2010年ファイターズのあゆみ

2010試合日報


1月


2月

  • キャンプ開始。
  • 3日、キャンプに同行していた道新文化事業社のカメラマンの結核感染が判明。
  • 5日、ダル、イルカを怖がる。
  • 6日、梨田監督、早くも今年の開幕投手を指名。もちろん我らがエース、ダルビッシュ有
  • 8日、菊地、右手薬指末節骨先端の亀裂骨折
  • 、2008年に結婚していたと判明
  • 13日、阪神との練習試合。今年初の対外試合、金村を炎上させて11-5で勝利。中田は2安打1HR4打点と活躍するが天然芝用スパイクを忘れ人工芝用でプレーしていたことで怒られる。いつも手放しで褒められることがない中田・・・。
  • 21日、ヤクルトとの練習試合。3番糸井、5番稲葉を試す梨田監督が初回にいきなり満塁HR打たれるも2回裏に5番稲葉から打線が繋がり一挙5得点。5-4で逆転勝利。
  • 菊地練習復帰。ヒジ故障。
  • 23日、横浜との練習試合。打線爆発で12-4で勝利。金子の教えを受けた大野中田が打ちまくり。将来はまさかの金子誠打撃コーチ?
  • 25日、ロッテとの練習試合。投手戦4-3で勝利。先発八木好投。建山も調整順調。多田野、打たれちゃった・・・。
  • 26日、ダルの次男誕生。

3月

  • 2日、坪井に第二子(長女)誕生。
  • 12日、すっぴんのマライア・キャリーがスレッジ激似で話題に
  • 15日、大塚右ヒジ靭帯再建手術。
  • 20日、パ・リーグ開幕。開幕投手ダル新魔球を引っさげ登板するも勝ちはならず。翔さんの明後日の方向へのレーザービーム。
  • 21日、チーム初ムランはまさかの金子。好投のマサルを降ろしたら江尻が炎上。中田の存在感大幅アップ。
  • 22日、先発ケッペルいきなりスペり即降板、スタメン全員ホームインの猛攻、緊急登板の木田移籍初勝利でチームも今季初勝利。梨田監督500勝、坪井1000試合出場達成。江尻またも炎上。
  • 26日、今成、顔面に自打球を食らう。金子わき腹炒めで休養。松家移籍初登板。
  • 27日、まさかのコンタムラン&ムリー、ドラクエ加藤プロ入り初H&初打点。でも引き分けだからヒロインなし。
  • E山の守乱深刻化
  • 28日、金子sage。武田久連続炎上で中継ぎ降格を言い渡される。
  • 30日、高口プロ入り初ムラン。

4月

  • 1日未明、江尻と横浜・石井裕也のトレード報道。日付が日付だけに嘘かと思われたがその日のうちに公式発表。
  • 3日、連敗5でストップ。ウルフ初セーブ。
  • 4日、age。NPB史上4度目となる1イニング2併殺というイヤな記録をマーク。
  • 7日、代打鶴岡出た。球団史上初の開幕5カード負け越し。
  • 8日、メシヤマ、おいしく炊ける。
  • 9日、増井プロ入り初登板。好投するも勝ちつかず。稲葉椎間板症で離脱。メシヤマ、RKBのカメラを破壊する。
  • 10日、ダル4回連続二桁奪三振の日本記録達成。鶴岡今季初ヒット。植村両足疲労骨折判明。
  • 11日、チーム今季初の連勝。うぐ2年ぶりスタメン第一打席でいきなりタイムリー。マサルにやっと白星。
  • 12日、ダル、ツイッター開始、さっそくフォロワーの数がうなぎのぼり。一般人に返信するなどぐう聖ぶりを発揮。木下、実はブログをやっていた。
  • 13日、うぐ、左手薬指中手骨骨折でsage。
  • 14日、ツル、次男誕生。谷元杉谷age。稲葉復帰。
  • 15日、信二急性胃腸炎、坪井坐骨神経痛で離脱。
  • 16日、ひちょり今浪age。ダース2年ぶりの一軍登板→狭山の森に散る。市川結婚。
  • 17日、ダル長袖→半袖で連続二桁奪三振記録更新。稲葉9年ぶりの満塁ホームラン。木田先発転向のためsage。糸井内転筋を痛める。信二3キロ減で復帰。
  • 18日、ヒジ痛でsage、山本age。
  • 20日、翔さんsage、サメage。糸井復帰早々2号2ラン。しかしウルフアウトひとつ取れずに燃える。
  • 21日、みつを今季初登板→浪花の空に散る。翔さんファーム試合中に半月板損傷。
  • 22日、小谷野一人で6打点。ウルフサメさんに調教される
  • 23日、榊原age、金森sage。サメさんカーライル調教ならず
  • 24日、尾崎age、カーライルsage。ダル、ノム&広沢のテレビに憤激し眠れぬ夜をすごす。
  • 25日、ダル大学五回生の留年なんJ民に、ツイッターで意見される。ぴの、左手首骨折。
  • 27日、ゴーレムsage、土屋age。今季初の初戦白星。増井プロ初勝利。稲葉がライト前ヒットをライトゴロにするパインペイッッ!! 
  • 28日、土屋一軍初登板→被弾のホロ苦デビュー。
  • 29日、本拠地初のカード勝ち越し。
  • 30日、サメsage、木田age。鎌ヶ谷ファイターズ関口負傷→DH解除、多田野4番、松家タイムリーという珍事。今季初のサヨナラ勝ちでよしお爆笑ヒロイン。

