神座万象シリーズにおける重要な用語。
いと高き所に坐したまま総てを見通し人知の及ばぬ力を振るう何者かがいる、総てを超越して達する至高の座。

既存のPARADISE LOSTなら堕天奈落Dies iraeなら永劫回帰神咒神威神楽なら大欲界天狗道黒白のアヴェスターなら二元論)を流れ出させている総ての事象の中心、宇宙の核。その宇宙を支配する「」の坐する場所。
の産まれる原初の渦。
宇宙全ての魂を支配する場所であり力。
森羅万象の根源であり、そこに存在する超常の座。

座に坐す神とは覇道渇望流出太極に至り宇宙法則すら塗りつぶした覇道神のことを指す。この座という世界では人は生きながらにして神となることが可能。
歴代の神や法則については共通用語神座を参照。

  • 座の名称
座は高天原・太極座・王冠・ジュデッカ・頂点・底などとも呼ばれる。
特に神とその統治世界と法則を指して神座という。

  • 座の風景
各時代の神によって神の坐す玉座と座の風景は一変する。
水銀なら宇宙、波旬なら曼荼羅、曙光なら自然と和風の街並み。

  • 座が存在する場所
単純な徒歩や飛翔で辿り着ける場所ではなく、一種の超次元空間であり、言語で説明できない極点。特異点の「底」。
PARADISE LOSTでのアビスなどの高次元、セフィロトツリーは座という最高位の次元への道行きのことである。
龍水は瞑想による精神潜行、夜行特異点の掘削、サタナイルセフィロトの径を渡る科学技術で座まで潜行、あるいは駆け上がっている。

座のシステム

ものすごく大雑把に言えば、「どんな願いでも叶えられるシステム」「全能の神になれるシステム」であり、
神様シリーズにおいては、この座を手にした者が神となり、世界の有り様を決めてきた。
覇吐曰く全は己であり、己は全であるが座を象徴する理念とのこと。

  • 座を構成する時空間
当初は単一時間・単一宇宙で座は構成されていたが水銀によって座の機構が破壊・改変され、多元時間(現在過去未来)・多元的並行宇宙(無限の多元宇宙)の全てを掌握するようになった。
現在座のシステムに組み込まれていない宇宙は現状存在しないが新たに生まれる可能性はある。だが、その場合別の可能性宇宙の神座があることになるため戦争になる。水銀の蛇明けの明星の関係がそれに近い。

座には時間の概念が存在しない。流出した己がその果てに流出を行うという矛盾すら認められる。
座は現在過去未来、あらゆる平行宇宙の中心点。そのため黄昏防衛戦では、水銀の蛇(メルクリウス)が存在していて、かつ黄昏の女神(マリィ)からの許可によって、黄金の獣(ラインハルト)を作中の時間軸から引っ張り出してきている。
三つ巴戦においても、現在過去未来が同列に並んでいると描写されている。

座には歴代の神の理が記録されており、座に坐する者はその理を自分の力として行使できる。敗者が勝者に従属するのは古今東西、一貫にして常に不変。よって歴代の覇道神の法則はそうした形として残り、新たな覇道神の扱う力、その一端へと堕ちる。
黄昏は特にそれを得意としており、その究極系として覇道共存能力を獲得している。
曙光も得意としており、歴代の神の理を再現・複合したものを己の理としている。
逆に水銀は自分の代で座の機構を大改造したせいで、前任者たちとの相性が悪く、この力は使えなかったらしい。
波旬も神座闘争時に使ってくるが、歴代の神に対する敬意と理解が足りないために、威力はとにかく中身のない木偶の剣と化している(もっとも、本人にしてみれば別に攻撃というほどのものでもなく、己にまとわりつく糞を投げ捨てているだけ、だそうだが)。

座の神の殺意。神の位階へ辿り着いていない者を振り分ける座の機構。精神潜行で座まで至った龍水は神と同調することでこれを逃れている。

  • 自己修復機能
Dies iraeにおいて、メルクリウスとラインハルトの全力の衝突でもって、座が砕け散ってしまったが、その後マリィが座を継いでいるため座には自己修復機能があると考えられる。

座の神

魂が座と合一した覇道神。
覇道神を流れ出せば世界が耐えることができないため空間もろともただ在るだけで破けてしまうのだが、座に坐すことで覇道神の理は世界を完全に塗りつぶし新たな神、神座が誕生する。
覇道神が座に坐すことで世界はその神の祈り(渇望)に塗りつぶされる。すなわち神が森羅万象、宇宙という生命体になる。ゆえに神となった者の気質や属性に宇宙の万象は支配される。どんな願いでも強く思い神域へと至ったならば叶えられるのである。(例えば明星は罪の浄化を願い、世界を善性のみが存在するものへと塗り替えた)
だが、水銀のように世界の法則を定めた神がその法則に縛られてしまうという側面もある。

神座となった神は森羅万象そのものであるためあらゆる物理現象を容易く起こすことが出来る。特に水銀は強固な運命管理をなし、あらゆる多元宇宙・多元時間規模での星の運行を完全支配する。
また、神座にとってはすべての宇宙は己の肉体そのもの(曼荼羅)なので宇宙の全てを知ることが可能(天眼)。まさしく全知全能の神と言える存在。

座の神の強さは所有する宇宙の魂の総量で決まり、それらを燃料として使うことで力を行使する。
魂は使い潰すのもただ消滅させるのも自由。死んだ人間の魂を再利用する理も存在する。

  • 神の役割
上記の通り神は自分でも止めることができない世界法則を流出し続けている。明星などは世界のアップデートを何度も行い、己のより理想とする宇宙へ段階的に移行させている。
宇宙すべてを掌握する座の神は現在過去未来における全宇宙の魂を総括する役目を持つことになる。
無限に拡大する覇道の渇望を持つ神は、宇宙に新しい命(魂)を誕生させる役割を担っており、故に魂は増え続けて宇宙は膨張、拡散していく。

  • 神の加護
座の神は任意の対象に力を供給できる。
水銀は蓮に力を供給し『涅槃寂静・終曲』を発現させた。
波旬は畸形曼荼羅を通して東征軍益荒男共を擬似的な太極位まで登らせたり射干となった冷泉に力を供給している。完成した天狗道では数万の擬似求道神が殺し合うという。他にも夜行に自らの太極の切れ端を与えている。あくまで波旬の太極の一部なので与えた後に自由に奪うことも可能。
ベリアルの『無価値の炎』は第二天の座から力を引き出している。神さえ殺すことが出来るといわれる。
座はあらゆる高次元の極点であるため、そこから引き出した力は非常に強力。ただし供給される力の負荷に耐えられる者は限られ、容量を越えれば自壊してしまう。

神と深い繋がりがある場合、座の神と同じ機能を得ることがある。
藤井蓮は水銀の息子であるため自滅因子を生み出した。ただし座と直結しているわけでは無いので特性は劣る。
畸形嚢腫は波旬の一部であるため触覚や自滅因子を生み出した。波旬が強大な存在であるためそのお零れの力であっても通常の神格の機能と差が存在しない。

神の分身。代行者。
神の身体の中に万象があるのだから、人間にはスケールが大きすぎて認識できない。また、神からしてみれば人は矮小に過ぎるため世界に介入するためには触覚が必要になる。
神はあまりに巨大であるゆえに、この世界では身動きが取れない。それゆえ同格の存在でないと神をうまく知覚できない。

神殺し。
神座世界において「魂」というものは寿命が存在し、長く生き過ぎると自壊衝動が発生し自覚無自覚に関わらず滅びへと行動する。これは座の神(覇道神)も例外ではなく、万能であるが故に己を滅ぼす者を生み出してしまう。それが自滅因子と呼ばれる存在である。
発生源たる神がどれ程強大であろうと、その神自身から支援を受けて必ず宿主を殺す。

