ネット対戦全般/ポップン13

ネット対戦全般/ポップン12-ポップン13-ネット対戦全般/ポップン14

登場日:2005/10/26
使用可能オジャマ:全37種+レア8種
コレクション要素:トランプ52枚

オジャマコンディション制が導入。
オジャマの調子がオジャマゲージの伸びやオジャマの効果時間に影響するようになり、これによりワンパターンとなっていたオジャマ装備による対戦を防ぎ、毎回変化を持たせるようにした。
1つ1つの対戦に変化を持たせることがコンセプトとなっていたようだ(「アルカディア」掲載のTOMOSUKEのコメントより)。
ポップン13より導入された超チャレンジモードのおかげで、ネット対戦におけるCOOL判定がいつでも練習できるようになったのは大きいだろう。

オジャマの獲得は勝利数に加え、お邪魔の装備回数が条件となっているものが目立つようになった。
また一部のお邪魔の獲得条件が物議を醸し、その影響から狩り行為を助長する形を招いた。
独自のシステムとしてレアオジャマが設定されていたりと、オジャマラーには手が出そうになるくらいのオジャマが登場した。

システム面

  • オジャマコンディションが追加。
  • 一度選択した部屋は3回目まで選択し直しができるようになった。
  • カードを使用しない場合、「ポップン★A」のような名前表記に変更。プレイヤー名に使えない「★」を使用することで、下記の店舗表示と合わせて狩り行為のプレイヤーであるのかそうでないかの区別が付くようになった。
  • 時間切れで対戦者が現れなかった場合は、チャレンジモード(9ボタン)・超チャレンジモードのどちらかを白ボタン同時押しで選択する方式に変更された。
  • 称号の形式は上段に「見出し」、下段に「動物名」+「部屋名」という形になっている。
    見出しの「昇格認定試合」「降格認定試合」はそれぞれ「昇格のチャンス!」「降格のピンチ!」に変わっている。
    特に動物名は勝率で5種類の系統に分けられているため、プレイヤーの強さ(および狩り)の目安になっていた。
  • 当初は選択した部屋から上下2部屋までしか昇格・降格できない仕様であった。
    11月5日にアップデートで廃止となり、前作同様に戻された。
    前作で腕前の上達で3ランク以上昇格を果たしたプレイヤーが多くいたほどなので、逆に狩りを誘発させかねないシステムであった。
  • 3人の張り合い画面で店舗名が表示されるようになった。
    捨てプレイ(放置?)や狩り行為のプレイヤーが特定しやすい代わりに、ネット上では終始論議が起こることに。
  • 稼動店舗による差の問題もあり、コレクション要素が都道府県からトランプに変更された。
    これはエントリーカードごとに付けられていた要素で、総合1位になると総合3位から数字・スートと共に獲得する。
    トランプには1枚ごとに獲得した際の総合3位のプレイヤーが使用していたキャラクターが表示される。
  • トランプを全て入手すれば「トランプマスター」が、オジャマを全て入手した場合「オジャマスター」の特別称号がそれぞれ獲得でき、また特殊な条件で「トップランカー」も存在していた。これらは通常の称号とは別に表示される。
    特にトップランカーはインターネットランキンググランドマスターの上位200名に与えられる特別称号で、プレイヤーの強さの指標になっていた。
    ポップン20までのインターネットランキングで、唯一ネット対戦に関与していた要素である。

店内対戦

2台でも準備が整えば決定を選択できるようになったので、スムーズなプレイが可能に。
またee'MALLで登場した楽曲が店内対戦に限り選択が可能だった。
この場合は所持している楽曲のみ選択ができ、所持していない楽曲があっても相手が選曲すればプレイ可能であった。

部屋

部屋の選曲可能レベルの制限のバランスを考慮し、にゃんこ部屋が削除されてヒーロー部屋が新設。
これにより小学生が最も低いランクの部屋となり、選曲可能なレベル上限も17に引き上げられた。
ヒーロー部屋の新設により、刑事・アイドル・大関・ヒーロー・将軍の間のバランスを取るためアイドルはLv31まで、大関はLv34まで選曲可能に変更。
このようなクラス別の上限Lvの分け方で、ポップン19まで続く形になった。

部屋名(クラス) 選択可能な譜面の上限Lv 各部屋で猛威を奮っていた主な譜面
全て
仙人 42
将軍 40
ヒーロー 37 サイバーガガクH、ドラムンフライH、メルトEX、アジアンコンチェルトEXなど
大関 34
アイドル 31 フューチャーEX、クラシック8Hなど
刑事 28 ダークメルヒェンEX
番長 24 オイパンク0N
キャプテン 20 ダークメルヒェンH、アフリカH、スーパーユーロN
小学生 17 テラピーH、サバービアN、クラシック4N、パンプNなど

オジャマ

前作で恐ろしいほどの威力を誇ったSUDDEN?EXCITEなどの系統オジャマは削除。
新オジャマが多数登場しており、獲得すれば超チャレンジモードで使用できるというものであった。
またこの作品のみ、レアオジャマも存在していた。
どれも個性が強いものだったのでこれを目当てとしたプレイヤーもいたほどだ。

