2013年ファイターズのあゆみ

2013試合日報


1月

  • 5日、球団事務所にて仕事始め。
  • 8日、森本宇佐美勇翔寮に入寮。
  • 9日、あとの5名(大谷鍵谷新垣屋宜河野)も入寮。河野は昨年末に入籍していたことを公表。
  • 10日、賢介がサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約で合意と報じられる。
  • 11日、新人合同自主トレスタート、そして阿井ヘッドの就任会見。
  • 14日、鎌ヶ谷スタジアムのスコアボードがメジャー仕様(米ダクトロニクス社製)になることが発表。
  • 15日、翔さんに第1子となる女子が誕生。
  • 19日、鎌ヶ谷にて新入団選手交流会が開かれ、書き初めを披露。(大谷「輝」・森本「出」・鍵谷「鍵」・宇佐美「頂」・新垣「笑」・屋宜「鬼」 ・河野「幸」)
  • 21日、春季キャンプにおいてキューバ人選手、ミチェル・アブレイユ内野手のテストを発表する。
  • 23日、糸井八木⇔オリックス大引赤田木佐貫とのトレードが発表され、ハム専のみならず他スレも大荒れ。
  • 24日、栗山監督の契約延長が球団から発表される。
  • 25日、チームスローガン「純 ―ひたむきに―」発表。(題字は倉本聰さん)
  • 26日、春季キャンプの振り分けが発表。ルーキーでは新垣のみ名護組。
  • 28日、賢介が既報通り、サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約で会見。
  • 29日、新人合同自主トレ打ち上げ、10th Season プロジェクトとしてテーマソング作成を発表。なんとはむせんWikiがYahooからリンクされ、よしおページが3万6千アクセスをカウント。
  • 31日、チームが沖縄入り(一部前乗り組を除く)。大引赤田木佐貫の入団会見。監督、球場に清めの塩をまく。

2月

  • 1日、キャンプスタート。今年もGAORAキャンプ生中継で(ry 名護では大社のおじいちゃんの銅像の除幕式が行われる。
  • 4日、休養日。大谷森本宇佐美スタッフとともにビーチバレーを楽しみ、三線にも挑戦。一方、鍵谷新垣屋宜河野は泡盛作り体験。
  • 5日、サメ選手兼コーチインフル罹患が判明。
  • 6日、大谷、期末試験の為いったんキャンプを離れる。
  • 7日、紅白戦。監督カニとたわむれ、翔さん2013年チーム初ホームランを打つ。
  • 8日、休養日。試験の大谷と名護組の新垣を除く新人5人がお年寄りと触れ合う。
  • 9日、ウルフホフさんキャンプ合流。アブレイユのテスト開始。
  • 10日、対外試合スタート。セガマサ炎上も稲葉選手兼コーチホームランが出る。
  • 11日、アブレイユ、練習試合(ハンファ戦)に出場も2三振。なお試合は雨野が登板。終了後にがWBC台湾代表合宿の為チームを一時離れる。
  • 13日、1軍休養日、2軍は名護で練習。大嶋サク越え連発。選手会長いぬさんエノスター子供たちと珊瑚を植える。
  • 14日、1軍練習試合(2軍は休み)。アブレイユがスパイクを履き初ヒット、ビッキームランで今季初勝利。翔さん稲葉WBC合宿の為宮崎へ。
  • 16日、練習試合。アブレイユ初ホームラン、守備にて左肩関節脱臼骨折。勝さんちび谷が猫とたわむ-れる。
  • 17日、紅白戦@国頭。ルーキーでは大谷が途中からDHで出場、4打数2安打2三振、鍵谷が2回を投げて無安打/1三振/無失点。
  • 18日、休養日。大野西川きゅん森内新垣たち子供と触れ合う。
  • 19日、アブレイユテスト合格、植村名護へ、糸数根本榎下が国頭へ。
  • 20日、練習試合。アブレイユが4打数2安打、初めて1塁の守備にもついたようだ。翔さん稲葉が共にWBC日本代表に選出される。
  • 21日、練習試合。リリーフ陣(宮西増井)そろって対外試合初登板。
  • 22日、2軍キャンプ打ち上げ、大嶋が手締めを担当。この日より小谷野大谷鍵谷が名護合流、サトケン森内(先発調整)が鎌ヶ谷行きとなる。
  • 23日、オープン戦スタート。佑ちゃんがリハビリの為に合流。大谷が対外試合デビュー、守備にもつく。なお試合結果は(ry 一方WBC壮行試合で翔さん1安打放つ。
  • 24日、オープン戦vs広島。大谷代打で登場、四球を選ぶ。監督が母校より東京学芸大学栄誉賞を授与される。
  • 25日、休養日。監督より2013年の公式戦開幕投手を勝さんと正式発表する。
  • 26日、練習試合。みつを対外試合初登板。大谷初ライトでスタメン、初ヒット初得点。
  • 28日、春季キャンプ打ち上げ。

