■概要

BMS (Be-Music Source)は「beatmania」によく似た、同人音楽ゲームの譜面フォーマットのことを一般に指します。
BMSをプレイできるソフトを「BMSプレイヤー」といいます。(beatoraja、Lunatic Rave 2など)
譜面に配置されたオブジェクトに合わせてタイミングよく入力デバイスを叩くことで、クリアゲージを伸ばしていきます。
最終的にクリアゲージが一定以上に達していればクリアとなります。

■BMSを遊ぶには

BMSを遊ぶには「BMSプレイヤー」と「曲データ(BMS)」と「入力デバイス」が必要になります。
「入力デバイス」は「専用コントローラー」「キーボード」の2種類が一般に知られ、自分に合うものを選んでみると良いでしょう。

■BMSプレイヤー(本体)の入手

本体はPCのスペックやプレイ環境によって最適なものが変わってくるので、色々試してみると良いでしょう。
ここに本体の一覧があります。

初めての方は基本的にbeatorajaを選ぶといいでしょう。
「どんなBMSを遊べばいいか分からない」「とりあえず遊びたいけど面倒な導入は嫌」という人は、
BMSと本体(LR2)が同梱されたスターターパッケージ「BMSSP」がオススメです。

■曲データ(BMS)の入手

曲データ (以下「BMS」) は音声 (BGMやキーを押した時の音) と譜面で構成されます。中にはBGA (Back Ground Animationの略称。アニメーション) が付いているものもあります。
このBMSを探すことが何より最大の楽しみでしょう。
苦労して探して、好みのBMSを見つけたときは本当に嬉しくなるものです。

さて、BMSを探すといっても最初は難しいものです。
以下のサイトを参考にしてみると良いかもしれません。
  • Be-Music Report - BMSの情報サイト。最近公開されたBMSやイベント情報などを随時更新。
  • THE BMS OF FIGHTERS Terminal - 年に一回開催される、おそらく国内最大規模のBMSイベントのポータルサイト。

■BMSの導入

手に入れたBMSをBMSプレイヤー (以下「本体」) で遊べるようにファイルを移動します。
BMSは主にzipやrar形式で圧縮されているので、Lhaplusなどのファイル圧縮・解凍ツールを使って解凍しましょう。
(一部の圧縮ファイル (昔のBMSに多い) は解凍するとダバァしてしまうので注意)
解凍してできたファイルをフォルダごと移動します。使用する本体によってBMSを入れるフォルダが違うのでそれぞれの本体の説明書をご覧下さい。

■キーボードで遊ぶ

初期設定では狭くて叩きにくいため、BMSプレイヤーの設定画面で対応するボタンにキーを割り当て、叩きやすい配置にしましょう。
有名どころでは「皿左shift、鍵盤は左からz、x、c、space、j、k、l」の構成が知られていますが、その他構成を含め一長一短なので、自分に合う配置を探ってみると良いでしょう。
USB接続では全押しに対応していないため、PS/2接続のキーボードでプレイするのが好ましいですが、発狂譜面などの上級者向け譜面をプレイしない限りは特に気にする必要はないでしょう。
(USB接続でも全押しに対応するモデルが存在しますが、高価なものが多いです)

■IIDX専用コントローラを繋いで遊ぶ

快適に遊ぶにはIIDX専用コントローラを使って遊ぶのが良いでしょう。専用コントローラをPCに繋ぐ際は、PS2端子で接続するコントローラをPCに繋ぐ専用のコンバータを使います。
音ゲー用途にも遅延等の問題なく使えるコンバータはサンワサプライのJY-PSUAD11やエレコムのJC-PS101Uが有名です。

また、海外で自作のアーケードコントローラーを販売してる人もいます。
感度は良好、見た目もクール、接続端子はPS/2とUSBどちらもあるのでIIDXでもプレイできます。
しかし打鍵音と大きさと重さと値段で悩まされることになるでしょう。
最終更新:2020年11月20日 09:55