36マスの完全犯罪(名探偵コナン)

登録日:2021/05/15 (土) 15:37:44
更新日:2021/06/12 Sat 20:29:43NEW!
所要時間:約 20 分で読めます





本当にそうなら何か起きそうでゾクゾクしやすねぇ…

何かって何だよ?

だってこの状況はミステリーの定番中の定番…
連続殺人が起きやすい…

まさに「雪山の山荘」ですからねぇ…

『36マスの完全犯罪』とは、『名探偵コナン』において、江戸川コナン・毛利小五郎・安室透・脇田兼則が協力して解決した事件の名称である。
単行本第97巻に収録。テレビアニメでは第1003話~第1005話として2021年4月24日~5月8日にかけて放送された。
長野の雪山に建つ廃教会で連続殺人事件が発生。今回は上記のコナン・小五郎・安室・脇田という異色のメンバーが事件の解明に挑んでいる。
事件の捜査中にコナンは安室にラムについて探りを入れ、正体に繋がるヒントを得ている。
また、遠く離れた長野県警本部では諸伏高明がある事に気づき…。


※以下ネタバレが含まれますので、未読・未視聴の方はご注意ください。


【ストーリー】
今から1ヵ月前、小五郎は日原泰生という人物から暗号解読の依頼を受ける。
その暗号は、長野の山奥の廃教会で首吊り自殺をした古い友人の足元に落ちていたもので、
この暗号を読み解けば友人の自殺の理由が分かるかもしれないと思い依頼をしたのだという。
依頼を受けた小五郎は、依頼人と手紙とメールのやり取りを何度かした後、電車のチケットと前金を貰い、依頼人の指定通り4人で現場の廃教会へ行く事にする。
小五郎は、コナン・蘭・園子を連れて行くつもりであったが、出発寸前で園子が熱で倒れてしまい、蘭も彼女の見舞いに行かなければならなくなる。
蘭は自分の代役として安室を呼んでおり、たまたま探偵事務所にやって来た脇田も加え、コナン・小五郎・安室・脇田の4人で長野へ向かう事となった。

廃教会に到着した一行は、礼拝堂で「ニッチ」という人物のお別れ会のために集まっていた男女5人と知り合う。
彼らは2ヵ月前にこの廃教会で自殺したニッチの高校時代の同級生であったが、誰が集めたのかは分からなかった。
しかも彼らの話から、小五郎の今回の依頼人である「日原泰生」とは、2ヵ月前にここで自殺をした「ニッチ」の事だと判明した。
その直後、大きな音と共に駐車場が崩れ落ち、藤出達の車が落下。更には通報で現場近くまで来ていた大和からの連絡で、廃教会へ行く途中のトンネルが雪崩により塞がっている事が判明する。

救助が来る明日まで廃教会で過ごす事になった一行は、コナンの提案で謎の人物が小五郎に送った暗号を解く事にする。
実は藤出達も、謎の人物からメールで暗号を受け取っており、文字の向き・ひらがなとカタカナの違いはあったものの文字の配列は同じとなっていた。
暗号を解く前に、古浦郁絵が暖をとる方法を考えた方がいいと提案。皆で燃えそうなものを集める事となるが、和田孝平が「僕を供養したければ以下の場所に赴いてそれぞれ1人ずつ弔いの言葉を集めてくれ」と書かれた紙と新たな暗号を発見する。
皆を集めた人物が考えたゲームだと思った一行は、くじ引きでそれぞれどこに行くかを決める。
その後、各場所で「弔いの言葉」である暗号が次々と見つかるが、トイレを探しに行った和田だけ姿を見せなかった。
心配した一行がトイレへ行くと、そこでは和田が眉間を矢で射貫かれ死亡していた…。


