ソードガール



◆ステータス
+...
Lv HP MP 攻撃 防御 魔攻 魔防 速さ 幸運
1 503 77 19 16 16 13 29 26
5 627 86 23 19 19 16 35 32
10 782 97 27 23 22 19 42 39
15 937 107 30 26 25 21 49 46
20 1092 118 34 30 28 24 56 54
25 1247 128 38 33 31 27 63 61
30 1402 139 42 37 34 30 69 68
35 1557 149 46 40 37 33 76 75
40 1712 160 50 44 40 36 83 82
45 1867 170 54 47 43 39 90 89
50 2022 181 58 50 46 41 97 96
55 2177 192 62 54 49 44 104 104
60 2332 202 66 57 52 47 111 111
65 2487 213 70 61 55 50 118 118
70 2642 223 74 64 58 53 125 125
75 2797 234 78 68 61 56 131 132
80 2952 244 82 71 64 59 138 139
85 3107 255 85 75 67 61 145 146
90 3262 265 89 78 70 64 152 154
95 3417 276 93 82 73 67 159 161
99 3540 284 96 84 75 69 164 166
Lv HP MP 攻撃 防御 魔攻 魔防 速さ 幸運

◆装備可能武具
剣・刀・弓・短剣・軽盾・軽服・軽鎧・重鎧

+各職業が装備可能な武器・防具の種類
装備分類   ソード  
ガール
 マジック 
ガール
    ミコ     ファイター  アイアン 
メイデン
ファントム
シーフ
 イリュー 
ジャー
武器 短剣
軽盾
重盾
盾?
身体 軽装
軽鎧
重鎧
魔衣
※魔女の腕輪は軽盾だが誰でも装備できる
※サブクラスを取得した場合、そのサブクラスが装備できる武器・防具も装備可能になる

スキル一覧

 剣スキル刀スキル:/共通スキル
 ※各スキル名をクリックすると詳細説明に飛びます。.
名前 最大
Lv
効果 必要スキル 消費MP 備考
Lv
  1  
Lv
MAX
.
(P)剣マスタリー 10 剣を装備してる時、攻撃力がアップする。 - - 剣専用スキル
火炎斬り 10 炎を纏った剣で攻撃を行う。魔力が高いと威力アップ。
(斬撃)(火)
剣マスタリーLv1 8 24
氷河斬り 10 氷を纏った剣で攻撃を行う。魔力が高いと威力アップ。
(斬撃)(氷)
8 24
雷鳴斬り 10 雷を纏った剣で攻撃を行う。魔力が高いと威力アップ。
(斬撃)(雷)
8 24
斬鉄剣 10 防御力も斬撃耐性も無視して相手を斬り裂く。
(斬撃)(斬撃耐性無視)(防御無視)(必中)
剣マスタリーLv3
明鏡止水Lv3
4 36
ギガスラッシュ 10 敵全体に攻撃する。攻撃力ではなくLvで威力があがる。
(斬撃)(全体 ⇒ 単体)(会心判定)
剣マスタリーLv5
火炎斬りLv3
氷河斬りLv3
雷鳴斬りLv3
24 48
(P)刀マスタリー 10 刀を装備してる時、攻撃力がアップする。 - - 刀専用スキル
龍槌閃 10 敵を頭上から叩き切る刀技。
(斬撃)(対空特攻)(弱点付与:地・回避低下)(再使用まで2ターン)
刀マスタリーLv1 7
双龍閃 10 二段抜刀術による隙を生じない連続攻撃。
(斬撃)(速度補正:↑)(連続2回)(会心判定)(再使用まで2ターン)
刀マスタリーLv3 10
土龍閃 10 刀で土砂を巻き上げて相手を攻撃する。
(地)(敵全体)(会心判定)(再使用まで2ターン)
刀マスタリーLv3
ふんばるLv3
12
九頭龍閃 10 神速の剣技で同時に9連撃の突きを放つ。
(斬撃)(命中率が低め)(ランダム9回)
(会心判定)(再使用まで3ターン)
龍槌閃Lv1
双龍閃Lv1
土龍閃Lv1
18
天翔龍閃 10 超神速の抜刀術。相手より速いほど威力があがる。
(斬撃)(会心判定)(再使用まで4ターン)
刀マスタリーLv5
無我の境地Lv3
九頭龍閃Lv1
30
(P)攻撃アップ 10 攻撃力がアップする。 - - 共通スキル
(P)斬撃の達人 10 斬撃を行う時、威力がアップする。 -
(P)ふんばる 10 HPが一定以上のとき一撃では死なない。 見切りLv1 -
(P)明鏡止水 6 ステータス弱体化を防ぐ確率があがる。 バーサークLv1 -
(P)無我の境地 6 瀕死時に速さがアップする。 明鏡止水Lv3
休息Lv3
-
(P)休息 6 戦闘終了後にHP、MPが回復する。 - -
見切り 6 数ターンの間、物理回避率100%アップ。 斬撃の達人Lv3 24 36
バーサーク 6 5ターンの間、攻撃力がアップし防御・魔防がダウンする。 攻撃アップLv3 20
(P)打撃耐性アップ 10 打撃のダメージを軽減する。 - -

スキルツリー

+...

