最終ボス



ボス戦攻略についてはボス攻略を参照。

Dr. Hans Volter

Hans博士は1世紀以上前から生きており、彼の博士としてのキャリアは第二次世界大戦の頃まで遡ります。
そこで彼は「人体の増強」と「クローン技術」に関する研究を行っていました。
彼は研究の成果を元に自らを改造し、その結果現在までも生き続け、様々な武器を内蔵した強化外骨格に身を包んでいます。

The Patriarch

本名:Kevin Clamely
Horzine Biotech社 前CEO

Kevin Clameryは英国政府からの依頼を受けて「スーパーソルジャー」の開発を行っていました。
その被検体として彼は自身の亡くなった息子の遺体を使用し、最初のスペシメン・Clotを生産しました。
そこから様々な人体実験や違法なプロジェクトを行い、数々の種類のZEDを開発していきました。

理由は分かりませんが、彼はその後何らかの要因によって精神を狂気に冒され、
世界を征服するべくスペシメンたちを解き放ちました。
政府は彼の行方を探りましたが、
彼は側近の研究員たちと共に秘密の研究所に身を固め、そこであらゆる最高レベルの技術を結集させました。

その結果、彼は左腕を様々な火器を内蔵する武器腕に替え、身体から怪物のような触手が幾多も生え、現在のPatriarchとして知られる姿となりました。

彼はZEDたちを率いて人間たちを襲わせて混乱を引き起こすだけでなく、
イギリス中にある他の私設研究所から研究成果を解き放ち、世界に更なる混乱を引き起こしました。
そして彼は自身のクローンを作成することで、最強の「スーパーソルジャー」として運用しています。

ZEDと戦う傭兵たちは地下鉄に隠された彼の研究所を発見し、彼の疎遠だった娘・Rachel Clamely博士の助けを借りて、この研究所を守っていたPatriarchのクローンを倒して研究所を破壊することに成功しました。

しかし残念なことにPatriarchの本体はパリに逃げ込んでいました。
そこで彼は自らの身体を更にアップグレードし、またPatriarchの不在時にはHans Volter博士がZEDたちを統率できるように設定しました。
PatriarchがHans Volter博士と接触していた時期は不明ですが、Hans博士はフランス全土で自身の施設を準備し、自ら実験を行っていたため、Hans博士は長い間Patriarchに協力していたと思われます。

オリジナルのケビン・クレイムリーは自らのペイトリアーククローンによって殺害されたという説もありますが、その真偽は不明です。

The Abomination

アボミネーションの分厚いアーマーと巨大な斧がその計り知れないほど大きな体を隠し切れないように、これは筋肉と脂肪と骨でできた巨大な怪物だ。通常は遅い動きをするが、怒った際は速い動きに変わるこのアボミネーションは、常に空腹で消化すべき肉を探している。Zedでも人間でも、アボミネーションにとっては皆食糧だ。これに喰われたZedらはその食道に長くは留まらず、代わりにアボミネーションスポーンという近づけば爆発する胆汁と毒の生きた塊として、この世界に帰ってくる。

King Fleshpound

フレッシュパウンドの上位種であるこれはハンスかあるいはペイトリアークの産物と思われる。この巨大な怪物は、アーマーを邪悪な棘でアップグレードし、胸のプレートをレーザー発射クリスタルに取り換えた。これはフレッシュパウンドそっくりに行動し、単にその全てがより悪いものになっただけだ。より激しく殴打し、より高い体力を持ち、そしてより長く激昂する。胸のレーザーは、光線に当たったすべての者に深刻なダメージを与える。

The Matriarch


名前:Rachel Clamely
Horzine Biotech 元研究員
Kevin Clamely(別名:Patriarch)の娘

成長期に父であるケビン・クレイムリーと離れて暮らしていたレイチェルは、父と同様に科学分野で非凡な才能をみせていました。
ボストンやモントリオール、マンチェスターで裕福な親戚に育てられた彼女は、やがて父を追って科学の道に進みました。
これは、父に認めてもらおうとした結果と言えるでしょう。
やがてロンドンの国立研究所に就職した彼女は、父と一緒に過ごせる時間を心から望みました。
しかし、彼女が手にしたものはZEDと狂人だけでした。
その最中、ペイトリアークの秘密研究所を突き止めた傭兵たちと邂逅した彼女は、彼らの研究所破壊任務に手を貸します。

余談ながら、Clotがケビン・クレイムリーの息子のDNAを元に創られたのに対し、レイチェルのDNAを元にStalkerが創られたという説もあります。

レイチェルの協力を得てペイトリアークの研究所が破壊された以降、彼女の行方は掴めていませんでしたが、最近になってロンドンの地下に潜伏していることが確認できました。
しかし、まるで「ジキル博士とハイド氏」の物語のように、彼女はもはやかつての「善良な」博士から変わり果ててしまっていました。
一説によると、ペイトリアークのパリ逃亡後、彼女がホージン社の実権を握ったとも囁かれています。

我々がこれまでに集めた数少ない情報によると、彼女は父・ペイトリアークとそのクローン軍団を殲滅するために、父と同じく人体改造の研究に手を染めたことを示唆しています。
また、彼女の研究成果は、精神的安定性の面でも父の成果と同程度のものだったようで、今の彼女に対して理性的な対話を試みても無駄でしょう。

現場では彼女がE.D.A.Rを指揮して襲撃している所が目撃されています。
彼女は抵抗する傭兵を「狩る」ことを目的としていると思われますので、遭遇に備えてください。

彼女は強化メックスーツに身を包み、E.D.A.Rを従えています。


コメント

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2021年10月27日 08:02
|新しいページ |検索 |ページ一覧 |RSS |@ウィキご利用ガイド |管理者にお問合せ
|ログイン|