【事件関係者】
※今回の名前の元ネタは暗号解読の重要なヒントとなっており、ネタバレ回避のため伏せております。
※名前の元ネタは「昔存在していた野球場」。

  • 藤出頼人(ふじで らいと)
CV:石井真
高校教師。27歳。信濃大学出身。
今回の別れ会には水を多めに持って来ていた。
誰が皆を呼び寄せたか不思議がっていたが、皆を閉じ込める羽目になって言い出しにくくなっているだけだと特に気に留めていなかった。
なので和田が謎めいた文書を見つけても、ゲーム感覚でやってみればいいと言っていた。
教会の探索ではシスターの部屋を担当。部屋にあった棚の中から暗号を発見する。
皆を集めた人物の目的が自殺をした日原の敵討ちではないかという話になった時には、「最初に狙われるのは多分ニッチの女房の…」と言いかけ川崎に止められていた。
また和田が殺害された際には、「やっぱりそうか。思った通り、殺されたのは和田だったし」と呟いている。
第1の事件の後は郁絵とペアを組む。
名前の由来は「藤井寺球場」から。

  • 和田孝平(わだ こうへい)
CV:川原慶久
会社員。28歳。信濃大学出身。
礼拝堂の扉を閉めに行った際、扉に謎めいた文書と暗号が貼られているのを発見する。
最初の死亡者。教会の探索ではトイレを担当するが、そこで眉間をボウガンの矢で射抜かれ死亡。
現場の状況から、トイレの用具入れに仕掛けられていたボウガンに気づかずに扉を開け、矢が眉間に刺さり死亡したと思われる。
その後の藤出達の様子からすると、どうやら「女房」とは彼の事のようだが…。
名前の由来は「平和台野球場」から。

  • 古浦郁恵(こうら いくえ)
CV:高橋美佳子
OL。27歳。
昔からミントタブレットが好きで、今回の別れ会にもミントタブレットをダースで持って来ていた。
かつては藤出と付き合っていたらしい。
皆で行く場所を選ぶ方法を決めていた際、「これってあなた達でキャプテンを決めた時みたいね」と言っていた。
教会の探索では書斎を担当。探すのに手間取ったが、後から来た安室に手伝ってもらって暗号を見つけている。
第1の事件の後は藤出とペアを組む。
名前の由来は「後楽園球場」から。

  • 川崎陽介(かわさき ようすけ)
CV:幸野善之
銀行員。28歳。信濃大学出身。
潔癖症で、自分の分の水を常に携帯している。
かつて部活の時に脱水症状で倒れた事があり、それ以来事あるごとに水を飲むようになったという。
教会の探索では神父の部屋を担当。部屋にあったベッドの下で暗号を発見する。
第1の事件の後は西野とペアを組む。
2番目の死亡者。ガラスの割れる音を確認するために西野と廃教会の奥へ行くが、メールを見た途端に血相を変えて風呂場へ行く。そこで青酸系毒物を飲み死亡した。
ペットボトルの水から還元反応が出なかった事から、毒を誰かに飲まされたか飲むように仕向けられたと考えられた。
だが口のまわりも首元のシャツも全然濡れていなかった。
彼の近くには新たな暗号が置いてあり、彼のスマホには「あの秘密は墓場まで持っていく約束だったのに…裏切り者」というメールが残されていた。
名前の由来は「川崎球場」から。
ちなみに彼は、2017年に行われた2億冊事件の「コナン顔メーカー」で選ばれた容疑者である。

  • 西野澄也(にしの すみや)
CV:諏訪部順一
バーテンダー。28歳。
今回の別れ会には多くの菓子を持って来ていた。
ゲームでもちゃんとしていなければ気が済まない性分で、安室が皆で行く場所を選ぶ方法にトランプを使おうと言い出した時には、一番上のカードに汚れが付いている等と言っていた。
その後はレポート用紙を9等分にしたクジで決める事となり、当時キャプテンだったという事で次々とクジを引き、誰がどこを担当するかを発表していった。
教会の探索では談話室を担当。花瓶の中から暗号を見つける。
第1の事件の後は川崎とペアを組む。
ガラスの割れる音を確認しに行く事となった際、ミントタブレットのケース3つで決める方法を提案。
3ケースのうちの2ケースを空にして、音がするケースを選んだペアが見に行くというものだったが、最後に残ったケースが当たりだったので川崎と見に行く事となる。
最初のクジを引いたのも、様子を見に行く方法を決めたのも彼であったため、郁絵達に疑われていると思い、書斎に閉じこもってしまう。
名前の由来は「阪急西宮球場」から。