概要

剣スキルは毎ターン使用できる。必中・防御無視・斬撃耐性無視の性質と高めの威力を兼ね備えた「斬鉄剣」は非常に便利で、他にも各種属性攻撃と全体攻撃を揃えている。またこれらは全てスキルレベル上昇によって進化するため、強化により大きく火力が上がる。
正攻法での入手は中盤以降になるが、最終ダメージが2倍になる秘伝書【両手持ち】との組み合わせも強力。

刀スキルは再使用に制限があり連発はできないが、地属性弱点付与攻撃、地属性全体攻撃、連続ヒット攻撃など、剣にはない強みもある。
中でも「天翔龍閃」と「九頭龍閃」はディレイが長く癖が強い反面 最大火力が高く、短期戦 (2~3ターン) 向きのアタッカーといえる。
ただし刀スキルを揃えるためには各種パッシブスキルが必要なこともあり、中盤まではSP不足に苦しむことになる。

どちらでも活躍するので、剣使い・刀使いのどちらにするかはお好みで。刀スキルを使いこなすためには少々手間がかかるため、初心者であれば剣を選ぶ方が無難。
剣スキルと刀スキルは共存不可能なのでどちらかに絞ってスキルを取得すること。

共通スキルとしてはHP・MPを回復できる「休息」、攻撃力を一時的に引き上げる「バーサーク」、物理攻撃を回避できる「見切り」といった優秀なスキルを持っている。
特に休息によるMP回復は最大MPがずば抜けて低いソードガールにとってかなり重要。休息を活用すれば雑魚戦でもある程度スキルを使っていけるようになる。


スキル詳細

◆剣スキル

▼ (P)剣マスタリー
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
攻撃力 103% 106% 109% 112% 115% 118% 121% 124% 127% 130%
  • パッシブスキル
  • を装備してる時、攻撃力がアップする
  • 刀使いにするなら一切取得する必要はない
  • 火力を求めるなら、このスキルのレベルを上げるより使用する攻撃スキルのレベルを上げるほうがダメージが上がることが多い
    • そのため、ひとまずはスキル習得に必要な分だけ上げるだけでよい
    • 攻撃スキルのレベルを上げきったらこちらのレベルを上げるのもあり
  • 剣による攻撃は秘伝書【両手持ち】によって威力が2倍になるという利点がある
    • 最終ダメージが2倍になるだけで、剣マスタリーのように攻撃力そのものが上がっているわけではない
      • 特に防御無視攻撃である斬鉄剣との相性が良い
    • 秘伝書【両手持ち】をはじめとしたマウントヘブンのアイテムは特定のルートを使用することで序盤から獲得可能
      • 2層ボス戦前に入手しておくと攻略が楽になる


▼ 火炎斬り / 火炎烈破(Lv5~9) / 超・火炎斬り(Lv10)
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 8 16 24
攻撃回数 1 2 1
  • 剣専用スキル(斬撃)(火)
  • 火属性の剣スキル
  • 攻撃値と魔攻値で威力が決まる
  • Lv5から火炎裂破(2ヒット)、Lv10で超・火炎斬り(1ヒット)に進化
    • 氷河斬り・雷鳴斬りと合わせて、剣技では貴重な多段技なのでレベル9で止める手もある。単発技は斬鉄剣で事足りる
      • とはいえLv9とLv10では2倍程度の威力差がある。火力源として使いたいならMAXにしておくべきだろう
  • 通常攻撃と比したダメージ倍率は1で等倍、5で1.2倍×2、10で6倍程度


▼ 氷河斬り / 氷河連斬(Lv5~9) / 超・氷河斬り(Lv10)
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 8 16 24
攻撃回数 1 2 1
  • 剣専用スキル(斬撃)(氷)
  • 氷属性の剣スキル
  • 攻撃値と魔攻値で威力が決まる
  • Lv5から氷河連斬(2ヒット)、Lv10で超・氷河斬り(1ヒット)に進化
  • 通常攻撃と比したダメージ倍率は1で等倍、5で1.2倍×2、10で6倍程度


▼ 雷鳴斬り / 雷鳴双牙(Lv5~9) / 超・雷鳴斬り(Lv10)
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 8 16 24
攻撃回数 1 2 1
  • 剣専用スキル(斬撃)(雷)
  • 雷属性の剣スキル
  • 攻撃値と魔攻値で威力が決まる
  • Lv5から雷鳴双牙(2ヒット)、Lv10で超・雷鳴斬り(1ヒット)に進化
  • 通常攻撃と比したダメージ倍率は1で等倍、5で1.2倍×2、10で6倍程度


