ヌカづけ◎日本語コンシューマ版「Fallout」wiki

キャラクター(NV)

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

キャラクター

DLCのキャラクターについてはキャラクター(NVDLC)



NCR


ボルダーシティ (Boulder City)

ジェサップ (Jessup)
オープニングでペニーの右にいるグレートカーンズ。人質を捕り立てこもっている。ペニーのライターを持っている。
マクマーフィー (McMurphy)
オープニングでペニーの左にいるグレートカーンズ、死亡している。マニー・バルガスとは仲が良くノバックでベニ―達と家に泊めてもらっていた。
モンロー少尉 (Lieutenant Monroe)
NCR兵の指揮官。人質を取られて困っている。
エイカーマン上等兵 (Private Ackerman)
捕虜にされたNCR兵。
ギルバート上等兵 (Private Gilbert)
エイカーマンと同じく捕虜にされたNCR兵。
コワルスキー上等兵
石碑の前にいるNCR兵。兄ドナルドがボルダーシティで戦死した。カリフォルニアにある実家への帰省中。石碑を攻撃すると怒りさらに攻撃すれば敵対する。
アイク(Ike)
ビッグホーン酒場の主人。ヌカ・コーラ・クオーツを販売している。昔兵士が酒場で暴れたためNCR兵の入店は禁止されている。

第188交易所 (188 Trading Post)

インターステイト15が封鎖されてから栄えるようになった交易所。ハイウェイ93と95の交差点だから188と呼ばれている。
アレクサンダー (Alexander)
ガンランナーのセールスマン。こちらのGunスキルが40未満だと取引に応じない。
武器商人 (Arms Merchant)
元NCRブラボー中隊第3隊軍曹で除隊させられた。理由は集合に遅れた新兵への修正を拒んだため。ミサイルランチャーや12.7mm弾など時々珍しいものを売ってる。
エゼキエル (Ezekiel)
アポカリプスの使徒のメンバー。人類学に詳しく、特にグレートカーンズの文化的背景に興味津々。
ミッシェル (Michelle)
サミュエルの娘で、188スロップ&ショップの昼間の売買を担当。
サミュエル・ケール(Samuel)
ミッシェルの父で、188スロップ&ショップの夜間の売買と修理を担当。
予報者 (The Forecaster)
謎の予知能力を持つ孤児の少年。キャップを支払うと一日に一度だけ予言をしてくれる。
ベロニカ・サンタンジェロ (Veronica Santangelo)
BOSのメンバー。組織のジリ貧状態を常に憂えている。ドレスとパワーフィストをこよなく愛する同性愛者。


キャンプ・フォーロン・ホープ (Camp Forlorn Hope)

キャンプの一つ。しかしリージョン兵の襲撃が頻繁に発生するため環境は最悪で、「あそこに送られたら死んだも同然」と言われている。
ポラトル少佐 (Major Polatli)
キャンプの指揮官。ネルソンを攻略しようとしているが、物資不足で作戦行動が行えない。
Dr.リチャード (Doctor Richards)
医師。負傷兵とたびたび薬品が消えることを気にしている。同性愛者。
負傷したNCR兵 (Injured NCR Soldier)
リージョン兵と戦い負傷した3人のNCR兵。
ジェームス・セクストン上等兵(Private Sexton)
NCR兵。士気を高めるために運び屋にリージョン兵の耳を持ってくるよう提案する。
ストーン上等兵 (Private Stone)
悲観的なNCR兵。恐怖を紛らわすため軍の物資であるヒドラを盗んで使っている。
メイズ主計官 (Quartermaster Mayes)
物資管理を行うNCR兵。ヘリオス1へ向かわせた物資補給隊が戻らないことを気にする。
クーパー軍曹 (Sergeant Cooper)
ネルソン攻撃の際に登場するNCR兵。
二等軍曹レイエス (Tech Sergeant Reyes)
NCR通信兵。彼女の依頼を受けた運び屋は、モハビ横断マラソンをすることになる。


キャンプ・ゴルフ (Camp Golf)

フーバーダムに近いキャンプ。隊員の殆どは落ちこぼれで、ここに送られたら出世は望めないという。
チーフ・ハンロン (Chief Hanlon)
モハビに派遣されたNCRレンジャー達の統括者であり、40年以上ものキャリアをもつベテラン。フーバーダム最初の戦いで、NCRの勝利に大きく貢献した。
マクリーディー軍曹 (Sergeant McCreedie)
NCR兵、隊員の指導を行う。不適格者の指導に困っている。
マグス (Mags)
NCR兵の不適格者のリーダー。元々はレンジャー志望だったが適正試験に落ちて意気消沈している。
オハンラハン (O'Harahan)
NCR兵の不適格者。カリフォルニア郊外の農家の長男坊だったが、凶作続きで困窮した家族のためにNCRに入隊した。兵士ではあるが人を傷つけるのが嫌い。
ポインデクスター (Poindexter)
NCR兵の不適格者。インテリ気取り。
ラズ (Razz)
NCR兵の不適格者。サイコの使用を提案する。


キャンプ・マッカラン (Camp McCarran)

ネバダでの兵站のほとんどを管理している本部基地。スパイやフィーンドなど多くの問題を抱えている。
ジェームズ・シュー大佐 (Colonel James Hsu)
ダム視察で忙しいオリバー将軍に代わってマッカランの任務を管理している。ブーンからは将軍になっていてもおかしくないほど優秀な人物と評される。
ロナルド・カーティス大尉 (Captain Ronald Curtis)
シュー大佐の下で後方支援を担当している。しかし実はNCRの情報をシーザーに流しモノレールを爆破しようとしているリージョンのフルメンタリー。本名はピカス。
Corporal Walter Hornsby
Dr.ケンプ (Doctor Kemp)
キャリー・ボイド少尉 (Lieutenant Carrie Boyd)
マッカランの治安維持を担当している。捕虜を肉体的・精神的に嫐りたがるサディスト。既婚者。
ゴロベッツ少尉 (Lieutenant Gorobets)
第一偵察隊隊長。
ベッツィ兵長 (Corporal Betsy)
第一偵察隊。スペードの10と組んでいる時にフィーンドの襲撃を受け、暴行された。同性愛者。
ビタールート軍曹 (Sergeant Bitter-Root)
第一偵察隊。元グレートカーンズ。ビタースプリングスの虐殺を生き延び、ダトリ少佐に保護された。グレートカーンズを憎んでいる。名前はビタースプリングスにちなんで自分でつけたもの。
スペードの10 (10 of Spades)
第一偵察隊の新人。エースを目指している。3歳の頃からライフルを扱っており、そのスキルでNCRにスカウトされた。吃音がある。
スターリング兵長 (Corporal Sterling)
第一偵察隊。リージョンに捕らえられた際に手足をひどく痛めつけられた。
ダトリ少佐 (Major Dhatri)
広場をうろつく人。NCRを苦しめるフィーンドの首を持ってくるよう依頼する。ビタースプリングスの虐殺に際して事態収拾に努めた功があり、当時の大尉から昇格した。
ダニエル・コントラレス軍曹 (Sergeant Daniel Contreras)
倉庫を管理している。軍用品を転売しているという噂があるが決定的な証拠は見つかっていない。
ウィリアム・ファーバー伍長 (Corporal William Farber)
キャンプ・マッカランの炊事長、劣悪な食事環境を改善しようとしている。
クリスティーナ・モラレス上等兵 (Christina Morales)
NCR兵。戦死した夫、レンジャー・モラレスの遺体が放置されていることに心を痛めている。
サイラス (Silus)
リージョンのセンチュリオン。捕虜になりボイド少尉に尋問を受けている。
トーマス・ヒルダーン (Thomas Hildern)
OSI(科学産業局the Office of Science and Industrial)の研究者。
アンジェラ・ウィリアムス (Angela Williams)
OSIの主任研究員。元は田舎のバラモン農家出身で、言葉に訛りがあるとのこと。
リトルバスター(Little Buster)
賞金稼ぎ。クッククックと戦い、傷を負った。クエストを済ませるとストリップ地区に向かうが、途中のフリーサイドで死んでいる。


