ここでは、人間以外の動物や植物や微生物などの生物の事や世界の様々な自然の摂理を紹介するページです。

追記・編集は誰でもOK。
コメントで追加要望せず、じゃんじゃん書き込んでみましょう。

- 目次

注意点

サブコンテンツでは
・極端な売名行為
・誹謗中傷
・意図的に虚偽の情報を書くこと
・一部のコンテンツ等を知ってる人にしか分からないような説明を書く
・その他、管理人が迷惑行為であると判断した行為
を禁止します。(もしも迷惑行為を確認した場合は管理人に直接問い合わせるか掲示板の荒らし報告のスレッドでご報告ください。)
もしも迷惑行為が確認された場合は規制により厳しく罰して頂きますので予めご了承ください。

並び順をしっかり守って下さい

体への害の危険度

危険度 内容
1 かなり安全な方
2 まだ安全だが人によってはトラウマになる
3 場合によっては体に害が及ぶ
4 安易に近づいてはいけない
5 関わると最悪生死に関わる

見た目の危険度

危険度 内容
E 姿、特徴が少し不気味
D 人によっては少々のトラウマになる
C 場合によってはトラウマになる
B 大半の人がトラウマになるレベル
A 体調を崩す恐れあり

※絶滅種の名称はこの文字で表記する




哺乳類

名称 危険度 説明
アフリカゾウ 5 暴れると超危険
アライグマ 2 見た目はかわいいが凶暴。外来種
イノシシ 2 身の危険を感じると相手に向かって突進し、かみついたり鋭い牙で攻撃したりする
オオカミ 4 イヌ科の肉食獣。日本種は絶滅した
カバ 5 アフリカでは最も危険な動物のひとつ
サバンナモンキー E 金玉が青い猿
ジャガー 4 南米に生息する肉食獣。小型のワニのメガネカイマンを食べることもある。
シャチ 5 世界最大の動物であるシロナガスクジラを群れで襲うこともある
スカンク 3 お尻から臭い液を出す、目に入ると失明する危険があるかつ射程距離が長い。
ズキンアザラシ E 鼻にある黒い袋を膨らませる
タスマニアデビル 3,E その名の通り悪魔のような動物。感染症による絶滅が危惧されている
チスイコウモリ 3,C 家畜などの血を吸う吸血鬼
チンパンジー 3 アフリカの熱帯雨林に生息する類人猿、ひょうきんで愛らしいイメージがあるが、実は凶暴で危険極まりない猿。
トラ 5 獰猛な肉食獣
ニホンザル 2 人を襲うこともある
ヒグマ 4 温帯やツンドラ気候の場所で生息しているクマの一種、基本的に気を付けていれば人には襲わないが人に興味を持ったりする事で人が襲われる時がある。
ピットブル 4,E 犬種。人間襲うこともあるので危険
ヒト 1 ある意味最恐
ヒョウ 4 木に登れる肉食獣
ヒョウアザラシ 3,D ペンギンを捕食する凶暴なアザラシ
フィリピンオオコウモリ D 世界一大きいとされるコウモリ。
ホッキョクグマ 4 ヒグマ同様危険
ヤマアラシ 3 トゲが鋭い動物
ライオン 5 百獣の王

