コマンドプロンプトや、「ファイル名を指定して実行」上で実行することによってPCのHDD上にある全てのファイルやフォルダを完全に削除することが出来るコマンドのこと。検索するだけでは特にPC被害等の問題はない。

PCのスタートメニューにある「ファイル名を指定して実行」においてこのコマンドを入力し、Enterを押すと、PCのOSその他多数のデータがほとんど削除されてしまう。さらに、そうした上で再起動した場合、PCはもはや完全に再起不能となる。まさに禁断のコマンドである。

このコマンドについて検索すると、「動画の再生がスムーズになる」「ウイルスが消える」といった情報も出てくる。
勿論それらは嘘である。絶対に騙されて実行してはならない。

Windowsを起動した状態でこのコマンドを実行しても、HDDドライブに存在するデータのいくつかが使用中であるため削除されない。但し、Windowsを起動せずDOS上でこのコマンドを実行するとデータが残らず削除される。
PCを廃棄するなどといった目的の場合はこのコマンドでHDD内のデータを削除することは推奨されない。市販の削除ソフトなどで削除されたデータを上書きするといいだろう。

なお、会社や学校の共用のパソコンなどでこのコマンドを実行した場合、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法234条の2)に問われる恐れがあるため、絶対にマネしてはならない。
また、Windows Vista以降のバージョンではこのコマンドの実行には管理者権限が必要である。

+コマンドの意味
「cmd」はコマンドプロンプト(cmd.exe)を起動させるコマンド、「/c」はコマンド実行後にコマンドプロンプトを終了するコマンド、「rd」はディレクトリ(フォルダー)を削除するコマンド、「/s」は削除対象のフォルダーに格納されているファイルやサブフォルダーも含めて削除するコマンド、「/q」は削除の際に確認を行わないというコマンド、「c:\」はコマンドの実行対象を意味している。つまり翻訳すると「確認無しでCドライブ内のデータを全削除」という指示を飛ばしていることになる。( ニコニコ大百科 より引用、一部修正。)

+対処方法
実行してしまった場合は削除中でもCtrl+Cキーを入力することで削除コマンドを中止させることが出来るが、削除はかなりのスピードで進行するため、中止できた場合でも既にドライブ上では多くのデータが失われている可能性がある。削除されたデータは復元できない。
もしコマンドを実行してしまった場合は、直ちに上述の中止コマンドを入力して削除を中止し、リカバリディスクを実行するなどして削除された必要なデータの復旧をすべきである。OSのリストアやデータの復元を行わずにシステムのシャットダウン・再起動を行った場合、起動に必要なデータなどが失われているとシステムを再び起動することが不可能になる可能性があるため、そのままシステムを終了することは推奨できない。

分類:PC被害
危険度: 7

コメント

  • 使い所は限られるものの、有効活用出来るコードではある。遊び半分でやったらほんとに困るが。 -- (名無しさん) 2019-07-09 19:10:44
  • 市販のターミネーターソフト要らんやんけ! -- (名無しさん) 2019-07-18 01:59:00
  • でもこのコマンドやっても復旧できる事はあるらしい… -- (七草) 2019-08-04 18:52:01
  • 危険度8のサイトにアクセスしてウイルスの感染されきった時に使えそうよね。 -- (名無しさん) 2019-09-04 21:24:16
  • 👆馬鹿なのかな -- (名無しさん) 2019-09-11 21:41:02
  • /qとc:\の間には半角スペースが必要だと思います -- (名無しさん) 2019-09-23 04:55:12
  • バッチファイルに書いてはいけない -- (名無しさん) 2019-09-24 02:48:44
  • sudo rm -rf もありやろ -- (名無しさん) 2019-10-15 20:47:42
  • /cはなくてもいいと思う -- (名無しさん) 2019-10-16 15:55:18
  • 思ったんだけどこれiOS環境だと↑2のコマンドじゃないと動作しないよね -- (名無しさん) 2019-10-17 02:45:34
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る