▼ 斬鉄剣 / 真・斬鉄剣(Lv5~9) / 燃えよ!斬鉄剣!(Lv10)
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 4 12 36
  • 剣専用スキル(斬撃)(斬撃耐性無視)(防御無視)
  • ゲーム中に記載はないが必中
  • Lv5から真・斬鉄剣、Lv10で燃えよ!斬鉄剣に進化する
    • Lv9→10で威力は2倍以上になるが、消費MPは3倍になる。10に上げるかどうかは慎重に
  • 剣使いの主力技。耐性無視、防御無視なのでどんな敵でも安定した大ダメージで斬り捨てることができる(スライム以外)
    • ライム系以外の敵にはこれだけで十分。火炎斬りなどの属性剣技はあまり必要ない
    • スライム系の敵には斬鉄剣耐性があるため、ダメージを与えられない
      • 属性剣技によりスライムの弱点を突くこともできるが、複数体がまとめて出てくることが多いのでマジックガール等に任せた方が楽
  • 必中&防御無視であるため、メタルスラッグキングスラッグ狩りに使える数少ないスキルである
    • 1層からレベル上げが可能となるので、斬鉄剣の有無で序盤の難易度は大きく変化すると言える
  • 斬鉄剣使用時にはエクスカリパーのダメージ1化が反映されない。そのためエクスカリパーの攻撃力の高さを存分に活かせる
  • 単純比較はできないが、攻撃力3060でスラッグ相手に攻撃した場合、
    通常攻撃と比した1ヒット当たりのダメージ倍率はLv1で2.24倍、Lv10で14.0倍程度


▼ ギガスラッシュ / ジゴスラッシュ(Lv5~9) / アルテマソード(Lv10)
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 24 36 48
  • 剣専用スキル(斬撃)(全体)(会心判定)
  • 敵全体に攻撃する。攻撃力ではなく使用者自身のLvで威力があがる
  • Lv5でジゴスラッシュに進化する。Lv10はアルテマソード(単体攻撃に変化、威力増大、斬撃耐性無視の特性追加)となる
    • アルテマソードを取得した後もジゴスラッシュLv9を使用可能(Ver.1.50以降)
      そのため単体攻撃であるアルテマソードと全体攻撃であるジゴスラッシュを使い分けることができる
  • Lvを上げれば高い火力を出せるが、火力を上昇させる手段が限定されているため、最終的には主力技を他にゆずることになる
  • どうやら防御力の影響を受けづらいらしく、敵による与ダメージの変動が少ない
    • 防御力が非常に高いメタルスラッグに対してもノーマル・ハードであればダメージが通る。(さすがにルナティックでは1ダメージしか出ない。)
  • キャラLv99、「斬撃の達人」未習得、剣のみ装備の状態で
    スラッグ相手に攻撃した場合のダメージは、Lv1で3,500、Lv9で7,500、Lv10で20,000程度
+【体験版/Ver.1.19以前】
▼ ギガスラッシュ / ジゴスラッシュ(Lv5~9) / アルテマソード(Lv10)
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 24 36 48
  • 剣専用スキル(斬撃)(全体)
  • 敵全体に攻撃する。攻撃力ではなく使用者自身のLvで威力があがる
  • Lv5でジゴスラッシュ、Lv10でアルテマソード(単体攻撃に変化、威力増大)に進化
    • 全体攻撃手段として使う場合はLv9止め推奨
  • Lvを上げれば高い火力を出せるが、火力を上昇させる手段が限定されているため、最終的には主力技を他に譲ることになる
    • 攻撃力が威力に影響しないため、テュルフング・改水禺刀同・改)といった「攻撃力が低い代わりに強力な特殊効果を持つ剣」をメイン装備にする場合にはこちらを主力技とするのもあり
  • どうやら防御力の影響を受けづらいらしく、敵による与ダメージの変動が少ない
    • 防御力が非常に高いメタルスラッグに対してもノーマル・ハードであればダメージが通る。(さすがにルナティックでは1ダメージしか出ない。)
  • キャラLv99、「斬撃の達人」未習得、剣のみ装備の状態で
    スラッグ相手に攻撃した場合のダメージは、Lv1で3,500、Lv9で7,500、Lv10で20,000程度


◆刀スキル

▼ (P)刀マスタリー
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
攻撃力 103% 106% 109% 112% 115% 118% 121% 124% 127% 130%
  • パッシブスキル
  • を装備してる時、攻撃力がアップする
  • 剣使いにするなら一切取得する必要はない
  • 火力を求めるなら、このスキルのレベルを上げるより使用する攻撃スキルのレベルを上げるほうがダメージが上がることが多い
    • そのため、ひとまずはスキル習得に必要な分だけ上げるだけでよい
    • 攻撃スキルのレベルを上げきったらこちらのレベルを上げるのもあり
  • 土龍閃以外の刀スキルは斬撃だが、逆刃刀などを装備すると打撃属性に変化する
  • 刀スキルは再使用までに時間が掛かる。秘伝書【覚醒】等を利用しても同じスキルを2連続で使用することはできない


