2015年ファイターズのあゆみ

2015試合日報


1月

  • 5日、球団仕事始め。
  • 7日、石川直勇翔寮入寮。
  • 8日、7名勇翔寮入寮(有原淺間瀬川立田高濱太田佐藤正)。
  • 9日、清水勇翔寮入寮。津田社長が退任して竹田憲宗氏が次期社長に就任することが発表される。
  • 10日、新人合同自主トレスタート。
  • 16日、稲葉SCOが報道ステーションの野球解説者に就任することが決まる。
  • 18日、鎌ヶ谷新入団選手歓迎式典が行われる。目標の漢字は有原「感」・清水「経」・淺間「技」・石川直「学」・瀬川「戦」・立田「強」 ・高濱「経」・太田「躍」・佐藤正「元」。
  • 21日、西川ひと足先に沖縄に乗り込み。
  • 23日、上沢&大谷沖縄に乗り込み。
  • 26日、チームスローガン「EZOlution」発表。(「Revolution」(変革)+「Evolution(進化)」+「Resolution」(決意&誓い)+「蝦夷(エゾ/北海道)」を組み合わせた造語となる)。
  • 27日、春季キャンプの振り分け発表。大嶋渡邉が初の名護組、新人9名は国頭スタート。
  • 28日、サイレントKに第1子の男子誕生。
  • 30日、レアードハーミッダが深夜の来日。
  • 31日、前乗り組以外のメンバーが沖縄入り、レアードハーミッダの入団会見。監督恒例の塩まき。

2月

  • 1日、沖縄春季キャンプスタート。今年も住民にキャンプ廃人が続出、一方球団公式ツイッターが登場。
  • 4日、メンディクロッタガラテ合流。
  • 5日、ガラテ入団会見。キャンプ休日。新人9名は道の駅でランプシェード作り体験。
  • 6日、紅白戦。大塚2安打1三振1四球無失点。岸里がタイムリー。前DeNA(元ハム)のお菊のテスト開始。
  • 8日、紅白戦。佑ちゃんエラーも絡んで2回1失点(自責0)、淺間高濱が出場。ハーミッダが来日初ムラン、レアードも来日初安打。
  • 9日、紅白戦。ムラマサが2回をパーフェクト、大谷が2回2三振1失点、上沢が2四球も2回を無失点、西川浦野から先頭打者ムランを含む2安打。菊地のテストは不合格、サイレントKがふくらはぎ肉離れ、小坂コーチがアキレス腱断裂とけが人。
  • 11日、練習試合(vs阪神)。大谷がそろってホームラン、きさぬこは1三振、みつおは1安打も無失点。
  • 13日、小林浩オーナーが4月1日付でオーナー職を退任し、末澤壽一取締役がオーナーとなる人事を発表。また、もちに第1子となる女児誕生と昨年結婚していた事を発表。
  • 14日、練習試合(vsDeNA)。翔さん近藤レアードが2ランを放つ。ガラテが2回1失点、佑ちゃんは3回2失点。
  • 15日、紅白戦。ムラマサが連続よんたま含む4四球で2回2失点、上沢は3回5三振無失点。佐藤正白村から9球粘ってヒット。瀬川は1回を1四球も1三振無失点。
  • 16日、キャンプ休日。翔さんが侍ジャパン代表に選出。選手会長鍵谷杉谷はサンゴ礁再生イベントに参加、しんご近藤上沢大谷白村は子供たちと触れ合い、新人9名+コユキ監督はお年寄りと触れ合う。
  • 17日、練習試合(vsKIA,韓国)。大谷が1つの四球も3回6三振無失点、きゅん&しんごが揃ってムラン、国頭から招集された松本がタイムリーを放つ。この日より選手会長が名護組、けがで3名(石井大嶋浦野)が国頭へ。
  • 18日、国頭にて練習試合(vsSK,韓国)。うぐがホームランを放つ。なお入団テストを受けていた白嗟承は不合格となった。
  • 19日、練習試合(vsハンファイーグルス,韓国)。みつお3失点で3イニング目の際に打球が足を直撃して降板。先発のメンディは3回3安打も1失点。翔さんの特大場外ムランや田中賢介も3打数3安打の猛打賞などあり、終わってみると19安打19点と大勝。
  • 20日、名護組休日、国頭組は名護で練習。大谷翔平が開幕投手に指名される。
  • 21日、オープン戦(vs楽天)。勝さんが3回無失点、ひろみのタイムリーで得点も1-1のドロー。
  • 22日、オープン戦(vsヤクルト)。対外試合初黒星。
  • 24日、紅白戦。しょうへい4回に翔さんハーミッダに被弾されるも毎回三振を含む9奪三振。渡邉きさぬこからホームランを放つ。
  • 26日、練習試合(vsSK,韓国)は雨野登板。
  • 27日、練習試合(vsSK,韓国)。みつおは5三振も3回5安打2失点。がホームランを放つ。なお試合終了後に手締め、ファームは帰京。
  • 28日、練習試合(vs広島)。メンディは5回3安打無失点、上沢は2回2安打2失点。打線はひろみが2安打2得点、翔さん西川しんご渡邉がホームランを放ち、終わってみると計11点で大勝。