5月

  • 3日、金子age、榊原sage。宮西今季初失点。
  • 4日、カビー公式ツイッター開始。木田通算500試合出場達成。こんな試合ですまんな。ロッテから佐藤賢治を獲得。
  • 5日、金森age、みつを土屋sage。試合後、闘将会の「G.W.千葉マリン3連戦で個人応援歌の無い選手が活躍したら、応援歌をプレゼント企画」で今浪飯山に応援歌ができる。
  • 9日、信二グランドスラム。
  • 10日、翔さん、手術成功。
  • 11日、フレッシュオールスターに増井加藤政大平が選出される。
  • 12日、交流戦開幕。よしお復帰。ケッペル来日初完投で勝利。
  • 13日、増井初打席初打点(でもその後炎上)。ひさびさ好投の武田久へっぴり腰バント。交流戦連勝でスタート。
  • 小谷野右手首を痛める
  • 15日、ダルビッシュ自己最高となる28イニング連続無失点、29イニング連続無援護。
  • 16日、、ポケット出したままピッチングして失点する。
  • 武田久復調の気配
  • 19日、二岡12球団からホームランを達成。宮西初セーブ。
  • 20日、ダルの連続無失点&連続無援護記録途絶える。でもやっぱり無援護→有ちゃんを救う会結成
  • 23日-24日、尾崎今浪sage、今成佐藤age
  • 23-26日、連続3試合雨野完封でダブルヘッダー警報
  • 27日、サトケンプロ入り初安打で初打点。ひさびさ登板の金森炎上。
  • 29日、ダル、またも交流戦勝てず。ツイッターでむねりんに慰めてもらう。
  • 30日、小谷野が阪神のクローザー藤川球児からレフトスタンド上段へ同点ホームランを叩き込む。試合はその後負けてしまったが無茶苦茶かっこいい。