▼ 龍槌閃
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 7
  • 刀専用スキル(斬撃)(対空特攻)(弱点付与:地・回避低下)(再使用まで2ターン)
  • 敵を頭上から叩き切る刀技
  • 装備している刀の属性と状態異常が付与される
  • 弱点付与:地は次のターン終了まで地属性ダメージを3倍(地属性の耐性も弱点も持たない敵の場合)にする。地属性耐性・弱点を持つ敵にも有効
    • スキルLv上昇による弱点付与の強化はない。火力もあまり高くないのでLv1で十分
    • 土龍閃とのコンボで敵を選ばずダメージを与えられる
      • ワールド・シェイキング等の地属性魔法とのコンボも可能。刀をメインにしない場合でも補助目的で龍槌閃Lv1を取得するのはあり
    • 重力100と重ねがけ可能。地属性ダメージが更に上がる
  • Ver.1.50以降、敵の回避率を低下させる効果が追加された
  • 通常攻撃と比したダメージ倍率は1で1.8倍、10で2.5倍程度
+【体験版/Ver.1.19以前】
▼ 龍槌閃
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 7
  • 刀専用スキル(斬撃)(対空特攻)(弱点付与:地)(再使用まで2ターン)
  • 敵を頭上から叩き切る刀技
  • 装備している刀の属性と状態異常が付与される
  • 弱点付与:地は次のターン終了まで地属性ダメージを3倍(地属性の耐性も弱点も持たない敵の場合)にする。地属性耐性・弱点を持つ敵にも有効
    • スキルLv上昇による弱点付与の強化はない。火力もあまり高くないのでLv1で十分
    • 土龍閃とのコンボで敵を選ばずダメージを与えられる
      • ワールド・シェイキング等の地属性魔法とのコンボも可能。刀をメインにしない場合でも補助目的で龍槌閃Lv1を取得するのはあり
    • 重力100と重ねがけ可能。地属性ダメージが更に上がる
  • 通常攻撃と比したダメージ倍率は1で1.8倍、10で2.5倍程度


▼ 双龍閃
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 10
  • 刀専用スキル(斬撃)(速度補正:↑)(連続2回)(会心判定)(再使用まで2ターン)
  • 二段抜刀術による隙を生じない連続攻撃
  • 装備している刀の属性と状態異常が付与される
  • 1HITのダメージでも通常攻撃以上の威力はある攻撃を二回繰り出す
  • Ver.1.50以降、スキルレベル上昇で速度補正が強化されるようになった。その代わり必中の特性が削除された
  • 主力技になれるほどの火力はない。Lvも前提の1だけで十分である
+【体験版/Ver.1.19以前】
▼ 双龍閃
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 10
  • 刀専用スキル(斬撃)(必中)(連続2回)(必殺判定)(再使用まで2ターン)
  • 二段抜刀術による隙を生じない連続攻撃
  • 装備している刀の属性と状態異常が付与される
  • 1HITのダメージでも通常攻撃以上の威力はある攻撃を二回、必中で繰り出す
  • 主力技になれるほどの火力はない。Lvも前提の1だけで十分である
  • 必殺判定とは会心判定のことだと思われる
    • 実際、会心判定がある
  • 通常攻撃と比した1ヒット当たりのダメージ倍率は1で等倍、10で1.8倍程度


▼ 土龍閃
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 12
  • 刀専用スキル(地)(敵全体)(会心判定)(再使用まで2ターン)
  • 刀で土砂を巻き上げて相手を攻撃する
  • 装備している刀の状態異常が付与される
    • 逆刃刀装備時には敵全体にスタンが付与される
      • ただし付与成功率は低め
  • 斬撃でも打撃でもない物理属性攻撃というのは貴重な存在。斬撃・打撃両方に耐性を持つ敵も結構いる
    • ただし飛行or浮遊している敵は地属性無効であるため通用しない
      • 龍槌閃で地属性弱点を付与すれば問題ない
  • 龍槌閃とのコンボで大ダメージを与えることが可能になる
    • 龍槌閃は単体攻撃、土龍閃は全体攻撃といまいち噛み合っていないのが玉に瑕。どちらか一方を回避されるとダメージが伸びないという弱点もある
    • 全体攻撃として使うなら、敵全体に地属性弱点を付与できる重力100とのコンボの方が強力。ファントムシーフなどの自分より早い味方に重力100を使わせれば1ターンでコンボが成立する
      • 龍槌閃の弱点付与と重ね掛けして、更に威力を上げることも可能
  • 必中技ではないため、確実に当てたい場合は秘伝書【必中】の使用も検討しよう
  • 通常攻撃と比したダメージ倍率は1で2.3倍、10で3.49倍程度