ビタースプリングス (Bitter Springs)

元々はグレートカーンズの土地だったが、「ビタースプリングスの虐殺」によってNCR軍が掌握してからは難民キャンプとして使用されている。
ギレス大尉(Captain Gilles)
NCR兵。キャンプの責任者。以前は少佐だったが大尉に降格させられた。ビタースプリングスの虐殺を指揮した当時の指揮官。
マークランド少尉(Markland)
NCR軍医。キャンプに暮らす難民たちの治療を行っている。
オスカー・べラスコ
グレートカーンズの戦士、NCRに復讐しようとしている。


キャンプ・サーチライト (Camp Searchlight)

リージョンに放射能爆弾を仕掛けられ、駐屯していたNCR兵のほとんどが死ぬかグール化してしまった。放射能汚染がひどく、生き延びた兵士たちは知らずにやってくる市民などに警告するためにキャンプ周辺を巡回している。
アスター曹長 (First Sergeant Astor)
キャンプ・サーチライト周辺を巡回するNCR兵。グールになり理性を失ったNCR兵を殺害するよう依頼してくる。
エドワーズ上等兵 (Private Edwards)
放射能爆弾の影響でグール化したNCR兵。理性は健在だが、途方に暮れたまま汚染地帯に留まっている。
ローガン (Logan)
クリムゾンキャラバン社に雇われた探鉱者。廃墟となったキャンプ・サーチライトを漁ろうとしている。


クリムゾンキャラバン社 (Crimson Caravan Company)

アリス・マクラファティ (Alice McLafferty)
クリムゾンキャラバン社の社長
ブレイク (Blake)
商人。各種レイダーアーマーを扱うが、たまに商品が異常に豪華になる。
ドン・ホステトラー (Don Hostetler)
スーツ姿の男。密かにグレート・カーンズの麻薬売買の仲介を行っている。「だから…ドン・ホステトラーだ」
ジャネット (Janet)
キャラバンの一人で、赤毛の女性。ネリス空軍基地のジャックのことを気にかけている。(英wikiには Jane とあるが、Janet の間違い?)


エアロテック・オフィスパーク (Aerotech Office Park)

キャップを失った地元住民や共和国の流れ者、落ちぶれた酔っ払いなどが集まっている難民のたまり場。
バート・ガナーソン (Bert Gunnarsson)
医学の知識を持つグール。アポカリプスの使徒と一緒にいたことがあり、そのときに医学を学んだらしい。難民たちの援助をしており、無料で治療してくれる(HPのみ、RAD中毒などは不可)。
パーカー大尉 (Captain Parker)
オフィスパークにいる唯一のNCR兵。意外と怒りっぽく、妻に逃げられたことを話すとキレる。
フランク・ウェザーズ (Frank Weathers)
元々はジャンクタウンで農家を営んでいた。とある理由で妻子と離れ離れに。
キース (Keith)
ブツの取引とマークカードを使ったイカサマギャンブルをしている。


フーバーダム (Hoover Dam)

アリソン・バレンタイン (Allison Valentine)
カサンドラ・ムーア大佐 (Colonel Cassandra Moore)
フーバーダム駐屯軍を統括する歴戦の士官。かなり強硬な人物で、NCRと対立する勢力には微塵の慈悲も示さない。
リー・オリバー将軍 (Lee Oliver)
NCR軍の将軍。ルートによってはラスボス的存在となる。
アーロン・キンバル大統領 (President Aaron Kimball)
NCRの大統領。一瞬だけ演説のためにフーバーダムを訪れる。
ジェンセン上等兵 (Private Jensen?:英名未確認)
NCR兵、フーバーダムの警備兵。
ジェレミー・ワトソン上等兵 (Private Jeremy Watson)
NCR兵、大統領に表彰される。
バードン主計官 (Quartermaster Bardon)
フーバーダムの商人。NCRの好評を得ていて、かつSpeech50をパスするかメインクエスト・NCRルートの終盤まで進めないと利用できない。
FT地点からの道のりが長く、利用条件も厳しいが、弾薬の品揃えはモハビ一(パッチ1.2以降)。特に貴重な.40:75ガバメンド弾を大量に販売しているのが魅力。
他の各種弾薬の数も非常に豊富で、彼さえいれば弾薬には困らないといっても過言ではない。
レンジャー・グラント (Ranger Grant)
ケイトー・ホスティリウス
リージョン兵、キンバル大統領暗殺を補佐するフルメンタリー。


ヘリオス1 (Helios One)

表向きは発電所だが実際には合衆国陸軍とポセイドン・エネルギー社が開発していた衛星兵器(アルキメデスⅡ)用の発電施設。NCRがBOSから奪った土地。
ファンタスティック (Fantastic)
発電所復旧の責任者。マヌケ。主人公に電力をストリップ地区とマッカランに送るよう頼む。
イグナシオ・リーバス (Ignacio Rivas)
アポカリプスの使徒。この施設に旧世界の兵器が存在することに気づいている。
ハガーティ少尉 (Haggerty)
ヘリオス1の防衛隊長。主人公に発電所の復旧の手伝いを頼む。


モハビ前哨基地 (Mojave Outpost)

入り口に巨大なモニュメントがあるモハビウェイストランド最東端のNCRの基地。西のゲートはDLC関係。
レンジャー・ジャクソン (Ranger Jackson)
NCRレンジャー。この基地の隊長。手助けをすると軍の支給品を横流ししてくれる。
ナイト少佐 (Major Knight)
前哨基地の人の出入りを記録しているNCR兵。修理スキル100の腕を持つ。
レンジャー・ゴースト (Ranger Ghost)
ニプトンを監視しているNCRレンジャー。主人公にニプトンの様子を見てくるよう頼む。隠密スキル60以上で褒めてくれる。
キルボーン軍曹 (Sergeant Kilborn)
前哨基地の入り口に立っているNCR兵。いつの間にかラッドスコルピオンに殺されていることも。
ローズ・オブ・シャロン・キャシディー (Rose of Sharon Cassidy)
Fallout2(本作から40年前)のコンパニオン、ジョン・キャシディの娘。37歳。自身のキャラバンを失い酒場で飲んだくれている。愛称キャス。
レイシー (Lacey)
医療品と武器を販売する商人。レンジャー・ゴーストを嫌っている。