3月

  • 1日、移転10年目を記念して10th SEASON HOME CEREMONYを開催、1260人が札幌駅前に集まる。の手術が終了する。
  • 2日、札ドでのオープン戦開始。白星スタート。
  • 3日、オープン戦、近藤マルチ。教育リーグでは大谷が2点タイムリーを放つ。WBCでは翔さんがマルチとが2ランと頑張っている模様。
  • 10日、鎌スタビジョン(仮)初披露。大谷教育リーグで初登板。最速152キロの直球を投げる。
  • 12日、チームに再合流。WBC日本代表決勝トーナメント1位通過が決まる。
  • 17日、鎌ヶ谷オープン戦。大谷プロ入り初ホームラン。観客が4586人と大入り(鎌スタでのオープン戦歴代最多)。
  • 19日、翔さん稲葉がWBC決勝ラウンド(準決勝敗退)より帰国する。お疲れ様です。
  • 20日、神宮でのオープン戦。陽の先頭打者ムランをはじめホフさんアブさんうぐ二岡もホームランが出る。
  • 21日、東京Dでのオープン戦。大谷がついに二刀流デビュー。8回表に登板して2奪三振無失点デビュー。裏には打席にも立ち9回にはライトの守備にもつく。
  • 23日、札幌Dオープン戦。翔さん稲葉が実戦復帰する。大嶋が試合中に骨折(右手有鉤骨)。
  • 24日、オープン戦最終日。引き分けで終わる。
  • 27日、開幕メンバー発表。ルーキーでは大谷鍵谷が名前を連ねる。
  • 29日、13年シーズン開幕。勝さんのアクシデントで登板した矢貫が今年の初勝利、ルーキーでは鍵谷が投げ、大谷はスタメン8番ライトで出場し2安打。公式戦初打点もあげる。
  • 30日、勝さんが左ふくらはぎを痛めsage。ビッキー5-4の猛打賞も試合は(ry
  • 31日、ちび谷age。アブさん初ホームランが公式戦でのチーム第1号となる。上沢ファーム戦にてプロ初勝利。

4月

5月

6月

  • 1日、大谷プロ初勝利。鶴岡2年ぶりのホームランで花を添える。
  • 2日、モルケンage、sage。サトケンプロ初ムランも試合は(ry
  • 3日、アブさん旭川で場外ムラン。翔さん「ジョージア魂賞」受賞。
  • 4日、ファームにて実戦復帰。
  • 8日、飯山age、西川sage。
  • 9日、勝さんがプロ8年目で初打点をあげればちび谷はプロ初セーブをあげる。
  • 10日、西川が左前十字靭帯付着部剥離骨折で全治2ヶ月の診断。
  • 12日、age、ちび谷sage。
  • 13日、うぐage、根本sage。きさぬこ移籍後初完封勝利。
  • 15日、稲葉1000得点を達成。
  • 16日、監督就任2年目で通算100勝達成。
  • 18日、大谷二刀流デビュー、打つ方は3-1で打点1も投げる方は勝ち負けつかず。交流戦は勝利でフィニッシュ。バラさんに女児誕生。
  • 交流戦の結果:4勝・広島/3勝1分・ヤクルト/2勝2敗・巨人,DeNA/1勝3敗・阪神,中日 順位:4位・13勝10敗1分勝率.565/得点105 失点89 本塁打24 盗塁21 打率.256 防御率3.23。
  • 22日、233日ぶりに佑ちゃんがフューチャーズ戦で実戦復帰。
  • 24日、オールスターファン投票で翔さん増井大谷(外野手として)が選出される。
  • 25日、ちび谷河野age、サトケンとわき腹を痛めたモルケンsage。
  • 27日、がオールスターの選手間投票で選出される。
  • 29日、大谷プロ入り初盗塁、チーム勝率を5割に戻す。
  • 30日、今浪プロ入り初ライトの守備につく。そしてメッシもライトの守備についた。