またネット対戦でしか使えないお邪魔も多数登場しており、後に超チャレンジモードで使えるお邪魔となったので、チャレンジモードで使用したいというプレイヤーもいたほど。
しかし獲得条件が前作と同じく勝利数が条件だったり、オジャマの装備回数が影響するものもあり、一部の獲得条件が賛否両論となった。

オジャマ一覧

新登場したオジャマは太字
「なし」の項目もあるが、ここでは割愛とする。
「部屋制限」に記載されている部屋よりも下の部屋で獲得条件を満たした場合は、「部屋制限」に記載された部屋に昇格すれば該当するオジャマを獲得できる。
装備回数が書かれている場合は、「そのオジャマを装備した対戦を同じ回数分行う」ことで対象のオジャマを獲得する。

CS版の対戦モードではACと異なる部分がある場合、赤文字にしている。

Lv1

オジャマ名 獲得条件 部屋制限
ミニポップ君 最初から所持
ビートポップ君 最初から所持
しろポップ君 最初から所持
ロスト 総合1位を1回
ダンス 3人全員のトランプのスートが同じ状態で総合1位
くるくるポップ君 総合1位を3回
爆走(SPIRAL) 総合1位を7回
ふわふわ判定ライン 対戦回数が10回以上 番長
ファットポップ君 ミニポップ君をセットした対戦で、コンボ賞を3曲全て獲得して総合1位
ドキドキポップ君 対戦回数が20回以上
ダーク わくわくポップンランドおよびわくわくポップンワールドで登場した隠し曲を担当しているキャラクターを使用して総合1位
CS13初出の隠し曲の担当キャラクターを使用して総合1位
地震でぐらぐら ???
上下プレス 自分のプレイしている都道府県以外の相手に、延べ40回総合順位で上回る
ファット判定ライン レアオジャマ

Lv2

オジャマ名 獲得条件 部屋制限
カエルポップ君 最初から所持
HIDDEN 最初から所持
縦分身 総合1位を2回
強制ハーフスピード 3曲ともハイスピードを同一に設定して総合1位
爆走(CIRCLE) 総合1位を5回
キャラクターポップ君 オプションでキャラクターポップを設定した楽曲で1位もしくはコンボ賞を獲得
HELL 「なし」以外でコンディションが最悪状態(灰色)のオジャマを2つ以上セットして総合1位 番長
GOODがBADに!! トランプのスートを1列揃える 番長
上下プレス&プレス 上下プレスを5回装備する
ポップ君の竜巻 対戦回数が15回以上
左右プレス 総合1位を10回
道連れ レアオジャマを除き所持お邪魔が15以上で総合1位 番長
ランダム レアオジャマを除き所持お邪魔が20以上で総合1位
ラブリー レアオジャマ
ダンディー レアオジャマ
もっとふわふわ判定ライン レアオジャマ
ボンバー レアオジャマ

Lv3

オジャマ名 獲得条件 部屋制限
バラバラポップ君 最初から所持
色々爆走 最初から所持
パニック ロストを5回装備する
左右プレス&プレス 左右プレスを5回装備する
色々ポップ君 カエルポップ君にせポップ君の嵐?色ポップ君(ナゾイロ)以外の「●●ポップ君」と名の付くオジャマを累計20回装備する
強制Low-SPEED 強制ハーフスピードを20回装備する
もっとHELL HELLを10回装備する
アイドル
にせポップ君の嵐 トランプのスートを2列揃える アイドル
上下さかさま 上下プレス&プレス左右プレス&プレスの両方が使用可能になっている状態でこれらを累計30回装備する
横分身 自分の選択したキャラクターと同一のキャラクターを使用している相手を、合計30回順位で上回る(3人同一なら総合1位で2カウント分になる)
ガチバトルで総合1位
バラバラスピード 総合1位を50回
総合1位を30回
ヒーロー
COOL or BAD!! GOODがBADに!!を20回装備する ヒーロー
なぞ色 トランプを全種そろえる ヒーロー
リフレクション レアオジャマ
オジャミックス レアオジャマ
DEATH レアオジャマ

動物名の基準について

勝利数(総合1位回数) 45%以下 46~48% 49~52% 53~64% 65%以上
リス うさぎ メダカ スズメ タイガー
チワワ 三毛猫 ハマチ ミツバチ コブラ
エリマキトカゲ モンキー ラッコ ムササビ ジャッカル
カンガルー トナカイ ライオン
オカピ カメレオン カモノハシ フクロウ チーター
バッファロー ラクダ イルカ アゲハ クロコダイル
キリン コアラ ウーパールーパー フラミンゴ グリズリー
ゾウ パンダ ピラニア ハヤブサ ティラノサウルス
100回以上 ツチノコ
200回以上 ユニコーン
300回以上 グリフォン
400回以上 ドラゴン
500回以上 フェニックス

以上のように、総合1位の回数及びネット対戦における総試合数に対する総合1位の割合で動物名の称号に影響していた。
肉食系の生物になっている場合は勝率の高いプレイヤーの基準となっており、後にi-revoのポップン公式ブログで2010年11月にその仕組みが公開された。

関連用語

称号/ポップン13
ネット対戦モード