理想の将とは、他者を狂奔させる才を持つ者

発言者:御門龍明

淡海での咲耶と龍明の会話。

咲耶
「わたくしには、理想の将がどのような者であるかなど分かりません。一般的には、非情に徹するとか現実的であるとか、そのようなことを言われているようですが…」
龍明
「私が思う理想の将とは、他者を狂奔させる才を持つ者。それが恐怖であろうがであろうが、はたまたとやらであろうが同じ」
「要は伝染、影響力だよ。そしてその手の資質はな、己一人で完結する者になど宿らない。とにかくこの世には求道者が多い」
「重要なのは覇道の資質だ。他者を染めることが出来る者」
咲耶
「では竜胆様が、そういうものだと?」
龍明
「そうであったらよいかもしれんな。事実おまえは、烏帽子殿の影響を楽しんでおるようだし」

御前試合での久雅の代表を決められない竜胆に、同じようなことを言っている。
「絆で繋がる臣とやら、感じるままに選ばれるがよかろうよ。いっそ恋でもしてくれれば、大いに助かる」
「御身は将だ。間違われるなよ、烏帽子殿。信を望むなら探すのではなく、その狂気(りそう)とやらで兵どもを酔わし、勝ち取れ。それが久雅の、竜胆車の主たる者の王道だ」

言い換えれば教祖、現人神、神の資質と言ってもいい。神性があればだが
価値観の闘争であるを巡る神様シリーズにおける重要な概念を説明している台詞。
でも、なんだかんだ言って生存競争が多かったりする。