7月

  • 1日、きゅんage、ちび谷sage。オールスター監督推薦できさぬこ(3回目)・ツル(2回目)・みつお(2回目)と大引矢貫のうれしい初出場組も。
  • 2日、大嶋イースタン戦でグラスラを放つ。
  • 3日、鍵谷プロ入り初セーブ。
  • 4日、いぬさんage、村田sage。みゃー通算107ホールドポイントとなり球団歴代単独1位となる。
  • 7日、ムラマサage、きゅんsage。
  • 8日、おっさんうぐムラマサsage。新外国人投手ジャスティン・トーマスと契約合意を発表する。
  • 9日、二岡AKD杉谷age。モルケンとの契約解除を発表する。
  • 10日、大谷プロ第1号ムランを放ち、が150セーブを達成。海の向こうでは賢介がメジャーに昇格、2番レフトで先発で打って守って活躍する。
  • 11日、ちび谷age、ウルフsage。大谷、練習中に右ほほにボールを当ててひび入る。
  • 12日、トーマス来日、入団会見。
  • 13日、サトケンage、みつおsage。
  • 14日、きさぬこsage、ケッペルageで460日振りの1軍登板を勝利で飾る、スーパープレーつき。小谷野3年ぶりの札幌Dムランがグラスラ、大谷が代打ムラン。
  • 15日、ケッペルsage、屋宜ageで9回にさっそくデビュー。今季初先発全員安打で10桁得点の猛攻でマサルさん5年ぶりプロ通算3個目のワイルドピッチ。
  • 17日、トーマス2軍で来日初登板し、2回4失点も3三振。前半戦を借金1の4位で折り返し。40勝41敗1分/勝率.494/得点317 失点326 本塁打71 盗塁57 打率.256 防御率3.577。
  • 18日、ちび谷屋宜sage。フレッシュオールスター開催。近藤は2打数1安打。上沢は急遽先発で2回2三振無失点で大役を果たし、石川は8番ライトで先発出場し4打数2安打(1本塁打)犠飛で計2打点と大活躍してこの両名は優秀選手賞を獲得する。
  • 19日、オールスター第1戦。大谷が5回に投手として出場、2安打されるも1三振。一方、野手として6回よりレフトの守備につき、打つ方では2打席も凡退。みつおは途中出場で2回を1安打無失点、鶴岡は途中出場し1安打、矢貫は7回に出場も2安打1四球1失点、増井は8回に出場で1三振、ビッキーも先発出場。
  • 20日、オールスター第2戦。ビッキー鶴岡が途中出場、先発出場の大谷は外野手(ライト→レフト)で登場し1安打。翔さんのパフォーマンスも。
  • 22日、オールスター第3戦。大谷が7回守備から途中出場、8回の打席では同点となるヒットを放ち、敢闘選手賞とスカイアクティブ賞を獲得する。木佐貫は先発して2回1安打無失点、翔さんは先発出場、矢貫は7回に出場、無失点。ビッキーは守備で途中出場する。
  • 24日、ウルフage。
  • 25日、河野age。
  • 26日、みつおage。
  • 27日、ケッペルage。
  • 28日、きさぬこage、ケッペルsage。
  • 29日、宇佐美が社会人交流戦(非公式戦)でプロ入り初ホームランを放ち、しかも逆転サヨナラ。
  • 30日、オールスターを挟んで6連敗で止める。
  • 31日、トーマスage、杉谷sage。

