BORDER BREAK @ ウィキ

支援兵装 補助装備 ND索敵センサー系統

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
ND索敵センサー系統 (投擲)
名称 重量 索敵
範囲
所持数 索敵継続
時間
条件 素材・勲章 GP
ND索敵センサー 340 半径160m
平面円形状
1x2
2
10秒 広域索敵センサー購入 ニュード胚x10
ソノチップx5
高磁性アグミナx2
150
小型ND索敵センサー 310 半径110m
平面円形状
1x3
3
10秒 ND索敵センサー購入 戦闘勝利章x5
orユニオンレベル Lv.50
ニュード卵x30
メタモチップx5
破損ICx25
250
広域ND索敵センサー 370 半径240m
平面円形状
1x1
1
10秒 小型ND索敵センサー購入 戦闘勝利章x10
orユニオンレベル Lv.100
ニュード集積体x5
黄金片x20
モノリスNSIx2
500

ND索敵センサー系統

索敵センサーの派生装備。

通常の索敵センサーとの大きな違いは、索敵範囲が球状ではなく平面円であること。
設置位置から上下左右の平面円状、要は、円盤の壁状に索敵範囲を形成する。索敵範囲は設置時の自機の向きに対して真横方向に展開する。
前後方向を索敵しない代わりに側面方向を大きくカバーした性能となっており、索敵範囲が飛躍的に伸びている
かなり長く高低差にも結構対応する索敵ラインを構築できる代わり、索敵の縦深はゼロという極端な性能。
また、円型ゆえに四隅に関しては隙間ができるため、端の方で偵察漏れが出る事もある。
索敵した際の音がこれまでのものとは異なり、「ビィィン!」という弦を弾いたような音なのも特徴。

その特異な索敵範囲と形状から、侵入者警戒に特化した性能となっており、
警戒地域に敵が入った事を知らせる事「だけ」は得意だが、
捕捉した敵は一瞬で索敵範囲から逃れてしまうため、敵の位置を味方に伝え続けるのは苦手となっている。
よって、味方に位置を伝えやすくするのなら索敵継続チップを強く推奨する。
通常の索敵センサー系統は、前線に置けば進軍してくる敵の配置を捕捉し続ける事もできるが、
ND索敵センサー系統はこのような運用はできないため、この点が大きく異なる。
無論、感知音を聞いたら味方に指示を送る基本を忘れないように。
また、その性質上ラインを下げやすく、また追う味方への負担も大きい為、味方からの信頼を損ねやすい。
味方が追ってくれないような部屋なら、場合によっては、チップを索敵継続ではなく、エリア移動や足回りに振って自分で防衛に向かう必要があるかもしれない。

性能的にも『侵入者感知ライン』でしかなく、味方の戻りや自分による追加の捕捉は必須。
当然、障害物多数などで「その後」が捕捉しにくいマップでは、通常のセンサーの方が有用。
しかし何かと広大になった最近のマップにおいて、索敵横幅&高低差適応の広さはかなりの魅力である。
広大が故にセンサー支援2機が必須となっているが、自分は出すとしても味方がもう1機を出してくれる事が当てにならない状況では、自分1機でも漏れはなく侵入者を感知できる本センサーはかなり有用となる。
複数設置できるモデルなら左右に並べ感知ライン長くするように設置したり、逆に幅の狭いマップであれば前後に離して設置し何度も感知させる使い方も可能。
また、高低差をほぼ無視できるようになるので、高所に設置し破壊されにくくする事もできる。
反面、縦深の無さからズレなどによる漏れで抜けられる危険性もあり、まっすぐ接近されて探知しないまま破壊される事も。
また、置く際の「向き」が非常に重要になっており、さらに設置はリムペット式ではなく通常の床設置式となっているため、使用の際は他の索敵系統よりも神経を使うことになる。
ある程度の自動的なフォローが効く通常のセンサーと違うだけに、広い横幅を利用して敵陣に食い込ませたり、相互にフォローするようにしたりなど、設置には考慮と工夫が必須といえる。
マップの形に合わせてうまく変形を狙おう。

進行速度が著しく早いと思われるマップでは、なるべく中央付近に置き、回り道で進行しようとしている敵を早期察知できるようにすると対応力が増す。
だが、それは本センサーが中央に設置されるケースが多いという事で、設置位置に見当をつけられてセンサーを探したり榴弾などで破壊されやすくなる事にもつながる。

ただ波紋は比較的小さく作動音も小さい模様。波紋も通常のセンサーの球に対し六角形になっている。
やや目立ちにくいが、音は独特で識別しやすく、地面置き限定なので見つかりやすい。