▼ 九頭龍閃
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 18
  • 刀専用スキル(斬撃)(命中率が低め)(ランダム9回)(会心判定)(再使用まで3ターン)
  • 神速の剣技で同時に9連撃の突きを放つ
  • 装備している刀の属性と状態異常が付与される
  • 敵全体を対象にランダムで9回ダメージを与える刀使いの主力技。命中率の低さを秘伝書【必中】で補うことで高い威力を発揮できる
    • 天翔龍閃は九頭龍閃を超えるポテンシャルを有するが、威力が敵との速度差に依存するため、格上を相手にする場合威力が安定しないという欠点がある
    • 必中ゴーグル装備時でも、回避率をもっていないと思われる敵相手に外すことがある(目に見えて命中率向上はしている)。そのため、命中を求めるなら秘伝書【必中】の方が安定する
      • もしくは必中ゴーグルと剣闘士のハチマキを装備して(合計命中率+52%)、味方にファントムウィング(命中率+50%)を掛けてもらう手もある。この場合は秘伝書【魂】を活用できる
      • どうやら1ヒット目から9ヒット目にかけて徐々に命中率が低下しているらしく、命中率+94%でも8ヒット目までは安定して入る
  • ヒット数が多いので、ドリアードなどのダメージ上限がある敵に向く
  • 攻撃対象はスキル発動時に生存している敵全てからランダムに選択される。この為、九頭龍閃の途中で死亡した敵を連続で対象に取り、ヒット数が大幅に下落する場合がある
  • 通常攻撃と比した1ヒット当たりのダメージ倍率は1で2.3倍、10で3.68倍程度


▼ 天翔龍閃
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費MP 30
  • 刀専用スキル(斬撃)(会心判定)(再使用まで4ターン)
  • 装備している刀の属性と状態異常が付与される
  • 超神速の抜刀術。相手より速いほど威力が上がる
    • この技を主力にする場合はスキルや装備で速さを補うこと
      • 無我の境地を取得すればHP20%以下の時に速さが最大2倍になる。ただし休息の効果でHPが回復してしまうので連戦では活用しづらい
      • 装備に関しては白虎・改やソードガール限定装備の赤い袴がおすすめ
      • 逆にこれらがない場合、ソードガール自身の速さは並程度である
  • 速度差が絡むのでダメージ倍率は不詳。ただし10は1の1.5倍ほどのダメージが出る
    • 速度差次第では最強の刀技だが、敵より速さが低いと一気にダメージが落ちてしまう
      • 速さで圧倒できない場合は九頭龍閃の方が良い
      • 最強の刀である烈火大斬刀は素早さが下がってしまうためこの技との相性は悪い。そちらを使うなら九頭龍閃をメイン技にしよう
  • 天翔龍閃Lv1を取得するためにはSPが最低でも30ポイント必要。他の攻撃スキルやバーサークのレベルを上げることも考えると取得は中盤~終盤になる
    • 苦労して取得したとしても、速さ系の装備が揃っていないとダメージが伸びづらい。天翔龍閃を切り捨てて九頭龍閃一本に絞るのもあり
  • 装備とバフを揃えてやればハードのラスボスにも300万越えダメージを叩き出すロマン技
    • さすがにファントムシーフ(幻装装備)のブラック・クロスには及ばないが
    • 5ターンに1度しか使えないのでなるべく一撃必殺を心がけたい


◆共通スキル

▼ (P)攻撃アップ
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
攻撃力 103% 106% 109% 112% 115% 118% 121% 124% 127% 130%
  • パッシブスキル
  • 攻撃力がアップする
  • 火力を求めるなら、このスキルのレベルを上げるより使用する攻撃スキルのレベルを上げるほうがダメージが上がることが多い
    • そのため、ひとまずはスキル習得に必要な分だけ上げるだけでよい
    • 攻撃スキルのレベルを上げきったらこちらのレベルを上げるのもあり


▼ (P)斬撃の達人
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
効果 103% 106% 109% 112% 115% 118% 121% 124% 127% 130%
  • パッシブスキル
  • 斬撃属性の攻撃を行った時、ダメージ量にスキルLvに応じた倍率を掛ける
  • 逆刃刀装備中は攻撃が打撃化するので恩恵を失う
  • 火力を求めるなら、このスキルのレベルを上げるより使用する攻撃スキルのレベルを上げるほうがダメージが上がることが多い
    • そのため、ひとまずはスキル習得に必要な分だけ上げるだけでよい
    • 攻撃スキルのレベルを上げきったらこちらのレベルを上げるのもあり


▼ (P)ふんばる
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
残りHP 100% 95% 90% 85% 80% 75% 70% 65% 60% 50%
  • パッシブスキル
  • 残りHPが上記以上のとき一撃では死なない
    • HPが1だけ残る
  • 連続HIT攻撃はふんばれないことが多い
  • ver1.19現在、敵のクリティカル攻撃はふんばれない不具合がある。クリティカル判定のある攻撃をもつ敵はあまりいないが注意


