劇場版2:空飛ぶ幽霊船



タイトル

  • 『秘密戦隊ゴレンジャー』及び『ジャッカー電撃隊』の原作者である漫画家・石ノ森章太郎の作品の中に、『ゆうれい船』という短編漫画があり、1969年にその短編がアニメ映画化された際のタイトルが『空飛ぶゆうれい船』であった。


登場したレジェンド

G3プリンセス

  • 『炎神戦隊ゴーオンジャー』にて、ゴーオンジャーの女性陣2人と敵組織・蛮機族ガイアークの害水大臣ケガレシアが3人で一時的に結成したアイドルユニット。炎神戦隊ゴーオンジャーを参照。


復活怪人

野球仮面(やきゅうかめん)

  • 『秘密戦隊ゴレンジャー』に登場したゴレンジャーの敵組織・黒十字軍の仮面怪人の一人。秘密戦隊ゴレンジャーを参照。

エージェント・アブレラ

  • 『特捜戦隊デカレンジャー』に登場した惑星間犯罪者(アリエナイザー)に犯罪を斡旋してきた宇宙の武器商人にしてラスボス。特捜戦隊デカレンジャーを参照。


冒頭のゴーカイシルバーのセリフ

  • 「俺がやられたら、地球にピンチがやってくる! でっかい未来が危ないぜ!」
    • 「超新星フラッシュマン(『超新星フラッシュマン』OP)の歌詞、「地球にピンチがやってくる でっかい未来が危ないぜ」より。
    • 『フラッシュマン』はスーパー戦隊シリーズで初めて2号ロボが登場した作品。
      • 2号ロボのタイタンボーイ=グレートタイタンの登場した話を主体とした再編集映画『超新星フラッシュマン 大逆転! タイタンボーイ』が本作の劇場作品第2作目として公開された。


エージェントアブレラのセリフ

  • 「スーパー戦隊に倒されてきた怪人たちの魂が、ざっと1,500は呼び寄せられていますからね。」
    • 「スーパー戦隊シリーズ」は『海賊戦隊ゴーカイジャー』第1話で通算1,729回目となるため、首領や幹部などの複数回登場する怪人を差し引いても1,500以上の怪人が倒されてきた計算になる。


アイムのセリフ

  • 「海賊の海賊版なんて著作権の侵害です!」
    • 「海賊版」とは法律上の権利を無視して諸権利を有しない者により権利者に無断で発売される非合法商品(偽物)である。
    • 『ゴーカイジャー』も宇宙海賊という設定の他に、マーベラスたちが発言している通り、過去のヒーローの姿を借りる、すなわち「海賊版」という意味合いも含まれている。
    • ちなみに劇場版3:海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンに登場するギャバン・ブートレグもギャバンの海賊版という意味がある。


野球勝負

  • 黄色がキャッチャー、一投目が緑のアンダースロー、二投目が青のスローボール、三投目の赤のボールで三振、頭にボールが当たって野球仮面が爆散。という流れは『秘密戦隊ゴレンジャー』での野球仮面が登場した回である53話の野球対決の流れとほぼ同一である。
    • 「よぉし!アンダースローだ!」「今度は俺だ、スローボール!」「よし、これで三振だ」などのセリフまでほぼ同じである。
    • 三投目は、原典ではピンクがリモコンでボールを操作する「ゴレンジャーハリケーン・変化球」だった。

豪快チェンジ

秘密戦隊ゴレンジャー

  • 復活した野球仮面に対して変身。

バトルフィーバーJ

  • 合体戦闘員に対して変身。

特捜戦隊デカレンジャー

  • 復活したエージェント・アブレラに対して変身。

鳥人戦隊ジェットマン(レッドホーク)

  • 復活したエージェント・アブレラに対して変身。
  • 次元の穴から脱出するために飛行能力が用いられた。
    • 『鳥人戦隊ジェットマン』の第26話でも、次元の穴を通るために飛行能力が用いられた。


登場した技・用語等

ゴレンジャーハリケーン

  • 『秘密戦隊ゴレンジャー』における、ゴレンジャーの必殺技。
    • 第1話でも使用。第1話では爆発が起きなかったのに対し、劇場版2では爆発が起きている。
      • これは、第1話から劇場版2までの間に「ゴレンジャーの大いなる力」を手に入れたため。
      • ゴーカイジャーは、第1話での使用から爆発する事を知らなかったためその爆発に驚くようなそぶりも見せている。

ペンタフォース

  • 『バトルフィーバーJ』における、バトルフィーバーの必殺武器。
    • バトルフィーバーの共通武器・コマンドバットを合体させた必殺武器で、2通りのバリエーションにより異なる攻撃を行う。
      • バズーカ砲のように組み立てて破壊ミサイルを2発発射するパターンと、ブーメランのように投げ飛ばすパターンの2通りがあるが、今回使われたのは前者の方である。