3月

  • 2日、市内にて激励会。
  • 3日、札幌ドームオープン戦(vs巨人)初日。新大型ビジョンがいきなりダウンしたり試合は負けたり踏んだり蹴ったり。
  • 4日、オープン戦(vs巨人)。木田GM補佐のNPB引退セレモニー、田中賢介が2安打も試合は(ry
  • 7日、オープン戦(vsDeNA)。田中賢介がスリーベースで上々と思いきやその後は(ry
  • 8日、オープン戦(vsDeNA)。ハーミッダの劇走もあるもオープン戦初勝利ならず。
  • 9日、の左ヒザの手術が終了する。
  • 10日、主力組が悪天候のため上京できず札幌で足止め。
  • 11日、オープン戦(vsDeNA)。大谷が乱調、教育リーグでは瀬川が対外試合出場もほろ苦デビュー。一方侍ジャパンの翔さんは1安打を放つ。
  • 12日、オープン戦(vsロッテ)。勝さんが6回2失点も試合は(ry
  • 14日、オープン戦(vsDeNA)。50年ぶりのオープン戦7連敗。イースタンリーグ開始、こちらは勝利スタート。
  • 15日、オープン戦(vs西武)。ようやくオープン戦初勝利、一方のイースタンは18点と大量点勝利。
  • 16日、竹田憲宗社長就任。
  • 17日、オープン戦(vs広島)。瀬川札幌ドームデビュー。
  • 18日、オープン戦(vs広島)。連日のドロー。一方ファームでは練習試合(vs群馬ダイヤモンドペガサス)が行われ高濱がサヨナラグラスラ。
  • 20日、オープン戦(vs巨人)。10桁安打で2勝目。
  • 21日、オープン戦(vs巨人)。ひろみレアードのムランで3勝目。
  • 22日、オープン戦(vsヤクルト)。レアードのツーランと近藤にムランが出て有終の美。結果は4勝7敗4分の10位。イースタンリーグで有原が実戦デビューを果たす。
  • 25日、開幕メンバー発表。きゅんしんごが開幕初1軍の座をつかむ。
  • 27日、15年シーズン開幕。監督4年連続開幕戦勝利と上々のスタート。
  • 28日、瀬川age。
  • 29日、ガラポン来日初勝利、瀬川-鍵谷の北海高校リレー実現。
  • 30日、クロッタしんごsage。