昆虫・節足動物

名称 危険度 説明
アオムシコマユバチ C 青虫の体を食い破って大量の繭を作り、羽化する
アキャンタコリダリス・フルフストフェリ D 2014年に中国で新種と発表された世界で最大のヘビトンボ。翼開長のサイズは21.6cm。
アゲハグラウコス C アゲハの一種、幼虫の姿があのポケモンのモデルとなった。
アゲハヒメバチ C アゲハの幼虫に寄生し、蛹になると体を食い破り羽化する。アゲハを飼育して落胆した人なら分かるはず
アケビコノハ D ガの一種。幼虫の姿が気味悪い。
アシダカグモ D 網を張らない蜘蛛の一種。ゴキブリ等気持ちが悪い害虫を捕食してくれるが、見た目も気持ち悪いとも言われている。
アフリカオオヤスデ C 世界最大のヤスデ。見た目は気持ち悪いがペットとして人気があり腕に乗せている画像や動画もヒットする。
アメリカミズアブ 2,A アブの一種、幼虫の姿や生態はウジに似ている
アロメルス・デケマルティクラトゥス C 別名「拷問アリ」。枝に沿って無数の穴が開いた巣を作り、そこに止まった虫を穴から一斉に襲いかかる。
イネクビボソハムシ C イネにつく害虫、幼虫は糞を背中に背負う性質を持つ
ウデムシ D 独特な見た目をしている節足動物。凶暴そうな見た目に反して意外と大人しい
3,A ハエの幼虫。ケバエなど食糞を落とす種類もあり、大変グロテスク。しかし、マゴットセラピーといった治療法など、活躍することもある。海外で昔蛆虫を使って作られたチーズがあったが、違法とされた。
ウマバエ 3,A 馬などに寄生するハエ、人体に寄生することもある。
オオスズメバチ 4,E 日本で最も危険なハチ
オオムシヒキモドキ D ハエの一種、ハエの中では世界最大である。大きさは全長7cm。
5 アフリカなどではマラリアなどの伝染病の媒介をするため、地球上で最も人を殺す生物とされており、その死亡数は人間が人を殺す数を上回る。2015年は2億1400万人が罹患して43万8000人が死亡した。一説では人間の耳は蚊の羽音を「(死をもたらす)不快な音」として認識できるように進化したともいわれている。
カイコガ C 幼虫が出す絹が素材となる
カベアナタカラダニ 1,D ダニの一種、ベランダやコンクリートブロックにいるあの赤い虫。あまり害はない。
キアゲハ B 成虫は綺麗な見た目をしているが、幼虫の見た目はかなり精神的にくる
クサギカメムシ 3 数あるカメムシの中でも最も臭気が強いと言われるカメムシ
グリーンバナナローチ D エメラルドグリーンの色をしたゴキブリでペットとしても飼われている
クロスジヒトリ C 雄はフェロモンを放つための突起を使い、雌を寄せる
クロバネキノコバエ C 幼虫は群れで一体化し、列をなして行進する
ケバエ B 幼虫の姿や幼虫が群がっている様子がキモすぎる。
コオイムシ C 背中に蓮コラのような卵
ゴキブリ 2,D みんなが嫌いなあの昆虫
ゴライアスバードイーター 3,C 子犬並みにデカい世界最大のクモ。体の毛に弱いながら毒を持つ。
サシガメ 5,D 肉食性のカメムシの仲間。シャーガス病を媒介したり、種によっては獲物の死骸を背中に積み上げて擬態したりする