NCRレンジャーの隠れ家 (NCR Ranger Safehouse)

レンジャー・ゴメス (Ranger Gomez)


NCRシェアクロッパー農場 (NCR Sharecropper Farms)

ロマノフスキー少尉 (Lieutenant Romanowski)
モーガン・ブレーク (Morgan Blake)
農場の作業員。主人公にポンプ場の調査を依頼する。
トレント・バスコム (Trent Bascom)


レンジャーステーション・アルファ (Ranger Station Alpha)

部隊長カステロ (Comm Officer Castillo)
レンジャー・ラインホルム (Ranger Lineholm)


レンジャーステーション・ブラボー (Ranger Station Bravo)

モハビ北東に位置するステーション。なぜか弾薬が過剰供給されている。
部隊長ティルデン (Comm Officer Tilden)
部隊長。周辺のグールを撃って暇つぶしをしているらしい。


レンジャーステーション・チャーリー (Ranger Station Charlie)

NCRの基地。レンジャー・アンディと話すとリージョンに壊滅させられる。
部隊長ステピナック (Stepinac)
NCR兵、この基地の隊長。レンジャー・アンディと話すと死亡する。


レンジャーステーション・デルタ (Ranger Station Delta)

部隊長シェファー (Comm Officer Scheffer)
Ranger Theresa Lutz


レンジャーステーション・エコー (Ranger Station Echo)

グールのNCR兵がいる珍しい基地、放射能汚染地域が近い。ネルソン方面を見張っている。
部隊長グリーン (Comm Officer Green)
この基地の隊長のNCR兵。


レンジャーステーション・フォックストロット (Ranger Station Foxtrot)

モハビ北西の森林地帯にあるステーション。
部隊長レンク (Comm Officer Lenk)
部隊長。カジノで借金を作ってしまっている。
レンジャー・カドロー (Ranger Kudlow)


スローン (Sloan)

採石場で働く人々が暮らす小さな集落。彼らはNCRへ建設資材を供給することで稼ぎを得ているが、採石場がデスクローの群れに占拠されてしまったため作業は滞っている。
チョンプス・ルイス (Chomps Lewis)
スローンの代表者。スローンのために良いことをすると謝礼をくれる。グレートカーンズのメリッサは娘。
ジャス・ウィルキンズ(Jas Wilkins)
スローンの食堂で働く女性。とある料理のレシピを教えてくれる。
スナフルズ (Snuffles)
チョンプス・ルイスが飼っているモールラット。負傷している。

シーザーリージョン領


フォート (The Fort)

コロラド川の東にあるリージョンの砦。
シーザー (Caesar)
シーザー・リージョンの創設者であり指導者。本名はエドワードで、NCR出身。
かつてはアポカリプスの使徒の一員として活動していたが、ブラックフッド族に対して戦術指南をする過程でリーダーとしての地位を確立。
その後、積極的な征服活動によって他部族を次々に併合、シーザー・リージョンという一大勢力を築き上げるに至った。
リガタス・ラニウス (Lanius)
前司令官ジョシュア・グラハムがリージョンから追放されて以降、リージョンのリガタス(軍団長)を務めている男。
「出来の悪い部隊を10に分けて殺し合いをさせた」、「戦で負けたことがない」などの逸話を持つ人物。
「東側の怪物」として敵味方から恐れられており、ステータスも周囲のリージョン兵やオリバー将軍とは比べ物にならないほど高い。
ルシウス (Lucius)
シーザーの親衛隊長。プレイトリアン・ガードを率いている。
アントニー (Antony)
リージョン兵、軍用犬を管理している。元ハウンドドッグ族。
ルパ (Lupa)
多くのリージョン・モングレルの母犬。アントニーに付き従っている。Lupaはラテン語で牝狼の意。また伝説上のローマ建国者ロムルスと、その兄弟レムスを育てた牝狼の名でもある。
オト (Otho)
リージョン兵、アリーナの管理人。
シーリー
リージョンの奴隷、回復パウダーを作っている。
デイル・バートン (Dale Barton)
リージョンと取引している商人。


コットンウッド・コーヴ (Cottonwood Cove)

コロラド川の西と東を行き来するための拠点。ここからフォートへ向かうことができる。
不死鳥アウレリウス (Aurelius of Phoenix)
コットンウッド・コーヴを管理する大柄なセンチュリオン。NCRドッグタグを渡すと報酬とリージョンの好評をもらえる。
キャニオンランナー (Canyon runner)
奴隷の檻の鍵を持つリージョン兵。ブラックフッド族出身。
カーソル・ルーカルアス (Cursor Lucullus)
フォートへ向かうイカダを出してくれるリージョン兵。
デカヌス・セベルス(Decanus Severus)
アウレリウスとの会話でBarterチャレンジを成功させるとNCRドッグタグと引き換えに食料や弾薬、武器、防具などをくれる。かなりの長身。
Mrs.ウェザーズ (Mrs. Weathers)
奴隷として囚われている女性。サミーとケニーの母。夫はエアロテック・オフィスパークにいるフランク・ウェザーズ。
ケニー・ウェザーズ (Kenny Weathers)
奴隷として囚われている少年。リージョン兵として育成するには歳をとりすぎているとのこと。
サミー・ウェザーズ (Sammy Weathers)
奴隷として囚われている少女。
アンダース (Anders)
グレートカーンズの麻薬ディーラー。密輸がリージョン側にバレてしまい、磔にされている。

ネルソン (Camp Nelson)

元はNCR領だったが、コロラド川より西に部隊を送ることでNCRに屈辱を与える目的でリージョンに制圧された。
デッドシー (Dead Sea)
リージョン兵、階級はデカヌス。赤ん坊のころグレートソルトレイク近くでシーザーに救われたことに恩義を感じている。サンドック族討伐やネルソン制圧などで手柄を上げている。
持っているマチェット「リベレイター」はサンドック族討伐のときにセンチュリオンから下賜されたもの。
レンジャー・マイロ (Ranger Milo)
NCRレンジャー、ネルソンの封鎖と監視をしている。捕虜を助けることをあきらめ狙撃して楽にさせようとしている。

テチャッティカップ・マイン (Techatticup Mine)

リージョン兵が駐留する洞窟
アレクサス
リージョン兵、テチャッティカップ・マインの隊長。
レノルズ上等兵 (Private Renolds)
周辺をうろつくNCR兵。リージョン兵に捕まった仲間を救出してほしいと頼まれる。たまにファイアーゲッコーに殺されている。


ニューべガス (New Vegas)