4月

5月

  • 2日、20安打14得点をあげて大勝。ハルキ自身初の先頭打者ホームラン含む5安打と大暴れ。
  • 3日、もちsage、プロ入り初1軍の高梨ageもほろ苦デビュー。
  • 4日、矢貫ガラテage、白村高梨sage。ファームでは佐藤正がプロ入り初ホームランがグラスラ+うぐのスリーランetcで最大11点差をひっくり返し、佑ちゃんプロ入り初セーブ。メンディに第1子となる男子誕生。
  • 5日、松本・前日負傷したsage、勝さん淺間ageで昇格即スタメン+初ヒット&盗塁&得点&お立ち台と鮮烈デビューを果たす。
  • 6日、うぐage、勝さんsage。淺間プロ入り初マルチ&タイムリー。
  • 7日、ムラマサsage。
  • 8日、クロッタage。大谷が3,4月月間MVP(投手部門)受賞。淺間がプロ入り初三塁打。
  • 10日、ファーム公式戦で高濱がホームランを放ち、これで今年の高卒ルーキーに全員ホームラン。
  • 11日、矢貫クロッタsage。監督はじめ5選手(大野西川鍵谷上沢)が北大の院内学級への訪問、フレッシュオールスターに以下の選手が推薦される。(高梨渡邉有原清水淺間石川直高濱
  • 12日、浦野age。淺間がファーム3,4月MVPを受賞する。
  • 13日、メンディage。今季初の4時間超え試合&3カード連続負け越し。
  • 15日、うぐ瀬川sage、松本age。また同日ageの有原がプロ初勝利をあげる。
  • 17日、がファーム戦で復帰。
  • 21日、勝さんage。16時開始試合で延長5時間37分の長時間試合を制する。
  • 22日、大塚age、勝さんsage。今季2度目のサヨナラ勝利。
  • 23日、ハルキプロ入り初グラスラ+翔さんリーグトップムラン。
  • 24日、交流戦前試合終了。27勝19敗0分/勝率.587/得点198 失点174 本塁打35 盗塁48 打率.251 防御率3.353で首位。
  • 25日、ハーミッダsage。
  • 26日、白村age。交流戦初日白星スタート。
  • 28日、上沢渡邉age、大塚松本sage。

6月

7月

8月

9月

10月

  • 1日、木佐貫みつおムラマサsage、ちび谷age。同日ageの清水は昇格即スタメン、中嶋は現役引退を発表した。
  • 2日、サメさん清水高濱sage。またうぐ増渕齋藤勝河野に戦力外通告。
  • 5日、高梨age、勝さんsage。ハムの全日程終了。宮崎でフェニックスリーグ開始。(vsオリックス 5-5)
  • 6日、パリーグ公式戦全日程終了。79勝62敗2分/勝率.560/得点615 失点581 本塁打106 盗塁134 打率.258 防御率3.623。フェニックスリーグ2日目(vs広島 1-6)
  • 7日、フェニックスリーグ3日目(vsLGツインズ 5-4)
  • 8日、フェニックスリーグ4日目(vs中日 3-6)
  • 9日、プレミアム12メンバーに以下の4名が選出(増井/翔さん/中島/大谷)。
  • 10日、キャプテンきゅんひろみage。フェニックスリーグ5日目(vs四国ILplus選抜 0-5)
  • 11日、フェニックスリーグ6日目(vsハンファイーグルス 3-2)
  • 12日、みつおage、sage。CS1stステージで敗退が決まる。フェニックスリーグ7日目(vsオリックス 2-10)
  • 13日、柏原コーチがプロスカウトに転身、キャプテンのひじ手術が決まる。フェニックスリーグ8日目(vs阪神 3-4)
  • 14日、阿井ヘッドの辞任発表。
  • 15日、フェニックスリーグ9日目(vsソフトバンク 5-7)
  • 16日、フェニックスリーグ10日目(vs広島 1-4)
  • 17日、フェニックスリーグ11日目(vs斗山ベアーズ 8-1)
  • 18日、フェニックスリーグ12日目(vsタイガース 10-8)
  • 20日、しょうへい大野が最優秀バッテリー賞を受賞。キャプテンの手術終了。フェニックスリーグ13日目(vs四国ILplus 9-5)
  • 21日、フェニックスリーグ14日目(vsオリックス 1-2)
  • 22日、ドラフト会議。1巡目で上原健太(投手/明治大学)を指名。2巡目以降は加藤貴之(投手/新日鉄住金かずさマジック)・井口和朋(投手・東農大オホーツク)・平沼翔太(内野手・敦賀気比高)・田中豊樹(投手・日本文理大)・横尾俊建(内野手・慶応大) ・吉田侑樹(投手・東海大)・姫野優也(外野手・大阪偕星高)の計8名で指名終了。フェニックスリーグ15日目(vs斗山ベアース 1-4)
  • 23日、高橋信二の古巣復帰が決まり(1軍捕手コーチ兼打撃コーチ補佐)、以下のコーチングスタッフの変更・配置変更が決まる(特命コーチ:1軍打撃/厚澤コーチ:1軍ベンチコーチ/城石コーチ:1軍外野走塁/林コーチ:2軍打撃/ぽんたコーチ:2軍外野守備・走塁)。有原が背中のうみを出す手術をしたこの日森内壽春佐藤賢治佐藤正尭に戦力外通告。
  • 24日、メンディレアードの残留が決まった一方でハーミッダライブリーの退団が決まる。フェニックスリーグ16日目(vsLGツインズ 10-7)
  • 25日、フェニックスリーグ17日目(vs中日 6-8)
  • 26日、大野が国内FA権を行使せずに2年契約で残留が決まる。フェニックスリーグ最終日(vsソフトバンク 6-2)、最終順位は8勝9敗1分で同率10位。
  • 28日、国頭秋季キャンプスタート、この日信二コーチの記者会見を取り行う。