  • 神の玩具
神の加護を強く受けた者。神の操り人形。
神の自滅因子や触覚等の神との関わりが深い者が該当する。あるいは神の法則下(管理型)にある者達。
神によって定められた役割を演じるだけの存在。自由意志など何一つとして無い。
宿儺が言うには「主役の条件」。
こういう神の玩具たる運命から脱するためには、己の真実を知り受け入れた上で新たな己を見出す必要がある。
波旬の触覚である自身の真実を知った上で自分の在り方を決めることで、あらゆる意味で神の玩具であった夜行は独立を果たした。
覇吐と竜胆も畸形嚢腫の真実を知り、新たに自分達の在り方を定めることで自滅因子の運命から脱している。
藤井蓮と遊佐司狼は水銀の影響を多大に受けていたが、神咒神威神楽では水銀が死んだことでその影響下から抜け出している。三つ巴ルートで蓮は己の真実を知り神の加護を全て捨て去る決意をすることで水銀中毒の抜けた本来の姿で戦いに挑み、司狼は渇望を自覚したことで神の加護を自壊させる異能に目覚めたことで修羅道に囚われた仲間達を自軍に引き込んだ。
ラインハルトは己が水銀の自滅因子であることを完全に受け入れている。

神の交代劇

  • 覇道神同士の戦闘
全世界を塗りつぶすという性質上、原則的に覇道神は同時代に一柱しか存在できない。
故に新たな覇道神が発生するたびに、既存の覇道神と新たな覇道神は覇権をかけて争い合い、勝った側がこのを手にし(あるいは保持し)、負けた側が消滅するという神の交代劇を神座の世界では繰り返している。
端的に言って、強ければ神になれるシステムといえ、そこに善悪は関係なく、故に強大でありさえすれば邪悪な人物でも神になれてしまうという危険性も秘めている。
座の交代機構により新たな神が生まれると前任者の持つ宇宙の総てのを受け継ぐ。そのため代替わりするたびに神は強大となっていく。

新たな覇道神が誕生すると当代の神が流れ出している宇宙の現行法則との衝突が強制的に発生する。覇道神同士が衝突すると、世界がそれに耐え切れずに「穴」があく。この穴を特異点と言う。
穴を落下し続けた果てにある穴の「底」こそが座に他ならない。
座を握っている神がより強力な神格であるほど、穴が開いてから「底」に落ちるまでの「距離」は長くなり、必然的に座に到達する時間も長くなる。
水銀は底へ落ちるまで常人が息を止めていられる程度の時間がかかり、波旬に至っては七千~八千年もの年月が必要な超深奥に座が存在する。*1

太極覇道神の項目にも記述されているが、覇道神同士の戦闘は渇望と渇望のぶつかり合いによる陣取り合戦、領土の奪い合いである。これは「鬩ぎ合い」とも言い、基本的には互いの持つ魂の総量で勝敗は決する。鬩ぎ合いは睨み合うだけでも成立し、本来ならそれが座の交代劇の正道なやり方とされているが、大体は戦闘による対象の殺害によって交代が起こっている。

  • 覇道神以外との戦闘
なお正確には覇道神だけでなく、求道神も神座に赴き、座を握る覇道神と戦うことは可能である(実際、神咒神威神楽ではそれに近い形で神座闘争が行われている)。
しかし、通常求道神では覇道神に勝てないし(全宇宙の魂を保有する覇道神に対して、求道神は自分一人の魂しか持たないため)、勝てたとしても座を握ることはできないので、神座が空席になってしまう。

また、太極流出に至っておらず、神としての資格を持たない状態でに挑んだ場合は、に辿りつく前の段階で座の機構により振るい分けられ、世界から消滅させられてしまう。
そのため、実質的に覇道神は同じ覇道神以外に害されないといえる。

  • 座の神の死
本来神が死ねば神の体の一部とも言える宇宙に存在する魂達も諸共に消滅するのだが特異点での出来事は世界には影響を与えない為、神が死んでも宇宙と魂は残り、座の機構によって次代の神に受け継がれる。
受け継ぐ者がいない場合座は空席となり、魂はそのまま残り死に伴い消滅する。

神の治世

  • 管理型と自由型
神の治世には大まかにわけて管理型自由型がある。前者は個々人の出生や人格、人生、いわゆる運命を神座が管理し、ある程度定められた道の上を歩ませるというもの。 対して後者は人の自由意志を尊重し、その成長を見守りながら、時に救いの手や罰の炎を与えるというものである。
二元論悲想天永劫回帰天狗道は管理型、堕天奈落輪廻転生八百万は自由型に分類される。
それぞれ長短はあり、一概にどちらが優れているとはいえない。ただ、そもそも単一の色で染め上げる座というシステムは管理型こそ正道としているといえる。ぱっと見人の自由意志を尊重する自由型の方が良いようにも思えるが、覇道の性質上結局は「あり方の押付け」という本質に違いはなく、その中身については究極的には価値観の問題に帰結する。
単一で染め上げながら多様性を認める自由型は内部矛盾が生じやすく、短命になりやすい傾向がある。ほぼ全ての民が賛同し、神々さえも守護を誓った輪廻転生にしても、自由型故の「短命」という欠陥は背負っていた。ある程度安定した統治を築くなら、管理型の方が優秀なシステムとはいえる。
とはいえ、(完全な)天狗道や無間、永劫回帰のように長続きし過ぎる(=座の交代が起こらない)のも、それはそれで欠陥ではある。というのも、完全な天狗道は論外であるが、それ以外でも長続きしすぎる治政は単に成長がないというレベルを超えて、後述の自滅因子による全宇宙の消滅に繋がりかねないからである。

  • 死後概念
座とそれを握る神は、宇宙に新しい命を誕生させる役割を担っており、故に魂は増え続けて宇宙は際限なく拡散、膨張していく。
第一天~第三天のように死後概念を持たない世界では、死と共に魂が消滅してしまうものの、それでも魂の滅びに拮抗する誕生があるために、均衡が取れている。
その例外が第六天であり、彼の宇宙では魂が誕生することなく滅び続け、宇宙は縮小していき、最終的に第六天以外の総ての命が滅びてしまい、命の連続性が絶たれてしまう。故に最悪の邪神と呼ばれるのである。また刹那の理も、第六天に比べればマシであるものの、新たな命が誕生する可能性が極小であるために邪神の理と呼ばれる。

座の終焉

  • 座の空席
前述した求道神などによって神座が空席になった場合、世界を覆っていた理の性質によって二種の状態に分かれる。
二元論、堕天奈落、悲想天、天狗道などの現世干渉型の理の場合、先代の神の理が停滞した形で残留する。
八百万や輪廻転生、永劫回帰のような死後概念型の理の場合、死後概念は消失してしまい、死とともに魂が消滅するようになってしまう。
そしてどちらにせよ、新たな命を産む力が無くなってしまうため、即座ではないにせよ世界はいずれ滅びてしまう。(天狗道の場合は即行で滅びてしまう)

  • 自滅因子による神の討滅
また座の神が己の自滅因子に討滅させられた場合、神の自殺とみなされ座の支配に置かれている宇宙が一瞬のうちに丸ごと消滅してしまう。
なお、恐ろしいことに、水銀の蛇は回帰のたびに自滅因子と相打ちになっており、本来宇宙が消滅してもおかしくなかったはずである。水銀の特異な渇望ゆえに何とかそれを回避できたが、でなければ非常に危険な状態だったと言えるだろう。

  • 防衛システム
しかし、この世界の滅亡、座というシステムの終焉を防ぐためのシステムが座には組み込まれており、求道神や自滅因子が神座に勝利してしまう事態は未然に防がれるようになっている。
上記のような神座の終わりを観測者は認めない。過去、水銀や覇吐はこのようなシステム破綻による不具合を懸念し、理想的な代替わりをしようとしていたが実はその思考自体が観測者に操作されている。
求道神と自滅因子による二種の神座の終わりは真実ではあるが第三の展開と結末は巧妙に隠されている。滅尽滅相の理こそがそこに至る鍵だったのかもしれない。

座の歪み

座の歴史においては必ずその時代における化外というべきものが生まれる。
多種多様な心を、たった一つの頂点が統べるという、単色で染めるがゆえに破滅を孕むという大矛盾。いかなる完成度を誇ろうとやがては滅ぶ。生じた軋轢がいずれ破滅を運ぶ。
例えば輪廻転生なら邪宗門、天狗道なら畸形嚢腫といったように。数多の想いを許容する八百万であってもそれは変わらない。
座の興亡は世情が不安定で末法思想が蔓延する時期に起こり易く。兆候としてその時代の真理をついたような思想を唱える輩があらわれる。(堕天奈落ネロス・サタナイル永劫回帰藤井蓮ラインハルト輪廻転生邪教集団天狗道竜胆といった神殺しがそれにあたる)
ゆえに神座が滅ぶ時に次代を予想させる宗教が力を持ち出す。それら神殺しの思想を加速させるのが観測者の役目。
座のシステムを維持し続けるため座を生み出した文明に追いつく前に代替わりを行う仕組みになっている。

