ジャック・パーと一般社会に溶け込んで暮らしている。

ヒーロー時代の友人であるフロゾン*(ルシアス)とは今でも毎週会う仲であり、警察無線を傍受しては密かに人助けをしている。

高いパワーのほか、体型の割にジャンプ力やスピードも優れている。ヒーローの能力として大きな欠点はなく、シンドローム*のクロノスのデータベースでは、脅威ランク9.1に設定されていた。しかし、家庭を持つ現在においては家族という守るべき存在が彼にとってのスキとなっている。

引退時は25歳。「Mr.インクレディブル」では40歳、200cm、158kg。

エピソード

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブルは強大な力で犯罪者を捕まえるスーパーヒーローであった。ある時、彼の大ファンである、インクレディボーイを自称する少年バディ・パイン*が相棒を志願してくるが、彼の願いを断る。インクレディブルは事件の途中で出会ったイラスティガールと恋に落ち、結婚する。

結婚式の直前、ボム・ボヤージュの事件に付いてきたバディのせいでボム・ボヤージュを取り逃してしまう。また自殺志願者オリバー・サンスウィート*を中途半端に助けたことで、大怪我を負った彼から告訴されてしまう。この一件から、市民たちの密かにたまっていたヒーローへの不満が明るみとなり、スーパーヒーロー達は政府組織NSAの保護の下、引退して一般市民として生活することを余儀なくされる。

それから15年、ボブとヘレンは三人の子ヴァイオレット・パーダッシュ・パー、赤ん坊のジャック・ジャック・パーをもうけて、普通の人間として暮らそうと努力していた。ヴァイオレットとダッシュも生まれ持ったスーパーパワーとの向き合い方に葛藤していた。ボブは保険会社インシュリケア社*の職員として働いていたが、ヒーロー時代の輝かしい栄光が忘れられない。彼の楽しみはかつての友人フロゾン*と警察無線を傍受し、密かに人助けをすることだった。鬱憤のたまったボブは人助けより会社の利益を優先する上司ギルバート・ハフの小言に嫌気が差したため、ハフを吹き飛ばしてクビになってしまう。

家族に解雇を告白しようとするボブに、謎の美女ミラージュ*からの極秘メッセージが届く。自分の力を必要とされていることを喜んだボブはかつてのスーパーヒーロー御用達のデザイナー、エドナ・モード*にスーツの新調を依頼する。家族に内緒で過去の栄光を思いだしたボブは身体を鍛え、ミラージュの依頼をこなしていくが、やがてそれがミラージュのボス・シンドローム*の罠であることが分かる。シンドロームの正体はバディ・パインであり、大好きだったMr.インクレディブルに無碍に扱われたことで、ヒーローたちの絶滅を図っていた。そして自分のロボット、オムニドロイド*に街を襲わせ、それを対処することで自分が新時代のヒーローとなる、という寸法だった。

ボブに命を救われたミラージュや、彼を助けるために駆けつけたヘレンの力を借りて、街にたどり着く。オムニドロイドはシンドロームの手を離れて暴走していた。ボブは家族を失いたくないという理由で一人で戦うことを主張するが、家族が揃えば何でもできるというヘレンの説得に応じ、家族やフロゾンと協力してオムニドロイドを撃退し、一躍ヒーローとなる。

彼らの活躍が面白くないシンドロームは末っ子のジャック・ジャックを誘拐しようとするが、ジャック・ジャックの知られざるパワーが開花し、誘拐に失敗。シンドロームは脱走用航空機にマントを巻き込まれて死亡する。

数日後、事件を経て成長した一家はダッシュの運動会の応援に来ていた。競技場を後にした彼らが目にしたのは新たな敵アンダーマイナーからの宣戦布告だった。彼の前にはスーパーヒーロー、インクレディブル一家の姿があったのであった。

Mr.インクレディブルと仲間たち*

Mr.インクレディブルとフロゾンをモデルとして放送されていた、という設定のアニメーション。

Mr.インクレディブルは相棒のフロゾン、ウサギのMr.スキッパードゥー*と共にレディー・ライトバグ*を撃退する。

このアニメーションを見た本物のMr.インクレディブルは番組にケチをつけるフロゾンをたしなめていたが、彼本人も不満げであった。

その他

リメンバー・ミー」では、死者の国に骸骨版「Mr.インクレディブル」のポスターが飾られており、骸骨の姿をしたMr.インクレディブルの姿も確認できる。

ゲーム

Mr.インクレディブルは、同作をモチーフとしたゲームソフト3作品に登場している。

Kinect ラッシュ:ディズニー/ピクサー アドベンチャー*

「Mr.インクレディブル」のステージに登場。

ディズニーインフィニティ

「Mr.インクレディブル」のステージおよび、トイ・ボックス・モードのプレイアブルキャラクターとして登場。

ディズニー マジックキングダムズ

「Mr.インクレディブル」の期間限定イベントに登場。

Disney クロッシーロード

「Mr.インクレディブル」のステージに登場。

登場作品

2000年代



2010年代






2017年
リメンバー・ミー(カメオ出演)