  • 日原泰生(にちはら たいせい)
藤出達の高校時代の同級生。故人。
藤出達からは「ニッチ」と呼ばれていた。
2ヵ月前に廃教会の礼拝堂で首を吊り自殺をしている。
遺体の足元には暗号のような紙が落ちており、謎の人物が1ヵ月前に小五郎に暗号の解読を依頼している。
その人物は小五郎に必ず4人で来てくれと指示をしていた。
名前の由来は「日本生命球場」から。

なお、今回の関係者は高校時代にある部活に所属していたが、この話をすると大抵バカにされるからという理由でコナン達にも一切話そうとしない。


【レギュラー陣】

ご存知主人公。
前回の件以降、世良を警戒するようになり、あと一人旅の連れを探す事になった際にも「色々な意味で誘いたくねーし」と考えていた。
教会の探索では礼拝堂を担当。椅子の裏に暗号が貼られているのを見つける。
事件の捜査中には、安室にストレートにRUMって知ってるよね?と訊くが、彼からはラムの正体に繋がるヒントしか貰えなかった。

ご存知蘭姉ちゃん。
園子が熱で寝込んだため、彼女の見舞いに行かなければならなくなる。
今回の依頼に同行できなくなるが、自分よりも適任だとして安室を呼んでいた。

ご存知迷探偵。
1ヵ月前に謎の人物から依頼を受け、手紙とメールを何度かやり取りをした後、「必ず4人で来てくれ」と指示され4人で長野へ行く事となる。
昔から引いてはならないハズレだけはピンとくるらしく、ババ抜きはかなり強い。馬券は外してるけど。
教会の探索では風呂場を担当する。
タブレットケースで様子を見に行くペアを決める時にも見事空のケースを引き当てるも、選んでいた時にはどれを選んでもハズレがなかったような気がしたらしい。
他にも「9のメリットと言えば、1枚の紙でクジを作りやすいところ」と思いつく等久々に冴えており、解決編でも活躍する。
アニメ版ではコナン達と同じタイミングで暗号の解き方に気づいていた。

「バーボン」として組織に潜入している公安警察官「降谷零」。
喫茶ポアロのマスターが友人と温泉に行く都合で、今日の午後から明日一日店を閉めるため、蘭の頼みを受けコナン達に同行する事にしていた。コナンには「暇なのか?公安…」と思われていたが。
教会の探索では倉庫を担当。暗号を見つけた後は、郁絵の暗号探しを手伝っていた。
事件の捜査中、コナンに「RUMって知ってるよね?」と尋ねられるが、あると言えば彼は自分が関わっている人間に探りを入れ始め、ないと言えば自分や彼に近づく人を必要以上に警戒される恐れがあった。
なので彼にはラムに近づくヒントとしてその人物は、とてもせっかちとだけ答えていた。

米花いろは寿司の板前。
小五郎に事件の話を聞かせてもらおうと、寿司を手土産に探偵事務所を訪れる。
その際に今回の旅行の話を聞いたので、面白そうだから一緒に行きたいと申し出た。
まだ仕事中だったが、腹の具合が悪いからと適当に理由をつけて、今日から2日間の休みを貰っていた。コナンには「自由だなこの人も…」と思われていたが。
治りかけていた左目の出来物が痒くて掻いたら前より酷くなったらしく、現在も眼帯をつけている。
教会の探索では台所を担当する。
コナンと安室が仲良くしているところを見て「べらぼーに親密なコンビに見えやしたぜ?」と言い、コナンがかなり頭の切れる少年である事も感づいている。

ご存知蘭の親友。
出発前に急に熱を出してしまい、コナン達に同行できなくなる。

長野県警警部。
小五郎から連絡を受け廃教会まで迎えに行こうとするも、行く途中のトンネルが雪崩で塞がれていた為すぐに行けなくなってしまう。
その後は長野県警本部に戻り、廃教会で殺人事件が起きたとの連絡が入ると、小五郎に現場の動画を送ってくれと頼んでいた。

長野県警刑事。
トンネルの除雪作業を最優先でやってもらうよう連絡をとっていた。
前編放送時の字幕では、由衣ではなく由依と表示されていた。

長野県警警部。
雪崩で塞がれたトンネルの前で火薬の臭いを感じ、この雪崩は人為的に起こされたものと考える。
小五郎から送られてきた現場の映像に安室が写りこんでいるのを見て、「以前どこかで…」と考えを巡らせる。
その後、東都大学に通っていた頃に安室と会っていた事を思い出す。
当時は東京の親戚に引き取られた景光に会うためにカフェで待ち合わせをしていた。
景光は安室と共にカフェに現れ、自分や兄と同じく警察官を目指している友人として彼を紹介する。
その際に景光が降谷零君と紹介していたのを思い出し、穴の開いた景光のスマホが入った封筒に「0」が書かれていた事から、封筒の送り主は安室だと考える。