座を統べる者が一色である以上、魂と心がある限り何処で必ず渇望(はぐれ)はその目を育みその世界における歪みとなって当代の神を討つ。時の狭間か、宇宙の隙間か、手の届かない座の外側たる虚無からさえ人が生息している限り崩壊の可能性は潰えない。神は至った瞬間から零落という終点を自ら刻む。そもそも人の魂そのものが神座という仕組みに適さないのだろう。
夜行曰く、人間ほど単色に不向きな種族は存在せず、それを統べるのが神座なら始まりから破綻するのは目に見えているとのこと。そして神威は神威でもって既存の法を塗り潰すため、それは人でなければ不可能。それ故に覇を覇という色で重ねるという正道の域からは出ることがない、初めから当代の座が歪みにより破綻し交替するあり方が正解というように座という仕組みだけは永劫不変。そのため夜行は座というシステムは不要と考え、同時に座のシステムは人こそが要であることを理解し、この悪質な座という宇宙にどう一矢報いてやるかと考えている。

覚者。
あらゆる神の加護と支配から自立した人間。


歴代座の早見表
神格 (法則) 分類 死後 世界観 在位期間
第一天 真我 二元論 管理型 無し 中世ファンタジー 二万〜三万
第二天 無慙 堕天奈落 自由型 無し サイバーパンク 五千
第三天 明星
(明けの明星)
天道悲想天 管理型 無し 古代神話 二万〜三万
第四天 水銀
(水銀の蛇)
永劫回帰 管理型 有り 現代伝奇 三万〜四万×那由多
第五天 黄昏
(黄昏の女神)
輪廻転生 自由型 有り 魔法科学 一万弱
第六天 波旬
(第六天波旬)
大欲界天狗道 管理型 無し 時代劇 七千〜八千
第七天 曙光 八百万 自由型 有り 不明 不明

その他
神格 (法則) 分類 死後
黄金
(黄金の獣)
修羅道至高天 管理型 有り
刹那
(永遠の刹那)
無間大紅蓮地獄 管理型 無し


Dies irae PANTHEON

神座という世界は怒りこそが重要で、深い怒りの念を持つ者ほど上位の立場を獲得するというシステムが存在する。明確に例外なのは黄昏のみ。

観測者

座のシステムの一つ。
座の交代を円滑に進めるために存在する舞台装置。あらゆる座の興亡期に出現し覇道神同士の衝突を誘導する。
神座システムを消失させないことが目的で、座を創り出した文明に人が至らないよう座の交代劇を起こしている。

刹那にしろ黄昏にしろ、必ずしも神の座を望んだわけではなく、目先の問題を解決しようとしていたら気づけば神へと至っていたに過ぎない。
歴代の神にも元々神の座を知りながら神を目指した者も少数。そうして座に至った覇者は座には一人のみが坐せるという座のルールを強制される。頂点であるはずの神がルールを決めることも出来ずに代替わりというルールに従わされる。それはまさに神より上の存在がいるに他ならない。神になろうとしたわけでもないのに、そうなってしまったのもそう誘導した者がいるため。その者の名はナラカ。すべての時代で暗躍し己の意思を代行する触覚、観測者を送り続けてきた謎の存在。
座の世界に歪みが発生するのもシステムの欠陥という訳ではなく初めからそう仕組まれていたに過ぎない。

神座の流転というものはある種理路整然としている。対立命題の堂々巡り、全知に対する未知、永劫回帰に対する輪廻転生、慈愛に対する滅尽滅相、唯我に対する八百万という様に。
明星は構図として美しすぎるそれを作為的だと感じ、設計図があることを推測した。そして然るべき時、然るべき者に座が手に渡るよう仕事をこなす観測者のことも。

極奥神座

きょくおうしんざ
Dies irae PANTHEON神なる座に列し伝わる救世主では歴代の神も知らなかった初めからそうなることが決まっていた機構として、極奥神座と呼ばれる場所にて死した筈の初代から六代までの計八名の神と座が同時に集められている。共存できないはずの覇道神を同時に存在させている。この空間を刹那は円卓、曼荼羅、セフィロトと認識している。
初代である真我は事情に精通しているはずだが多くを語る気は無い。観測者たるナラカに囚われ生殺与奪を握られているため死ぬことも出来ず、受けた傷が勝手に治る。
目的は不明だが十柱の神が揃うことでナラカの計画が始動するようだ。
真我が言うにはこれまでの神座の歴史は始まりから決まっていたものでしかない。

備考

神咒神威神楽のファンブック「神咒神威神楽 繪草子」での正田の発言によると、座というシステムは星間戦争時代のテクノロジーが生んだもので、ワープに関わる理論から時間跳躍や宇宙の結合という発想のもとに偶然生まれてしまった副産物とのこと。


