汚染等級

おせんとうきゅう

神咒神威神楽の用語。

個々人の歪みの汚染度を数値化したもの。
この世の理の範囲内にあるものを「陽の術」、から外れているものを「陰の術」と定め、それぞれ十段階で格付けがなされている。

陰気検査

葦原中津国の国民全員が計測することを義務付けられており、高濃度の汚染を受けていると診断されれば、然るべき処置を受ける。最悪死刑であり、上位の歪みの場合は殺せないため監視と封印の処置を施される。
年始に秀真御門本家へ出向き陰気を検査するのだが、これを破るのは殺人より重い罪となる。
皇主や公達、五つ竜胆車の者達は逆に御門の術者が出向くが一般市民は別。

枠外の等級

太極』はにも属さない技術として枠外にある法。個々の太極のが等級となる。

曼荼羅』は属している宇宙から支援を受けていることを示す。属する曼荼羅と司る理の咒で等級に用いられる。(例:修羅曼荼羅・大焼炙)

どちらもこの世界では枠外のものであるため数値化されていない。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。