警視庁捜査一課管理官。
大和のスマホに電話をし、聞きたいことがあると言って諸伏に電話を代わるように言っていた。

警視庁公安部の捜査官で高明の弟。
東京の高校に通っていた頃に、高明に安室の事を紹介している。


【用語】

  • 廃教会
長野の山奥に建つ古びた教会。
藤出達が子供の頃によく遊んでいた場所であり、傍にはある事をするのに丁度いい広場もある。
電気はもう来ていないが、水道はまだ使用可能。
2ヵ月前にここの礼拝堂で日原が首吊り自殺をしている。
駐車場の案内板だけ真新しかったので、犯人が皆の車を脆い駐車スペースに誘導し、谷底へ転落させたものと考えられた。

  • 暗号
今回の事件の主軸となっている謎の暗号。
どの暗号も正方形状に並んだ36マスの中に、ひらがなかカタカナが一文字ずつ書かれている。
また、そのうちの9文字が3×3の太い線で囲まれている。

1.最初に皆のところに届いた暗号

うち太い線で囲まれているのは

2.礼拝堂の扉に貼ってあった暗号

うち太い線で囲まれているのは

3.教会探索の時に見つかった暗号

うち太い線で囲まれているのは

4.川崎の遺体の傍に落ちていた暗号

うち太い線で囲まれているのは


以下、事件の真相。さらなるネタバレにご注意ください

























地区予選の準々決勝…
俺は前の試合で大ケガしてたから出てなかったが…
病院のTV越しからでもすぐにわかったよ…

コイツらがあの試合… ワザと負けたってな!!


  • 西野澄也
一連の事件の犯人。

動機は2ヵ月前に廃教会で首吊り自殺をした日原の敵討ち。
今回廃教会に集まっていた5人と日原は長野川中学園の卒業生で、当時は野球部に所属していた。
地区予選では準々決勝まで駒を進めるも、その試合「信濃大学附属高校対長野川中学園」で9連続エラーをし、5回コールドパーフェクトゲームで敗退してしまう。
信濃大学附属高校は決勝で敗退したものの、準々決勝で完全試合を成し遂げたので、文武両道の学校だと有名になった。
西野は前の試合で大ケガを負っていたため欠場していたが、病院で試合のテレビ中継を見ていた彼は「チームメイトが八百長をしたのでは?」と考える。
その後、試合でエラーを連発していた和田・川崎・藤出が信濃大学に進学していたので、きっと藤出達は相手校と密約していたのだろうと確信した。

当時のチームのエースは日原で、子供の頃から球速が速くドラフトの目玉だと注目されていた。
だがその試合で評判がガタ落ちし、ドラフトにもかからず社会人野球や独立リーグへ行くも、芽が出る事はなく自由契約となる。
そして2ヵ月前に、子供の頃によく野球をしていた廃教会で首吊り自殺をしてしまった。
日原が自殺をしたのは藤出達が八百長をしたせいだと考えた西野は、日原が命を絶った廃教会で敵討ちをする事を決意。
八百長を止められなかった自分にも責任があると感じ、和田と川崎を殺害後は、藤出に殺されたように見せかけて自殺をし、全ての罪を藤出に着せようとした。


●暗号の解読方法
西野が廃教会に9人の人間を集めたのは、最初のクジの枚数を9枚にするためだけでなく重要な意味もあった。
実は「9」という数字は1チーム9人で行う野球を意味していたのである。
藤出達が和田の事を「女房」と呼んでいたのは、彼が高校時代にキャッチャーをしていたからであった。

今回の暗号は高校野球に当てはめれば簡単に解けるようになっている。
高校野球は守備位置によって背番号が決まっているので、内側に太い線で囲われた四角が内野を表しているとすると、あとは背番号の順番に数字を読んでいくだけで文が完成するというわけである。