8月

9月

10月

  • 1日、ビッキーage。榊原糸数若竹植村の4投手が戦力外通告を受ける。
  • 2日、ちび谷トーマスsage、矢貫翔さん佑ちゃんage。ぴのがプロ入り初4安打も試合は(ry
  • 3日、大塚佑ちゃんsage。二岡が戦力外通告。
  • 4日、松本age(プロ入り初昇格)。同日ageのエノスターが涙のプロ初勝利。
  • 5日、きさぬこage、近藤sage。2001年以来12年振りに2桁勝利投手が不在となった。岩舘が引退を発表。
  • 6日、サイレントK・前日引退を発表した岩舘age、杉谷松本sage。最終戦を白星で飾れず+その前に5位のチームが勝利した為に最下位が確定し(01年以来で北海道移転後初)全日程が終了。64勝78敗2分/勝率.451/得点534 失点604 本塁打105 盗塁120 打率.256 防御率3.737。
  • 7日、フェニックスリーグ初日。vsソフトバンク、0-2で敗戦。
  • 8日、フェニックスリーグ2日目。vs阪神。雨野登板。
  • 9日、フェニックスリーグ3日目。vsハンファ(韓国)、8-3で勝利。エノスター大谷がこの日より合流。
  • 10日、フェニックスリーグ4日目。vsオリックス、2-12で敗戦。佑ちゃん6回途中11失点(自責7)と。
  • 11日、フェニックスリーグ5日目(予備日)。森本宇佐美がトークショーに登場。
  • 12日、フェニックスリーグ6日目。vs広島、5-2で勝利。松本が3ランを放つ。中島がこの日より合流。
  • 13日、フェニックスリーグ7日目。vs四国IL選抜。3-3の引き分け(前ハムの金森とも対戦した。)またこの日でパリーグ全日程終了。ハムからはタイトル獲得者2名。(・最多盗塁、アブさん・最多本塁打)
  • 14日、フェニックスリーグ8日目。vs斗山ベアーズ(韓国)、11-5で勝利。ムラマサ6回まで2安打ピッチングも7回登板の運天が5失点。西川がこの日より合流。なおこの日で三木コーチの退団が発表される。
  • 15日、フェニックスリーグ9日目。vsソフトバンクも雨野の活躍により(ry  稲葉が侍JAPANの打撃コーチに就任する。
  • 16日、フェニックスリーグ10日目(予備日)。福澤2軍バッテリーコーチの退団が発表される。
  • 17日、フェニックスリーグ11日目。vsハンファイーグルス、10-7で勝利。佑ちゃんが復帰後最多の102球を投げる。
  • 18日、フェニックスリーグ12日目。vs中日ドラゴンズ、6-3で勝利。松本が2本のホームランを放つ。
  • 19日、フェニックスリーグ13日目。vs四国IL選抜。9-1で勝利。大谷が6回1失点と好投、荒張2点タイムリーやきゅんも2塁打含む2本のタイムリーも。
  • 20日、フェニックスリーグ14日目。vs斗山ベアーズ(韓国)。10-2で勝利。杉谷がホームランを含む3打点。
  • 21日、フェニックスリーグ15日目は予備日。この日より鎌ヶ谷においてホアン・ミランダ選手のテストがスタート(~27日)。
  • 22日、フェニックスリーグ16日目。vs阪神、2-5で敗戦。
  • 23日、フェニックスリーグ17日目。vsツインズ(韓国)、みたび雨野(ry
  • 24日、ドラフト会議。1巡目で渡邉諒(内野手/東海大甲府高)を指名。2巡目以降は浦野博司(投手/セガサミー)・岡大海(内野手/明治大)・高梨裕稔(投手/山梨学院大)・金平将至(投手/東海理化)・白村明弘(投手/慶應義塾大) ・岸里亮佑(外野手/花巻東高)・石川亮(捕手/帝京高)の計8名で指名終了。なおフェニックスリーグ18日目のvsソフトバンクはタイ・フーン氏来日(ry なおこの日よりミゲル・メヒア選手のテストが鎌ヶ谷でスタート(~26日)。
  • 25日、フェニックスリーグ19日目(予備日)。浅沼に戦力外通告、島崎コーチのチーム統轄本部プロスカウト就任が発表される。
  • 26日、フェニックスリーグ20日目、vs広島。0-5で敗戦。佑ちゃんが10安打4失点。厚澤和幸1軍投手コーチ・的場直樹2軍バッテリーコーチの就任を発表。
  • 27日、フェニックスリーグ21日目、vs中日。1-2で敗戦。大谷が10三振と好投もエノスターが被弾。なおこの日で鎌ヶ谷秋季練習打ち上げ。
  • 28日、フェニックスリーグ最終日、vsオリックス。1-2xで敗戦。最終順位は7勝6敗の10位。侍ジャパンのメンバーに翔さんとドラ3の岡大海が選出。ツルFA権行使を発表。
  • 29日、ホアン・ミランダテストに合格、渡辺コーチのチーム統轄本部プロスカウト就任が発表される。
  • 30日、秋季キャンプスタート。トーマスの退団が発表される。

11月

12月

  • 5日、アブちゃんと来年の契約を結ぶことが発表される。
  • 25日、鶴岡慎也FAにより人的保障でたかより藤岡好明を獲得することが発表される。
  • 26日、エノスタ-がクリスマスの日に入籍したことが発表される。
最終更新:2013年12月26日 23:41