  • ( ∴)滅尽滅相…良い響きだ -- 名無しさん (2015-07-24 11:43:59)
  • でもそれ最初に言ったのヤツカハギ組だよね -- 名無しさん (2015-07-24 12:41:31)
  • ( ∴)「時系列的には俺が最初に言ったし…(震え声)」 -- 名無しさん (2015-08-08 21:22:19)
  • 曼荼羅とか神格の結跏趺坐とか、仏教的な要素は神咒の世界観というか波旬の性質に座が合わせてただけなのかな。それとも最初から座はあんな風だったんだろうか -- 名無しさん (2015-12-31 17:13:59)
  • ↑ PC(座)にWindowsいれるかMacかUNIXか、どのOS(神格)いれるかでユーザーインターフェースが変わるようなもんやろ -- 名無しさん (2015-12-31 17:59:47)
  • 水銀はコスモな感じだったな、そういや -- 名無しさん (2015-12-31 20:12:24)
  • んじゃやっぱり座にいる時の第一天は中世ファンタジー風、第二天はサイバーパンク風の姿だったんかね -- 名無しさん (2015-12-31 21:00:53)
  • メタ的なこと言うと、パラロスの時点では座の概念は無かったよ。王冠と似たようなシステムだからそれをこじつけただけ -- 名無しさん (2016-01-10 17:04:02)
  • 第二天在位時の座はカバラ的だった感じがするな -- 名無しさん (2016-01-10 17:44:27)
  • パラロスではセフィロトとクリフォトが使われていたね! -- 名無しさん (2016-01-12 19:48:56)
  • 「天使の羽根を踏まないでっ」 ていう女装ゲーがあったが、あれにも座みたいなシステムがあったな。 -- 名無しさん (2016-01-14 22:40:44)
  • ↑ なんだその衆道至高天が流出してそうなゲームw -- 名無しさん (2016-01-14 23:23:08)
  • 神座のシステムが出来る前って神格誕生したらどうなってたんだろうか。そもそも神座がある世界じゃなければ神格は誕生しないのかな? -- 名無しさん (2016-03-19 08:55:31)
  • あ、でもメルクリウスは神座世界以外の別次元の宇宙から現れた神格だし、座が無くても神格自体は生まれるのかな -- 名無しさん (2016-03-19 09:17:05)
  • 稀に人間とはズレた存在が生まれるってのはあると思う。そして当人はそれを自覚しつつも、人間として生き、人間として消えてゆくんだと思うよ。求道神も覇道神も自覚無しには普通の刃物でも傷つくっぽいからね -- 名無しさん (2016-03-19 10:54:05)
  • 水銀に会う前の獣殿みたいに足りないなーおかしいなーと思いながらも人の範囲で生きてくんだろうな -- 名無しさん (2016-03-20 02:58:41)
  • 座は本当に超深奥・・・ -- 名無しさん (2016-04-01 07:31:57)
  • 神格に至ってる魂は肉体が滅びても魂だけでマリィや波旬みたいに活動できるから自覚や認識してるしてないは特に問題視してないと思う。 -- 名無しさん (2016-04-01 11:58:29)
  • イカベイで少し分かったことがあるな。座の代替わり直後、世界の黎明期には既に「ヒトがいた」。そしてルートヴィヒ、闇そのものである彼の支配領域はおそらく「地球上のみ」。となると座の支配、その効果と範囲と時間の流れは・・・というよりも「座」が本当に支配し管理しているものは・・・ -- 名無しさん (2016-04-04 00:41:23)
  • …そもそもニートの黎明期っていつ? -- 名無しさん (2016-04-04 00:54:56)
  • 闇さんが誕生したのが三万年前やね -- 名無しさん (2016-04-04 01:02:15)
  • やはり宇宙開闢から始めるんじゃなくて出来合いの世界をそのまま連続して使い続けてるのか -- 名無しさん (2016-04-04 01:04:51)
  • (でも流出したのってはるか未来ですよね?) -- 名無しさん (2016-04-04 01:07:56)
  • 神座世界の考古学、古代遺跡ほり返してみたら旧世界のオーパーツがザクザクと・・・ -- 名無しさん (2016-04-04 01:27:33)
  • 座の交代が起こる時点で前神が燃料として世界使い潰してんじゃね?勝手に降りたサタさん→ニートとかは分からんけど -- 名無しさん (2016-04-04 06:34:47)
  • 宇宙誕生から地球誕生まで90億年以上かかると言われてるんだから、そりゃ前の宇宙引き継ぐよ -- 名無しさん (2016-04-04 07:50:26)
  • ホントにこんな奇妙奇天烈な代物を作った奴らって何者なんだよ、まぁ人間が作ったて言う物なら何処かしらに不完全なところがあると思うが -- 名無しさん (2016-04-04 08:00:57)
  • 科学者「人間が完全でないのは神が不完全だからだ」 -- 名無しさん (2016-04-05 19:35:53)
  • どっかのコメントで永久もしもボックスって言われてたが、割と間違ってないな -- 名無しさん (2016-04-12 14:39:30)
  • 設定資料集によるともしもボックスというより、元はこれってどこでもドアみたいなもんらしいね。それがどうしてこうなったのか・・・ -- 名無しさん (2016-04-15 22:45:10)
  • 縺薙l繧ょ?縺ヲ縲√リ繝ゥ繧ォ縺」縺ヲ螂エ縺ョ莉墓・ュ縺ェ繧薙□窶シ? -- 名無しさん (2016-04-15 22:57:42)
  • いまだ理解してないんだが(∴)と戦った時に座の魂空にしたけどあれでなんで宇宙から全魂消えてないの? -- 名無しさん (2016-04-17 00:16:06)
  • ニートが就いている時は「宇宙」、曙光が就いている時は「満開の桜」……座の風景は座についている神の影響を受けていると思われる。つまり、もしもトイレに関する渇望を持った覇道神が座に就いた場合、座の風景が公園の公衆便所とかになる可能性が… -- 名無しさん (2016-05-03 17:34:19)
  • 第八天・邪馬旬か… -- 名無しさん (2016-05-03 17:53:04)
  • 覇吐「う~トイレトイレ」 -- 名無しさん (2016-05-03 18:03:14)
  • 「佛っ・智っ・波!」 -- 名無しさん (2016-05-03 18:10:34)
  • ↑2竜胆「やらないか」 -- 名無しさん (2016-05-03 18:13:12)
  • 覇道神同士の衝突によって生まれる“穴” -- 名無しさん (2016-05-03 18:28:01)
  • ↑それ以上いけない -- 名無しさん (2016-05-03 18:35:08)
  • ↑龍水「すまない、ホモ以外は帰ってくれないか!」 -- 名無しさん (2016-05-03 20:00:56)
  • そして宇宙はただ一人の男に集束し、永遠の自慰を強いられた。マキナ「…………」ただ一人の純粋なホモだもんな要素の -- 名無しさん (2016-05-03 23:51:41)
  • 座に居る女はパイオツデカいな -- 名無しさん (2016-05-29 13:17:31)
  • ↑そういう法則です -- 名無しさん (2016-05-29 13:25:47)
  • 元々はどこでもドアだってこマ? …ワープは光速度を超えるせいで因果律を破壊するから云々というSFでよくあるアレが発想の元ネタかな。んでワープ装置作ったら副次的に因果操作装置的な機能が付いちゃってそれを発展させたのが座と -- 名無しさん (2016-05-31 07:41:24)
  • ↑ 要するに、どこでもドアを作ってたら融通の利かないもしもボックスが出来ちゃった的な? -- 名無しさん (2016-05-31 08:13:55)
  • ↑なにそれ怖い!! -- 名無しさん (2016-05-31 08:29:39)
  • ええ… -- 名無しさん (2016-05-31 10:04:26)
  • 通る人によって法則の違う世界に行くって考えれば…ワンチャン? -- 名無しさん (2016-05-31 10:24:03)
  • ↑30 -- 名無しさん (2016-06-08 20:29:36)
  • ↑ミス、誰か↑31のコメが言いたいことをざっくり解説してくれないか?いまいちピンと来ないんだ... -- 名無しさん (2016-06-08 20:32:08)
  • ↑とりあえず思わせぶりに言っとけば誰か考察し出すやろ(丸投げ -- 名無しさん (2016-06-09 06:25:46)
  • 多分「座」 -- 名無しさん (2016-06-09 14:27:41)
  • ↑ミス -- 名無しさん (2016-06-09 14:27:49)
  • 多分「座」が支配しているのは実は全宇宙とかではなく人間の魂や思想なのではないか? ということなんじゃないかな。戦真館的な言い方をすれば普遍無意識を掌握しているということになる -- 名無しさん (2016-06-09 14:31:31)