▼ (P)明鏡止水
Lv 1 2 3 4 5 6
  • パッシブスキル
  • 弱体化がかかりにくくなる
    • Lv6で弱体化を完全に防げる?
  • 弱体化を使ってくる敵はあまりいない…


▼ (P)無我の境地
Lv 1 2 3 4 5 6
速さ上昇量 50% 60% 70% 80% 90% 100%
  • パッシブスキル
  • 瀕死時(HP20%未満)に速さがアップする
    • 速さで威力が上昇する天翔龍閃をメインに使用する場合、このスキルは火力上昇を兼ねる
  • あえてHPを低い状態にし、常時このスキルを発動させる戦術もある
    • オートガードなどによるサポート必須
    • 前提スキルに休息があるため、ザコ戦などでは使いにくい戦術
    • HP調整は3層クイズ2択扉や6層ダメージ床を利用すると楽


▼ (P)休息
Lv 1 2 3 4 5 6
回復HP 10% 13% 15% 18% 22% 30%
回復MP 5% 6% 7% 8% 9% 10%
  • パッシブスキル
  • 戦闘終了後にHP、MPが回復する
  • 逃走でも回復する
  • MP消費の激しいソードガールにはありがたいスキル


▼ 見切り
Lv 1 2 3 4 5 6
消費MP 24 16 32 24 48 36
効果ターン 1 2 3
  • アクティブスキル
  • 数ターンの間、物理回避率100%アップ
  • 敵の放つ物理攻撃や防御無視のブレス攻撃、物理扱いの一部の魔法が回避可能
  • 持続ターンが2ターン以上になると真価を発揮し、見切りを絶やさず攻撃を行うという戦術がとれる
  • 魔法は反射や耐性装備で無効化し、物理は見切りで完全回避を行うと全ての攻撃を無力化できてしまうボスは結構多い
    • 特に難易度ルナティックを攻略する際は、これを知っているとかなり楽になる
  • 回避率100%なら通常は完全回避できるが、敵の命中率が上昇している状態だと完全回避できないことがあるようだ。また、一部の敵は素の命中率に補正がかかっているため、見切りだけでは完全回避できない
    • 他の回避率上昇装備やバフと組み合わせることで完全回避も可能
  • また物理攻撃と言えど、斬鉄剣のような必中攻撃は回避できない
  • 精神コマンド「挑発」と組み合わせれば、敵の物理攻撃を引き付け完全回避するというコンボが可能


▼ バーサーク
Lv 1 2 3 4 5 6
攻撃 150% 160% 170% 180% 190% 200%
被ダメージ 200%
消費MP 20
  • アクティブスキル
  • 5ターンの間、攻撃力がアップし被ダメージが増加する
  • 対象は自分自身のみ
  • 攻撃パラメータ強化量はスキルレベルに応じて決まる
  • デメリットは被ダメが2倍になること。防御・魔防を下げているわけではなく、最終ダメージを2倍にしている
  • 火力増強の有用なスキル。特にターン制限のある刀技は一撃の威力を上げるために使用する価値はある
  • アイアンメイデンにかばわせればリスクも抑えられる


▼ (P)打撃耐性アップ
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
打撃耐性 20% 23% 26% 29% 32% 35% 38% 41% 44% 50%
  • パッシブスキル
  • 打撃属性のダメージを軽減する
  • 費用対効果を考えるとLv1だけ取得するのはあり
  • ゲーム中の物理攻撃の大半は打撃属性が付与されているため、影響は大きい
  • 注意点として、打撃属性は他属性と共に付与されていることがあり、その場合は共に付与された属性は無効化できなくなってしまう
    • 例えば、シャドークロー(闇、打撃、斬撃)を受けた際、闇の指輪:αを装備していれば無効化できるが、打撃耐性アップを取得している場合、属性は『弱点』>『耐性』>『無効』>『無関係』の優先順位で処理されるため、無効化できずに打撃耐性のレベル分軽減されたダメージを受けることになる
    • 打撃と他属性が同時に付与される攻撃はあまり多くは無いが注意しておくこと


サブクラス

ソードガール自身の火力はある程度自己完結している。さらに火力を増強するか、燃費を改善して使いやすくするかはお好みで。
耐久力を向上させて自力で耐える運用もあるが、その場合バーサークや無我の境地には頼れない。他の方法で火力を伸ばすか、別の攻撃役を用意しよう。