サソリモドキ 3,D 世界三大奇虫の一つでもある節足動物。強烈な匂いをもつ酸性の噴出物で自衛をする
サバクトビバッタ 5 農作物を喰い荒らしながら、群れで長距離を移動するバッタ 陸地面積の約20%、世界人口の約10%が深刻な農業被害を受けている
紙魚 2,D 英語でSilverfish。その名前から魚と思いきや…
ジンメンカメムシ D 背中に人の顔のような模様があるカメムシ。一匹だけならまだしも、大群になると…因みにこの模様はANZEN漫才のみやぞんに似ているという意見も
スナノミ 4,C 世界最小のノミ。雌の成虫は動物の皮膚に寄生して暮らし、人間に寄生した場合は「スナノミ症」という疾患を引き起こすことも。
セスジスズメ D 蛾の一種幼虫は体に目のような模様がある
タイコバエ C アカミミアリの頭部に寄生し、中を食い尽くして成長する
ダーウィンズ・バーク・スパイダー D 網の幅はおよそ25メートルにおよぶ巣を作るクモ。網を張るクモの中では世界最大。
チャンズ・メガスティック E ナナフシの一種、虫の中では2番目に長い。
デモデスク 3,D 通称「顔ダニ」。人に皮膚に住み、場合によっては皮膚病の原因になることも。
ドクイトグモ 4 かなり強力な毒を持つクモ。噛まれると周辺の組織が壊死したり、死亡例もある
トゲアリトゲナシトゲトゲ 1 棘があるのかないのかややこしい名前の虫。要するに棘はある。ベニモントゲホソヒラタハムシがこの虫の種類にあたる。
ナミアゲハ C みんな知ってるアイツ
ヌカカ 3 体長1mmほどの蚊の仲間さされると水ぶくれができるほどはれあがりひどいかゆみをともなう
ネジレバネ 3 オスとメスの姿の差が激しい寄生虫。ハチや紙魚、ゴキブリなどに寄生する
ハラクロコモリグモ C 繁殖期になると、雌は大量の子供を背負って運ぶ
ヒアリ 4,C 刺されると、人によっては死に至ることもある。川を渡るとき集団で塊となる
ヒッコリー・ホーンド・デビル C 米国最大級の芋虫
ベニモンコノハ C 頭にドクロのような模様を持つイモムシ
ヘラクレスサン C ガの一種、翅の面積が世界一の虫、また、幼虫の姿も気持ち悪く、水色のイモムシのような姿をしている。
ベルシカラーボタル 1 メスがオスを騙して食らうという悪魔のような蛍
ペルビアンジャイアントオオムカデ 3,D 世界最大のムカデ
マダガスカルゴキブリ D ゴキブリの一種、通称「マダゴキ」
マツノギョウレツケムシ 3 群れで列になって移動する毛虫
ミルメキナ・マグ二フィセンス D 2016年頃にシンガポールの森林で新種として発見されたアリ、そのグロテスクな姿から「恐怖の干しブドウ」と呼ばれた
メガボール D 大きいボールかと思いきや
ヨナグニサン D ガの一種、翅の面積が世界2位の虫である。
ヨロイモグラ D モグラかと思いきや...
ラップ・アラウンド・スパイダー E メチャ平べったいクモ
Lasioglossum gotham D 極小サイズのハチ。気づかないうちに人間の目から涙や汗を採取しているらしい。