  • そのさらに上位というか深淵というかな -- 名無しさん (2016-06-09 16:37:30)
  • でも渇望にぶつかり合いに日本真っ二つになってるんだよな… -- 名無しさん (2016-06-09 19:00:00)
  • 盧生何人くらいいれば日本分断できるだろ? -- 名無しさん (2016-06-10 01:47:53)
  • ↑ 甘粕一人で十分 -- 名無しさん (2016-06-10 01:53:06)
  • ↑地球一個くらい本気出さなくても壊せそうな人だし -- 名無しさん (2016-06-11 04:04:49)
  • 既に知っているような気がするコメントが何度も流れ(永劫回帰)、正田ファンを優しく包み込み(輪廻転生)、たまに自己愛が跋扈し(天狗道)、果ては桃色の香りにまで包まれてる(万仙陣)このwikiって実は座に行く過程にある道じゃね? -- 名無しさん (2016-06-12 20:53:48)
  • ↑ ああ、だから紳士道と衆道至高天が度々せめぎ合うのか -- 名無しさん (2016-06-12 20:58:14)
  • 座に阿頼耶組み込んだ結果がこれだよ! -- 名無しさん (2016-06-12 21:23:11)
  • ↑四四八に管理して貰おーぜ -- 名無しさん (2016-06-12 23:31:14)
  • ↑3今代の座まで掘削する過程のせめぎ合いって紳士道と衆道至高天でやってんのか・・・ -- 名無しさん (2016-06-12 23:39:27)
  • (♂))))((((凸)「うおおおおおおおおおお!!!」 -- 名無しさん (2016-06-12 23:53:03)
  • ↑ここの爪牙が完全に衆道に染まらなかったのは紳士たちが戦ってくれていたから…? -- 名無しさん (2016-06-13 08:38:33)
  • (♂)「人間っつーのはなぁ……全員変態という名の紳士なんだよォォ!!」(凸)「ただ…ただ絡み合ってくれれば良いのだァァァ!!貴様らのように何も求めん!ただ並んでいてくれるだけで……いいんだ…っ!」 -- 名無しさん (2016-06-13 10:45:54)
  • 曲流しとこう「Salvator」 -- 名無しさん (2016-06-13 12:44:45)
  • 座の内装ってその覇道神によって変わるみたいだけど波旬は曼陀羅、ニートは太陽系、曙光は桜の大樹がそびえ立つ場所だったけど他の覇道神の座はマリィは黄昏の浜辺、獣殿はグラズヘイム、サタナイルはセフィロトになぞらえたフロア、練炭は時計仕掛けの空間であってると思う? -- 名無しさん (2016-07-20 16:43:48)
  • ↑特異点の光景は、その本人にとって居心地の良い場所が映し出されたものと考えてる。月的にいうなら心象風景の具現化 -- 名無しさん (2016-07-20 18:29:18)
  • 波旬が出てきた時のあの赤黒い色した空間は座の内装なの? -- 名無し (2016-07-20 18:55:20)
  • あれはたぶん夜行の潜航でムリヤリ波旬を観ようとしたのと、とてつもない力の奔流がぼかしやフィルタのように働いた結果だと思う -- 名無しさん (2016-07-20 19:04:40)
  • ワールドエンブリオの柩(エンブリオ)が座の設定と似てたわ。柩は意識が現実を書き換えるシステムで座は渇望が世界を塗り替えるシステム -- 名無しさん (2016-09-02 19:50:42)
  • 獣殿の愛が足りんよのインパクトが強すぎて、愛のない黄金パンチって威力再現できてるのか疑わしく感じてしまうのは俺だけではないはず。 -- 名無しさん (2016-09-03 00:54:11)
  • ルール上、座に就いてる神の方がチャレンジャーの覇道神より有利なスタートなんだよな。覇道神になったけど座の神に勝てずに消えていった名無しの神とかもいたのだろうか -- 名無しさん (2016-10-07 20:48:30)
  • 威力は再現できるが敬意が足りない分、理の強制力が低くくて求道神レベルの存在には決死の覚悟と気合いでギリギリ突破されちゃう感じなんじゃないかね -- 名無しさん (2016-10-30 16:56:18)
  • 天照が過去の覇道神のいいとこ取りができたのって、過去の覇道神の力を飲み込めんで使えるという設定をうまく治世に組み込んだからなのかな。波旬は戦闘に用いたが、座のシステムってそもそも殺し合いのため作られたわけじゃないみたいだし。 -- 名無しさん (2016-10-30 23:43:17)
  • 唐突だが一つ聞いてみたい。落第騎士の英雄譚の主人公は覇道、求道、どっちだと思う?アニメしか知らないが、求道っぽいんだよな…… -- 名無しさん (2016-10-31 18:34:28)
  • 落第騎士って正直「全員」が求道だと思う。一輝にしてもやっぱり「自分の最弱(さいきょう)で相手の最強を倒したい」ってのは求道型の典型だろうと思う -- 名無しさん (2016-10-31 20:05:04)
  • 他人に影響を及ぼす渇望かどうかにかかるが、そういう意味では求道が限りなく多いよ創作の世界は -- 名無しさん (2016-10-31 20:19:51)
  • むしろ大体の主人公が強くなりたいと願うんだから求道じゃね? -- 名無しさん (2016-10-31 22:12:28)
  • 「強くなりたい!」なら求道だが、「俺が最強の世界ならいいな~」なら覇道 -- 名無しさん (2016-10-31 22:39:49)
  • ↑1234成程、確かにあの世界は求道が圧倒的に多そうな世界だ。それに、主人公求道系確かに多い気がしてきて来た。けど、マリィと同じで最初は求道っぽいけど、仲間とヒロインの絆で覇道になる主人公も多い気がする。 -- 名無しさん (2016-10-31 23:19:42)
  • ずっと上の性欲界紳士道と衆道至高天のせめぎ合いを見て思ったが、おねショタ道至高天はどうなるんだろうか。性欲界紳士道の同類と見なされるのか、それとも性欲界紳士道ともせめぎ合うのか -- 名無しさん (2016-11-01 17:29:46)
  • 飢えていればいい…飢えていればいいのだ -- 爪牙になりたい名無しさん (2016-11-16 19:17:54)
  • ↑×2 もし、別なのならヘルガ姐さんが筆頭に上がるな…。ベイにレイプ(和姦?)されて嬉しそうだったみたいだし -- 名無しさん (2016-11-16 19:29:45)
  • 唐突だけども、この世界って第何天に位置するんだろうな? 年代的には第五天の黎明期だろうけど。 -- 名無しさん (2016-11-17 11:50:31)
  • 第七天+天狗道だと俺は思ってる。だって俺とかの行動原理って完全な利己なんだもん。利他なんて眼中に無いときがデフォだし -- 名無しさん (2016-11-17 13:32:03)
  • ならかってなんぞ? -- 名無しさん (2016-11-18 02:01:06)
  • ↑第一天の恋人 -- 名無しさん (2016-11-18 02:11:54)
  • ↑×2 もっと、知りたいなら観測者のネタバレを見ればナラカという男を知れるぞ -- 名無しさん (2016-11-18 02:15:59)
  • ↑×4↑×5それ含めての第五天、新世界じゃね -- 名無しさん (2016-12-05 12:19:53)
  • 神様がドンパチしても現行の人類が存続されるシステム、これを壊すなんてトンデモナイないな -- 名無しさん (2017-03-18 09:59:58)
  • 座を根源として見た場合。根源到達者「ついに根源へ到達したぞ!」黄昏「あ、いらっしゃい!よくここまでこれたね!」黄金「神格はないが必滅の審判を乗り越えたのか。そうじゃなくても折角の来客だ。茶でもどうかね?」刹那「まあ、思ったより大したものなんて無いけどな」竜胆「とは言えその研鑽は並みならぬものだった。誉めて使わそう」ニートの水銀「女神の改造ゴスロリロングスカートドレス軍服ハアハア」パシリのイザナギ「竜胆のゴスロリミニスカ黒ニーソ絶対領域メイド姿ハアハア」刹那&イザナミ(無言の斬殺)明星「ああ、水銀の蛇とイザナギについては気にしなくても良い。いつものことだ」 -- 名無しさん (2017-04-23 07:50:38)
  • 第一天以前の座システム構築前って覇道流出は存在したけど永久展開は出来ないとかそんな感じなのかな。 -- 名無しさん (2017-06-03 18:35:12)
  • デパートの屋上からエレベーターで一階に行く時、「座は近いぞ」と心の中で波旬に言葉を投げる遊びするじゃん? 途中で人入ってきた時もみんな言う? 俺まだ恥ずかしくて黙っちゃう。 -- 名無しさん (2017-06-03 19:16:33)
  • ↑2 座の存在する前の世界だと神格持ちはただの社会不適合者の天才か真性異常者、せいぜいが超能力者や魔術師に毛が生えた程度の存在だったんじゃねえかなあ -- 名無しさん (2017-06-03 21:03:32)
