英雄伝説 軌跡シリーズ総合Wiki

アルフィン・ライゼ・アルノール

最終更新:

kisekiseries

- view
だれでも歓迎! 編集

アルフィン・ライゼ・アルノール

アルフィン・ライゼ・アルノール
Alfin Reise Arnor
アルフィン皇女(1206年)
出典:閃の軌跡IV
性別
年齢 17(1206年)
生年 七耀暦1189年生まれ
国籍 エレボニア帝国
職業 エレボニア帝国・皇女
所属 アルノール家
出身地 エレボニア帝国・帝都ヘイムダル
家族構成 父:ユーゲントIII世
母:プリシラ
兄:オリヴァルト
弟:セドリック
初登場 閃の軌跡 第3章
登場作品

【閃】I・II・III・IV

アルフィン・ライゼ・アルノールAlfin Reise Arnor)は、エレボニア帝国皇女。七耀暦1189年に生まれ。アルフィン皇女とも呼ばれ、敬称は「殿下」。
父はエレボニア皇帝ユーゲントIII世、母は皇妃プリシラ。双子の弟としてセドリック皇太子、腹違いの兄にオリヴァルト皇子がいる。

概要

エレボニア帝国の皇族・アルノール家の唯一の息女であり、帝位継承権第二位にある。双子の弟のセドリック皇太子と共に、その天使のような可憐さから「帝国の至宝」として、帝国臣民から広く愛されている少女。

気さくで親しみやすい性格で、気まぐれで悪戯好きなところも。
また、あまり公言できない特異な趣味(所謂、乙女の嗜み)を持っていたりとお姫様らしかぬ一面もあるが、まだ若いながらも帝国の象徴たる皇族の一員としての使命感は強く、公の場では皇族として立派に立ち振る舞う気丈さも持ち合わせる。

オリヴァルトと双子の弟セドリックとの兄妹弟仲は良好で、特に歳の離れたオリヴァルトには良くも悪くも色々な物事を幼い頃から教わっており、主に前述の性格や趣向の面でアルフィンに影響を与えている。
心優しいが故に引っ込み思案な弟セドリックに対しては、双子ながらも姉として振る舞う一方で、皇太子としての立場にある弟を立てるなど意識的に彼を守るために気を遣っていた。

帝都ヘイムダル聖アストライア女学院に通っており、同校にて出会ったシュバルツァー男爵家の令嬢エリゼ・シュバルツァーとは、お互いに唯一無二の親友と認める間柄である。
エリゼは公私問わずにアルフィンに同行する機会が多く、皇族の居城である皇城《バルフレイム宮》や帝都近郊のカレル離宮などにも出入りしていることから、明言こそされていないものの皇女の側付きとして認められた立場にあると思われる。
エリゼから彼女の兄リィン・シュバルツァーの話を聞く内に親友エリゼの義兄への想いについて気付くと共に、アルフィン自身も親友の兄リィンへの興味を持つ事となる。

初対面こそ興味本位のアプローチであったが、帝都ヘイムダルの夏至祭で人質として誘拐された一件や、貴族連合の飛行戦艦《パンタグリュエル》での出来事にて、自らを危険を冒してまで救ってくれたリィンに対して、淡い想いを抱くようになる。

帝国における内戦《十月戦役》においては、兄オリヴァルト皇子より巡洋艦《カレイジャス》を託されたトールズ士官学院の生徒達の後ろ盾として、その活動の正当性を保証した他、作戦行動の開始時に外部に向けて皇族としての宣言を行った。


アルフィン・ライゼ・アルノールに関連する人物



このページに登録されているタグ

+ タグ編集
  • タグ:
  • キャラクター
  • エレボニア帝国
  • アルノール家

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー