新都メトロ5000系電車

5000系電車は,新都メトロの通勤型車両。

新都メトロ5000系電車
5000系の前面(更新車)
基本情報
運用者 新都メトロ
製造所 船橋重工業豊崎工場
製造年 1998年〜2000年
製造両数 192両
運用開始 1999年3月10日
主要諸元
軌間 1,067mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式)
最高運転速度 110km/h
設計最高速度 120km/h
起動加速度 3.3km/h/s
減速度 4.2km/h/s(常用)
5.0km/h/s(非常)
車両定員 本文参照
全長 20,000mm
自重 Tc1車,Tc2車:27.0t
M1車:33.2t
M2車:33.8t
T1車:24.4t
T2車:25.2t
全幅 2,800mm
全高 4,050mm
床面高さ 1,130mm
台車 ボルスタレス方式空気ばね台車
電動車:TRT-M86
付随車:TRT-T86
主電動機 かご形三相誘導電動機TRM-I92E1
主電動機出力 170kw
駆動方式 TD継手式中実軸平行カルダン方式
歯車比 93:14(6.64)
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生併用電気指令式電磁直通ブレーキ
保安装置 本文参照

概要


1999年に本格開業する北榊線向けに導入された。基本的な仕様は塔野高速鉄道TR-4000系電車(以下4000系はこれを指す)に準じつつ,地下鉄用として各所が調整されている。

車体


4000系と同じく軽量ステンレス車体を採用。なお,側面にビードのある車体は本系列が最後の採用となっている。水色,青色,白の3色の帯を纏う。また前面は中央貫通型を採用。

車内


基本的には4000系に準ずるが,片持ち式の座席となっている。モケットの色は当初は緑系だったが,増備途中で青系に変更された。

機器類


基本的には4000系に準ずる。歯車比は地下鉄向けに高くなっており,起動加速度が向上している。電動機には船橋重工業(の企業向け電機製品を生産する子会社である船橋電機)製汎用誘導電動機であるIM91(TR内製品コード:TRM-I92)を採用。制御装置にはIPMモジュールを用いたIGBT素子VVVFインバータ制御を採用している。

導入後の変遷


2000年に全192両が揃い,全車が沢越検車区に配置された。2013年より8連化が施工され,6連32本から8連24本となった。2016年からは車体更新工事が施工され,2020年までに完了した。内容は

  • 主電動機を新型のIM113(TR内製品コード:TRM-I113,連続定格出力190kw)に交換
  • 制御装置をフルSiC-FET素子を用いたものに交換
  • 車内案内表示機をLED式からLCD式(17インチ2画面)に
  • モケットをTR-5000系などに採用されている新型のものに交換
  • 袖仕切りなどFRP製部品を交換,カラースキームを灰色/緑系から白/薄青系に
  • 行先表示器を3色LEDからフルカラーLEDに交換
最終更新:2020年07月19日 10:04