  • 元のどこでもドア機能で全世界から燃料回収しつつ瞬時に神の法則を伝達して一気に塗替えられるってのが一番のキモだろうから 覇道流出できても単一宇宙を塗り替えるのすら気の遠くなる年月掛かる&自滅因子で途中失敗ほぼ確実って事になるんじゃねーかな -- 名無しさん (2017-07-01 01:13:01)
  • 流出が広がるより宇宙の膨張の方が早いわな -- 名無しさん (2017-07-01 02:41:06)
  • そうなのか? -- 名無しさん (2017-07-01 04:11:02)
  • もし座が解体されたら、死後概念などが作れなくなって魂も死んだら消滅してしまうのかな -- 名無しさん (2017-07-08 14:27:30)
  • そもそも座がきえた場合、覇道神とかって誕生するのか? -- 名無しさん (2017-07-11 22:47:39)
  • ↑ 誕生せんだろ。神格持ちを神にまで押し上げてるのはあくまで座なんだから多分求道神も生まれない -- 名無しさん (2017-07-11 22:52:26)
  • まあその辺含めて今後やるんちゃう?Pantheonとかいう絶好の舞台もあるわけやし、その辺の説明を俺は求ム -- 名無しさん (2017-07-11 23:07:29)
  • 座が無いはずの並行世界から飛んできた変態がいたようないなかったような -- 名無しさん (2017-07-11 23:22:36)
  • あいつ人間かどうか怪しいし。波旬でさえ人間なのに -- 名無しさん (2017-07-11 23:23:59)
  • ↑2 あいつの始点は「座のあるこの世界で既に座に至ってました」だからまた別の話かと -- 名無しさん (2017-07-11 23:41:46)
  • 一天ちゃんははじめに座在りきって感じだけど、三天までは単一宇宙で人間の母数が少なかったから不自然な前の法則に極度の不満抱く形でしか次の神格が出現しなかったって可能性もある 座の構築期の話が楽しみだ -- 名無しさん (2017-07-11 23:53:41)
  • 水銀のルーツは考えると頭が痛くなるからもう諦めてる -- 名無しさん (2017-07-12 00:38:27)
  • 深夜の部で、渇望が全てになったのは水銀が座を魔改造したせいで、それ以前の座は別のエネルギーも使ってたという事になった。と聞いたが、ホントだろうか -- 名無しさん (2017-07-16 19:30:14)
  • 第一と第二は渇望由来のパワーではなかったとの事、まぁパラロスは実際違ってるしね -- 名無しさん (2017-07-16 20:26:12)
  • もしかしたら水銀が余計なことしなけりゃ波旬もあそこまでイカれた性能にならなかったのか? -- 名無しさん (2017-07-16 20:34:23)
  • 波旬は生まれながらの神、純正神格で人間というものが分からないって言われてるのに波旬が人間のわけないだろう。水銀といい波旬といい時々こいつらが人間とか勘違いしている書き込みあるけど少しは確認してから書けよ -- 名無しさん (2017-07-16 21:12:11)
  • ↑ この世界って人間が神格になる世界観なんですけど・・・ -- 名無しさん (2017-07-16 21:43:50)
  • 神格=人の上位種ていどの認識 -- 名無しさん (2017-07-16 21:45:36)
  • ↑×2 そういうこと言ってるんじゃなくて、純血の神(水銀や波旬)と混血の神(人間の部分もある神。蓮とか)の違いくらい確認してから書けよって言ってる -- 名無しさん (2017-07-16 21:50:54)
  • 純血の神格でも一応人間の親がいる波旬とマリィだけど水銀だけはそういう発生する要因の部分がわけわからんってこと言いたいと思うよ? -- 名無しさん (2017-07-16 21:56:12)
  • ↑いや水銀も母親の腹の中にいた頃の記憶とかあったはずだけど。どちらにせよ人間から生まれてようが純血の神という設定なんだから人間と呼ぶのはおかしい。人間としての側面がないからこそ純血と呼ばれ、混血と違って転生もできないわけだから -- 名無しさん (2017-07-16 22:03:44)
  • 始めから座にいる形だからそういう記憶持ってるはずないんだよな…触覚の方の記憶じゃね? -- 名無しさん (2017-07-16 22:08:15)
  • ↑ 初めから座にいる状態(それ以前の記憶なし)、じゃなくて「それ以前にたどってきた人生込みで座にいる状態」からのスタートなんじゃね -- 名無しさん (2017-07-16 22:21:11)
  • 世界五分前仮説だね -- 名無しさん (2017-07-16 22:25:05)
  • ↑4 あれ?純血とか混血とかって単に自力で座に至れるか、他神格の手を借りなけりゃ無理かって程度の話だったような・・・ -- 名無しさん (2017-07-16 22:47:29)
  • ↑それだけじゃないよ、水銀は三つ巴戦で純血故人間としての己というものが存在せず神性の喪失によって人間に戻ろうとしている蓮のことが理解できないって描かれてたし、波旬も人間というものが分からないとかお前ら人間の言葉に当て嵌めるならとか言ってたろ。こいつら純血の神は根本から人間とは違う存在なんだよ。蓮が転生できたのも改造神格だから人間としての側面があったからだし。 -- 名無しさん (2017-07-16 23:34:59)
  • 一天あたりは純血だけど人としての生を送ってたあたり、やっぱ神座がないと神性持ちも神格にはなれないみたいね -- 名無しさん (2017-07-16 23:43:25)
  • ↑ それだと上で言われてた「生まれた時から神格」なんてタイプは、車が発明される前の時代に生まれた超天才ドライバーなんて悲しいことに… -- 名無しさん (2017-07-17 00:59:35)
  • 一天ちゃん純血か?一番最初に座に座っただけでナラカとチュッチュしてた時代有るだろ -- 名無しさん (2017-07-17 19:22:03)
  • マリィだってお化けになるまえにの時代あるし、波旬にも木乃伊になるまえにの時代あるよ。水銀?知らん -- 名無しさん (2017-07-17 19:45:37)
  • DNA鑑定したらどんな結果になるんだろうな水銀 -- 名無しさん (2017-07-17 19:59:44)
  • 一応水銀の血が混ざってる練炭のDNAはシュピーネさんのところにあるけど一般広義的なDNAの意味がないんじゃないかなってなるwクローンを見てると -- 名無しさん (2017-07-17 20:18:03)
  • 善悪二元真我(アフラマズダ) 堕天無慙楽土(パラダイスロスト) 明星悲想天(ツォアル)永劫水銀回帰(オメガ・エイヴィヒカイト) 黄昏輪廻転生(アニマ・エンテレケイア) 波洵天狗道(マハーマーラ) 曙光八百万(アマテラス) -- 名無しさん (2017-10-01 13:33:43)
  • 永劫水銀回帰の嫌すぎるネーミング -- 名無しさん (2017-10-01 14:14:24)
  • それ書く順番間違えただけなんじゃ -- 名無しさん (2017-10-01 14:21:00)
  • 一天世界は七つの大罪ネタきそうだな -- 名無しさん (2017-10-01 14:32:31)
  • 大罪ではなくだえーわじゃね? -- 名無しさん (2017-10-01 19:26:20)
  • 俺も座に行きたいんですけど、どうすれば良いです? -- 名無しさん (2017-10-01 19:47:34)
  • ダエーワなら無慙さんの善側にも七大聖霊に相当する存在がいてもおかしくないかな -- 名無しさん (2017-10-01 21:30:26)
  • エンテレケイアって何やねんって思ってググったら完成された現実性ってことらしいがよく分からん・・・ -- 名無しさん (2017-10-03 04:15:54)
  • 蛹から蝶、種から花が咲くようにまだ不完全な進歩の過程から未来に至った事、この場合水底の宝石な求道神だったマリィから皆を抱き締める黄昏の女神=理想の女性=アニマに成ったってこと 水銀の計画してた事そのもの -- 名無しさん (2017-10-03 08:16:16)
  • 後アニマ=魂の方の意味で取ると未熟な魂を輪廻させて成長に導く理とのダブルミーニングかも -- 名無しさん (2017-10-03 08:25:16)
  • まさか座そのものがアニメで見られるとは -- 名無しさん (2017-10-28 01:33:34)
  • しかし序盤であんなネタバレしていいのかね? -- 名無しさん (2017-10-28 02:11:58)
  • 座のことを分からない新規なら意味わからんで済むのかなw -- 名無しさん (2017-10-28 02:15:30)
  • 一応私の宇宙って言ってたからニートが神様なのは分かりそう 座はマジでなんぞ?ってなってるだろうなw -- 名無しさん (2017-10-28 02:19:50)
  • ネタバレって往々にして参加からしたら単純に訳わかんない事が多いし大丈夫では? -- 名無しさん (2017-10-28 02:24:16)
  • ↑参加じゃねぇ新規だ…… -- 名無しさん (2017-10-28 02:24:36)
