【種別】
構造物

【初出】
XXI巻

【解説】
創造神祭礼の蛇”による新世界『無何有鏡』創造の前段階として御崎市の上空に創造された、両界の狭間に創造される新世界へと至る通路である黒い螺旋。
最終巻にて、午前零時と共に発動した神威召喚祭基礼創”によって“祭礼の蛇”神体が黒い銀河となり、新世界の創造へと力を注ぎ始めたのに次いで『真宰社』内の装置の補助を受けて黒い銀河が高速回転して黒い輪となり、世界の卵の完成と共に上空へ弾け『天梯』となった。
『天梯』の黒い螺旋は実体はないが巨大で長く、御崎市に開けられた空間の穴を通って両界の狭間まで通じていた。内部には色の火の粉が散っていた。
”が通る場合は世界法則により保持しているこの世の“存在の力”がこの世に取り残されるため、渡る途中で身体を構成している“存在の力”が分解されて火の粉として散り、“徒”の本質である光の球のみが新世界へと渡っていった。
フレイムヘイズ宝具の場合は“徒”のように“存在の力”を置いて行くこと無く、突然消えるように渡っていった(吸い込まれたのか転移したのかは不明)。

“祭礼の蛇”によるとこの『天梯』が閉じ、新世界に欠片が散り咲く時に彼は神威召喚で叶えた願いに応じた長さの眠りに付くという。そのため、神体が変化した黒い銀河が変化したものであることも合わせて、この『天梯』は彼の身体やその残滓によって形作られたものと思われる。

創造後は、“”たちの願いを集約して注ぎ込んだ新世界の卵である『大命詩篇』の繭が『天梯』を通って両界の狭間へと辿り着き、新世界が創造された。
そして、ベルペオルの『タルタロス』に封じられていた自在式により起動した『非常手段』によって、『真宰社』の神殿『星辰楼』に呼び寄せたリベザルピルソインに一番乗りとして『天梯』を通って新世界へ旅立つよう命じ、二人の旅立ちを見た“徒”たちが流入し始めた。
そして[仮装舞踏会]の将兵たちが旅立ち、続いて坂井悠二から分離した“祭礼の蛇”とベルペオルが旅立ち、続いて本来の姿に戻った“螺旋の風琴リャナンシーが旅立ち、続いて[百鬼夜行]の三人組が旅立ち、続いてドゥーグが旅立った。
フレイムヘイズ側では『大地の三神』が旅立ち、続いてレベッカ・リードサーレ・ハビヒルブルグキアラ・トスカナフレイムヘイズ1225名と『天道宮』に搭乗したヴィルヘルミナ・カルメルユストゥスが旅立った。
そして“徒”たちの流入が終わった後、最後に戦いの末に思いが通じ合ったシャナ坂井悠二が『天梯』を通って新世界へ旅立った。

遠い未来、“祭礼の蛇”は微睡みの中で『天梯』がとうの昔に消滅していたことを感じる。

アニメ第3期では、シャナと坂井悠二が『天梯』を通った直後に崩壊・消滅していた。
外伝『フューチャー』で『真宰社』の瓦礫などと違い言及がないので、原作でも創造から間を置かずに消滅したものと思われる。

【コメント】
☆創造神が創り出した構造物は、他に『大縛鎖』と『神門』と『詣道』と『祭殿』があった。
☆螺旋といえば、他には“螺旋の風琴リャナンシーがいる。
サラカエルも通り抜けて新世界へ旅立っていたら面白そうだったのにな。
アニメ第3期で創造・使用された。
高橋弥七郎の新作『カナエの星』でも、謎の異空間『星平線』へと入る『扉』が登場している。
最終更新:2020年05月23日 01:07