鳥類網

名称 危険度 説明
タンチョウ D 北海道の道鳥に指定され、特別天然記念物の言わずと知れた鶴の一種、姿は美しいが頭が・・・
ドングリキツツキ B 木の幹に開けた無数の穴にドングリを蓄えるキツツキ、集合体恐怖症の人は閲覧注意
ニワトリ 1,E 世界中で家畜として利用される鳥、だが稀に首を切り落とされても生き続けることがある・・・。
ハゲワシ 2 死体を漁る鳥
ヒクイドリ 4,E オーストラリアにいる凶暴なダチョウ
モア E ニュージーランドにかつて生息していた体長3~4mとも言われるダチョウ似の絶滅種。和名はその大きさから「恐鳥」
モズ E 大阪府の府鳥に指定されている。捕らえた獲物を枝などに突き刺す「はやにえ(早贄)」という習性がある
ヨタカ E 目が怖くなる
リョコウバト E 僅かな期間に乱獲で絶滅した


魚類・水生生物

名称 危険度 説明
アオミノウミウシ 3 見た目は美しいが、クラゲ類の毒を体に蓄えており、素手で触ると危険。
アハイアグランディ E アマゾンの巨大なエイ。
アフリカマイマイ 3 巻貝の一種、アフリカマイマイを中間宿主とする寄生虫が人間に寄生した場合、好酸球性髄膜脳炎を引き起こす可能性があり、場合によっては死に至る。
アンボイナガイ 5 強力な毒を持つ巻貝の一種。その毒の強さはオオスズメバチやカツオノエボシを上回るという
イトミミズ C 金魚の餌としておなじみの小さなミミズ。だが住んでいる場所が乾くとある行動をとる・・・。
イタチザメ 5 人食い鮫として知られる。好奇心旺盛で悪食であり、腹から自転車が出てきたこともある。
ウケグチノホソミオナガノオキナハギ E 日本一和名の長い魚、まっすぐ上に開いた口がある。
ウミグモ E クモに似ている節足動物。クモではない。
ウミノミ 3,C 名前に「ノミ」とつくが、海洋性の甲殻類。刺されてしまうと・・・・。
エイ E 干物にすると怖い
エボシガイ C フジツボの仲間、流木などの漂流物に大量に張り付いていることがある。
オオカミウオ E 見た目の恐ろしさに反して結構美味とされる魚
オニヒトデ 3 大型のヒトデで全身が棘に覆われている。主に珊瑚を餌としているのだが、オニヒトデが大量発生したせいで大量の珊瑚が死滅してしまうという出来事が起っている
カツオノエボシ 5 猛毒を持った刺胞動物。クラゲに見えるがヒドラという種に近い。複数回触れた者はアレルギー反応で死亡することもある
カワテブクロ E 見た目が完全にアレなヒトデ
カンディル 5 アマゾン川に住む、ピラニアより怖い魚
ハダカカメガイ E 「クリオネ」「流氷の天使」とも言われる生き物。だが食事をする時には顔からバッカルコーンと呼ばれる不気味な触手らしきもので獲物を捕らえる。
コロッサル・スクイッド E ものすごく巨大なイカ
サンゴノフトヒモ D イソギンチャクを食べる溝腹類。見た目と捕食シーンが卑猥
シビレエイ 4,D 強電魚
スクミリンゴガイ E 通称「ジャンボタニシ」。卵は毒を持ち、産卵の際は卵を1つ1つ産むが、それが集まるため、集合体恐怖症の人は注意。要注意外来生物、日本の侵略的外来種ワースト100、世界の侵略的外来種ワースト100にも指定されている。
スベスベマンジュウガニ 5 美味しそうな名前とは反してかなり強い猛毒があり、食べたら最悪死に至る
ダイオウグソクムシ E 深海の巨大なダンゴムシ
タイノエ C タイの口の中に寄生する甲殻類
ダツ 4 メダカと同じくダツ目の魚、ダツが人の体に突き刺さり死亡するという例もあり危険。
タマカイ 1 巨大魚。サメを食べることもある
ダルマザメ 2,D クジラなどに近づき、体を円型にえぐり取って食う魚。えぐり取られた跡が少しグロい。
チスイビル 2,C ヌメヌメした容姿をした吸血生物。蚊と同様に麻酔作用のある唾液を用いるため痛みはなく、毒もない
ツバサゴカイ D 魚の内臓のような見た目のゴカイ。姿だけでなく生態も奇妙。
デメニギス D 深海生物で頭が透明になっているのが特徴的
デンキウナギ 5,D アマゾンに生息する発電する魚
デンキナマズ 4,D デンキウナギ同様発電魚
ナミガイ E ぶっといアレを持つ貝
ヌタウナギ D 無顎類に属する魚類、深海に生息し腐肉を主食とする、体からヌタと呼ばれる粘液を大量に放出して身を守る。
ハチェットフィッシュ D 不気味な顔を持つ淡水魚
バナナスラッグ D 全身真っ黄色の超巨大ナメクジ
ヒモムシ C 紐形動物門に属する生物、口から糸状の「吻」と呼ばれる器官を出し獲物を捕食する
ピュラチレンシス D 大きな岩のような見た目をしたホヤの仲間
ピラニア 5,E 血の匂いを嗅ぐと凶暴化する恐ろしい魚。ただし、1匹だと弱い
プラナリア E 切断してもその破片一つ一つが別個体として分裂し、更にそれぞれの個体が元の姿に再生する生物。
ブロブフィッシュ E 和名は「ニュウドウカジカ」世界一醜い魚とされている生き物。こびとづかんのような奇妙な見た目をしている。
ホオジロザメ 5,E 空腹のときに襲ってくる
ミズダコ 2,C 大きいもので3mもある大ダコ。ちょっと怖い
ヤツメウナギ D ヤスリ状の歯がついたグロテスクな口で魚に吸い付き体液を吸う。ウナギではない。
ユムシ C 干潟に住む生物。見た目が男のアレに似ている。
ユメナマコ D 体が透けていて内臓が見える深海ナマコ。
ワラスボ D ハゼの仲間。ハゼとは思えない不気味な姿だが珍味