Mr.ロバート・エドウィン・ハウス (Mr. House)
ベガスの救世主にして支配者。
ジェーン (Jane)
セキュリトロン、Mr.ハウスのガールフレンド
デニス・クロッカー大使 (Ambassador Dennis Crocker)
NCRの大使。主人公に対し様々な依頼をする。
ビリー・ナイト (Billy Knight)
ストリップ地区にいるコメディアン。コメディアンの家系に生まれたらしいが、人が集まらなく、ショーをやる場所を探している。
カルリートス (Carlitos)
チェアメンのグリーター (Chairman Greeter)
チャウンシー (Chauncey)
ダズル (Dazzle)
エミリー・オータル (Emily Ortal)
アポカリプスの使徒。ベニーに頼まれてイエスマンの調整を行う。Mrハウスについて知りたがっている。
エセル・フェバス (Ethel Phebus)
ウォルターの妻。ヘックへの復讐を引きとめようとしている。
ギャンブラー (Gambler)
Mr.ホールドアウト (Holdout)
カジノに持ち込める暗器を販売している男。通常の商人と違い、評判が良くなると値上がりしたり取引してくれなくなる。
ジェイ・バーンズ (Jay Barnes)
ジョアンナ (Joana)
ジュールズ (Jules)
ケイト (Kate)
リザ・オマリー (Liza O'Malley)
マルチナ・グロースベック (Martina Groesbeck)
マイケル・アンジェロ (Michael Angelo)
看板屋。ベガスの看板はほとんど彼が手がけた。
フィリップ (Philippe)
サラ (Sarah)
ザ・トップスのフロアマネージャー (The Tops Floor Manager)
ザ・トップスのプロモーター (The Tops Promoter)
ウォルター・フェバス (Walter Phebus)
農場主。ヘック・ガンダーソンに恨みを抱いており、復讐を企む。

ザ・トップス

チェアメンが経営するカジノ。ストリップ地区で最もノリのいいカジノ。構成員は常にスーツ姿で、いかなる時でもジョークと軽い態度を崩さない。
ベニー (Benny)
ザ・トップスの支配人。主人公からプラチナチップを奪い銃で負傷させ生き埋めにしたことで、当面の殺害目標にされる。
スワンク (Swank)
ザ・トップスの副支配人。ベニーに不信感を抱いており、説得するとあっさり裏切る。ベニーが死ぬと支配人になる。
トミー・トリーニ (Tommy Torini)
エースシアターを仕切るプロデューサー。ショーに出演する芸人や歌手を探している。
イエスマン (Yes Man)
ベニーが改造したセキュリトロン。絶対に殺せない。

ゴモラ

オメルタが経営するカジノ。
ビッグ・サル (Big Sal)
オメルタのボスの一人。
ネロ
オメルタのボスの一人。
カチーノ (Cachino)
オメルタファミリーの幹部。クエストでは彼に味方するとストリップ地区の好評を得られるが、自身のカルマは極悪。
クランデン (Clanden)
塩素ガス製造のためにビッグ・サルに雇われた科学者。性的倒錯者で、セックス相手の女を殺すのが大好き。カルマ極悪。
トロイク
オメルタの武器調達係、ビッグ・サルに弱みを握られ働かされている。
ボタンマン
ファミリーの一人。ビッグ・サルに味方すると彼がカチーノを始末する。

ウルトラ・ラグジュ

ホワイト・グローブ協会が経営するカジノ。
マージョリー
ホワイトグローブ協会のリーダー。
モーティマー (Mortimer)
ホワイトグローブ協会の一員で、カジノのフロントマネージャー。部族の伝統であった食人を復活させようとしている。カルマ極悪。
ヘック・ガンダーソン (Heck Gunderson)
バラモン長者の老人。その気になればベガスへの食肉の供給を簡単に差し止められる程の有力者。カジノ内で行方不明になった息子の捜索を依頼する。
テッド・ガンダーソン (Ted Gunderson)
ヘックの息子。ウルトラ・ラグジュ内で行方不明になった。
ガンダーソンの雇われ兵
ヘックを護衛している傭兵。傭兵の割にラフな格好をしている。


フリーサイド (Freeside)

フィスト (Fisto)
プロテクトロン。
ヘンリー・ジェイミソン (Henry Jamison)
ミック (Mick)
「ミック&ラルフ」の経営者の一人。武器、防具を取り扱う。特別な武器も販売する。
ラルフ (Ralph)
「ミック&ラルフ」の経営者の一人。雑貨を取り扱う。ストリップ地区へ入るための偽造パスカードも販売してくれる。
オールド・ベン (Old Ben)
フリーサイド住人。過去に色々な仕事を転々としていた。
オリス (Orris)
フリーサイド北ゲートにいるボディーガード。ストリップ地区まで護衛してくれる。本当は地元のチンピラと組んだヤラセにより不当に儲けている。
ロットフェイス (Rotface)
東ゲート付近にいるグール。1キャップ渡すごとに様々な情報を提供してくれる。なぜかユーロジーの帽子を所持。
マックス (Max)
ステイシーを追い回す男の子。ユークリッドの射線測距計を持っている。「バンバンバンバンバンバンバーン!」
ステイシー (Stacey)
マックスに追いかけられている女の子。おとなしい子かと思いきや、「マックスには私を殴る度胸もないのよ」となかなかの肝っ玉。
サイモン (Simon)
ペイグラント(paygrant)
東ゲート付近で座り込んでいるジャンキー。「ヘッヘッヘッヘッ」
ゲネロ
食品を販売している男性。商品は動物の肉。
雇われボディガード
北ゲート付近で客を探しているボディーガード。代金は100キャップ。
グレックス (Grecks)
アトミックラングラーから138キャップ借金をしているグール。目のことを馬鹿にすると襲われる。
ジェーン婦人 (Lady Jane)
アトミックラングラーから250キャップ借金しているNCRの探鉱者。
サンチアゴ
アトミックラングラーから212キャップ借金している自称VIP。
ディクソン (Dixon)
薬品ディーラー。フィクサーなど手作り薬物や酒をジェイコブやビルに提供している
ジェイコブ・ホフ(Jacob Hoff)
フィクサー中毒の科学者。元々は解毒剤を作っていたが取引先のアトミックラングラーで薬物にはまってしまった。
ビル・ロンテ(Bill Ronte)
アル中の機械技師。素面だとかなりの腕前らしい。ポンプを直していた。
配給要員
NCRの事業としてNCR市民のみに食料を配っている。NCR市民かどうか見極めるために問題を出してくる。
エリザベス・キーラン
NCR兵少尉、NCRの事業としてNCR市民のみに食料を配っている。ジュリーとは友達。
悪意に満ちたモード、怒りのアイダ、恨みのルース
フリーサイドで活動するグラニーギャングの3人の老婆。Wild Wastelandを取得するとセルリアン・ロボット研究所から出た時に出現する。
グロリア・ヴァン・グラフ (Gloria Van Graff)
レーザー兵器専門店「シルバーラッシュ」の店主。クリムゾンキャラバンのアリスと結託してライバルを潰している。
ジーン・バティスト・カティング (Jean-Baptiste Cutting)
シルバーラッシュの店員。グロリアの兄。人殺しが趣味。
サイモン
シルバーラッシュの門番
Mr.ソーレン (Mr. Soren)
シルバーラッシュ初訪問時に出現、傭兵を殺され脅される人。値段交渉のために半分キャップを払っていなかった。
ジェームス・ガレット (James Garret)
バー兼カジノ「アトミックラングラー」の経営者。特殊な性癖を持つ。
フランシーヌ・ガレット (Francine Garret)
借金の取り立てを依頼する、アトミックラングラーの経営者。金のためなら殺しも平気でやる。
ヘイドリアン (Hadrian)
アトミックラングラーで雇われているグールのコメディアン。運び屋によく皮肉を言う。
ケイレブ・マキャフリー
アトミックラングラーで雇われている殺し屋。主人公が生まれる前から殺しをやっているとのこと。彼が着ているコートはレア物。