1.最初に皆のところに届いた暗号
「さあプレイボールだ」

2.礼拝堂の扉に貼ってあった暗号
「トイレでワンナウト」

3.教会探索の時に見つかった暗号
「風呂場でツーアウト」

4.川崎の遺体の傍に落ちていた暗号
「書斎でチェンジ」

つまりこれらの暗号は、犯行予告とこれから事件の起きる場所を示していたのである。


教会探索の際には巧みに皆を誘導し、1枚の紙で9枚のクジを作らせる。
1枚の紙を9等分にすれば、4辺全てに破り目のある紙が中央に1枚出来るので、それを和田に渡して名前を書かせた。
それをティッシュの箱に入れたとしても、破り目を手で探ればどれがその紙か分かるというわけである。
破り目を念入りに探ればそれだけ時間がかかり、仕掛けがばれる恐れがあったが、破り目のない辺がある紙を優先して選んでいたため怪しまれる事はなかった。

タブレットケースでペアを決める時には、前もって廃教会に仕込んでいたスマホの着信音をガラスを割れる音にし、好きなタイミングで鳴らし、誰かが様子を見に行くように仕向けた。
ペアを決める時に用意したタブレットケースは実は3つ全て空であり、右手の袖の中に中身の入ったケースを仕込み、その手で空のケースを取って振る事で、中身があるように見せかけていた。
小五郎がケースを選ぶ時に「どのケースを選んでもハズレはない気がした」と言っていたのはそのためである。

川崎のスマホをこっそり抜き取ると、画面に蜂蜜を塗り、メールを受け取った川崎が手袋を外してスマホを触るように仕向ける。
潔癖症だった川崎は、指に蜂蜜が付くとすぐに近くの風呂場に駆け込み手を洗う。
川崎は手を洗う時にハンカチを口に咥えていたので、そのハンカチの咥える部分に毒を塗っておけば、事あるごとに水を飲んでいた川崎は、唇に付いた毒ごと水を飲む事となり絶命するというわけである。

ちなみに本当の職業はマジシャンであり、まるでマジックのように今回のトリックをごく自然な形で実行していた。
だが安室がトランプの山を取り出した時に、一番上の札をマジックの用語である「トップ」とつい言ってしまい、かつて手品師崩れのスリを捕まえた事のある小五郎に本職を見抜かれてしまった。

川崎殺害後は、さっき藤出から貰ったペットボトルと毒のカプセル、そして最後の暗号を持ち、書斎に閉じ籠る。
その後、藤出に「犯人が分かった」とのメールを出し、天井裏を通って書斎に来るよう指示する。
藤出が現れると最後の暗号を渡し、ペットボトルの水を口に含んだ直後、藤出に襲われているような演技をし、服毒自殺をしようとした。
毒を飲む前に騒いだのは、外にいるコナン達に後から来る警察へ「叫び声を聞いた」と証言させるため。
こうする事で警察に「屋根裏を通ってこっそり来た藤出が無理やり西野に毒を飲ませ殺害した」と思わせようとした。
また、部屋にメールを出したスマホを転がしておけば、藤出が「西野から「ここへ来てくれ」とメールを貰った」と言い張ったとしても、警察が「それでメールを送ったのだろう」と一蹴してくれるというわけである。

なお、藤出に渡した最後の暗号の答えは、完全犯罪を意味するパーフェクトゲーム
また、先程藤出からペットボトルを貰った際に、何も書かれていない予備の暗号表を彼のバッグに忍ばせていた。
こうする事でコナン達に、「ここへ高校の同級生を集め、自分を含めた3人の命を絶った殺人犯は、犯行現場に解けない暗号を残し完全犯罪を成し遂げたと悦に入っている藤出だ」と思わせようとした。
勿論、殺された3人が後日、同じ高校の野球部員だと分かり、暗号が解かれるという事も見越していた。
ちなみに標的である和田と川崎、罪を着せる藤出以外に郁絵を呼んでいたのは、高校時代に日原から藤出に乗り替えた彼女に、藤出が進学のために大事な試合でワザと負けるような悪であるという事を見せつけたかったからであった。