  • 剣使い・刀使い共にチャーグルは有用
    • 特に刀使いであれば、攻撃スキルのリキャスト中にチャーグルを挟むことで無駄なく火力アップが計れる
    • 剣使いの場合、毎ターン攻撃スキルを使った方が短時間での火力は上になる。ただしチャーグルで一撃ごとの与ダメージを増加させることで最終的なMP消費量を減らせる
      • またチャーグルは威力が攻撃力に依存しないギガスラッシュにも効果が乗るという利点がある
  • チャーグルとバーサークの併用も可能。ただし攻撃開始までに時間が掛かる。またファイターの底力がライバルとなる
    • チャーグルは最終ダメージを増加させるスキルなので、防御力が高い敵にはダメージが通りにくい。火力だけを考えるならバーサークの方が優先度は高い
      • 斬鉄剣のような防御無視攻撃の方が恩恵を受けやすい
  • TP自動アップで精神コマンド用のTPを溜められる
    • 刀使いであれば、特に九頭龍閃は必中の使用が必須といえるため、恩恵は大きい
    • 剣・刀問わず熱血を連発しやすくなるのは利点
  • 朱雀烈火大斬刀といった火属性の刀を装備している場合は属性マスタリーの効果も乗る
    • 剣使いの場合も火炎斬り等の属性剣技を使うなら有効。とはいえそれを目当てに選ぶほどではない

ミコ
  • ソードガール、特に剣使いはMPが少ないわりに消費が激しいため、MPアップ&自動回復は長期戦で有用
    • それ以外は特にいらないとも言うが、言い方を変えれば本職のスキル取得に注力できるという事でもある
    • 休息との相性は抜群で、雑魚戦でも気兼ねなくスキルを連発していけるのは大きな利点
      • 休息、MP自動回復共に回復量は最大MP量に比例するので前述した同サブスキルのMPアップともシナジーが高い
    • 燃費改善としてはイリュージャーの消費MP減少も候補だが、あちらの多芸さに対して、こちらは長期戦における継戦能力向上に特化していると言える
  • 火力に関しては素のソードガールとほぼ変わらない。火力不足を感じてきたら別のサブクラスに切り替えるといい

  • 底力による火力ブーストが強力な組み合わせ
    • 底力の発動条件であるHP20%以下の状態を維持できるのが前提。オートガード持ちのアイアンメイデンに守らせるのが望ましい
  • 特に刀使いは底力と無我の境地の併用により天翔龍閃の火力を大きく増強できる
    • 真価を発揮させるためには瀕死状態を維持する必要がある。戦闘を終えると休息の効果でHPが回復してしまうため連戦向きではない
      • 天翔龍閃を使わない場合は無我の境地は火力に影響しないので、休息の取得は必須ではない
    • 刀スキルのリキャスト中に精神統一を使えばTPも溜めやすい。正義の心を装備して必中や熱血を使用するのも良い
    • 龍槌閃以外の刀スキルは会心判定があるので会心アップも有用
  • 剣使いの場合、ギガスラッシュ以外の剣スキルは底力が有効
    • 特に底力&バーサーク発動時の斬鉄剣が強力。デルタ狩りも楽に行える
      • 特に高威力を維持したブレイブブレイド・改がある場合は、サブイリュージャーで幻装を使用するよりも手軽に大火力が出せる
    • 休息を取得しないでおく方が底力の効果を活かしやすいが、ソードガール自身の最大MPは全職業中最低なので息切れしやすくなる
  • 二刀流も剣なら火力ブーストになり得る
    • 剣の場合、秘伝書【両手持ち】の方が火力が出ることが多いため、習得すると火力低下に繋がる。刀は全て両手持ち武器なので二刀流不可能
    • 剣スキルは武器の属性・特攻・状態異常が付与されないため、剣以外の武器の特性を付与する戦術も使えない
    • ただしギガスラッシュやアルテマソードは会心判定がある(Ver.1.50以降)ので、会心率を上げる武器を複数装備するという手もある
+天翔龍閃 構成例
  • 天翔龍閃 構成例
  • (取得スキル)
    • 天翔龍閃、バーサーク、無我の境地、底力、攻撃系パッシブ全般
  • (装備)
    • 烈火大斬刀、亀の道着、秘伝書【魂】、秘伝書【ちょうわざ】、火の指輪:Ω
  • 上記構成でバーサーク、ファントムウェポン、ファントムウィング、突撃行軍歌(攻撃陣形+高速陣形)、魂を付与して天翔龍閃を放つと、
    種強化無しLv99でノーマルのスラッグ相手に1100万程度のダメージが出せる
  • 速さ技であるため、敵の方が速い場合はダメージが大幅に低下してしまう
    • ボス戦では烈火大斬刀の代わりに朱雀・改を装備するといい。朱雀・改装備時のダメージは900万程度
+斬鉄剣 構成例
  • 斬鉄剣 構成例
  • (取得スキル)
    • 斬鉄剣、バーサーク、底力、攻撃パッシブ全般
  • (装備)
    • ブレイブブレイド・改(攻撃力270)、亀の道着、秘伝書【両手持ち】、秘伝書【魂】、秘伝書【ちょうわざ】
  • 上記構成でバーサーク、ファントムウェポン、攻撃陣形Lv6、魂を付与して斬鉄剣を放つと、
    種強化無しLv99でノーマルのスラッグ相手に175万程度のダメージが出せる
  • 掛けるバフの数が少ない割に高火力