ザ・キングス

フリーサイドを仕切るギャング組織。拠点はキングの物まね学校

キングの物まね学校

ザ・キング(The King)
ザ・キングスのリーダーで、フリーサイドの支配者。NCRから送られた特使の存在を知らない。
ペイサー (Pacer)
ザ・キングスのメンバー。キングから信頼されている。心臓が悪いがターボを愛用している。NCRからの特使に暴行し追い返した。
セルジオ
ザ・キングスのメンバー。床屋。ユニーク剃刀「フィガロ」を持っている。
レックス (Rex)
ザ・キングが飼っているサイバードッグ。最近調子が悪い。
キングスギャングのメンバー
ザ・キングスの部下たち。フリーサイドでの評判が上がると突然呼び止めてきていろいろプレゼントしてくれる。

アポカリプスの使徒

荒廃した世の中では珍しい慈善組織

オールドモルモンフォート

アポカリプスの使徒の活動拠点。フリーサイドの中にある
ジュリー・ファーカス (Julie Farkas)
アポカリプスの使徒の医者。オールドモルモンフォートにおけるリーダー的役割を担っている。
アルケイド・ギャノン (Arcade Gannon)
アポカリプスの使徒の研究者。父はエンクレイヴ士官だった。
ベアトリクス・ラッセル (Beatrix Russell)
アポカリプスの使徒の傭兵。カウボーイ姿のグール。
ロイ
NCRとフリーサイドの小競り合いに巻き込まれ負傷した老人。
ウェイン
NCRとフリーサイドの小競り合いに巻き込まれ負傷した若者。
ファリス
NCRとフリーサイドの小競り合いに巻き込まれ負傷した若者。彼だけ昏睡状態から覚めない。

ニューベガス・メディカルクリニック

Dr.ウサナギ
アポカリプスの使徒の医者。インプラント手術や精神ケアをしてくれる。

アポカリプスの前哨基地 (Follower's Outpost)

Alvarez

アポカリプスの隠れ家 (Follower's Safehouse)

Dr.ルリア
隠れ家の管理人

BOS


ヒドゥンバレー(Hidden Valley Bunker)

エルダー・マクナマラ (Elder McNamara)
現在のエルダー。ヘリオス1からの撤退戦を指揮して英雄となり、エルダーの座に就いている。
パラディン長-ハーディン (Head Paladin Hardin)
パラディンのリーダー。保守的なマクナマラを快く思っていない。
スクライブ長-タガート (Head Scribe Taggart)
実習生ワトキンズ (Apprentice Watkins)
ドブソン (Dobson)
イニシエイト・スタントン (Initiate Stanton)
ナイト・トーレス (Knight Torres)
パラディン・ラモス (Paladin Ramos)
スクライブ・イブセン (Scribe Ibsen)
シニア・スクライブ・シューラー (Scribe Schuler)
シニア・ナイト・ロレンソ (Senior Knight Lorenzo)
BOS兵、ED-Eに興味を持ち主人公にED-Eを通じて通信を送ってくる。


B.O.S.の隠れ家 (Brotherhood of Steel Safehouse)

パラディン・サトー (Paladin Sato)
修理スキル100のBOSパラディン。パトロールに出かけて隠れ家を留守にすることも。

グレート・カーンズ


レッドロック・キャニオン (Red Rock Canyon)

パパ・カーン (Papa Khan)
グレート・カーンズの族長。過去の栄光を取り戻そうと必死になっており、リージョンとの同盟を結ぶ。
リージス (Regis)
副族長。上手く取り入ったカールのことを快く思っておらず、同盟の破棄を考えている。
カール (Karl)
リージョンのフルメンタリーの一人。リージョンとカーンズの同盟を結ぶために派遣された。
ダイアン (Diane)
モハビの居住地にヤクを供給する売人。
ジャック (Jack)
ヤクの供給業者。ScienceやSurvivalのスキルが高ければ、報酬と引き換えに薬のレシピを教えることができる。
ジェリー・ザ・パンク (Jerry the Punk)
詩をたしなむ、カーンズらしからぬ青年。部族にイマイチ馴染めずにいる。

グレート・カーンズの野営地 (Great Khan Encampment)

メリッサ (Melissa)
グレートカーンズ。NCRから横流しされる物資の受け取りを担当。


グッドスプリングス (Goodsprings)

主人公が目覚めた最初の村。辺境だがきれいな水が豊富にあり恵まれた環境。
ドック・ミッチェル (Mitchell)
Vault21出身の医者。撃たれた主人公の治療をしPip-boyを譲った。Vault21でのあだ名は「ホクロのケツ」
チェット (Chet)
雑貨店の店主。どうやら町の治安維持よりも自分の利益のほうが大事な様子。
イージー・ピート (Easy Pete)
元採鉱者。訛りの強いおじいちゃん。歯に爆薬を仕込んでいるらしい。
サニー・スマイルズ (Sunny Smiles)
水場から害獣を追い払う仕事をしている。やや小柄な女性。冒頭で銃の使い方を教える役割も担当。
シャイアン (Cheyenne)
サニー・スマイルズに飼われている忠実なワンコ。
トルーディ (Trudy)
バー「プロスペクター・サルーン」の店主。
ヴィクター (Victor)
セキュリトロン型のロボット。埋められた主人公を掘り起こしミッチェルのところまで運んだ。
リンゴ (Ringo)
クリムゾンキャラバン社のトレーダー。ジョー・コッブに命を狙われてる。クリムゾンキャラバンの人間なのでグッドスプリングスではなくNCR所属扱い。
ジョー・コッブ (Joe Cobb)
リンゴを探しているパウダーギャング。強盗、放火、殺人の前科あり。
グッドスプリングスの入植者
グッドスプリングスにいるモブ住民。農作業している人が多い。


プリム (Primm)

