ベイダート・スバル

べいだーと・すばる

グラ・バルカス帝国外務省外交官。
リーム王国に滞在しており、帝国の意志を伝える役目を担っている。
新世界の人間が野蛮であると考えている節があり、尊大な物言いと態度をとっており、国の外交相手でも態度を改める様子が一切ない。
関連項目
登場人物リーム王国キルタナ

※既存のコメントに返信する場合、返信したいコメントの左側にチェックを入れて下さい。
過去のコメント

ここを編集
〔最終更新日:2020年03月25日〕