両生類・は虫類

名称 危険度 説明
アトレトコアナ・エイセルティ D アマゾン川流域で新種発見された大型のアシナシイモリ、別名「ペニススネーク」
アナコンダ 5,D 巨大な蛇
カミツキガメ 4 凶暴な亀。噛む力が強く、重い。外来種で日本にもいる
キングコブラ 4 世界最大の毒ヘビ
グラスフロッグ E アマガエルモドキ科のカエルで、ガラスのように体表が透けており、外から内臓が動いているのを見ることができる。
コモドドラゴン(コモドオオトカゲ) 5 インドネシアのコモド島などに生息する体長2m以上の生き物。足は遅いイメージがあるが、実は時速20kmも出せる。口の中には色んな菌が繁殖していて、噛まれると、最悪死に至る。
スッポン 3 噛まれるとなかなか離さない。スッポン鍋にするとおいしい
テキサスツノトカゲ 2 目から血を出して攻撃することもあるトカゲ。
ニシキヘビ 5,D 巨大な個体から小さい個体までいる蛇
ハブ 3 沖縄にいる毒蛇
ピパピパ B 背中に大量の卵がついている蛙。孵化すると一斉に小さな蛙が這い上がって来る。
マムシ 3 日本にいる毒蛇
ヤドクガエル 3.E 猛毒を持つカラフルなカエル
ヤマカガシ 3 日本にいる毒蛇。ヒキガエルをよく食べる
ワニ 5 人間を襲う生物として有名
ワニガメ 4 凶暴な亀。舌をミミズのように動かして、獲物を食べる

植物・真菌類

名称 危険度 説明
4 繊維素材としても使われるが、実は麻薬、大麻の原料でもあり、栽培は規制されている
イチゴ C 発芽するととんでもない見た目になる
イヌサフラン 5 ギョウジャニンニクや芋類などと間違えやすく、多数の死者を出している毒草
イラクサ 3 ギンピーギンピーほどではないが、触るとかなり痛い
カエンタケ 5,D 名前と見た目からして危険そうなキノコ。案の定、危険であり、死に繋がるほどの強力な毒を持つため絶対に食べてはいけない
キョウチクトウ 5 土も毒で汚染させるほど毒性が強く、牛を9頭も殺したほど
ケシ 4 アヘンやモルヒネなどの麻薬の原料となり、国内での栽培は厳しく規制されている
ガラナ D 実の見た目が…
キンギョソウ D 枯れると髑髏のような姿になる植物。
ギンピギンピ 4 触ると地獄の痛みに襲われる葉っぱ
さび菌 D 植物に寄生する菌類、寄生した植物をおぞましい姿に変える
シダ C 葉をめくってみると…
ジャイアント・ホグウィード 3 肌に付着した樹液が日光を浴びると火傷のような症状を起こすセリ科の有毒植物
ジャガイモ 3 芽や変色したものを食べてはいけない
シャグマアミガサタケ 5,C 見た目の気持ち悪さもなかなかだが、なんとこのキノコは強力な毒を持っている。十分加熱すれば食べれるが、その湯気で中毒することがあるので要注意
ジャボチカバ C 幹の部分に丸い実をびっしりと付ける木。集合体恐怖症の人はやや注意。
スエヒロタケ 3 免疫力が強いキノコ。まれに免疫が低下した人の体内で繁殖し、しつこい咳や痰を引き起こす。海外では肺炎から脳炎になり死亡したケースも…。
スギヒラタケ 5 最悪生死に関わるほどの毒を持ったキノコだが、2004年に毒キノコに指定される前は食用だったもの
ソアマウスブッシュ E 女性の唇のような見た目の花
タケノコ D 根っこの姿がおぞましい
タケリタケ E 卑猥な姿のキノコ
冬虫夏草 C 薬として用いられているキノコ。アリやセミ、トンボなどの虫に寄生することでも有名
ドクササコ 5 食べたら最後、激痛と共に手足や局部の先まで腫れ上がる恐ろしいキノコ。しかも鎮痛剤は効かず、局所麻酔でしか痛みを緩和できない。
ドクツルタケ 5 見た目は白く美しいが、『白い悪魔』『死の天使』の異名を持つ毒キノコ
トリカブト 5 数ある有毒植物の中でも最強レベルの毒を持つ植物。殺人事件にも使われたほど
ハイドネリウム・ピッキー B グロテスクな見た目のキノコ
ハエトリグサ E 食虫植物の中でも特に有名、動物の口の様な見た目をしている
ハス A 蓮コラの由来がこの植物。実がかなり気持ち悪く、集合体恐怖症の方にとってはかなり危険な見た目をしている
バンクシア 1 山火事で発芽する植物
ヒドノラ・アフリカーナ D 女性のアレに似てるグロい寄生植物
ベニテングタケ 4,E スーパーマリオのキノコに似ている毒キノコ
マメザヤタケ E その見た目から「死人の指」の異名を持つキノコ
マンチニール 5 木に触れるとにじみ出ている樹液により水膨れが、身を食べるとのどが腫れ、燃やすと煙により失明する地獄ような植物
ムニンガ D まるで血を流しているように見える木
レインボーユーカリ E その名の通り、カラフルな色をした木

