インターネットエリア

【システム名】 インターネットエリア
【読み方】 いんたーねっとえりあ
【登場作品】 全作品
【BGM】 BOUNDLESS NETWORK(エグゼ1)
※それ以外の作品ではエリアによる

【詳細】

各地域に対応したネットワーク上に存在するエリア。
ネットワークによって繋がっており、電脳世界上に道が走り移動することで情報などが行き来している。

「1」では「インターネットエリア」に統一されていたが、「2」以降は各地でエリア分けされるようになる。
ただし、ネットワーク世界のみを舞台にした「4.5」では、ただの「インターネット」表記に戻っている。

ナビにおいての世界そのものであり、国内のエリアと国外のエリアは繋がっている。
そのため現実世界ではメトロや航空機などを利用して移動する必要がある離れた国のエリアにも簡単に出入りすることができる。

だが、国によってセキュリティのレベルが異なり、ウイルスも強力なものが多いためセキュリティキューブで一般のナビが立ち入ることのないようにふさがれており、Pコードや通るにふさわしい資格を持っていないと通行の許可が下りない。
ゲーム的にも何らかの障害が設けられていて、ストーリーを進めないと移動できないことが多い。

また、各インターネットエリアには「スクエア」と「ホームページ(HP)」と呼ばれる場所が存在し、ネットナビ達の憩いの場所となっている。

6では今まで初期マップだった秋原エリアに終盤で訪れるが、これまで最弱クラスのウイルスばかりだったのに対し、レアキャタックなどの強力なウイルスが蔓延っている。
これはロックマンと熱斗が図らずも秋原エリアの番人役となっていて、彼らが引っ越しでいなくなってしまったためらしい。

これまでに登場したインターネットエリアは以下の通り。また個別に分かれている電脳についてはこちらを参照。

表エリア



隠しエリア



最終更新:2021年10月20日 01:35