  • つかニートさん神の自覚あったんだ -- 名無しさん (2017-10-28 05:13:24)
  • 座って「潜る」もんじゃなかったっけ。あいつなんで見下ろしてんだ。神様視点ということから分かりやすい表現が宇宙っぽいところで見下ろす、なんだろうけど。 -- 名無しさん (2017-10-28 05:20:23)
  • 上に行っても下に行っても前でも後ろでも世界の外へ出る=座への到達よ深度とか落下は比喩、流出激突するとムービーで上下左右あっちこっち振り回されるじゃん? -- 名無しさん (2017-10-28 05:41:53)
  • 魔術だったりとんでも科学だったりある世界観だし、座の生まれる前にも資格さえあれば、神にはなれたんじゃね -- 名無しさん (2017-11-23 09:40:42)
  • 座のシステム自体神格ありきな感じだし、どこぞの根源的なやつを神格用に改造しただけじゃない。 -- 名無しさん (2017-11-23 09:48:01)
  • 座はカバラの生命の樹の000(無限光/アインソフオウル)で座の神は1(王冠/ケテル)、ナラカは00(無限/アインソフ)に構えてその最深奥に座の元となる何か(無/アイン)あるんじゃないかなーとか妄想してる -- 名無しさん (2017-11-23 11:27:08)
  • 座の構築前は単一宇宙とは言え普通に命が産まれてた筈だから神座のシステムがどっかで大元の世界法則を上書きする形で阻害してるとかはありそう -- 名無しさん (2017-11-23 22:09:39)
  • たぶん座ができる前にも覇道神や求道神になりえる「神格持ち」は居ただろうしなあ。そういう連中の座が出来て以降の出番がないということは、やはり覇道神・求道神は座ありきの存在ということか -- 名無しさん (2017-11-23 22:36:29)
  • ↑2 世界法則の上書きというか覇道神の独自法則の追加じゃね?基本的な物理法則とかはそのままで、座の主神の願望が後付けで書き加えられてる感じだけど -- 名無しさん (2017-11-23 23:00:51)
  • 物理法則が変わってないのは歴代の神にそういう渇望のやつがいなかったからだと思う、例えばザミエルみたいな渇望の神がいたとしてそいつが座の神になれば全宇宙ムスペルヘイムになるから火に関しては物理法則が変わったといえる -- 名無しさん (2017-11-24 00:34:57)
  • ニート降臨の時に副次的に神秘が爆発的に増えた筈だから、神自身の法則以外でも世界に影響出てそうな感じ まだ目立ってないだけで細かいシステムバグ蓄積してたりして…… -- 名無しさん (2017-11-24 03:14:09)
  • 管理型の次は自由型に、自由型の次は管理型になりやすいとかあるのかな?実際大体そうなってるし(ただしニートは除く) -- 名無しさん (2017-11-24 13:24:36)
  • 管理型の世界の弊害をなんとかするために主人公らが頑張って意志を尊重した世界を造ろうってのが神座シリーズの大まかな話だから、ほぼ必然的にそうなるのかもしれんな -- 名無しさん (2017-11-24 13:30:22)
  • まず現状の世界の否定があるし、管理されんのヤダ、自由を!→自由すぎて駄目だわ、管理しなきゃの流れになるのはまあ打倒というか -- 名無しさん (2017-11-24 20:38:14)
  • ↑7 覇道神がいたとしても第一天に倒されてそうだし。求道神いたとしても触らない限り関わってこなそうだから宇宙の端でぷかぷかしてんじゃね。そもそも神格の器何てめったにでないないからいるならって話だけども -- 名無しさん (2017-11-29 17:57:53)
  • ↑単純計算すると天然の神格持ちの場合2~3万年に一人程度の割合だな、発生率 -- 名無しさん (2017-11-29 18:05:12)
  • ↑ そりゃ覚醒した神格持ちだけの話やろ。神格にならずに終わった潜在的な神格持ちとか多分その数倍以上いるぞ。 -- 名無しさん (2017-11-29 19:50:50)
  • 求道神の発生はマリィが一番最初、だからそれ以前に求道神は存在しない。やっぱエイヴィヒカイトだけでなく神も含めて、水銀以降にしか渇望は力にならないのでわ? -- 名無しさん (2017-11-29 20:11:35)
  • 実際に -- 名無しさん (2017-11-29 20:31:21)
  • ↑誤爆失礼 -- 名無しさん (2017-11-29 20:38:19)
  • 生まれながらに神だったマリィと波旬は求道神だったからまだ良かった。あれで覇道神だったら、サタさんの例からして下手したら胎児の状態で当代の座に挑んでたとこだわw -- 名無しさん (2017-11-29 20:41:38)
  • ↑自分の渇望を自覚していない神はただの「無形」だから、座の神に挑むのはある程度成長してからだと思うぞ。特に覇道型はその性質から、他人とある程度は関わらなきゃいけないし -- 名無しさん (2017-11-29 20:49:01)
  • 胎児が一番関わる他人は母親だから、妊婦に何か危害が加わったりしたら胎児覇道神爆誕するかもね -- 名無しさん (2017-11-29 21:02:44)
  • サタナイルとか胎児どころか因果律のレベルで生まれた瞬間に「この神ダメだな。俺がなんとかするしかねえ!」と自覚してたからなあ。生まれながらの神格だったなら、たぶんあのままの勢いで無慙のじいさんに挑んでったと思ふ -- 名無しさん (2017-11-29 21:15:54)
  • 渇望システム導入したのって水銀の代からだと正田ボックスのVFBに書かれてるみたいだがそれ以前の代の神も渇望やそれが元になった理があるはずなのにどういうことなのかよくわからん -- 名無しさん (2017-11-29 21:22:31)
  • ↑ 一天は逃避からの「思い込み」、二天、三天は極度に振り切れた「感情」で座に至ってるな。そのあとに流れ出したルールは「こうであれ」という半ば意識的、半ば無意識的な神格の望む世界 -- 名無しさん (2017-11-29 21:29:42)
  • ↑渇望も現実を受け入れない者の極度の思い込みで現実を自分の理想通りの世界にねじ曲げるものだし強い想いは強い感情とも言える。全部似たようなものの気がする。精神エネルギーって言葉で一括りできそう -- 名無しさん (2017-11-29 21:44:46)
  • ↑まあ神格はまず魂ありきだし、そこから湧きだす力を活用できればどんな方法でもよさげではある。まだ明かされてない設定がたぶんあるだろうからそう単純な話でもないとは思うけど -- 名無しさん (2017-11-29 21:50:10)
  • 一から三の座は色々と未知な部分多いからな -- 名無しさん (2017-11-29 22:57:58)
  • ↑6 サタナイルは渇望が足りなかっただけじゃない。理性的すぎたというか。 -- 名無しさん (2017-11-30 02:06:26)
  • ↑6 渇望と言うより。エイヴィヒカイトの話だったんじゃないそれ、渇望自体は、第一天からありそうだし -- 名無しさん (2017-11-30 02:25:35)
  • 渇望あったらマリィ以前に求道神発生してるでしょう -- 名無しさん (2017-11-30 08:41:37)
  • 水銀前は単一世界だから神格域の魂ってモデルケースもその分少ないからなー、渇望ってシステムに加えて波旬の糞を恵まれた擬似求道神ですら数万止まりだし -- 名無しさん (2017-11-30 12:09:03)
  • ↑2 求道神の有無についてはわからないけど、渇望はあるでしょ。覇道神の力は渇望できまってるみたいなものだし。 -- 名無しさん (2017-11-30 13:28:22)
  • ↑ 渇望を用いるようになったのは四天以降と明記されてるから、あったとしても誰も使っとらんよ -- 名無しさん (2017-11-30 14:18:49)
  • (∴)「こんな物がかあるから俺が嘆き悲しんだんだろうが!」 -- 名無しさん (2017-12-01 19:34:49)
  • …此処だけの話、もし現実に”座”があるとしたら、今現在どんな神がいるのだろうかね…? -- 名無しさん (2017-12-24 17:48:05)
  • ↑堕天奈落のじいさんでしょ -- 名無しさん (2017-12-24 17:54:07)
  • マジンガーZインフィニティのゴラーゴンも神座万象シリーズの神座システムに近いよ -- ドルルモン (2018-03-03 01:21:33)
  • 連日こうも猛暑日が続くのは、気温が上がるような理を流出させてるやつが座についた可能性が -- 名無しさん (2018-07-19 08:04:55)
  • エレ姉か甘粕だな(断言) -- 名無しさん (2018-07-19 08:12:55)
  • いや、もしかしたらカグツチかヘリオスかもしれない。 -- 名無しさん (2018-07-19 10:54:47)
  • 松岡修三がとうとう座に到達したかもしれんぞ -- 名無しさん (2018-07-19 17:54:44)