藤出に暗号を渡し服毒自殺をしようとした寸前、藤出のように屋根裏を通ってきたコナン達が続々と現れる。
想定外の出来事だったので、咄嗟に「アンタらが天井裏からドヤドヤ降りてきたからちょっとパニくった」と苦しい言い訳をしてしまう。
その後、コナン・小五郎・安室・脇田にトリックと正体を暴かれると、日原の敵討ちのために皆を集め犯行に及んだ事を認めた。

だがその後、藤出と郁絵から衝撃の事実が明かされる。
当時の和田・川崎・藤出は確かに試合でワザと負けたが、それは進学のためではなく日原のために仕方なくやった事だった。
当時の川中学園は、第1試合で延長14回 1対0でサヨナラ勝ち、第2試合 延長15回0対0で引き分け再試合の後、延長13回1対0で辛勝していた。
それらの試合でピッチャーを務めた日原は、短期間で42イニング約1000球投げ切るも、そのせいで肩が限界に達してしまったのである
藤出達も最初から準々決勝で負ける気はなかったが、点差が付き始めると和田は「日原は絶対最後まで投げ切るつもりだ」と判断し、彼の将来のためにコールド負けにしようとチームメイトに提案。
その案に乗った藤出達は日原のためにワザと負けるも、日原の肩は既に壊れており、「こんな体じゃキミを幸せに出来ない」と郁絵をふった。
試合後に藤出達は日原に謝ったが、その時に西野は入院中でいなかったため、彼のみこの真相を知る事はなかった。
ちなみに藤出達が信濃大学に進学したのは全くの偶然である。

この事実を知った西野は、思い違いで和田達を手にかけてしまった事を激しく後悔する。
その後は口を閉ざしてしまうが、教会の外でうなりを上げる吹雪がまるで彼の後悔の哀咽を代弁するかのようだったとコナンは語っていた。

  • 和田孝平
  • 川崎陽介
  • 藤出頼人
  • 古浦郁恵
地区予選準々決勝の際、日原の肩が限界に達していたので、彼の将来のために試合をワザと負ける事にする。
それにより「9連続エラー5回コールドパーフェクトゲーム」という高校野球史に残るような負け方をした高校として、長野県内だけでなく全国にその名が知れ渡る事となってしまうが、試合終了時点で既に日原の肩はとっくに壊れていた。
試合後は日原にワザと負けた事を謝罪。だがその場にはケガで入院中の西野はいなかったので、西野に「信濃大学に入るために八百長をした」と勘違いされる事となる。

それから数年が経ち、日原が廃教会で首吊り自殺をした事で、西野に「日原が自殺をしたのは、あの試合で八百長をしたからだ」と恨まれる事となり、今回の事件が起こる事となってしまったのだった。

西野が復帰した後でこの真実を明かしていれば、今回のような悲劇は起きなかった事だろう。

ちなみに彼らが川中学園の野球部だった事を隠していた理由は不明だが、「この話をすると大抵バカにされる」と言っていた事から、訳ありだったものの準々決勝でエラーを連発しコールド負けをした部活だったからだと思われる。


【その後】
事件解決から3時間後、トンネルの除雪作業が完了し長野県警の車が大挙して押し寄せる。
廃教会に駆け付けた大和は、「2人も殺されやがって…」と小五郎に文句を言い、安室と脇田が小五郎の弟子だと挨拶すると顔をしかめながら「このズクナシ*1に弟子が2人だとォ?」と思っていた。
一方、小五郎に2人の弟子がいると知った由衣は「黄門様みたい…」と思っていた。

すぐに現場検証が開始される事となり、諸伏も車から降りてくる。
コナン達を見つけた諸伏は、「またお会いしましたね…毛利さん」と小五郎と握手をする。
そして側にいた安室と脇田が何者かを尋ねるが、大和に急ぐように言われたので彼らと共に廃教会へと入っていく。
かつて安室と会っていた事は思い出していたが、廃教会に入る前に…

一刻千金…

一寸の光陰軽んずべからず…

…と呟き、

時は金なり…

―――と言いますしね…

…と安室を横目で見ながら思うのだった。

なお、黒田が諸伏に電話で何を訊いたのかは、現時点では不明となっている。


【余談】
安室が主人公のスピンオフ作品『名探偵コナン ゼロの日常』では、このエピソードの後日談が描かれている。



追記・修正は雪山の山荘でお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月12日 20:29

*1 長野の方言で「怠け者」の事。