6月

  • 1日、1号ホムーラン。
  • 2日、土屋結婚。
  • 3日、今成谷元sage。
  • 4日、金森プロ入り初先発。age登録忘れ疑惑武田久もうだめぽ
  • 5日、糸数榊原加藤武age、武田久内転筋炒めでsage。ダル右ひざ違和感で登板回避。金子誠通算250犠打。おじさんの方の加藤移籍初登板。鶴岡、巨人東野からホムーラン。でもまたも炎上。
  • 6日、ダルジョージア魂賞受賞。うぐage、糸数sage。信二死球で右ふくらはぎ負傷。まさる09年4月以来の無四球完投勝利。
  • 7日、ケッペルタイムリー、ツルサイクルヒット未遂、うぐ復帰初打席初球安打。
  • 8日、信二右ふくらはぎ打撲でsage、全治1週間のもよう。みつをに子供がいることが明らかに
  • 10日、矢貫一軍初先発→ホロ苦デビュー。賢介失策数リーグトップに
  • ツル謎の絶好調
  • サトケンsage、今浪age
  • 12日、ダル復帰後初登板で7回完封。稲葉2本塁打2併殺5打点。
  • 13日、ケッペル来日初の完投完封。二岡移籍後最高の4打点。西部第二球場で坪井のバットが盗まれる。
  • 14日、木田sage、サイレントKage。サイレントK移籍初登板で3凡をキメる。
  • 15日、金森sage、ひさしage。稲葉2本塁打。よしお5打数5安打4二塁打、1試合4二塁打はNPB記録タイ(10人目)、イチロー以来2人目の4打席連続二塁打。増井右肩痛で1イニングで降板→緊急登板の榊原が2イニングを投げプロ初勝利。
  • 16日、ファンが選ぶFの星に杉谷が選ばれる。増井右肩肩甲上神経炎でsage、数日間ノースロー調整の予定。岩瀬に250セーブを献上して交流戦6位(パ最下位)で終了。
  • 17日、sage。
  • 18日、パ・リーグペナント再開。糸数信二age→糸数負傷で降板。榊原またも緊急登板で2勝目。ひさし復帰後初登板で今季初セーブ。
  • 19日、糸数sage。中島試合中右足靭帯損傷。ひさし2Sゲットするも内容は絶不調。
  • 20日、小谷野金子の1イニング2グラスラ(パ・リーグ記録タイ)。期せずして1イニング2被グラスラ記録を持つ吉井のおっさんがクローズアップされる
  • 22日、まさるプロ入り初の無四死球完封完投勝利。ヒゲの山内こやのをドジョウ呼ばわり
  • 23日、序盤9得点取って大量リード。今度こそ矢貫プロ初勝利!と思ったらいきなり2HR含む6連打浴びてKOされる。そしてまた榊原がスクランブル登板。9日の間に3勝目をあげる榊原
  • 25日、金森2度目の先発で今季初勝利。小谷野メーターが宇宙空間に振り切れる
  • 26日、3月以来の単独5位に浮上。ついに最下位脱出
  • 27日、ロッテにとって今年初3タテかます。賢介ダルにそそのかされてツイッター始める。
  • 28日、オールスター・ファン投票で稲葉(外野手)・二岡(DH)が選出。
  • 29日、矢貫プロ初勝利。
  • 30日、よしお場外ホームラン。二岡右太腿を痛める。

7月

  • 1日、坪井age、二岡sage。オールスター選手間投票でダル糸井が選出。信二頭部死球→CTスキャンの結果異常なし。今季初の警告試合。坪井、記者に賢介と間違われる。西武にとって今年初3タテかまして借金完済して勝率5割。しかし5位。
  • 2日、谷元age、金森sage。
  • 3日、ダル155㌔出す。坪井復帰後初スタメン初打席初タイムリー
  • 4日、うぐ復帰後初スタメン→タイムリー。賢介最終回グラスラで劇的勝利。
  • 6日、賢介6月月間MVP初受賞。小谷野怪我で辞退の西武中村に代わってオールスター選出。信二代打で復帰。稲葉通算350二塁打達成。でもおすぎにフルボッコ。大量動員のソフトバンク社員の行動が物議をかもす。
  • 7日、信二内耳震盪で入院。信二谷元sage、ドラクエ加藤ゴーレムage。八木今季初勝利。
  • 9日、木田age、ゴーレムsage。稲葉死球にブチギレ乱闘未遂→サイレントKがオリ後藤に当てて今季二度目の警告試合。
  • 10日、須永age、木田sage。
  • 11日、信二無事退院。
  • 14日、賢介オールスタープラスワン枠選出。ひちょり死球で右手薬指末節骨骨折、も死球で左手打撲。西武に2カード続けて死球で故障させられる事態
  • 15日、故障中の増井に代わり矢貫フレッシュオールスター出場へ。吉川村田和哉age、矢貫森本sage。須永炎上。
  • 16日、お菊関口age、みつを須永sage。ウルフはじめてのヒロイン
  • 17日、サイレントK登板中足を滑らせ内転筋を炒める
  • 18日、翔さんもっさんage、金森関口sage。お菊今季初登板→劇場
  • 20日、右肘遊離軟骨で辞退の矢貫に代わりほっしゃんがフレッシュオールスター出場へ。ついに出た翔さんプロ入り第1号ホームラン
  • 21日、勝率五割で前半戦終了。
  • 22日、フレッシュオールスター。地元長崎での試合、そして長崎に甲子園優勝旗を持ち帰ったカープ今村との対決、同期の中田はMVPを去年獲っている、応援団にも駆けつけてもらっている、と燃える要素満載の大平は9回の最後の打席にツーベースを打った。三者三振を狙った豊島、惜しくも3人目がショートゴロ。加藤政義は途中出場でヒット1本。
  • 23~24日、オールスター。ダル、浮くカットで話題に。また新球。でも巨人阿部に打たれる。糸井AS初ヒット。稲葉タイムリー1本。小谷野賢介二岡ノーヒット。
  • 27日、信二ひちょりage。翔さん2号ホームラン
  • 28日、うぐsage
  • 29日、ダルビッシュage
  • 30日、村田sage
  • 31日、武田勝age。大野1号、中田3号、小谷野9&10号の大中小ムラン

