ときめきメモリアル大辞典

一緒に帰って友達に噂とかされると恥ずかしいし

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

Together back home,the shameful to be rumor a friend.
一緒に帰って友達に噂とかされると恥ずかしいし【いっしょにかえってともだちにうわさとかされるとはずかしいし】

『1』のメインヒロイン藤崎詩織の名言の一つで、今日では半ばお約束ともなっている台詞である。

概要

下校イベント時に友好度ときめき度を一定以上満たしていない状態で誘うと、この台詞でお断りされる羽目になる。
ゲームを開始してすぐに、ほとんどのプレイヤーが言われたであろう台詞。
詩織の下校イベントが発生する前に要領よく好感度を上げれば、これを聞かないまま下校することも可能である。
隣同士なのにデートも現地集合だが、やはりご近所に噂されるのも恥ずかしいのだろうか。

「なにもこんな言葉で断る必要はないだろう…」と画面に向かって突っ込みを入れたプレイヤーは数知れず。
まあ主人公の断り文句も「残念ながら俺様は忙しいのだ」という、人の事は言えないものなのだが。
ちなみに如月未緒も同様の台詞を言うのだが、詩織に比べるとインパクトに欠けるのは否めない。
しかし、パラメータが上昇したり学校行事で好結果が出たりすると、
この台詞を言った翌週には「家もお隣同士だし、たまには一緒に帰ろうと思って…」などと言ってきたりもする。
向こうから誘われた場合の主人公の返答も「恥ずかしいからいいよ」である。
大抵の相手に言う断り文句だが、詩織に言った場合は意趣返しにも聞こえて大人げない。

あだなが「こなみまん」だと、のっけからデートに誘ってきたりするくせに下校時にはしっかりこの言葉を吐く。よく分からん羞恥心である。

遺憾ながら「恥ずかしいのか、それなら誘わなくてもいいんだな」という訳にはいかない。
主人公が「じゃあお先に」と言って誘わずに1人で帰ると、詩織の傷心度はしっかり上昇してしまう。
他キャラがまだ誰も登場していないなら内心の腹立たしさを押さえつつ必ず誘おう。
本当に頭が痛い事態になるのは詩織以外の誰かが登場してからである。

他作品では、『2』の寿美幸一文字茜は評価が普通以下の時、同じ趣旨の発言で下校を断られる事がある。
詩織と違って必ず断られる訳ではないが。

詩織に憧れている『4』の皐月優も一言一句違えずに同じ台詞を言う。
皐月の場合は好感度が普通状態だと下校イベントで声をかける事が出来ないので、友好以上の状態での発言という事になる。
幼なじみというつながりがないとはいえ、詩織以上にお高くとまっているとも受け取れる。
いくら憧れているとはいっても、こんなところまで真似なくてもいいと思うのだが。

何故か『GS2』の若王子貴文もこの台詞を言うが、ある程度友好度・ときめき度が上がった状態でないと言わない。

ただ、同時攻略(いわゆるハーレムプレイ)をやっていると、「一緒に帰る」⇒「他キャラの傷心度が上がる」⇒「爆弾への道まっしぐら」…となるので、
この「一緒に帰って~」は、序盤の詩織からのありがたいアドバイス…と解釈した方がいいのかもしれない。
それにしても主人公の方から詩織に爆弾を仕掛けてもいいレベルの台詞だと思うが、主人公も鬼畜レベルの台詞を吐くので人の事は言えまい。

なお、こういった隠れたアドバイスは『2』の花火大会の時に陽ノ下光も言ってくれるが、こちらは全く洒落になっていない。
「花火の音と迫力が震えちゃうくらい凄い」→「陽ノ下光の爆弾が震えるくらい恐ろしい」という解釈も出来る。
『2』における光の爆弾製造器ぶりは別格であり、花火などという生やさしいレベルではないのだが。

逆に向こうからデートや学校行事に誘われた時にOKすると「断られなくて良かった」と言われる事が多い。
これは言葉どおりの意味もあるだろうが、「誘いを断る→傷心度が急上昇→やがて爆弾点火」というゲームシステムを見るに、
「断ったらどうなっていたか分かるよね」という脅しに思える人もいるのでは。

皐月と龍光寺カイの両方と知り合っていて、皐月と友好以上かつ彼女が在学中の場合は下校時に2人との会話イベントが発生するが、
このとき先に帰った龍光寺に関して皐月が「たまには一緒に帰ろうって誘ったんだけど……。噂されると恥ずかしいって断られちゃった……」という台詞が聞ける。
このイベントを起こすと、龍光寺・皐月両方との友好度が上がる。

『4mobile』では主人公が井ノ倉唯と会話する際の選択肢にこの台詞とほぼ同じものがあるが、言ってもあっさりかわされる。

その他、コナミの音楽ゲーム「beatmaniaIIDX」のアーケード版にもっと!モット!ときめきのカバーが収録された際に、
この曲のレイヤーアニメの中で同ゲームのレイヤーキャラの1人である大犬さんがこの台詞をときメモ風の画面で話すというものが使われた。
日付は4月17日(木)。確かに1年目のこの時期なら、この台詞を言われても当然ではある。

関連項目