frame_decoration

ジャック・スケリントン

名前:Jack Skellington
デビュー:『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993年)

概要

ハロウィンタウン*のリーダー的存在の骸骨男。毎年ハロウィン*を成功に導く立役者で、パンプキン・キングと呼んで親しまれている。

毎年決まりきったハロウィン*に嫌気がさしていた時、クリスマスタウン*に辿り着き、衝撃を受ける。落ち込むこともあるが、すぐ持ち直すことのできるポジティブな性格。

エピソード

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

今年もいつものようにハロウィンタウン*ハロウィン*は大成功を収めた。カボチャ大王のジャック・スケリントンは町の人々から「今までで最高の出来だった」と喝采を浴びるが、ジャックは毎年同じことの繰り返しにうんざりしていた。ある日、ジャックは愛犬のゼロと散歩中にクリスマスタウン*へ迷い込み、感銘を受ける。

ハロウィンタウンに戻ったジャックは、自分たちでクリスマス*をやろうと宣言する。ジャックはフィンケルスタイン博士に空飛ぶトナカイを、サリーにサンタの衣装を、町の人々にプレゼントの作成を頼む。また、いたずらトリオのロックショックバレルサンタクロース*を連れてくるように頼み、自分がサンタの代わりにプレゼントを配って回ろうと決める。

クリスマス当日、ジャックが不気味なプレゼントを配ったことで、警察へ通報が殺到する。警察は空飛ぶジャックを偽物のサンタと断定し、撃墜する。自分のやり方が間違えていたことに気づいたジャックは、クリスマスを正しくやり直すためサンタを探す。サンタとサリーは町の嫌われ者ウギー・ブギーに囚われており、ジャックは彼らを助けるためにブギーと戦う。ジャックがブギーの身体の糸をほどくと、身体がほつれて体内から大量の虫が溢れ出してしまう。二人を救出したジャックはサリーに心配をかけていたことを知り、反省する。

ジャックはサンタにクリスマスを返し、サンタはハロウィンタウンの住民たちに雪をプレゼントする。ジャックは月の見える丘の上でサリーと抱き合う。

サウンドトラックに収録されているエピローグによると、数年後サンタがジャックのもとを訪れたことが明かされる。ジャックには4~5人の骸骨の子供がいるという。

その他

ジャイアント・ピーチ』では、ムカデさんが訪れる幽霊船の船長としてカメオ出演している。これは本作が『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』と同じスタッフで製作されているため。

プリンセスと魔法のキス』では、ドクター・ファシリエが召喚する影のひとつがジャックの形をしている。

TV番組『フィニアスとファーブ*』では、仮装コンテストの群衆の中にジャックのパンプキン・キングのコスチュームが紛れている。

シュガー・ラッシュ:オンライン』の「Oh My Disney*」のシーンでは、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のブースの近くにジャックらしきキャラクターがカメオ出演している。


登場作品

1990年代


1996年
ジャイアント・ピーチ(カメオ出演)

2000年代

2001年
ホーンテッドマンション・ホリデー ※ディズニーランド






2010年代





2018年
Disney Heroes: Battle Mode ※ver1.6.2:2018年12月追加

2020年代








※映画ではクリス・サランドンが台詞、ダニー・エルフマンが歌声を担当している。
※『ブギーの逆襲』ではクリス・サランドンが台詞と歌声を担当している。

最終更新:2022年03月29日 23:54