8月

  • 1日、6点差を追いつくも9回に1点取られて負け。信二、第1打席にヒットを打つが、その後めまいを訴え途中退場。
  • 2日、八木信二sage
  • 3日、今浪age。稲葉誕生日に2安打2打点。ひちょりにヒロインで「ファイターズのおじいちゃん」と言われる。
  • 4日、翔さんソフバの和田から4号ムラン。9試合で4本という量産モード。ひちょり、高校時代ホームラン打った和田から再度ホームランならず。でもセンターオーバーのヒット。
  • 6日、ダル10勝目で5年連続の2桁勝利。
  • 8日、みつおage。先発するが炎上。
  • 9日、みつお山本sage
  • 10日、age
  • 11日、中村勝カーライルage、ウルフsage。中村勝利で高卒ルーキー一番乗り。
  • 15日、中嶋age、木田sage。マサル、ヤフードームでセミに襲われる。しかし10勝目で2年連続2桁勝利。賢介体調不良で欠場、連続試合出場ストップ。
  • 17日、金子誠ダイビングキャッチで右ふくらはぎを負傷。翔さんがホームラン打ったらチケットが半額になる「It’s 翔(show)time! チケット半額キャンペーン」を発表。
  • 18日、糸数岩舘age、中嶋金子誠sage
  • 19日、若いマサル、2度目の先発も満塁ホームラン被弾しプロの洗礼。
  • 20日、加藤武sage。翔さん9号はビデオ判定弾。3点リードされ迎えた9回裏2アウトからめっしまさかの同点ホームラン。E-shock。延長では高口がサヨナラ二塁打を打ち""脇役コンビ""活躍と言われる。
  • 21日、増井age、宮西sage。みゃー伝染性のウイルス性結膜炎で隔離。
  • 22日、宮本age。マサルわずか89球で完投。E-Shockから始まった3連戦は西武を3タテ。
  • 24日、龍一age
  • 28日、サイレントKage、中村勝sage。よしおダイビングキャッチで左手首負傷。
  • 30日、宮本sage
  • 31日、宮西age

9月


10月


11月

  • 4日、賢介、FA行使せず、3年契約で残留。ダル、離婚報道にツイッターで「何で俺だけ悪いみたいなってんねん。 アホちゃう」。ドラ1斎藤、ドラフトに関して初会見。梨田監督について「人間的に素晴らしい方だと聞いている」。オフなのにハム専1晩で3スレ消費。
  • 5日、讀賣との間でしゅなが&ポンタ←→オビスポとの2対1トレード成立
  • 8日、まっすー結婚
  • 11日、ゴールデングラブ賞発表。賢介小谷野よしおが2年連続受賞。
  • 14日、ロッテとの間でもっさん高口←→根本との2対1トレード成立
  • 15日、前西武松坂を獲得
  • 16日、松家2月に結婚していたと発表。なぜこのタイミング?
  • 18日、プロ野球コンベンション。パリーグ新人王に榊原賢介小谷野がベストナイン受賞。2010イースタン・ウエスタン、スタッフ表彰式では糸数最優秀防御率賞と勝率第一位投手賞、土屋イースタン・リーグ優秀選手賞とビッグホープ賞、杉谷技能賞受賞。
  • 19日、小谷野札幌ドームMVP賞受賞。前シカゴ・カブスのマイカ・ホフパワーを獲得。
  • 20日、ファンフェスティバル2010。紅組キャプテンよしお、白組キャプテンツルで紅白戦。タテヤマンの挨拶と胴上げ。賢介の涙をこらえるスピーチに感動の嵐。一挙6選手の背番号変更を発表。よしお(26→7)、ツル(64→22)、サメさん(32→27)、サイレントK(27→13)、うぐ(65→44)、サトケン(69→52)。ハンカチ以外のルーキーお披露目。FA宣言のひちょり出席せず。
  • 25日、ダルゴールデンスピリット賞受賞
  • 26日、大野結婚

12月

最終更新:2011年02月14日 08:44