古生代の生物

名称 危険度 説明
アースロプレウラ C 生代石炭紀の森林に生息した巨大なヤスデ。虫嫌いの人が見ると失神しそう
アノマロカリス D 古生代カンブリア紀の海に棲息していた肉食動物。非常に変わった見た目をしている
ハルキゲニア E 古生代カンブリア紀の海に生息していた古代生物。かなり奇妙な見た目をしていることで有名
メガネウラ D 絶滅種、2億9000万年前に森に生息していたトンボ、なんと翼開長70センチメートル前後世界最大の昆虫である。

微生物・寄生虫・細菌

名称 危険度 説明
クマムシ D たる状態になれば宇宙空間でも生きていけるという最強の生物
日本住血吸虫 5 あの地方病を巻き起こした寄生虫
バキュロウイルス C 蝶や蛾の幼虫を操り、ゾンビ化させてしまうウイルス
ハテナ・アレニコラ E 奇妙な細胞分裂で話題になった微生物
ハリガネムシ 3,C 主にカマキリに寄生する虫。ゴキブリにも寄生する
ビブリオ・バルニフィカス 5 人を食べるバクテリア
フォーラーネグレリア 5,D 「殺人アメーバ」とも呼ばれる危険な微生物
ロア糸状虫 3,C 西、中央アフリカの熱帯雨林に生息している
ロイコクロリディウム C 寄生虫の一種。オカモノアラガイというカタツムリに寄生し、最終的に鳥に食べられ、鳥に寄生する


自然の摂理(捕食や戦いなど)

捕食者・攻撃者 被食者・被攻撃者 危険度 説明
オオジョロウグモ シジュウカラ 2 巣を張るクモでは最大の種。故に小鳥やコウモリなども捕食した事例がある。
カバ ワニなど 4 基本的に草を食べるが、草などが不足した場合ワニやシマウマを捕食する。また、カバに人が襲われて死亡するケースが年間500件ある。
ナイルワニ アンテロープなど 2 ナイルワニはデスロールにより相手を引きずり込み肉を削ぐ
ニホンミツバチ オオスズメバチ 2 集団で取り囲み、発熱して蒸し殺すという熱殺蜂球で相手を撃退する
レザースター キタフウセンイソギンチャク 1 キタフウセンイソギンチャクはレザースターというヒトデに遭遇した際に身体をくねらせて泳いで逃げる能力を持っている
シカなど 1,A 蛆が動物を捕食し、キレイにするのだが、大量に群がるため、とても気持ち悪い

コメント

注意 コメントで追加要望しても検討できません、直接編集してもOKです。
詳細は簡潔に!!

  • 危険度の欄を「数字,英字」に統一し、「ドクイトグモ」の背景色を解除。 -- ラクトアイス (2021-05-03 16:40:53)
  • 誰かゾウムシの幼虫も追加して -- (足利尊氏) 2021-06-05 19:58:12
  • 大量に群がるの「ハエ ブロリー」を「牛が大量に発生した」に変更しました -- (ゼウス) 2021-08-03 22:35:51
  • すでに記事が削除されて1年以上経過しているカワテブクロのリンクを削除しました -- (ゼウス) 2021-08-04 08:31:27
  • 哺乳類があまりにも少なすぎるので、とりあえず危険動物を追加 -- (ゼウス) 2021-08-04 08:51:48
  • ナミアゲハなんでCなん? -- (名無しさん) 2021-09-14 15:30:10
  • コモドオオトカゲの『口の中には色んな菌が繁殖していて、噛まれると、最悪死に至る』っていつの情報だよ 普通に毒持ってんだぞ -- (名無しさん) 2021-09-14 15:39:48
  • ケジラミは男性諸君にはきつい -- (名無しさん) 2021-12-14 10:44:57
  • 「ナミガイとアワビで海鮮ア○ル」って言ってたやついたぞ -- (名無しさん) 2022-06-03 18:56:33
  • サバクトビバッタを追加 人体に当たるだけでは被害は無くとも非常に危険 -- (移動と拡大縮小) 2022-08-16 10:49:37
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年08月16日 10:48