以前は「もうひとつのニューベガス」と称される町だったが、NCRCFからの脱獄囚が攻めてきたため、街の治安は急速に悪化。住民はヴィッキ&ヴァンスカジノに、脱獄囚はバイソン・スティーブホテルに立て籠もり、現在も睨み合いが続いている。
ジョンソン・ナッシュ (Johnson Nash)
モハビ・エクスプレスの支店経営者であり、キャラバンプレイヤー。「もうひとりの運び屋」について教えてくれる。
ルビー・ナッシュ (Ruby Nash)
ジョンソンの妻。ラッドスコルピオンの毒腺を持っていくと、「ルビーのキャセロール」を作ってくれる。
プリム・スリム (Primm Slim)
ヴィッキ&ヴァンスカジノの案内を務めるプロテクトロン。プレイヤーLvに応じて密かにパワーアップしていく(プレイヤーLv50時にはLv75,HP=3750となる)。ヒーハー!
ビーグル保安官代理 (Deputy Beagle)
脱獄囚に囚われている、重要情報を持つ保安官代理。新しい保安官が就任すると保安官代理を解任される。
ED-E
6年前にエンクレイブに製造されたアイボット。壊れているが修理すると仲間になる。
レイラ (Layla)
NCRの脱走兵。
ヘイズ少尉 (Hayes)
NCR兵。第五大隊 第一中隊所属、プリムの暴徒を鎮圧しようとやってきたが苦戦中。NCR強制収容所の攻撃も指揮する。
マクギー軍曹 (McGee)
NCR兵。第五大隊 第一中隊所属、ハブ出身。
ダニエル・ワイアンド (Daniel Wyand)
モハビ・エクスプレスの運び屋。死亡している。彼もプラチナチップ関係のものを運んでいたが囮だった。
マクベイン保安官 (McBain)
脱獄囚に殺された保安官。ユニーク防具を装備。
Mrs.マクベイン (Mrs. McBain)
脱獄囚に殺された。保安官の妻でビーグルの妹。


ノバック (Novac)

モーテルがある小さな町。恐竜のオブジェが特徴的。レプコンからスカベンジングを行って生計を立てていたが、グールが湧くようになって困っている。また、リージョンの基地であるネルソンからも近く、危険な状況にある。
クレイグ・ブーン (Craig Boone)
村の夜の見張り。元NCR第一偵察隊の狙撃手。妻カーラが奴隷商人に連れ去られ関わった人間に復讐しようとしている。
マニー・バルガス (Manny Vargas)
村の昼の見張り。元NCR第一偵察隊の狙撃手。元グレートカーンズ。狙撃の成功確率は50%、同性愛者。
ダスティ・マクブライド (Dusty McBride)
多数のバラモンを飼っている男性。最近家畜が殺されて困っている。
アリス・マクブライド (Alice McBride)
ダスティの妻。
ジーニー・メイ・クロフォード (Jeannie May Crawford)
オフィスにいるモーテルの管理人。実はカーラをリージョンに奴隷として売った犯人。
クリフ・ブリスコー (Cliff)
土産屋「ディノバイトギフトショップ」を経営している。土産物が売れなくて困っている。家には大量の恐竜の記念品がある。
ジーニーの名前を出すと25%、ノバックの好評が好感以上で30%、悪評が憎悪以上で35%割引してくれる
ノー・バークのヌーナン (No-Bark Noonan)
街の変わり者。レプコンにいるのはゴーストと言ったり家畜の死をチュパカプラの仕業と言うなど言動は少々おかしいが、ノバック周辺の情報を色々知っている。
レンジャー・アンディ (Ranger Andy)
元NCRレンジャー。足に傷を負い除隊した。連絡の途絶えたレンジャーステーション・チャーリーを心配している。
Dr.エイダ・ストラウス (Dr. Ada Straus)
護衛を引き連れて街をうろつく医者。言動はかなり怪しいが治療の腕は確か。かなり便利な存在。
傭兵
Dr.エイダを護衛している二人組。片方は無報酬であることに不満を漏らし、もう片方はエイダの医者としての腕前に疑問を抱く。
ブルース・アイザック (Bruce Isaac)
デイジー・ホイットマン (Daisy Whitman)
モーテルの住人。元エンクレイヴ兵の老婆、ベルチバードのパイロットで生涯で一度しか墜落させたことがない。
ノバックの入植者
モブ住民。気ままにふらついている。


パウダーギャング

NCRCF (NCR Correctional Facility)

囚人達の脱獄で陥落したNCRの刑務所
エディー (Eddie)
NCRCFのパウダーギャングのリーダー。彼らに協力すると各種ガンパウダーやダイナマイトをくれる。
カーター (Carter)
パウダーギャングの物資調達員、元トレーダーだったが金品横領の罪を着せられ逮捕された。
ドーズ
NCRCFの門番をしているパウダーギャング。
ハニガン (Hannigan)
パウダーギャングの医療担当。農場労働者、用心棒、盗賊、NCR兵と結構な職歴の持ち主。医療技術はNCRで医療班に半年勤めていた時に得たもので罪状は、NCR軍での薬の横流し。
唯一の医者を失うリスクを盾に略奪には参加せず脱走騒ぎの時もベッドの下に隠れていた。
スクランブラー(Scrambler)
マイヤーズ (Meyers)
プリムの元保安官の囚人。刑の執行が速すぎて収監された。パウダーギャング達とあまり関わらない。

パウダーギャング・サウスキャンプ

チャベス
パウダーギャング。エディーを無視し独自に集まりを作り好き勝手を始めた為、命を狙われる。


Vault 19 (Vault 19)

住民たちを二つのセクションに分断し、様々な手法によってセクション間の被害妄想を掻き立てる実験が行われていた。現在は放棄され、上階をパウダーギャングが、下層階をファイヤーゲッコーの群れが占拠している。
フィリップ・レム (Philip Lem)
パウダーギャング。NCRに投降したがっている。
サミュエル・クーク (Samuel Cooke)
パウダーギャング。強盗殺人など繰り返し収監された凶悪犯にして、NCRCF脱獄事件の首謀者。グレートカーンズに合流しようとしている。


ブーマー

ネリス空軍基地 (Nellis Air Force Base)

Vault 34から脱出した人々が定住しブーマーとして発展しているが、極めて排他的で領土に近づく者は漏れなく榴弾の雨を降らせる。
パール (Pearl)
空軍基地のリーダー。
アーガイル (Argyll)
医者。患者の手当てができないため主人公に任せる。
ジャック (Jack)
廃棄部品を探している男性。キャラバンのジャネットに惚れている。
リンジー (Lindsay)
ロイヤル (Loyal)
色々なものを作ってくれる人。B-29を飛ばすという夢がある。
ピート (Pete)
ブーマーの博物館にいる物語の守り人の少年。
ラクエル (Raquel)
空軍基地の防衛主任。
ブーマー軍用品管理者
武器や弾薬の管理を行うブーマー。商人として利用できる。
ブーマー・シェフ
食料を販売する人。

その他組織



ブラックマウンテン (Black Mountain)