  • 槍技は剣でも使用可能。特攻技、闇・光属性技が習得可能。(盾技を含めれば打撃属性攻撃もできる)
    • 3属性の剣スキルと合わせて多くの敵の弱点を突ける対応力のあるアタッカーになれる
      • しかし耐性・防御無視で相手を選ばない斬鉄剣のみで十分というのが実状である…
  • 盾マスタリーや防御アップ、復活などで耐久力を上げることができる
    • ただし半分までしか習得できないことからパッシブの倍率が低くなるため、効果のほどは微妙
    • 盾を装備するならイリュのクラウンシールドの方が強力だったりする
  • ガード系や陣形は攻撃の手を止めることになるので相性が悪い
  • やや特殊な運用方法として、見切りとオートガードを組み合わせることで、PT全体が物理攻撃を完全に無効化できるようにする戦術は存在する
    • さらにリフレクトをかけておけば、ほぼ全ての攻撃を無力化可能
    • ルナティックなどの高難易度ならば需要のある選択かもしれない
      • メインとサブを逆にした方が陣形の倍率が高くなり、陣形とホーリーガードの継続ターンも2T長い
      • 一方メインソードガールの場合は見切りの継続が3Tであるため、見切りの合間に陣形やホーリーガードを使いやすい。ブラッディ・スクライドによる防御デバフ付与もできる

  • 速さアップの恩恵で、天翔龍閃の使い勝手が飛躍的に増す
    • 雑魚戦で取り敢えず一体削れるのはとても便利
    • 速さ特化にすればボス戦でも大ダメージが期待できる
      • リキャストは長いので、殺しきれないと面倒。特にダメージ上限は怨敵
  • 烈火大斬刀を装備している場合は銃マスタリの効果も乗る。ただし速さが大きく下がるのでやや噛み合わない

  • サブで何かと輝くイリュージャーだが、剣使いとの相性も良好
    • エクセリオンブレードとクラウンシールドはもちろん、MPが少ないソードガールにとっては消費MP減少もありがたい
  • クラウンシールドによって防御を万全に出来る
    • 両手持ち時にクラウンシールドを使用すると両手持ち状態が解除される点には注意
  • 攻撃面ではエクセリオンブレードが強力。Lv76以上なら魔攻を上げずともブレイブブレイド・改を超える攻撃力の剣になる
    • 片手剣のため、クラウンシールドと共用して攻防一体にしたり、秘伝書【両手持ち】で火力特化もできる
    • その性質上、攻撃と魔攻が同時に上昇するファントムウェポン攻撃陣形を併用すると、相乗効果で最終的な火力上昇量が凄いことになる
    • 前述のバフを付与して「斬鉄剣」や「ゼノンウィンザード」を使うと装備構成次第では数百万の大ダメージが与えられる
      • ソードガールは魔攻値が高くないため、単体で飛び抜けた火力が出せるわけではない。バーサークと併用するか、バフ役とセットで運用したい
  • 刀使いの場合、消費MP減少、命中アップあたりが有益。しかし命中アップだけでは九頭龍閃の命中率の低さを補いきれない。幻装もバフ・デバフスキルも活用できないため微妙
+斬鉄剣 構成例
  • 斬鉄剣 構成例
  • (取得スキル)
    • 斬鉄剣、バーサーク、攻撃パッシブ全般
  • (装備)
    • 魔女の羽衣、秘伝書【両手持ち】、秘伝書【魂】、秘伝書【ちょうわざ】
  • 上記構成でエクセリオンブレード、ファントムウェポン、攻撃陣形Lv6、バーサーク、魂を付与して斬鉄剣を放つと、
    種強化無しLv99で370万程のダメージが叩き出せる
  • 味方に上述のバフと再動を付与してもらい、1ターン目にエクセリオンブレードとバーサークを使えば、2ターン目には斬鉄剣が使える状態になるので意外とお手軽
  • 上記はあくまで最大ダメージを追及する場合の構成で、実用する際は呪い装備の魔女の羽衣は他の魔衣で代用したほうが良い。魔女の羽衣装備は難易度ルナティックのラスボス第二形態でも相手にするのでなければ、基本オーバーキルにしかならない
+ゼノンウィンザード 構成例
  • ゼノンウィンザード 構成例
  • (取得スキル)
    • バーサーク、攻撃パッシブ全般
  • (装備)
    • 魔女の羽衣、秘伝書【両手持ち】、光の指輪:Ω、ゴールドリング
  • 上記構成でエクセリオンブレード、ファントムウェポン、攻撃陣形Lv6、バーサークを付与してゼノンウィンザードを放つと、
    種強化無しLv99で490万程のダメージが叩き出せる
    • こちらはTPが無いと連発できない、再動で連発ができないなどやや使い勝手が悪いが、単発火力なら斬鉄剣をしのぐ


最終更新:2020年11月02日 12:10