  • これって元々「宇宙最強の十人」を創り出す為だけの代物なんじゃないかと思えて来た。第一天以前の黎明期は座を巡って戦っていたとされてるが、そもそも“何と”戦っていたんだ? ミトラが座に着いたのは、それが“何か”の手に渡るのを阻止する為で、ナラカが座の交代こそを狙っていたのは、いずれ“何か”との決着をつける為に必要な戦力・・・「宇宙最強の十人」を揃える事こそが目的だったんじゃあ?(妄想) -- 名無しさん (2018-08-23 01:42:35)
  • ↑「最強の十人」を選ぶのに単なる先着順というのはちとお粗末。少なくともその数倍は候補者が出揃うのを待ってから厳選したい。あと一天ちゃんが罪悪感で逃避するくらいだし、やはり神座争奪戦は人類同士の内紛だった気がする -- 名無しさん (2018-08-23 01:50:16)
  • 基本的にはその時代における最強の存在が座に就いて、次代になる程強大になっていくんだから間違ってないと思うけど -- 名無しさん (2018-08-23 02:01:40)
  • 極論言うと初代時点で選抜した何十人も平行世界の概念ができた四天以降から見たらゴミみたいなもんだろうしね、やり方としては間違ってないけど 強いて言うなら理論上最強になる十代目が目的だったとかの方が近い気が…なお波旬 -- 名無しさん (2018-08-23 07:28:37)
  • 波旬を度外視したとしても、神であろうと自分と同等に強い自滅因子っていう死神が絶対以上は徐々に強くなるって保証もないんだよな 。実際先輩ルートの水銀黄金同士討ちの隙に椅子強奪って動きなら、(水銀はそれでも回帰できるけど)当代の神より弱くてもワンチャンあるだろうし -- 名無しさん (2018-08-23 08:14:16)
  • 座を握ったことがあろうとなかろうと自滅因子だろうと、とりあえず覇道神が十柱いればOKって時点で「強さ」よりも「頭数」の方が重要だったっぽい印象 -- 名無しさん (2018-08-23 08:40:54)
  • 強さだけなら勝手に増え続ける魂の数で補えるのが覇道神だし、何が来ても対応できる世界法則の多様さがほしいんでは -- 名無しさん (2018-08-23 10:49:42)
  • 各時代のナラカ(妄想)・・・一~二「やー、ミトラやられちゃったかー。ま、始めから決まってた事だし、しゃーないしゃーない。それはそれとしてこいつ(無慙)ムカつくから治世そっこーで終わらせたろ」 二~三「蓋を開けて見りゃこの潔癖症(明星)の独走状態。あるいは、もしかしたらあの反天使(ナハト)が自滅因子として覚醒してくれていりゃあ、もう少し違ってたかもだが、贅沢は言わねえさ。にしてもまさか科学技術で座に到達するとはな。こりゃ、こいつ以降の座は文明レベルの方にも目ぇ光らせといた方がいいかもな」 -- 名無しさん (2018-08-23 11:52:46)
  • 続き 三~四「っべー、こいつ(明星)完成度高すぎてマジっべー。まだ手札が欲しいってのに、こいつで頭打ちかよ。・・・ん? ってハァ!? 『領域外から湧いたバグ(水銀)が座を浸食したと思ったら、そいつが神になって何か座が大幅アップデートされた』だと!? ・・・ま、まあ代替わりで文明もリセットだし、手札も増えたしで万事オッケー・・・だよな」 四~五「この変態有能すぎマジワロタ。一定期間が過ぎたら宇宙リセットしてくれるし、何か勝手に手札候補(黄金&刹那)増やしてくれるし、代替わりの意志があるからいずれこいつも手札に加わるし、いい事尽くめだぜ! 今となっちゃオレのお気に。オレも色々サポート(司狼)したろ」 -- 名無しさん (2018-08-23 11:53:29)
  • 続き 五~六「やっと代替わりしたのに手札に加わらない、だと? は? え、何? 覇道共存? あのアイドル上がり(黄昏)何してくれてんの!? しかも文明の発展速度がクソジジイ(無慙)並みに速ぇえ!? 何かリセットする気配も無いし、このまま行くと現生人類がここに気付いちまう! 畜生、多少強引だがこれ(波旬)をあれ(畸形)して、仕上げにこいつ(邪宗門)をトッピングして・・・よっしゃ! 悪魔合体成功だ! こいつが今の座を一掃してくれりゃあ、文明レベルもリセット、一気に四柱も手札が増えるぜ! オレってば天才!」 -- 名無しさん (2018-08-23 11:54:03)
  • 終わり 六~七「何あいつ、あの変態ですら知り得なかったオレの存在に気付きかけるとか意味分からん。あのまま滅尽滅相が進んでたらいずれオレも・・・。と、とにかく無事に七代目にまで漕ぎ着けたし結果オーライ! 座に着かなかった奴も入れて九柱! 外部のサポート(曙光求道神)も入れれば十五柱! あともう一柱ぐらいいればオレの計画も始動するぜ!」 そしてパンテへ。 -- 名無しさん (2018-08-23 11:54:34)
  • 暫定良い座り心地ランキング:1位:一天(おそらく姿勢に合わせて力場が出るタイプ)2位:六天(疲れたら寝転べる広さ)3位:三天(シンプルイズベスト) -- 名無しさん (2018-08-25 15:52:20)
  • 覇道神いないと魂増えないってじゃあ第一天前の世界っていずれどんなんだったんだ?あっという間に魂無くなりそうだけど -- 名無し (2018-09-03 15:58:04)
  • ↑覇道神いないと魂増えないなんて、それこそ神座できてからの法則やろ -- 名無しさん (2018-09-03 16:17:11)
  • ↑↑死んだらその分生ませりゃいい -- 名無しさん (2018-09-03 16:58:04)
  • まあ覇道神いなくなったら第一神座以前に戻るわけじゃないってのはひとつのポイントかもね -- 名無しさん (2018-09-03 18:32:21)
  • ↑×4 それは神の体=宇宙で細胞=魂だから。座ができる前は自然発生じゃね -- 名無しさん (2018-09-03 18:38:50)
  • まあ、このシステム、プラズマ宇宙論と統一論を足し超解釈すれば創れそうたが -- 名無しさん (2018-10-10 20:31:19)
  • 特殊な電気のようなエネルギーで宇宙の総ての力を一つにする -- 名無しさん (2018-10-10 20:37:47)
  • 覇道神の細胞は電気のようなエネルギーで構成され電気のようなモノだから総ての命の脳など神経細胞に干渉できる、又霊魂もそのエネルギー由来たから干渉可能、これで全能も洗脳もできる -- 名無しさん (2018-10-10 20:48:12)
  • 座は高次元+多元宇宙・多元時間支配+運命管理+太極・無形(宇宙の物理現象何でも起こせる。三つ巴でも描写ある座の標準機能)+色付き太極 -- 名無しさん (2018-10-11 14:09:23)
  • これら全部実現するにはその2つの理論でも足りない気がする。あと色付き太極は宇宙法則を異界法則で塗り替えるので洗脳とは違う -- 名無しさん (2018-10-11 14:10:14)
  • 歴代神座闘争・・・真我vs無慙:全宇宙の魂滅ぼしてからのタイマン 無慙vs明星:時間逆行で過去改変。平和譲渡? 明星vs水銀:自主退陣。平和譲渡(迫真) 水銀→黄昏:宇宙規模のアイマス。出来レース。平和譲渡 黄昏vs波旬:神咒本編参照 波旬vs曙光:世にも珍しい求道神との闘争 -- 名無しさん (2018-10-22 00:32:50)
  • 続き)こうして振り返ると、「“覚醒した覇道神”が“特異点を穿孔し”、“宇宙の魂を保有した現神と戦う”」って通常のやり口は意外と少ないのなって。大体が搦め手や裏技なんかで、神咒では通常起こり得ないはずの覇道vs求道で代替わりしてるし。 -- 名無しさん (2018-10-22 00:37:30)
  • ↑まともな神座闘争(総軍持った座の主に正面から対戦者の覇道神が挑む真剣勝負)って黄昏vs波旬くらいよね。しかもそれでさえ黄昏には総軍持たないとはいえ覇道神が三柱も護衛に付いているという -- 名無しさん (2018-10-22 00:43:59)
  • Switch版やると【座】は世界改変装置というより、ただ覇道神の情報を保存するための装置で世界改変はついでのような気がしたな -- 名無しさん (2018-11-04 20:37:44)
  • 波旬とかいう無限B(バイト)の糞ふざけた容量 -- 名無しさん (2018-11-04 20:55:19)
  • 水銀のせいで無限の平行宇宙×過去現在未来まで拡張、魂の数も無限に。それでも保存できるのが凄い -- 名無しさん (2018-11-04 21:20:18)
  • こんだけ高性能なら記録された魂の出し入れも復元も改変も自在だろうに。変なところで不器用というか融通がきかない -- 名無しさん (2018-11-04 21:36:21)
  • 歌丸「山田くん、座を全部持って行きなさい」 -- 名無しさん (2018-11-25 22:26:54)
  • ↑歌丸師匠はナラカだった…? -- 名無しさん (2018-12-15 01:10:23)
  • 求道神がかなり自由なのが分かるな。寿命も覇道神と違って無限だし -- 名無しさん (2019-05-18 21:13:09)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。