ちなみにガンターレットやワフトローダーの上に設置し、搭乗して左右に振ることで簡易レーダー代わりには使用できるが、実用性はない。
ただし、ガンターレットに設置した設置物は味方が施設を破壊した場合でも破壊される。味方の手で故意に壊される可能性もあることには要注意。

Ver4.5より索敵継続時間が7秒とセンサー系を超え、耐久力を強化。索敵センサーなどより差別化が図られている。
さらに、2016/6/23の新バージョンから継続時間が10秒に増えた。
これにより前線中央もしくは前側あたりから設置することで、通過する相手の動向を探りやすくなった。プラントへ向かうか、まっすぐベースに向かうかが判別しやすくなるので、その後の対処がやりやすい。

たまに見かけるV字やX字の配置はお遊び用のネタなので間違ってもそのような運用はしないこと。

ND索敵センサー

初期型にして、広域索敵センサーに近似した、携帯数が少なく索敵範囲が広い広域タイプ。
これで基本を学ぶことになる。
ND索敵センサーの基本運用方針は10秒と長い索敵継続時間を活かした並列配置(二の形)による縦深索敵であるため、
これを活かすためのマップ配置をよく検討して使っていくことになる。
広いマップでも1個で端から端まで警戒線を引けるほどの範囲を誇ため、この時点で多くのマップで性能過剰となる。
この為、範囲を活かすよりは、偏らせて設置箇所をわかりづらくする等の運用を考えるか、小型NDセンサーに切り替えていくべきだろう。

ND索敵センサーは他のセンサーよりも使えるマップが限られており、運用の上ではよく検討しよう。

小型ND索敵センサー

索敵範囲が狭くなったが、携帯数が3つに向上したモデル。
他のモデルが性能過剰であるため、これがこの系統の定番モデルといえよう。
これを三の字型に並列配置するのが運用の基本。

索敵範囲が直線にして100mも狭まったが、それでも200mと他の系統とくらべて段違いに広いため、
必要十分な性能を持っている。
局所的な索敵範囲だけ見れば、広域索敵センサーを超える性能を3つも持つことができる。
3つをフルに使うと、広大な警戒網を形成できるのがメリットで、敵の隠密侵入を容易に許さない。
ただ、警戒網の再形成に時間がかかるのが最大の難点となる。
2つでとりあえずラインが構築できるなら、+1個をどう使うかも工夫しどころ。
壊されることを想定し、補助装備自動補給チップをつけていくのを忘れずに。

広域ND索敵センサー

単基にし、索敵範囲をさらに強化したモデル。

1つだけになったのでフォローがない限り代えは利かないが、半径220mとなったことで1つで広いマップに対応するようになった。
また、半径が広まったことで「高低差」にも強くなっている。
その結果高所に接地しても、端の部分の影響も少しはカバーできるようになっている。
同時に、上記2機種より高所においても、索敵範囲に差が出にくくすることもできる。

正直言ってあまりに性能過剰である。1つしか配置できないため、この系統の運用の基本である並列配置による縦深索敵ができないこともあってゴールテープ呼ばわりされても仕方がないのが現状といえる。

これら単体での半径強化型の悩みの常として、余った部分の無駄がない設置場所を考える必要がある。
もっとも、逆に余った分を気にせずもう一方の範囲を生かした設置をする、という応用は出来る。220m先からカタパルトの最頂点に当たるように設置し、動きを探る、ということも出来る。
敵陣から敵がどう動くか先に読むことで、自陣の死角を突かれる前に最前線で予防することができるようになる。
障害物を無視した索敵が出来る、という索敵装備の特徴もうまく利用したい。

とりわけND索敵センサーの特徴である(上から見た場合)棒状の範囲をいかす上では上級者向けとも言える。
横長に進行ルートが分散されるところでは効果的だが、特に縦長に進行ルートがくることが考えられるマップでは相性が極端に出ると思われる。

ただNDセンサー系統共通の欠陥を複数個設置で一応自らフォローできた他と違い、1個だけなのでどうにもならない。
縦深は当然全く無く、索敵ラインはまっすぐ1本のみ。設置の工夫もしにくい。
そこで他支援のフォローを期待できるなら、そもそも分業すれば良い話である。他支援が分業を快く受け入れてくれればの話であって、その可能性が極めて低いという点を看過すればだが。
設置位置が前すぎれば戦闘しているだけの敵機も引っ掛けてしまい、後ろすぎれば防衛が間に合わない、という点もすぐに露呈する。
マップとの相性が出る機種であり、NDセンサーの問題点がモロに出ただけという結果になりやすい、極めて扱いが難しい装備と言えるだろう。





記事メニュー