タビサの手下のスーパーミュータント達が道行く人を襲っている。
ニール (Neil)
スーパーミュータント。ジェイコブズタウンのマーカスに派遣され、ブラックマウンテンに近づく者に警告を与えている。
ラウル・テハダ (Raul Tejada)
メキシコ出身のグールのメカニック兼ガンマン。ロンダの修理のためタビサに捕虜にされた。悲惨な過去を背負い生きてきた230歳。物腰は柔らかく紳士的だが、しばしば皮肉を垂れる。
タビサ (Tabitha)
かつてマスターズ・アーミーに所属していたナイトキン。ブラックマウンテンに住むスーパーミュータントたちの司令官であり、ブラックマウンテンラジオのDJ。他のナイトキン同様、重度の統合失調症を患っている模様。
ロンダ (Rhonda)
タビサが溺愛するMr.ハンディ。放浪時代のタビサがキャンプから強奪してきたらしい。現在は故障中。
モー (Moe)
タビサのペットのケンタウロス。BOSの偵察隊を始末した。


ビール製造者の密造アジト (Brewer's Beer Bootlegging)

Gourd


キャンプ・ガーディアン (Camp Guardian)

洞窟のミュータントに襲われ、ほとんどが全滅したNCRの拠点。周辺に近付くとラジオから救援を求める放送が流れる。
ハルフォード (Halford)
NCR兵。キャンプ・ガーディアンの唯一の生存者。脚を負傷して洞窟から脱出できずにいる。


ジョンソンの洞くつ (Cannibal Johnson's Cave)

ジョンソン (Cannibal Johnson)
洞窟で隠者のような生活を送っている元エンクレイヴ兵。


フィーンドの小屋 (Field's Shack)

ジョージ (George)
ネリス空軍基地へ無事に行き着くための「アドバイス」を売っている男。


ギブソンのスクラップヤード (Gibson Scrap Yard)

老婦人ギブソン (Old Lady Gibson)
スクラップヤードで武具の修理とガラクタ販売をしている老婦人。
バスーラ (Basura)、コルミロ (Colmillo)、フィエル (Fiel)、レイ (Ray)、レイナ (Reina)、アウダース
ギブソンが飼っている犬達。


グッドスプリングスの泉 (Goodsprings Source)

グットスプリングスの住民達の唯一の水の補給源。近くにはよくゲッコーが現れる。
バートン・ソーン (Barton Thorn)
グッドスプリングスの泉のあたりで助けを求める人。主人公を騙してゲッコーと戦わせ漁夫の利を得ようとする。
ジョニー (Johnny)


グラブン・ガルプ休憩所 (Grub n' Gulp Rest Stop)

道路沿いに位置する休憩所。ベガスへ向かう旅人やパトロール任務中のNCR隊員がよく利用するとのこと。
フィッツ (Fitz)
食料を販売する男性。ガンランナーやDr.ウサナギのことも教えてくれる。
ループ (Lupe)
水を販売する女性。治安維持の面でNCRを評価している。


ガンランナー (Gun Runners)

西部最大の武器メーカー。ニューベガスではフリーサイドの外に工場と販売所を構えている。
アイザック (Isaac)
ベンダートロン (Vendortron)
ガンランナーの接客用ロボット。プロテクトロン。


ジェイコブスタウン (Jacobstown)

マーカスが作った町、名前はマーカスの友人だったBOS兵士パラディン・ジェイコブから取っている。
マーカス (Marcus)
ジェイコブズタウンの創立者のスーパーミュータント。理知的で争いを望まない。ステルスボーイの副作用に侵されているナイトキンの保護に努めているが、同時に扱いに苦慮している。
Dr.ヘンリー (Doctor Henry)
元エンクレイヴの医師であり研究者、ステルスボーイの副作用を治す研究をしている。
カラミティ (Calamity)
グールの科学者。Dr.ヘンリーの助手をしている。10年ごとに仕事と名前を変えている。
リリー・ボーウェン (Lily Bowen)
ナイトキン。レオという攻撃的な人格をたびたびたしなめている。攻撃性が少なく、Dr.ヘンリーの研究に協力している。
キーン (Keene)
ナイトキン。他のナイトキンに人望があるらしい。分別はあるが人嫌いで戦いを好む性格。ステルスボーイの副作用を治す研究に進展がないので町から出ていこうとしている。
ノートン
NCRの傭兵、スーパーミュータントをNCR領から追い出すよう命じられている。


ニプトン (Nipton)

元はNCRやパウダーギャング、リ―ジョンに商売している町だったがリージョンに滅ぼされた。
ボックスカー (Boxcars)
パウダーギャング。くじびきで2等を引いた結果足を潰されてしまいMed-Xを欲しがる。
オリバー・スワニック (Oliver Swanick)
パウダーギャング。くじびきで1等を引いて解放されたが、ニプトンの粛清を目の当たりにしたショックにより、錯乱してしまっている。最終的に彼はスコルピオンの巣穴まで移動するが護衛無しではサソリに殺される。
バルプス・インカルタ (Vulpus Inculta)
リージョンの士官。少数の兵でニプトンを落とし、ベガス地区に潜入するなどフルメンタリーとしての実力をもっている。
ギャバン
リージョンのフルメンタリー。バルプスが死んだ場合かつニプトンでバルプスに会ってない時、代わりに現れる。
Mrガッツィー(プロトタイプ)
敵NPC。民家の中にいる家事用に改造されたガッツィー。作った人はこれを自慢して彼女を作るつもりだったようだ。
トーマス
スターキャップを幸運のお守りにしている旅人。スターキャップを7つ持っていて、彼が生き残るとスピーチ50でもらえる。護衛するとモハビ前哨基地へ向かうが、姿を消してしまう。
ジャクリン
トーマスからスターキャップを奪おうとしている。彼女が生き残ると会話後、主人公もだまし討ちしようとする。スターキャップを2つもっている。
ジョセフ・B・ステイン
ニプトンの市長。かなり俗物的な人物だったようだ。リージョン兵に火あぶりにされたため登場せず、データだけ存在する。
ローズ、シルビア
ジョセフの女だった2人。データだけ存在する。


レプコン─実験エリア (REPCONN Test Site)

かつてレプコン社が有人ロケット開発のために建設した実験施設。南端にはロケット発射用の大きなドームがある。現在は放棄され、フェラル・グールが闊歩する危険な土地となっている。
ジェイソン・ブライト (Jason Bright)
グール達を「偉大なる旅」へといざなうべく活動する指導者。フェラル化していないにもかかわらず、その体は光りし者のように発光している。
クリス・ハバーサム (Chris Haversam)
「偉大なる旅」を成功させるためジェイソンに仕えている科学者かつエンジニア。Vault34のリアクター管理者だったが放射能の影響でハゲになりそれをグール化だと思い込みブライト信奉者になった。
ハーランド (Harland)
ナイトキンの襲撃によって追い詰められ、実験エリア地下の一室に立て籠もっているグール。ブライトを信奉しているわけではなく、生活のために所属している。
グールの囚人
ハーランドの友人、すでに死んでいる。
デービソン (Davison)
実験エリア地下でステルスボーイを探し求めるナイトキン。重度の統合失調症を患っていて、アントラーという人格を持つ。デービソンは名字で下の名前の記憶を失っている。またマスターズアーミーの大尉だった。
ナイトキンの看守
デービソンの部下、ハーランドの友人がいる部屋の鍵を持っている。