  • やっぱ獣殿はすごいんだよな、八千年経っても自分を慕う忠臣が居るんだもの -- 名無しさん (2013-01-11 11:47:36)
  • 一人の女性をここまで愛に狂わせるとか魔性すぎる -- 名無しさん (2013-01-11 12:18:03)
  • 狂奔させすぎると神格になってしまうので注意 -- 名無しさん (2013-01-11 13:10:45)
  • 非情とか現実的とか理屈っぽいんじゃあ駄目だな、イカれさせなきゃ -- 名無しさん (2013-01-11 22:05:02)
  • (∴)<俺の理が完成すれば狂奔できるぞ -- 名無しさん (2013-01-11 22:49:34)
  • 食通界・カレー道だと(゚Д゚;)!!!!!!!!!!!!!?????????狂奔モノじゃねぇか(゚Д゚)!!!!!!!!!!!!! -- 名無しさん (2013-01-11 22:59:55)
  • これ全部獣殿のことじゃないっすか -- 名無しさん (2013-01-12 03:12:53)
  • ↑ 問題です。エレ姐さんの理想の将とは? -- 名無しさん (2013-01-12 10:33:48)
  • 第2天のオッサン -- 名無しさん (2013-01-12 12:19:41)
  • ↑おいwww -- 名無しさん (2013-01-12 12:40:27)
  • あのおっさんも良き名将だったんだろうな、民の事を思い流出したわけだし -- 名無しさん (2013-01-12 13:20:50)
  • カリスマだけが名将の条件ではないということですよ。水銀とか相手が何に狂奔するか判っているから、それを餌に釣る -- 名無しさん (2013-01-12 14:58:34)
  • ↑6 恐怖=肉体が聖遺物化する程集まった恐怖 利=不老不死や永劫の戦乱 愛=「私は全てを愛している!」 エレ姐さんマジ黄金厨すぎる -- 名無しさん (2013-01-12 16:32:35)
  • (∴)<我が天狗道にて狂奔とはなにか見せてやろう -- 名無しさん (2013-01-13 01:40:42)
  • 黄金「面白い…我が覇道(あい)の総てを卿に知らしめてやろう(-_☆)」 -- 名無しさん (2013-01-13 02:32:46)
  • 他者を狂奔させる才(煽りスキル) -- 名無しさん (2013-01-13 06:28:47)
  • 正直竜胆は覇道を担うカリスマとしてはあんまし。うまく言えんが何かが足りん -- 名無しさん (2013-02-03 18:12:37)
  • ↑そりゃdiesで黄金見ちゃえばねぇ・・・。ニートとのラストバトルの愛を語る獣殿こそ、覇を持って他者を狂奔させ、万象制す理想の将だろう -- 名無しさん (2013-02-03 20:31:48)
  • 「いっそ恋でもしてくれれば」 ああ、経験者は語るってやつ(ry -- 名無しさん (2013-02-06 04:12:59)
  • 俺は竜胆もいいと思ってるからdisるの止めてくれ -- 名無しさん (2013-02-06 17:37:20)
  • 竜胆いじりは愛(S的な意味で)と思ってる俺は天狗道に堕ちるべきなのだろうか・・・ -- 名無しさん (2013-02-06 19:56:13)
  • ↑それは覇吐道じゃね? 形はどうあれ竜胆LOVEだし。 -- 名無しさん (2013-02-06 19:57:47)
  • (∴)<なるほど、俺も竜胆を愛しているからちょっと煽ってくるかな -- 名無しさん (2013-02-06 21:01:28)
  • それはない -- 名無しさん (2013-02-06 21:16:26)
  • (∴)<俺の前に奇形を引きずり出してくれる竜胆を愛しているぞ -- 名無しさん (2013-02-06 21:27:06)
  • 竜胆はベア子の詠唱使った辺りのシーンが賛否両論過ぎる。「率いる」側の人間だよって魅せる意味で、アレはアレで良かった派だけど、ちょっとアレンジしてあったりしたら「あ、ベア子をリスペクトしてんだな」位で済んだかも -- 名無しさん (2013-02-07 08:56:51)
  • 竜胆というより見せ方の問題だからな。まあ本人も何言ってるか分かってないからそのまま口にするしかないんだが -- 名無しさん (2013-02-17 23:55:28)
  • 狂奔させることが将の才云云は平野耕太のドリフターズでもあったね。正田氏は平野作品の影響受けてるんだなぁと思った -- 名無しさん (2014-02-10 21:57:51)
  • 第一天は今の描写のままだとこれしかなかったように感じてまう -- 名無しさん (2014-02-11 00:50:34)
  • 聖十郎にもあるのかな? -- 名無しさん (2014-02-11 02:39:09)
  • 八命陣で最高の覇道資質はキーラさんなんだろうな -- 名無しさん (2014-02-11 05:21:28)
  • 頭使う仕事は軍師に任せときゃ良い。力使う仕事は兵士に任せときゃ良い -- 名無しさん (2014-02-11 07:01:41)
  • 実際、トップよりも能力が優秀な副官や将軍がいるケースはざらにある。莫迦で愚かじゃ当然務まらないが、人を魅せる資質の有無は否応なく問われるだろうな -- 名無しさん (2014-02-11 09:41:21)
  • ↑あー、ヘルシングのペンウッド卿を思い出した。 -- 名無しさん (2014-02-21 00:25:00)
  • ↑確かに。あの人部下に「いつもどうりケツで椅子みがいててくださいよw(意訳」とか言われちゃうのに、言ったやつ含め部下皆あの人と祖国に殉じたっていうね。 -- 名無しさん (2014-09-01 00:56:22)
  • ↑5 キーラの他者を動かすカリスマは家族限定だからなあ。と思ったら発売前あたりのコメだったか -- 名無しさん (2014-09-01 02:06:20)
  • ↑ アイドルキーラを舐めんな。プレイヤーたちを(性的に)狂奔させたじゃん -- 名無しさん (2016-07-12 00:11:05)
  • カリスマって難しいよな。使い方間違えれば大惨事だし、かといってカリスマないと上に立っても部下や仲間がついてこないし。 -- 名無しさん (2016-07-12 01:40:46)
  • この項目の上に獣殿の項目、奇跡だな -- 名無しさん (2016-07-12 11:55:14)
  • 水銀の他者を狂奔に駆り立てる力は獣殿を遥かに凌駕するぞ、すなわちメリクリウスチョウ・・・・(記述はここで途切れている) -- 名無しさん (2016-07-12 21:32:36)
  • ↑3自分自身さえ上手く扱ってこそ真の覇者何だろうな -- 名無しさん (2016-07-12 22:08:06)
  • ↑3 今見たら米騒動で草生えた -- 名無しさん (2016-07-13 08:43:16)
  • ドリフターズで信長が武将に必要なのは他社を狂奔させることといったのを最近見てこの台詞思い出した -- 名無しさん (2017-03-03 22:30:46)
  • で、それもう上のほうででてたね -- 名無しさん (2017-03-03 22:31:27)
  • 覇道型=多を染める将の才ってわけでもないけどな。ルサルカとか「置いて行かないで」で外に向いてるから覇道分類だし -- 名無しさん (2017-03-03 22:40:31)
  • このページの真下にロート・シュピーネってあって、他者を狂奔させる才を持つ理想の将、ロートシュピーネって見えた。さすシュピ -- 名無しさん (2017-03-03 23:49:06)
  • ベイとかどう見ても他人見てないしね。獣殿への忠誠は渇望とは別だし -- 名無しさん (2017-03-04 00:35:10)
  • 無理矢理他者を服従させても一応覇道っぽい -- 名無しさん (2017-03-04 00:47:33)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。