11月

  • 2日、サメさんの引退会見にてGM特別補佐への就任と来年のパドレスへのコーチ留学、および勝さん矢野のFAを行使せず残留を発表。
  • 4日、クリス・マーティン投手との契約合意が発表される。
  • 8日、プレミア12韓国戦で大谷が6回10奪三振の活躍。
  • 11日、プレミア12メキシコ戦で増井が8回を締めると、翔さんがホームラン、サヨナラヒットを放ち5打点と大活躍。
  • 12日、前西武の米野智人を捕手兼任2軍バッテリーコーチ補佐として契約することを発表。プレミア12ドミニカ戦で翔さん3打点。
  • 14日、プレミア12アメリカ戦で翔さん逆転スリーラン、増井がしっかり抑える。
  • 15日、プレミア12ベネズエラ戦で翔さんが逆転のツーベースを放つ。ヨネ選手兼コーチ補佐の就任会見で背番号70、ならびに以下背番号の変更などが決まる(杉谷61→2・西川8→7・近藤54→8・大塚14→54、マーティンは55)。
  • 16日、北海道移転後初となる静岡草薙球場で公式戦を行うことが決まる。プレミア12増井が3失点。
  • 19日、プレミア12準決勝、大谷が7回11奪三振の活躍、翔さんのヘッスラ盗塁もあれどチームは敗退。
  • 21日、新人選手入団会見@北海道庁赤レンガ、背番号は以下の通り(上原20・加藤14・井口29・平沼45・田中豊47・横尾58 ・吉田59・姫野61)。プレミア12の3位決定戦、翔さんホームランを放ち、チームの3位に貢献。終了後には打点王(15)とベストナインに選出。また大谷も最優秀防御率とベストナインに選出。
  • 24日、田中賢介翔さん中島しょうへいの4名がベストナインに選出。
  • 25日、NPBアワード、有原がパリーグ新人賞に選出。ファームでは浅間がイースタン優秀選手賞を高梨が日刊スポーツ努力賞を受賞。
  • 29日、吉井理人の1軍投手コーチ復帰が決まる。一方で屋宜が結婚するとの報道。
  • 30日、来季のコーチングスタッフが決まる(新任高橋信米野/復帰吉井/1軍2軍入れ替え城石川名紺田)。

12月

  • 1日、増井2億円プレーヤーの仲間入り。
  • 2日、森本右手関節手術終了。
  • 4日、大谷ダルと並んで史上最速&最年少での2億円プレーヤーの仲間入り。
  • 11日、大谷大野が最優秀バッテリー賞を受賞。
  • 15日、のサインで全選手の契約更改終了。
  • 22日、宮西投手主将が右手小指を骨折。
最終更新:2015年12月31日 20:35