ザ・ソーン (The Thorn)

レッド・ルーシー (Red Lucy)
ザ・ソーンの管理人。依頼を最後までこなすと…
ガード
ザ・ソーンの警備員。トレイルカービンなど豪華な装備を持っている。


Vault 3 (Vault 3)

もともとの住民は殺され、フィーンドの本拠となっているVault。
モーター・ランナー (Motor-Runner)
フィーンドの指導者。チェーンソーを持ち、二匹の愛犬を従えている。
ブライス・アンダース (Bryce Anders)
モーター・ランナー殺害を目論むNCRレンジャー。フィーンドとの戦いで傷を負ってしまい、Vault内部で身を潜めている。
ダニエル (Daniel)
デニス (Dennis)
フィーンドに捕らえられたキャラバンの一員。グール。
GhashBone (GhashBone)
レイチェル (Rachael)
フィーンドに捕らえられたキャラバンの一員。
リック・ランサー (Rick Lancer)
フィーンドに捕らえられたキャラバンの一員。運び屋に助けを求めてくる。


サウスベガス跡地 (South Vegas Ruins)

クック・クック (Cook-Cook)
フィーンド4人衆の一人。飼っているバラモンが殺されると発狂する。
ドライバー・ネフィー (Driver Nephi)
フィーンド4人衆の一人。所持しているクラブで多くのNCR隊員の頭をカチ割ってきた。
デューク
フィーンドのメンバー。サービスライフルでガス缶等を狙撃して運び屋を仕留めようとするスナイパー。


ポセイドン・ガソリンスタンド (Poseidon Gas Station)

バイオレット (Violet)
フィーンド四人衆のうちの一人。多数の犬をけしかけてくる。
バイオレッタ (Violetta)
バイオレットが飼う犬。倒すと「バイオレッタの脳」をドロップする。



Vault 22 (Vault 22)

植物の研究を行っていたVault。植物の暴走後、住人はHonest Heartの舞台であるザイオンに移り住むが、とある人物から襲撃を受けてしまう。
キーリー (Keely)
ヒルダーンに依頼されてやってきたグールの植物学者。Vault内部の植物を危険視し焼こうとしている。


Vault 34 (Vault 34)

大量の武器、弾薬、爆薬が管理されていたVault。過剰な人口増加に伴うトラブルでリアクターが破損し崩壊。
その結果ほぼ全域が放射能に汚染され一部では浸水も発生している。住人の一部は崩壊の前に脱出したが、残りはほぼ全員が死亡もしくはフェラルグール化している。
ホロウィッツ (Horowitz)
Vault34内で住人を救う選択をした場合のみ、エアロテックステートパークのスイート300に出現。脱出したVault34の住人のリーダー。


ウエストサイド (Westside)

スラム街の一つ
Clayton Etienne
ダルモット (Dermot)
ヘクター (Hector)
ジミー (Jimmy)
ケラー (Keller)
ジュダ・クリーガー
元エンクレイヴ士官の老人、ギャノンの父は上官だった。
クラマス・ボブ
マルコ (Marco)
ミーン・ソノファビッチ (Mean Sonofabitch)
「卑しいクソ野郎」という酷い名前をつけられたスーパーミュータント。過去にNCRから拷問を受けたせいで、うまく口が回らず、自分の名前ですらマハソファビッシュと言う。他の住人からはサノバビッチと言われていたり。
ミゲル (Miguel)
「ミゲルの質屋」を経営する男。
プリティ・サラ (Pretty Sarah)
セント・ジェームス (Saint James)
トム・アンダーソン (Tom Anderson)
アポカリプスの使徒、ウエストサイドの住民のために水を盗んでいて調査に来たホワイト兵長を殺してしまう。


メスキートマウンテン噴火口 (Mesquite Mountains Crater)

他の噴火口と同じく、実際は噴火口ではなく核ミサイルの着弾地点。そのため、放射能で汚染されている。
Dr.ロットソン (Doctor Rotson)
ヘルズモーテルという建物内で死んでいるグールの医者。同じ建物内にイカれたMr.ハンディがいるため、これに殺された様子。


旧爆弾実験エリア

トラッシュ
グールになるために放射能を浴びにきたが死亡した。一定期間経過でリスポンする。


サンセット・サルサパリラ本部 (Sunset Sarsaparilla Headquarters)

サンセット・サルサパリラの製造工場。
アレン・マークス (Allen Marks)
景品の部屋で死んでいる男。レーザーガンを持っている。
フェスタス (Festus)
スターキャップを集めて彼に渡すとお宝をもらえる、らしい。


クラークフィールド

スカベンジャー(Mr.RADィカル)
RADスーツを手に入れ調子に乗って、ユッカ山へ放射能を浴びに行き、クラークフィールドでギブソンから購入したコンテナ(中身はアイソトープ239)を頭からかぶり死亡した。

ジーンスカイダイビング

不審な旅商人/賞金稼ぎ
パウダーギャングを狙う賞金稼ぎ。元キャラバンガード。


その他 (Other)

レンジャー・モラレス
クリスティーナ上等兵の夫、死体をフィーンドにトラップとして利用されている。
アリス・ホステトラー (Alice Hostetler)
ホワイト兵長 (Corporal White)
Guy Wu
ジャクリン (Jacklyn)
マルコム・ホームズ (Malcolm Holmes)
主人公の跡をつけてスターキャップに関係する宝とそれを狙う争いについて教えてくれる商人。取引可能だが、その場を離れると二度と会えなくなる。
Mrs.ホステトラー (Mrs. Hostetler)
オリオン・モレノ (Orion Moreno)
元エンクレイヴ兵の老人。NCRに深い憎しみを抱いている。
Petro-Chico Boy
Recruit Decanus
Ron the Narrator
Testacles
孤独な流れ者 (The Lonesome Drifter)
とある事情でギター片手に放浪する人。仕事を紹介すると報酬をくれる。彼の父親にはperkを取得すると会う事ができる。
奇妙な男
シルバーラッシュから武器を購入した男。正体はリージョン兵。
旅商人
護衛の傭兵とバラモンを連れて旅する商人。キャラバン的存在だが、今作では死んでも対して困らない。
クリムゾンキャラバン・トレーダー
旅商人と同様、警備兵とバラモンを引き連れてキャンプ・マッカラン周辺を巡回している人。トレーダーとあるが取引不可。NCR所属扱い。
クリムゾンキャラバンの警備兵
その名の通り、キャラバンの警備兵。トレーダーの護衛の他、本部で警備にあたっている。
中毒患者
主にベガス地区近辺にいるモブ。他の集落の入植者的ポジ。